2019年08月07日

変身写真館「Gooday101好日寫真」

おきらく研としては、最近すっかりごぶさたしている場所、それは「変身写真館」。
所長(12歳)が数年前に体験したのを最後に、縁遠くなっていました。
そんな中、台北のある変身写真館から、「体験しにいらっしゃいませんか?」というお申し出をいただきました。
しかし今や所長もやる気なく……どうしようかと思っていたところ、適任の人が思い浮かびました!
それが、今回おきらく研の「特派員」になっていただいたirisさんです。

今回お話をいただいたのは、「Gooday101好日寫真」。
昨年12月にオープンしたばかりの写真館です。
基本情報は以下の通り:
【住所】:台北市中山區林森北路101號3樓
【ウェブサイト】中国語 / 日本語
【SNS】: Facebook / Instagram / twitter

以下、変身写真の経験豊富なirisさんによる体験レポを公開!

★ ★ ★

このたびおきらく台湾研究所の特派員として、変身写真館「Gooday101好日寫真」に行ってきました。

henshin01.jpg

【この写真館のポイント】
台湾には変身写真館がいくつもあり、私も何度か撮ったことがあります。
普段着ないようなドレスや中国服、花魁などをアレンジした衣裳が取り揃えてあり、非日常を他力本願で体験出来る素晴らしい場所!
そして、ここ「Gooday101好日寫真」は、中国時代劇などを観て、古装なんかも着てみたい!と思う方にピッタリ!
中国古装の場合、他の写真館にはない髪形もしっかり対応してくれます。
個人的には、清朝の衣裳が着たい!髪形もやってみたい!と長年思っていましたが、写真館で髪形までは残念ながら再現出来ないんだなぁと諦めていました。
しかし今回、ダメ元で問い合わせしてみたら、「出来ますよ!」とあっさりOK。
なんと素晴らしい!!

この写真館のオススメポイントは、
(1)中国服のバリエーション豊富!
(2)時代劇の古装(髪形まで)が本格的!
(3)写真データがUSBだけか、アルバム付きか選択可能!

(3)の理由は、台湾の写真館は、結婚写真から始まっているためか、きれいな写真集のようなアルバムを作ってくれたり、それを頼まなくても、現像した写真を簡易アルバムに入れて日本に送ってくれるのですが、日本人は正直、データだけあればいいのに…と思う人が大半な気がします。
それが、USBだけとなると、日本への送料も安い!
私の中では、かなりオススメポイントです!

【衣裳・コース選び】
通常ですと、写真館のサンプル写真を見て着たい衣裳をいくつか候補に挙げて、同じ時間の他のお客さんと被らない衣裳に決定します。
今回、私は衣裳の数は2着を希望していたので、ソロプランの中の「A Plusコース」にしました。
A Plusコース=現金割引価格4800元/定価5300元;衣装数2着、写真データ10枚入のUSBがセット(送料500元)。コースの詳細はウェブサイトを参照。

2着の衣裳は、1着は清朝の古装、もう1着は原住民の衣裳にしました。
清朝の衣裳については、どんな色が似合うかと、原住民の衣裳と全然違う印象になるオススメを教えてもらい、最終的にどれにするかは当日決定しました。
原住民の衣裳については、台湾の芸能人の結婚式で、被りもののある原住民の衣裳を着ているのを見たことがあり、そのとき以来憧れもあって「何かを被ってみたい…」というぼんやりした希望があったのです(笑)。
今回、サンプル写真の中に私が望んでいたタイプの原住民の赤い衣裳がUPされていたので、絶対コレが着たい!!と思って選びました。この原住民の民族衣裳は、パイワン族のものをベースに、色々なスタイルをミックスしているとのことです。
ちなみに、オープン間もない新しい写真館なだけあって、衣裳は全部キレイでした!

henshin02.jpg

【当日のメイク】
当日は、すぐにメイクしてもらえるよう、すっぴんで行きます。
着る衣装によってお化粧も違いを出すのですが、どこの写真館でも時間短縮のため、1着目を薄めの色、2着目はその上に濃いめの色を乗せて仕上げる形で、1回で化粧は落とさないことが一般的です。
ということで今回の場合は、1着目はピンクの清朝の衣裳、2着目は赤の原住民衣裳という順序になりました。

髪形は、ウィッグを乗せて、髪飾りを挿して…と、簡単に済ませるものと思っていましたが、今回はメイク担当のSandyさんが、ウィッグでも丁寧に丁寧に髪を形作ってくれて、とっても感激しました。

下2枚は、「メイク後、写真加工前」の画像です。自分のカメラで撮ってもらいました。

henshin03.png

henshin04.jpg

【撮影】
いよいよ撮影です。
変身写真のカメラマンさんは、男性でも女性でも、こんなポーズ取って!と頭の角度や指先、目線まで見本を見せてくれたりと素人に優しいです。中国語がわからなくても、ポーズの指示などは日本語や英語で言ってくれるので大丈夫です。
今回は女性カメラマンのKimiさんが担当。自分では右と左、どちらの顔が好き?と訊かれて、私は特にありませんと答えましたが、何かこだわりがある方はちゃんと伝えるといいと思います。
私の場合、変身写真では、毎回カメラマンさんにお任せなので、慣れないポーズを取るように言われても、筋肉プルプルしながらも自分の意志ゼロで撮影していただいています…(笑)。

ただ、個人的に女性カメラマンさんだと嬉しいポイントがあります。それは、写真選びを女性の感覚でやってもらえること。何度か体験して、女性目線での写真選びの方が、自分が求めている写真に近いかな?と思うようになりました。もしかしたら、男性が良いと思う写真と、女性が素敵だと思う写真は違うのかもしれません。今回は女性カメラマンということで期待が膨らみます。

また、撮影終了後に、カメラの画像を「こんな感じだよ」と見せてくれるのは初めてで、これは嬉しいです。カメラマンのKimiさんの優しさですね。
加工されてなくても、すごく素敵に撮っていただいており、通常写真データが届くのに1ヶ月ほどかかるので、修正前でも雰囲気を味わえるのはワクワクしますし、届く楽しみが倍増しました!

【撮影終了後】
それぞれの衣裳の撮影が終了した後に、自分のカメラでも撮ってもらえます。
加工前と加工後の写真で、どう変わるのか検証も出来ます!
メイクを落とす洗面所があるので、そこでメイクを落として、すべて終了!

あとは、届くのを楽しみに待つのみ。

【完成写真】
以下が完成写真です。ほうれい線などを消してくれています!
清の古装は、微笑が難しい……。

henshin05.jpg

henshin06.jpg

指の位置、目線もすべて指示に従っているだけです。

henshin07.jpg

原住民の姫は笑ってはいけないようで、つい笑ってしまうのを我慢するのも一苦労でした。

henshin08.jpg

【体験後記】
私の場合は原住民の衣裳は決めており、撮影日より前に指定してしまいましたが、撮影当日に数あるサンプル写真から選ぶのが一般的です。
ただ、ホームページやFacebookなどで紹介されている衣裳を事前にチェックして、候補を挙げてから現地に行く方が、時間短縮になるのでオススメです。

【お店へのアクセス】
住所は上記のとおり、「台北市中山區林森北路101號3樓」です。
台北MRT中山駅と善導寺駅のどちらからも徒歩圏内で、便利な立地です。
平日は建物1階の入口が開いていますが、土日は閉まっているため、ドアから振り向いたところの柱にあるチャイムを鳴らして、開けてもらいます。
3階に着くとドアがありますので、左手にあるチャイムを鳴らして予約の名前を伝えればOKです。

お店のあるビルの入口の柱。

henshin09.jpg

建物のドア。

henshin10.jpg

ドアから振り向いたところの柱にあるチャイム。

henshin11.jpg

おしゃれなUSBと日本でも人気のナイロンバッグをお土産にいただきました!

henshin14.jpg

最後に記念撮影していただきました!
現実逃避できる楽しい時間は貴重です。ありがとうございました。

henshin15.jpg

【旅行:遊の最新記事】


posted by 研究員B at 22:35 | Comment(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

8/31開催「今さら聞けない「台湾の歴史」講座」のお知らせ

第17回おきらく台湾研究所主催イベントのお知らせです。

今回は、満を持して!の企画。台湾の歴史をみんなで楽しく学ぼう!という企画です。

20190831.jpeg

何故にこれが「満を持して」なのか? 実はイベントを開催し始めた頃から、ずっとずっと思っていたのです。台湾の歴史のことを、特定の見方にとらわれず、楽しく、フラットに、みんなで学べる機会があったらいいのになあ、と。

だって、何度も台湾に行った皆さんなら分かるでしょう。台湾の社会、食べ物、風景、人…。私たちが目にするすべての物、心惹かれるすべての物に、歴史は深い影響を及ぼしている。しかも、その歴史は複雑。日本人である自分を足元から考え直さなければいけないような時もある。ちょっと怖い。けど、知らないと分からないことがたくさん。

そんなぼんやりしたジレンマ、覚えはありませんか? 私はあります。だからこそ、そのジレンマを、みんなで楽しくふんわりと乗り越える場を作りたい。それが、この企画の始まりでした。

今回、指南役をお願いしたのは、目白大学教授の胎中千鶴先生。台湾の歴史・社会を丁寧に紐解くお仕事をいくつもされています。特に「親日」と単純化するだけでは見えない台湾の姿を明らかにしていく語りの鮮やかさは圧巻。柔らかで温かいお人柄も今回の目玉の一つです(笑)。

どうぞ皆さま、奮ってご参加ください! (A)

【指南役】
胎中千鶴先生(目白大学外国語学部 教授)
専攻・台湾史。主な著書に、『あなたとともに知る台湾 近現代の歴史と社会』(清水書院 2019)、『葬儀の植民地社会史 帝国日本と台湾の〈近代〉』(風響社 2008)、『植民地台湾を語るということ 八田與一の「物語」を読み解く』(風響社 2007)、『叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史』(講談社 2019年9月刊行予定)。

【参加にあたって】
●あまり台湾の歴史について学んだことのない「初心者」向けの講座です。基本的なことから説明しますので、その点、ご了承ください。
●会のコンセプトは「みんなで楽しく」です。「自分の知識・意見を人に押しつける」「知識のない人をおとしめる」などの、「楽しい」に反する行為は厳禁とさせていただきます。「楽しい」雰囲気作りにご協力ください。
●簡単なグループワークも行う予定です。


【おきらく台湾研究所・イベント】
今さら聞けない「台湾の歴史」講座

日時 : 2019年8月31日(土)午後2時〜午後4時
    (開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第2会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 25→30→36名 満席になりました。「こくちーず」のページでキャンセル待ちを受け付けています。

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。


ご参加をお待ちしています!



posted by 研究員B at 21:43 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

ゆったり巡る大人の高雄旅(1)〜フライト&宿泊〜

このたびおきらく台湾研究所は、タイガーエア台湾と高雄観光局から、高雄の旅を実体験してレポートするメディアツアーに参加しませんか?というお話をいただきました。
大変うれしく、光栄なお申し出でしたが、研究員Aも研究員Bもまったく本業を休めないスケジュール…。
そのため、おきらく研が多々お世話になっている、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに「特派員」になっていただき、高雄の旅を体験していただくことになりました!

今回から5回にわたり、keikoさんによる高雄の旅のレポートをご紹介します。全体像は以下のような感じです。第1回の今回は、タイガーエア台湾に乗って出発し、ホテル到着まで。
以下、keikoさんのレポートのはじまりはじまり!

★ ★ ★

この度、おきらく台湾研究所さんの特派員として、 「タイガーエア台湾×高雄観光局メディアツアー」に参加してきました!!

いよいよ高雄へ出発!

KAO1_01.jpg

今回私が利用したのは、タイガーエア/11時50分成田発→15時高雄着の便。
台湾行きLCCの大半は深夜早朝便なので、時間に余裕がある便はありがたい!
第2ターミナルから搭乗ができるのもgood。

非常口の座席指定だったため優先搭乗で乗ることができました。
席についてみてびっくり! とても広い〜! 前に脚を伸ばしてもまだまだ余裕です(私の身長160cm)。
座席指定は2600円と少し贅沢に感じるかもしれませんが、使う価値大いにありです!

KAO1-02.jpg

オプションで注文可能な機内食も食べてみました。
今回私が食べたメニューは、事前予約なしでも注文できます。ですが当日注文は数に限りがあるので、予約しておくのがベター。
「煮込み豚足とメンマのせご飯(香滷筍乾腿庫飯)」のセットミールは、台湾好きも大満足の本場の味! とろっとろの豚足にしっかり煮込まれた卵や厚揚げもおいしい。

KAO1-03.jpg

実はタイガーエアのキャラクター「クロロ」が大好きな私。
かわいいジュースとクッキーにテンションが上がりました!

KAO1-04.jpg
※タイガーエア台湾提供写真

ゆったりした座席と美味しい機内食のおかげで、到着してすぐに楽しく高雄の旅をスタートできましたよ。

【タイガーエア台湾詳細】
■成田〜高雄の運行スケジュールは以下の通り。

★夏季(2019年3月31日〜2019年10月26日)
・東京成田(NRT)→高雄(KHH)
 IT281/月水金土/AM 11:50発→PM 15:00着
・高雄(KHH)→東京成田(NRT)
 月/AM 8:15発→PM 12:50着
 水/AM 7:55発→PM 12:40着
 金土/AM 8:05発→PM 12:40着

★冬期(2019年10月27日〜2020年3月28日)
・東京成田(NRT)→高雄(KHH)
 IT281/水金土/AM 11:25発→PM 15:05着
・高雄(KHH)→東京成田(NRT)
 水/AM 7:50発→PM 12:10着
 金土/AM 8:00発→PM 12:10着

■3つの運賃タイプがあります。
・tigerlight:機内持ち込み手荷物(10kgまで)無料
・tigersmart:tigerlightのサービス+座席指定・預け入れ荷物も20kgまで無料
・tigerpro:tigersmartのサービス+機内食・搭乗便の日付/時間変更も無料
※機内持込の手荷物の重さは10kgまでと、他のLCCよりも余裕があります♪

■公式サイト: https://www.tigerairtw.com/jp/


タイガーエアを満喫しているうちに、あっという間に高雄空港に到着。
到着してすぐに、高雄の名所が書かれているかわいい壁が一面に!
旅のワクワクを高めてくれます。

KAO1-05.jpg

今回私が宿泊したホテルは「城市商旅高雄駁二館」
デザイナーズホテルです。

KAO1-06.jpg

「城市商旅高雄駁二館」は、この画像の奥の建物です。なお手前は同じ系列のビジネスホテル「城市商旅真愛館」。

KAO1-07.jpg

この城市商旅高雄駁二館、立地・価格・清潔感・インテリアなど、どれをとっても文句なしの素敵なホテル。
写真からもわかる通り、とてもオシャレな室内です。
時期によりますが、平均してダブルルームが1部屋一泊2000元前後。このレベルのホテルとしては、かなり格安で宿泊できるのも魅力です。

私が何より素敵に感じたのは、ホテルの窓から見える風景。

KAO1-08.jpg

朝起きて高雄の街と港を一望すると、とても贅沢な気分になれますよ。
次回高雄に行った時も、ぜひここに宿泊したいと思っています。

【城市商旅高雄駁二館】
○住所/台灣高雄市鹽埕區公園二路83號
○TEL/+886 7 532 2777
○公式サイト/ http://www.citysuites.com.tw/ (→日本語でも表示可能)

高雄の旅・第2回は8月9日に掲載予定です! → こちら

336-280.jpg


posted by 研究員B at 19:16 | Comment(0) | 旅行:移動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

第30屆金曲獎・結果

「第30屆金曲獎」、2019年6月29日夜に受賞者が発表されました(公式サイト)。ここのところ、毎年事前にノミネートリストをチェックするエントリを載せていましたが、今年は多忙のため断念…。せめて結果だけでもということで、このエントリでノミネートおよび受賞者・受賞作品のリストを紹介しようと思います(受賞者・受賞作品は★マークをつけています)。

なお過去の金曲獎については、以下のリンクをご参照:
2018年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、
2017年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、
2016年(ノミネートリスト(前)ノミネートリスト(後)結果)、
2015年(ノミネートリスト結果)、
2014年(ノミネートリスト結果)、
2013年(ノミネートリスト結果)、
2012年(ノミネートリスト結果)、
2011年(ノミネートリスト結果)、
2010年(結果の一部)。


【演唱類】(ボーカル部門)

■年度專輯獎(ベストアルバム賞)
最佳國語專輯獎入圍作品
最佳台語專輯獎入圍作品
最佳客語專輯獎入圍作品
最佳原住民語專輯獎入圍作品
L.O.V.E.﹙陳奕迅﹚

國語・台語・客語・原住民語の各ベストアルバムのノミネート作品と陳奕迅のアルバムから、全体でのベストアルバムを選出する賞。各部門の受賞アルバムのいずれかがここでも受賞するとは限らないのがポイントです。そして受賞したのは、
★Ugly Beauty﹙蔡依林﹚
でした! これは文句なしだと思います。クオリティ、アーティスティックなインパクト、社会的なインパクト、どの点をとっても頭一つ抜けていたと思います。授賞式でのステージパフォーマンスもかっこよかった!

■年度歌曲獎(ベストソング賞)
烏牛欄大護法-望天版《烏牛欄大護法-望天版》﹙閃靈;何韻詩﹚
海裡睡人《L.O.V.E.》﹙陳奕迅﹚
★玫瑰少年《Ugly Beauty》﹙蔡依林﹚
沙文《0》﹙林憶蓮﹚
十七《十七》﹙S.H.E﹚
新寫的舊歌《新寫的舊歌》﹙李宗盛﹚
浪流連《浪流連》﹙茄子蛋﹚

「玫瑰少年」が受賞! 同性婚が台湾で認められた年にふさわしい結果で、葉永ヤのお母さんも喜んでいるといいのですが。ジョリンの言葉もご紹介しておきます:「葉永ヤ提醒了我,在任何情況我都可能成為某種少數,我更要用同理心去愛我身邊的人。這首歌獻給他,也獻給曾經認為自己沒有機會的你。」
(玫瑰少年や葉永ヤについて説明は略しますが、例えば中文wikipedia「葉永ヤ事件」や、2017年の鈴木賢・明大教授のインタビュー記事をご参照ください)
ただこの曲は(この曲だけじゃないけど)、社会的な文脈以前にとにかく圧倒的なクオリティで、それだけでも十分に年度歌曲獎に値するレベルだと思います。まだ聴いたことない方は、今からでもぜひ。日本語訳の歌詞も表示できます。高水準のダンスパフォーマンスとダンサーたちの多様性も注目。

蔡依林「玫瑰少年」


受賞は逃しましたが、S.H.E「十七」もものすごく素晴らしいので、これもまだの方はぜひ。彼女たちのこれまでのさまざまな良さも苦労も巧みに盛り込まれていて、でもそのすべてをふまえた上でアニヴァーサリーを祝福する仕上がりで、感嘆ものです。青峰の曲も詞も見事。昨晩のパフォーマンスも感動的でした。

S.H.E「十七」


■最佳國語專輯獎(ベスト國語アルバム賞)
愛麗絲 Where Are We Going ?﹙謝震廷﹚
無病呻吟有情抒情﹙Leo王﹚
垂直活著,水平留戀著。﹙艾怡良﹚
★希遊記﹙孫盛希﹚
Ugly Beauty﹙蔡依林﹚
ØZI The Album﹙ØZI﹚
0﹙林憶蓮﹚

孫盛希が受賞! これはお見事でした。

■最佳台語專輯獎(ベスト台湾語アルバム賞)
政治﹙閃靈﹚
露螺﹙江惠儀﹚
查某囡仔﹙李千那﹚
爵好 Jazz's Good!﹙官靈芝 Emily Kuan﹚
溫一壺青春下酒﹙流氓阿コ﹚
暗網﹙大支﹚
★廖士賢 西部﹙廖士賢﹚

激戦の部門でしたが、廖士賢が受賞!

■最佳客語專輯獎(ベスト客家語アルバム賞)
漂移﹙徐哲緯;黃瑋傑;劉榮昌;葉ト渟﹚
轉Return&Restore﹙愛客樂iColor﹚
★落腳﹙羅思容﹚
理所當然﹙楊淑喻﹚

羅思容が受賞! 久々にまた来日してくれないかな?

■最佳原住民語專輯獎(ベスト原住民語アルバム賞)
★斯瓦細格﹙雅維・茉芮﹚
思念﹙沐妮悠﹚
VANGAV天窗﹙徹摩﹚
原音呈現 阿美族複音傳唱﹙吳家祿、曾光復、王福來、楊拾妹、林榮妹、郭美玉﹚
Ti Cemelesai Ata Salasaladj (阿新與他的朋友們)﹙Kerekelj (沈ム禎) / Eleng (林瑋h)﹚

雅維・茉芮 Yawai・Mawlinが受賞! 彼女のバックは柯泯桙フバンドのメンバーとほぼ(まったく?)同じだったりしますが、授賞式でもバンドメンバーの大偉(艾倫街的力透帥、擊沈女孩)と蛋(濁水溪公社、元・女孩與機器人)が一緒に壇上に上がっていました。昨年2度も来日したのに、どちらもタイミングがあわず残念ながら行けず……ぜひまた来日を!

■最佳音樂錄影帶獎(ベストミュージックビデオ賞)
Go Slow《Go Slow》﹙導演:関山雄太﹚ [Deca Joins]
烏牛欄大護法《政治》﹙導演:博コ;Mo﹚ [閃靈]
十七《十七》﹙導演:陳奕仁﹚ [S.H.E]
★Slow/Oriental《CASSA NOVA 半熟王子》﹙導演:Namso,Youkim﹚ [落日飛車]
十種自殺的方法《獲得》﹙導演:黃明志﹚ [黃若熙]
台灣好《南機場人》﹙導演:陳昇﹚ [陳昇]
Sabrina Don't Get Married Again!《Modern Tragedy》﹙導演:Robert Youngblood﹚ [王若琳]
怪美的《Ugly Beauty》﹙導演:陳奕仁﹚ [蔡依林]

例年同様、今年もユニークで工夫に満ちたMVがずらり。受賞した落日飛車のMVは、これまでのMVがどちらかというと無国籍なテイストのものが多かったのに対して、今回は台湾の街並みを舞台にした作品で、でもやはりユニヴァーサルな味わいがあり、独特の浮遊感もあって印象的でした。

落日飛車 Sunset Rollercoaster 「Slow」


…と書いているとどんどん長くなるので、いろいろ書きたいのを我慢して、以下急ぎます。

■最佳作曲人獎(最優秀作曲賞)
陳綺貞/傷害《沙發海》﹙陳綺貞﹚
★艾怡良/Forever Young《垂直活著,水平留戀著。》﹙艾怡良﹚
蔡健雅/遺書《我要給世界最悠長的濕吻》﹙蔡健雅﹚
李榮浩/慢慢喜歡你《我們在中場相遇》﹙莫文蔚﹚
鄭宜農/玉仔的心《玉仔的心》﹙鄭宜農﹚

■最佳作詞人獎(最優秀作詞賞)
林昶佐/烏牛欄大護法-望天版《烏牛欄大護法-望天版》﹙閃靈;何韻詩﹚
陳昇/雨晴《無歌之歌》﹙陳昇﹚
小寒/纖維《0》﹙林憶蓮﹚
★李宗盛/新寫的舊歌《新寫的舊歌》﹙李宗盛﹚
宋冬野/知道《知道》﹙宋冬野﹚

■最佳編曲人獎(最優秀編曲賞)
鍾濰宇 Yu/夢遊《希遊記》﹙孫盛希﹚
孫盛希;陳君豪;林泓毅;許郁瑛;鍾濰宇/人樣《希遊記》/﹙演唱者:孫盛希﹚
ØZI/B.O.《ØZI The Album》﹙ØZI﹚
★尊室安/遙遠的所在 Styx《廖士賢 西部》﹙廖士賢﹚
常石磊/魅惑《0》﹙林憶蓮﹚
YELLOW/不開燈俱樂部BKD CLUB《都市病》﹙YELLOW﹚

■最佳專輯製作人獎(最優秀アルバムプロデューサー賞)
陳建騏/垂直活著,水平留戀著。﹙艾怡良﹚
★王雙駿/L.O.V.E.﹙陳奕迅﹚
ィ子達; 岑寧兒/Nothing is Under Control/如此有限公司﹙岑寧兒﹚
Linus of Hollywood;Joanna Wang;Andrew Page/Modern Tragedy﹙王若琳﹚
荒井十一/幻﹙蘇運瑩﹚

■最佳單曲製作人獎(最優秀シングルプロデューサー賞)
謝震廷;陳君豪/愛麗絲《愛麗絲 Where Are We Going ?》﹙謝震廷﹚
Starr Chen 陳星翰;蔡依林/怪美的《Ugly Beauty》﹙蔡依林﹚
ØZI、剃刀蔣、米奇林、海大富/B.O.《ØZI The Album》﹙ØZI﹚
陳珊妮/自己的房間《自己的房間》﹙田馥甄﹚
陳建騏;韓立康/Don't cry Don't cry《Don't cry Don't cry》﹙魏如萱﹚
★余佳倫;黃宣/不開燈俱樂部BKD CLUB《都市病》﹙YELLOW﹚

個人的に気に入っていた(でもさすがに受賞はないと思っていた…それどころかノミネート自体もかなりびっくりだった)YELLOWが、まさかの受賞! この強力なライバルたちを差し置いて受賞するとは…。恭喜!
YELLOWは、作曲とボーカル担当の黃宣が率いるバンド。蔡健雅のバックなど経験豊富なベースの曹家瑋、三秒樂團のギター林庭トなどがメンバー。洗練されたサウンドですが、この曲は彼らの他の曲よりも積極的に崩しにかかっていて、ユニークで個人的には一番好印象でした。

YELLOW「不開燈俱樂部 BKD Club」


■最佳國語男歌手獎(最優秀國語男性シンガー賞)
謝震廷/愛麗絲 Where Are We Going ?
★Leo王/無病呻吟有情抒情
柯智棠/吟遊
李榮浩/耳朵
ØZI/ØZI The Album

ベテランやビッグネームが不在の年、どうなるかと思いましたが、Leo王が受賞! 巨大的轟鳴の頃から思うと驚きと感慨が…。才気あふれる彼には今後も期待。席でずっと顏社KAO!INCのタオルを持っていたこと、夜貓組の相方・春艷と顏社の迪拉胖が受賞に大喜びだったことが印象的でした。

Leo王「快樂的甘蔗人」(この曲あんまり國語で歌ってないけど)


■最佳國語女歌手獎(最優秀國語女性シンガー賞)
艾怡良/垂直活著,水平留戀著。
孫盛希/希遊記
岑寧兒/Nothing is Under Control
蔡依林/Ugly Beauty
★林憶蓮/0

激戦のこの部門、受賞したのはサンディー・ラム。さすがでした。

■最佳台語男歌手獎(最優秀台湾語男性シンガー賞)
康康/康康首張全新台語專輯ㄐㄧㄚ ㄐ ㄧ ㄚ ˊㄐㄧㄚˇ ㄐㄧㄚˋ
★流氓阿コ/溫一壺青春下酒
大支/暗網
廖士賢/廖士賢 西部
許富凱/我毋是你想的遐爾快樂

■最佳台語女歌手獎(最優秀台湾語女性シンガー賞)
★江惠儀/露螺
蔡秋鳳/蔡秋鳳-離水的魚
李千那/查某囡仔
官靈芝 Emily Kuan/爵好 Jazz's Good!
張涵雅/就是你 JUST YOU & me

昨年来日した江惠儀が受賞! 恭喜!

■最佳客語歌手獎(最優秀客家語シンガー賞)
愛客樂iColor/轉Return&Restore
羅思容/落腳
★楊淑喻(吉那罐子)/理所當然
謝宇威/ㄤ咕ㄤ咕2

吉那罐子の楊淑喻が受賞! とってもパワフルかつ表現力豊かなボーカリスト、一度来日してほしいと以前から思っています(かつてフジテレビの「ASIA VERSUS」でチャンピオンになったのはもう何年前だろう?)。

吉那罐子 理所當然專輯


■最佳原住民語歌手獎(最優秀原住民語シンガー賞)
★雅維・茉芮/斯瓦細格
桑梅絹/記憶中的搖籃
徹摩/VANGAV天窗
BOXING葛西瓦/Maya maluqem 別退縮 - Single

雅維・茉芮が2部門受賞!

■最佳樂團獎(最優秀バンド賞)
南瓜妮歌迷俱樂部(柯家洋;何俊葦;陳弘禮;林宜壕)/他我
★閃靈(林昶佐;劉笙彙;葉湘怡;汪子驤;高嘉エ)/政治
落日飛車(曾國宏TsengKuoHung,陳弘禮ChenHungLi,王少軒WangShaoHsuan,羅尊龍LoTsunLung,張浩嘉ChangHaoChia,黃浩庭HuangHaoTing,黃士瑋HuangShihWei)/CASSA NOVA 半熟王子
血肉果汁機(童仲宇、游家慶、劉宗霖、王君暉、任柏瑞)/深海童話
旺福(姚小民, MAMI, 推機, 肚皮)/旺情歌
美秀集團(狗柏;修齊;冠佑;珮慈;鍾リ)/電火王
Tizzy Bac(陳惠婷;林前源;許哲毓)/知人 Him

受賞は閃靈、強かった…。個人的には満を持しての旺福、または落日飛車やTizzy Bacに期待していたのですが。

■最佳演唱組合獎(最優秀ユニット賞)
★椅子樂團(裘詠靖;陳仲穎;孫伯元)/Lovely Sunday 樂芙莉聖代
Vast & Hazy(顏靜萱;林易祺)/求救訊號
歐開合唱團(葉微真;李湘君;葉孝恩;馮瀚亭)/南方靈魂
害喜喜(嚴文康;巫康裘)/害喜喜
頑童MJ116(周文傑;陳c榕;林睦淵)/走跳

椅子樂團が受賞! ダークホースと思っていましたが(失礼!)お見事でした。3月に高雄の大港開唱で観た彼らは、シンプルで懐かしくもどこかひねりも効いていて、とても気持ちのいいパフォーマンスだったのを思い出します。

椅子樂團 The Chairs 「Rollin' On」


■最佳新人獎(最優秀新人賞)
The Fur./Town
王艷薇/框不住的艷薇
Karencici/SHA YAN
美秀集團/電火王
★ØZI/ØZI The Album
厭世少年/青春校園戀愛物語 Campus Romance
劉柏辛/2029

ØZIが受賞! 私の好みは厭世少年でしたが、でもやはりØZIが強かった!
しかしこの部門、今年の面々はみな今後も大いに活躍してくれそうな雰囲気で、とっても楽しみです。

【演奏類】(インストゥルメンタル部門)

■最佳專輯獎(ベストインストゥルメンタルアルバム賞)
★Lines & Stains﹙東京中央線 Feat.謝明諺﹚
響味|味響﹙葉賀璞﹚
城市型動物﹙蘇郁涵﹚
Songs of Mystery and Hope﹙亞歷普洛尼﹚
K熊森林電影原聲帶﹙陳建年﹚

東京中央線が受賞! おめでとうございます! 日本人ミュージシャンとして本当に画期的なことで、さすがの一言。東京中央線はライブのグルーヴが最高なので、みなさん機会があればぜひ一度。さまざまなアーティストと共演し大活躍の謝明諺のサックスもぜひ。

東京中央線 (大竹研・早川徹・福島紀明)feat. 謝明諺 "Lines & Stains" album trailer (試聴用)


■最佳專輯製作人獎(最優秀インストゥルメンタルアルバムプロデューサー賞)
大竹研、早川徹、福島紀明/Lines & Stains﹙東京中央線 Feat.謝明諺﹚
蘇郁涵/城市型動物﹙演奏者:蘇郁涵﹚
盧律銘/小美 XIAO MEI (Original Motion Picture Soundtrack)﹙盧律銘﹚
★陳建年/K熊森林電影原聲帶﹙陳建年﹚
許郁瑛;余佳倫/波傑克特三 PROJECT 3﹙許郁瑛﹚

陳建年、インストゥルメンタルアルバムのプロデューサーとして受賞! シンガーとしての彼の実績を思うとちょっと不思議な感じです。

■最佳作曲人獎(最優秀インストゥルメンタル作曲賞)
早川徹/Sneezer (feat. Minyen Hsieh)《Lines & Stains》﹙東京中央線﹚
王希文/選擇《《引爆點》電影配樂原聲帶》﹙安コ石;王怡靜;朱玫玲;莊凱圍;簡凱玉;劉宜欣;曹予勉;黃マ誼;鄭鍇;聶子旂;莊婷湄;周子揚;林瑞斌;郭逸萱;蘇子茵室內樂團;張家瑀;陳依婷﹚
蘇郁涵/大旅程《城市型動物》﹙蘇郁涵﹚
羅寧/窗外《光與影的邂逅》﹙羅寧﹚
★許郁瑛/第三章:印度、義大利與我 CHAPTER III: INDIA, ITALY AND I《波傑克特三 PROJECT 3》﹙許郁瑛﹚

ジャズピアニストの許郁瑛が受賞。彼女は部門は違いますが2年連続での受賞です。受賞はできませんでしたが、東京中央線の早川さんがノミネートされたのもかなりすごいことかと。

【技術類】(技術部門)

■最佳專輯包裝獎(最優秀アルバムパッケージ賞)
★黃家賢、楊豐銘/Hold That Tiger / 擒虎記 [泥灘地浪人]
蔡書瑀/溫一壺青春下酒 [流氓阿コ]
陳世川/庸人自擾 [王理文]
方序中;吳建龍/換句話說 [HUSH]

■最佳演唱錄音專輯獎(最優秀ボーカルアルバム録音賞)
SHA YAN (主要錄音人員:張暐弘、蔡周翰、單為明、Karencici、kvn、馬丁、Jason Park,Newos/主要混音人員:Daniela Rivera、kvn、麻吉弟弟、仔仔(Will Peng)/主要母帶後製人員:Chris Gehringer) [Karencici]
Ugly Beauty(主要錄音人員:陳振發、陳文駿、林清智、楊敏奇、葉育軒、唐士a(瞇瞇)、王永鈞、蔡周翰、陳君豪、徐振程/主要混音人員:Luca Pretolesi、Andy Lin、Scott Banks、Phil Tan、Bill Zimmerman、黃文萱/主要母帶後製人員:Luca Pretolesi) [蔡依林]
Matzka Station(主要錄音人員:倪涵文、雷長航、李卓、Jorge Espinosa-Cruz、Andy Baker、蔡周翰、恭碩良、荒井十一、單為明、周天K/主要混音人員:周天K/主要母帶後製人員:Ted Jensen) [Matzka]
2029(主要錄音人員:Kenn Wu/主要混音人員:Bob Horn、Jochem Van Der Sag/主要母帶後製人員:Randy Merrill) [劉柏辛]
★0(主要錄音人員:倪涵文、林灝揚Y.Lam、張コ銘Derrick Sepnio、常石磊、李卓/主要混音人員:Brent Clark/主要母帶後製人員:Ryan Smith) [林憶蓮]

■最佳演奏錄音專輯獎
Ruby Pan 潘子爵融合爵士創作專輯(主要錄音人員:錢煒安/主要混音人員:木村正和/主要母帶後製人員:木村正和) [潘子爵]
城市探險 City Explorations(主要錄音人員:謝宜芳、謝豐澤、左興/主要混音人員:Craig Burbidge、Michele Paciulli、謝宜芳/主要母帶後製人員:Bob Ludwig) [Skyline 天際線融合爵士樂團]
無限融合樂團 9(主要錄音人員:錢煒安/主要混音人員:王俊傑/主要母帶後製人員:孫仲舒) [無限融合樂團 Timeless Fusion Party]
擺(主要錄音人員:Abuy Budiyana、Wolfgang Obrecht/主要混音人員:Wolfgang Obrecht、Abuy Budiyana、劉奕宏/主要母帶後製人員:劉奕宏) [鍾玉鳯・陳思銘]
★The Journey (主要錄音人員:李楊、李遊/主要混音人員:Dave Darlington/主要母帶後製人員:Dave Darlington) [王晨淮]

◎評審團獎
王若琳/Modern Tragedy

結局ジョアンナはあの路線を貫徹して、ついに賞を得るところまで来たとは! お見事でした。

◎特別貢獻獎
K名單工作室

以上長々とご紹介しましたが、今年の金曲獎も、みなさんにとっても新たな発見があるものであったらいいのですが…。
また、音楽そのものを楽しむ機会になることに加えて、垣間見えるアーティストたちの社会的な問題意識や、台湾の音楽シーン・台湾社会が有する多様性と豊かさについてもふれるきっかけになれば、一層うれしく思います!

posted by 研究員B at 00:01 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

5/1開催「栖来ひかりさんと巡る台北のY字路と書店街」のお知らせ

第16回おきらく台湾研究所主催イベントのお知らせです。

突然ですが、今回は初の試み。【台北】でイベントを開催します! 何をするかって? 台北在住の栖来ひかりさんをガイドにお招きし、公館から師大にかけてのエリアのウォーキングツアーです!

Y字路2.jpg


このツアーのすごいところは、栖来ひかりさんにY字路(三叉路)をガイドしていただけること。栖来さんといえば『台湾、Y字路探し。(在台灣尋找Y字路)』(玉山社、2017年)を台湾で出版し、大きな話題となった台湾Y字路の第一人者。 ただ眺めているだけでもドラマティックなY字路の背後に、どんな意味が隠されているのか? 解説していただきながら街を歩くことで、台北の街角がまた違って見えてくるかもしれません。

さらに今回のツアーでは、Y字路に加えて、台湾大学周辺の個性豊かな書店や日本統治時代の建物などについても解説していただく予定。台湾社会に関する日本語エッセイも多数おありな栖来さん。その豊富な知識に基づいたニッチな街ガイド。他では聞けない話が聞けそうです。

ツアーの中盤では、栖来さんお勧めのお店でおやつを食べながら小休憩する予定です(飲食費は各自ご負担ください)。また、もしご希望の方がいれば、ツアー終了後に台湾大学の農産品展示中心に、みんなでお土産を買いに行きましょう。研究員Aがここでしか買えないお勧めの品を紹介します!(※現在ルート検討中で、ルート次第ではツアー終了後の台湾大学行きはできないかもしれません。その場合はご了承ください)

直前のご案内となってしまい申し訳ありませんが、ご関心ある方はぜひ。ご参加、お待ちしています!


【おきらく台湾研究所・イベント】
【台北開催】
栖来ひかりさんと巡る台北のY字路と書店街

●ガイド:栖来ひかりさん
(2006年より台北在住。『台湾と山口をつなぐ旅』(西日本出版社、2018年)他、台湾に関するエッセイを多数執筆。 twitter / Facebook / Instagram

日時 : 2019年5月1日(水)午後2時〜午後4時
    (集合:午後1時50分)
    (終了時刻は多少前後する可能性あり)
集合・解散場所: 台北MRT公館駅
参加費: 500元(保険料込:今回は特別価格です!)
 ※参加費に含まれるのは、ガイドへの謝礼・保険料・運営上の必要経費です。
定員 : 15名

参加ご希望の方は、こくちーずのページからお申し込みください。

申し込み期限: 定員に達していない場合でも、2019年4月28日(日)午後6時(日本時間)で申し込み受付を終了します。(※当初より1日早まりました。ご注意ください!)

その他:
〇荒天の場合は中止とさせていただきます。
〇参加費は当日、現金(台湾元)でお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。
〇14歳以下の方の参加希望については、問い合わせフォームから事前にご相談ください。
〇保険申し込みのため、申し込み時に日本の方には生年月日・パスポート記載のお名前・パスポート番号を、台湾の方には生年月日・身分証番号をお知らせいただきます。この情報は、保険申し込み以外の目的では利用しません。


ご参加をお待ちしています!
posted by 研究員A at 21:26 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする