2017年08月28日

【イベントレポ】「台湾夜市のポップアップカードをつくろう!」に行ってきました

8月27日(土)、おきらく研のイベントをいつも手伝ってくださっているkeikoさんが「台湾夜市のポップアップカードをつくろう!」を開催。いつもイベントのお手伝いをしていただいているので、今回は研究員Aがお手伝いに行ってきました。以下、そのレポ。

今回のイベントは、keikoさんが作ったキットを使って「台湾夜市のポップアップカードを作る」というイベント。入り口の掲示が既に可愛い。おきらく研のそっけない掲示とは大違い(笑)。

20170827a.jpg

今回は初の試み+告知期間も短かったため、参加者は少なめ。でも、自己紹介すると自然に台湾の話になり、台湾の話になるとみんなたちまち打ち解けて和やかな雰囲気に。

みんなの気持ちも盛り上がったところで、keikoさんからパワポで作り方の説明。最初に大雑把な流れと、気を付けるべきポイントを教えてくれるので分かりやすい。

20170827b.jpg

流れが分かったところで、いざ作成開始!まずは大事な土台から。背景を何にするかで迷ったりしながらも、切って貼ってを繰り返す。

土台ができたら、お楽しみの装飾。たっくさんあるパーツの中から好きなものを選んで、自分だけのゲーム屋台を作成。

切る!

20170827c.jpg

並べてみる!

20170827d.jpg

貼る!

20170827e.jpg

また切る!

20170827f.jpg

と細かい作業が続く。でも、手を動かしながらも、
「あー、これかわいい!」
「このパーツだけは絶対使いたいんだ」
「あ、その組み合わせいい!」
と口は賑やか。たくさんあるパーツからどれを選ぼうか、みなさん楽しく迷いつつ、お互いの作品を見て盛り上がりつつ、楽しい時間が流れていく。

あまりに魅力的なパーツがありすぎ。おまけに可愛いハンコやマステまで登場して、皆さん、何を使おうか迷いまくり。結局、仕上げはお家でじっくり悩みながらにしましょうということで、未完成のままお持ち帰りということに。

それでも、それぞれ個性の出たゲーム屋台たち。

20170827g.jpg

裏側もとってもかわいい。

20170827h.jpg

私自身は工作が苦手。今回も皆さんが作るのを見ながら、ただただすごいなーと感心して眺めるばかりだった。だけど、2時間だけでも普段の生活のことはまるっきり忘れて、ちょきちょき、ぺたぺた、工作するってすごく良い時間。実際、参加された方はみんな「楽しかった〜」と充実感いっぱいの顔でと仰っていた。

あと、今回は「台湾夜市ゲーム屋台」というディープな素材に惹かれて集まったメンバー。当然のことながら、台湾話で盛り上がり、イベントの後はみんなでご飯へ。お店の方に閉店時間と告げられるまで、時間を忘れてお喋り。あああ、なんて楽しい時間だったんだ。お手伝いに行った私がこんなに楽しませていただいて、なんかとってもお得な感じ。

「またやろうよ〜」
というみんなの声に押され、第二弾の開催も約束させられていたkeikoさん。いや、本当にこれ楽しいんでぜひまたやってほしい。今回、行き逃した方は、keikoさんのInstagramをチェックですぞ〜。

で、keikoさんのイベントが終わったら、来週はおきらく研のイベントです。おきらく研の3週間の台北暮らしの様子をお話しするので、興味のある方はぜひ!



★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 23:15 | Comment(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

台湾女子ナイトに行ってきた!

昨日、2月23日(木)夜に開催された「台湾女子ナイト」に行ってきた。華やかな場所はちょっと苦手な研究員A。普通だったら二の足を踏むのだけれど、今回は主催者の小伶さんにお誘いいただきのぞかせていただいた。行かなかったけどちょっと気になる方は他にもいらっしゃると思うので、ざっくりレポさせていただく。

さて、今回の「台湾女子ナイト」。開催場所は、渋谷の東京カルチャーカルチャー。場所としては申し分なく華やか。しかも、定員150名という大箱。それが早々にチケットも完売したと聞いていたので、どんな人が来るんだろう?会場はどんな感じなんだろう?とドキドキしながら出かけていく。

170224a.jpg

入り口を入ると狭いスペースに物販。

【大同電鍋コーナー】
170224b.jpg

【出版物関係】
170224c.jpg

【タイワンダーコーナー】
170224d.jpg

そして、客席。でかい!

170224e.jpg

テーブルに分かれて座るのだけど、これが完全自由席。一人で来た私は、どこに座ろうか、まず悩む。周りを見ると、グループで来ている人、ペアで来ている人、一人で来ている人、といろいろ。やっぱり一人で来ている人は、どこに座ろうか戸惑っている感じ。そうだよね。どきどきするよね。

会場に入るまで知らなかったのだけど、ここではワンオーダー必須(それって常識なんすか?)。というわけで、この日の限定メニュー魯肉飯を注文。こんな感じ。

170224f.jpg

うーん、ちょっととろみ強すぎかなあ。味は悪くないけど、魯肉飯とは違うかも。880円也。

席がそこそこ埋まった頃に、唐突にタイワンダーが登場。「タイワンダーに初めて会う人〜」というお姉さんの呼びかけに、会場の9割以上が挙手という衝撃! なんか今日は、いつもの台湾イベントとは違う雰囲気になりそうだ…という予感がよぎりまくる中、タイワンダーとお姉さんは明るくダンス。がんばれ、タイワンダー!

170224l.jpg

その後、満を持して本日の登壇者登場。左から司会のROMYさん、主催者の小伶さん、ゲストの一青妙さん、柳沢小実さん。きれいなお姉さんがずらっと並んで、「台湾女子ナイト」感炸裂。ううむ、やはり私、なんか場違いな気が…。

170224g.jpg

皆で乾杯した後にトークスタート。前半は、おすすめの食、買い物、場所、美容情報など。各スピーカーがどんどん情報を出してくる。3人キャラが違うので情報も多岐にわたり、全部あわせると雑誌のミニ特集になりそうなぐらいの情報量。それがすごい勢いで進んでいくので、みんなメモ代わりにスクリーンの写真を撮りまくり。私自身は人のおすすめ情報にそんなに関心がない方だけど、それでも面白い情報がちょこちょこあって、へえ、と聞く。

170224h.jpg

休憩をはさんで後半は、旅仕度、お土産、日本で楽しめる台湾、などについてのトーク。これもまた情報もりもり。みんな写真を撮りまくり。登壇者の方々、さぞかし準備が大変だったのでは…。

充実のトークショーが終わった後は、大抽選大会。ピーチのポイント8万円分とか、大同電鍋とかいう大物から、小物まで、すべてあわせて30名分! 150名のイベントで30名に景品が当たるってすごい〜。

170224i.jpg

抽選会の途中に東京豆花工房の豆花が配られる。おいしい。後から中国茶も出た。これもとても美味しかった。

170224j.jpg

で、抽選会が終わったら、豆花を食べながらまったり参加者同士で交流会…のはずが、「盛り上がらないと困ると思ってクイズを準備してきました〜」という主催者さん主導でクイズ大会開始。

170224k.jpg

これもなかなか面白かったけど、もう少し他の参加者とも話したかったかな。だって、クイズ大会が終わったら、遅くなったし一通り終わったみたいだし、という感じで一人客は続々帰っちゃう。私のテーブルにいた他のおひとり様参加者もこの時点で帰ってしまい、寂しくなった私も帰ることにした。

全体としては、台湾情報をたっくさん聞けて、景品がたっくさん当たる抽選会に参加できて、たっくさんの「台湾女子」が一同に関して、とボリューム感が半端ないイベントだった。参加費3500円(+ワンオーダー)はちょっと高い?と思ったけど、このボリューム感なら満足度も高いのではないだろうか。実際、SNSでは好評の声を多く見た。

一方で、どちらかというとオタク/マニア系おばさんの研究員Aとしては、「華やかすぎて疲れた〜」というのも正直なところ。なんかもう、ずっとキラキラしてた。会場も、人も、ノリも。

でも、台湾にハマったけど仲間がいなくて、情報を共有したい、人とつながりたい、と思っている人ってけっこういるんだなあ、としみじみ実感。SNSという手段を積極的には活用していない層とか、パーティー気分で台湾を楽しみたい層とか。自分たちがやっているSNSからだけでは見えない「台湾好き」がこんなにもいる。その人たちにとって今回のイベントは「待ってました!」だったのではないかしら。「台湾好き」の裾野の広がりって自分の想像を超えたところまで来てるんだな。そんなことを体感させられたイベントだった。

「好き」の形はいろいろなのだから、アプローチはたくさんあった方がいい。今回のイベントは、今までとは違う層に、違う形でアプローチする企画として画期的だったと思う。今回の経験を踏まえて、もっともっと面白いことを企画していってくださいな、「Howto Taiwan」さん!

posted by 研究員A at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

「わたしたちのすきな台北」に行ってきた!

「柳沢小実×安彦幸枝×中野さなえ「わたしたちのすきな台北」」に行ってきた!

下北沢の本屋B&Bで開催されたトークイベント「柳沢小実×安彦幸枝×中野さなえ「わたしたちのすきな台北」」に行ってきた。こちらは、柳沢小実さんの『わたしのすきな台北案内』刊行記念をかねてのイベント。実はおきらく研、所長(8歳)がいることもあって、こういうイベントにはあまり顔を出さない。だけど、今回はちょっとしたご縁もあり、覗かせていただくことにした。

会場の本屋B&Bは下北沢の駅から歩いてすぐ。「お酒が飲める本屋」っていうのが下北っぽいですな。

B&B1.jpg

トークの前に会場の物販コーナーを物色。

B&B2.jpg

著者の柳沢さんや、その周りの台湾好きが集まって作った一日限定のショップ。品数は多くないけど、それぞれの人の思い入れが詰まった商品がチョコチョコ並び、楽しい。こういうとこに何を持ってくるかで、それぞれの台湾イメージが見えるな、と思ったり。

特に目を惹いたのが、ココナツと豆乳のプリンの上にマンゴーのゼリーをトッピングしたデザート。

B&B3.jpg

どうにも気になったので購入して、会場でぱくり。うまーい!台湾…にしては繊細かつ優雅なジャパニーズ・スイーツ。うまいので細かいことは気にしないけど。

他にもワタナベマキさんの魯肉飯とか激しく気になるが、まだお腹が空いていないので後回し。(でも、そしたら売り切れちゃって大痛恨)。

b&b4.jpg

とか言っているうちにトークショーが始まる。

b&b5.jpg

すてきな台湾の写真をいっぱい見せてもらいながら、どんな風にお店を選んだのか、どんな風に写真を撮ったのか、台湾のどこがお勧めか、なんてことがゆるゆると話される。柳沢さんが、人に頼らず自分で探して、食べて、体験して、本当にお勧めの店を、苦労もありながら取材していった様子が分かって、とても興味深かった。

本来、研究員Aは「台湾に関するトークショー」みたいなものにあまり興味を示さない。何しろ自分たちがかなりの台湾オタクだから、聞いても「ふーん」となっちゃうことが多々あり。でも、今回は自分とは違う台湾へのアプローチが見えた気がして、とても興味深かった。それはやっぱり、柳沢さんを初めとする作り手の方々の誠実さと愛があってこそ、という気がする。

最後に他のお客さんや柳沢さんなどとお話して、会場を後にした。楽しかった今日のお土産に中国茶クッキーを買って。

b&b6.jpg

ちなみに、1時間半のトークショーを、多少ダレながらも聞きとおした所長(8歳)。おきらく研に戻ってから、「今日はどうだった?」と聞いた研究員Bに「大人がぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ台湾のこと喋ってた」と報告(笑)。「ちょっと飽きたけど、ちょっと面白かった」らしい。ゴソゴソしてご迷惑をかけた会場の皆さま、失礼いたしました。

あ、ところで肝心の『わたしのすきな台北案内』、130軒ものお店をぎゅうぎゅうと紹介したお得本。見ていてとても盛り上がるのでお勧めです。



posted by 研究員A at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

第4回台湾版ROOTOTEイベントその2

「第4回 台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」を見てきた その2

今年も行ってきました「台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」作品展示@表参道ヒルズの第二弾。台湾組は途中で展示入れ替えがあるとのことで、今日は後半戦(グループB)。前半戦(グループA)の様子に関してはこちらをどうぞ。また、過去のレポはこちら:2011年、2012年のその1その2

さて、本日、待ち合わせ時間に大幅に遅刻した研究員A。先に会場入りしていた研究員Bに駅から電話をかけると「前半戦より華やかだよ。あと、作品のクオリティーが前より全然高い」。えぇ〜、そうなの? 期待しながら会場に向かう。

数分後に会場到着。ざっと見る限り……、確かに前半戦よりレベル高い! その上面子も華やかだから、見ていて楽しい。実際、研究員Bが写真を撮っている間も、他にも写真を撮っていくお客さんが何人かいたそうな。地味なイベントながら、台湾好きはちゃんとチェックしている様子。

その中で、おきらく研が気に入ったものなどをいくつかご紹介。

歌手・タレントの羅志祥(ショウ・ルオ)。「舞極限」のMVから着想を得たデザインだとのこと。小さな戦車や兵隊のおもちゃが全面に縫い付けてある。持ち手も皮に交換するというこだわりっぷり。会場でも一際存在感が目立つかっこよさ。

ルートート2_1.jpg

シンガーソングライターの盧廣仲(ルー・グワンチョン)。座右の銘をモチーフに描いたらしいんだけど、どう見てもこれは研究員B…。「老実」って言葉もまたぴったりで、トートの前で「Bだ! Bがいる〜」とバカウケ。

ルートート2_2.jpg

タレントの黄子佼。「福袋」がモチーフってことで、「fu」の注音字符を小さな「福」の漢字を組み合わせて表現。さりげないけど、デザインとしてはかなーりハイレベル。さすが芸達者。

ルートート2_3.jpg

シンガーソングライターの陳綺貞(チアー・チェン)。初出品なのですごく期待していたのだけど、こう来ましたか、という感じ。自分を描いているお母さんを描いた、のかな。トートについている説明ボードの日本語が崩壊していて、よくわかんなかったんだけど。しかし説明ボードの翻訳、全体にひどくて何とかならないのかしらと思ったり。

ルートート2_4.jpg

女優の張鈞ィ(チャン・チュンニン)。去年のもかわいかったけど、今年はデザイン的に更に洗練されてとっても素敵な作品になっていた。メッセージと絵のバランスもばっちり。研究員Bは、後半戦ではこれが一番気に入ったらしい。

ルートート2_5.jpg

シンガーソングライターの張震嶽。お前、そんなキャラじゃないだろ! と突っ込みたくなるかわゆいデザイン。サーフィンをモチーフにしてるらしいけど、阿嶽​のイメージと違〜う! と勝手にトートの前で叫ぶ。

ルートート2_6.jpg

とまあ、こんな風にとぼけたデザイン、素敵なデザインが並ぶ中、研究員Aと研究員Bのハートを射抜いた「キテる」デザインを二つ、最後にご紹介。

後半戦で二番目にキテたで賞、は歌手の蔡旻佑。「日本語勉強中」と題されたこのデザイン、見た瞬間は「何これ?」と口あんぐり。勉強の大切さを伝えたかったらしいけど、うますぎだぞエヴァン・ヨー。うちの 所長(5歳)に教えてやってくれ。

ルートート2_7.jpg

後半戦で最もキテたで賞は、女優の頼雅妍(メーガン・ライ)。メーガンは去年もキテいたが、今年はもっとキテいた。こんな方向に「キテる」方向を進化させるとは、侮りがたし雅妍。ただのキレイ女優だけでない計り知れない何かを持ってるな、と思わせる壊れっぷり。生で見ると、ちょっと恐いよ。

ルートート2_8.jpg

こんな感じで、今年も楽しかったルートートイベント。欲を言えば、芸能人だけじゃなくて、もう少し広範な範囲の人に依頼して欲しいなあ。去年の政治家シリーズとかとっても面白かったもん。贅沢とは言え、そんなことをまた来年に期待しつつ会場を去る。ぜひまた来年もやってくださいね、ルートートさん!
posted by 研究員A at 22:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

第4回台湾版ROOTOTEイベントその1

「第4回 台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」を見てきた その1

春の恒例行事となりつつある、ルートートの「台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」作品展示@表参道ヒルズ。今年も台湾著名人のトートバッグの展示があるということで、開催二日目にBと二人で行ってきた。ちなみに2011年のときのレポはこちら、2012年のレポはこちらこちら

台湾組は前半と後半でメンバーが変わるということで、今回は前半戦(グループA)。リストを見る限り、後半の方が華やかみたいだけど、どうかな。

表参道ヒルズの大階段にずらっと並ぶトートバッグを通り過ぎ、階段裏のスペースに行くと……今年も発見、台湾セクション! 心なしか、去年よりも小さいような?

ルートート1.jpg

気を取り直して、トートをチェック。後半戦が華やかな分、今回はやっぱりちょっと地味かな、という印象。あと作品を出しているのが、基本的に「芸能人」。去年は政治家やら財界人やら、誰それ?みたいなマジシャンとか司会者とかものすごく幅広い人がいて、逆にそれが我々オタク研究員には楽しかったのだけど。

でもまあ、せっかくなので印象に残った作品をいくつかご紹介。

祝兵役終了!の俳優・明道。タイトルは「QR Code」。おしゃれなのか、安直なのか…。

ルートート2.jpg

歌手・俳優の呉克羣(ケンジ・ウー)。2012年に撮った自分の写真をハート型にコラージュ。「愛」を表現しているらしいが、研究員Bの感想は「どこまで自分が好きなんだ…」。ちなみに呉克群が呉克羣になったことを、研究員Aはここで初めて知る。遅すぎ。

ルートート3.jpg

歌手の林俊傑。歌は抜群にうまいが、センスはただのアホにーちゃんなJJ。今年はいきがってない分、研究員A的には好感度高し。

ルートート4.jpg

元・南拳媽媽のボーカル、現在はソロで活躍中のLara。イラスト系の中では、研究員Aはこれが一番気に入った。“Art is for everyone.”というメッセージもぴたりだね。

ルートート5.jpg

いまや「俳優」の是元介。昔は司会やったり、元衞覺醒とかいうユニットで歌を歌ったりしてたのにねえ。しかしトートを見る限り、デザインのセンスはなかなか。今回の企画意図を最も理解してたのは実は彼ではないかと。普通にトートとして買ってもいいレベルに思えた。

ルートート6.jpg

前半戦で研究員Bが一番気に入ったで賞、は民雄の。原住民歌手というより『海角七号』の警察官役が記憶に残る民雄。いかつい外観に似合わず、描く画のタッチが所長(5歳)と同じ…。

ルートート7.jpg

前半戦で研究員Aが一番気に入ったで賞、は2*sweetの。トートを見るまで存在を知らなかったけど、2*sweetって萱野可芬と萱野可芳の双子ユニットらしい。お父さんが日本人、お母さんが台湾人で台湾育ちだって。フェルトケーキのチャームと、レシピのデザインが女子心をくすぐりまくり。所長も絶対に気に入るだろうなあ。

ルートート8.jpg

前半戦で最もキテたで賞、は大ヒット曲「保庇」で知られる熟女タレント(笑)・王彩樺の。今年の干支・蛇をモチーフに幸運を描く、というコンセプトがすでに「熟女」っぽく…。しかも、足元に「財」や「廣」や「源」や「富」が転がる中、「財」だけ三つあるあたりも素晴らしい。一から十まで、「やっぱ中華はこれでないとね!」という仕上がりで研究員Bと二人、大ウケ。

ルートート9.jpg

というわけで、本当に一部だけだけど、こんな感じ。後半戦は面子がもう少し華やかなのでどうなるかな。また金曜日に行ってレポします〜。
posted by 研究員A at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする