2017年03月27日

台湾チロル目撃情報まとめ【3/30情報更新】

発売以来、台湾が気になる人の間でちょっとした話題のチロルチョコ「台湾甜品」。しかしこれが、ありそうでない、なさそうである、という絶妙な品薄感。入手先を確保した人には何てことない話なのだけど、いまだに手に入りにくくて迷走している方もいるみたいなので、twitterやFBで情報提供いただいた目撃情報をまとめておきます。

【コンビニ】
・ローソン系コンビニ(取り寄せに応じてくれた店舗もあり)
・NewDays
・デイリーヤマザキ
・miniピアゴ
・gooz(3/30情報追加)
・セブンイレブン(4/2から取り扱い開始とのこと。3/30情報追加)
・ランキンランキン(3/30情報追加)

【スーパー】
・イオン系スーパー(特に「まいばすけっと」での目撃証言多数)
・SEIYU
・京王ストア
・イトーヨーカドー(3/30情報追加)
・OKストア(87円! 3/30情報追加)

【ドラッグストア】
・Tomod's
・サンドラッグ

【その他】
・Can Do
・おかしのまちおか
・ドン・キホーテ

【関西方面まとめて】
・アズナス
・阪急オアシス
・ダイコクドラッグ
・コクミンドラッグ
・お菓子のデパートよしや(最安値78円の目撃証言あり)

【通販】
・Amazon(10個セットのみ)



追加情報があれば、随時更新します。どなたかのお役に立つかしら?

posted by 研究員A at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

「ジャイアントストア二子玉川」に行ってみました

自転車ネタが続いたので、ついでに「ジャイアントストア二子玉川」に行った話を書く。他の自転車ネタに興味のある方は、「台北でレンタサイクル」シリーズの「「YouBike 微笑単車」編」と「「河濱自行車」編」をご覧ください。

さて、Giant。改めて説明するまでもなく、台湾が誇る自転車メーカー。自転車と言ってもママチャリではありません。ちゃんとしたロードバイク。映画『練習曲』で主人公が乗っていたのがGiant。



台北信義区のレンタサイクル「YouBike 微笑単車」に自転車を提供しているのもGiant。青木由香さんが「台湾一人観光局」で紹介している日月潭のレンタサイクルもGiant。そう、台湾でサイクリングと言ったら必ず出てくるのがこの会社。Giantなのだ。

だからと言って、Giantが台湾国内だけで認知度が高いメーカーかというとそうではない。研究員Aは数年前にクロスバイクが欲しくなって色々とリサーチしていた。雑誌を見ても、自転車屋さんに行っても、Giantは必ずある。そういう存在。ヨーロッパ出身のロードサイクルに混じって置いてあるから、てっきりGiantもそうだと思っていた。台湾企業だと知ったのは、『練習曲』を見た後。自転車に乗らない研究員Bに教えてもらった。痛恨。

そんなGiantが今年7月10日、二子玉川に直営店をオープン。しかも、コンセプトは「女性も楽しめるサイクルストア」。これは行ってみなければ。

さて「ジャイアントストア二子玉川」。HPによれば駅から2分。近い。が、ものすごく変な場所にある。どんな場所かと言うと…

GiantStore外観.jpg

右が国道246号線、左が東急田園都市線。そしてその真ん中に見える白い建物が「ジャイアント二子玉川」。ここに店は建てられるのか?建てて良いのか?いや、そもそもこの土地に所有権はあったのか?みたいな隙間。以前、何度かこの場所を通ったことのある研究員二人は少なからず衝撃を覚える。ちなみに店の後ろは、もう多摩川です。

店舗の外観はこんな感じ。逆光で写真が暗くてすみません。

GiantStore外観2.jpg

おしゃれ…かも、みたいな微妙なセンスがまたGiantっぽい気がする(←失礼)。店の前にはちゃんとロードバイク用の駐輪所あり。

GiantStore置き場.jpg

中に入ると、当然のことながらGiantの自転車ばかり。窓を広く取り、白を基調とした店内にゆったりと展示してあるので、ここは正真正銘「おしゃれ」な感じ。だって普通、自転車屋って店内いっぱいに商品を展示して、その結果ぎゅうぎゅうになっていることが多いから。ここまで空間を贅沢に使った自転車屋に行ったのは初めてだ。新鮮。

GiantStore中.jpg

2階の女性用品フロアはこんな感じ。こじゃれたインテリアショップというか、雑貨屋というか、そんな雰囲気でしょ?

「女性も楽しめるサイクルストア」を掲げるだけあって、こちらのフロアはなかなか楽しい。女性用自転車だけでなく、サイクリング用のウェアや雑誌、はてはニールズヤードレメディの日焼け止めや、ヴェレダのマッサージクリームまで!品数は多くないけど、心得ている感じ。普通の自転車屋さんて汗臭い自転車ウェアなおじ様がうろうろしてていて敷居が高い…という方も、ここなら楽しめそう。店員さんも女性が多いし。でも、ウェアのセンスは時々ものすごく!微妙。それがまたGiantっぽいと言えば、Giantっぽい…(←失礼)。

週末だったせいか、お店にはお客さんがひっきりなしにやってきていた。しかもお客さんと店員さんが既に顔見知りだったりして、1ヶ月だけど根付いてるなーと感心。明らかに物見遊山な我々一行はかなり浮いてた。だけど、Giant製の三輪車(そんなものもある)に試乗しまくれて所長(3歳)はご機嫌。研究員Aは自分と所長用にリフレクター(こんなの↓)を購入。こういうちょっとした雑貨があるのは楽しいよね。



しかし、二子玉川、このジャイアントストアのほかにもY's RoadBMX RIOと、自転車専門店が微妙に増殖しつつある気が。多摩川沿いをサイクリングする人が多いのかな。研究員Aもいつかクロスバイク欲しいよう。でもやっぱりGiant、見た目のお洒落度が今一つという印象がどうしても拭えない…(←最後まで失礼)。

posted by 研究員A at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

茶濾し付きエコボトル(Travel Buddy)

吉祥門のモニター企画に参加して茶漉し付きエコボトルを頂きました。その名もTravel Buddy!台湾製!!いかしたヤツな予感。以下、使ってみての感想を。

普段は携帯型魔法瓶ユーザーの研究員A。「携帯型でお茶が入れられる」という点に非常に魅力を感じる。果たして、どんな構造になっているのか。これが、その写真。

travelbuddy1.jpg

なんと、ボトルの「下」に茶漉し!どうやって茶葉を入れるの?お湯入れたら、底からこぼれたりしないの?写真を見た時は、どうにも不思議でならなかった。なので、実際に手元に来てすぐに分解してみる。

travelbuddy2.jpg

なるほど、上も底も蓋が外れるんだ。しかも底にはしっかりパッキンがはまっているから、きちんと閉じればお茶がこぼれてくることもない。

でも、茶漉しが底についているってことは、お湯を底から注ぐってこと。そんなことできるのかしら。それで、ひっくり返して立ててみる。

travelbuddy3.jpg

ちゃんと安定感を持って立つ。おお、これなら落ち着いてお茶が入れられそう。

それで、仕事に行く日にお茶を入れて持っていってみる。137度まで耐熱保証ということで、熱湯も気兼ねなく入れられる。茶葉は少なめに、とのことだったのでほんの少し。お湯につかりっぱなしで渋くならないかと思ったが、量が少なめであれば大丈夫。ただ、茶葉が少ないのであの芳醇な中国茶の香りは堪能できず。味も、茶器で入れる時よりは薄目になる。吉祥門さんから烏龍茶と高山茶の茶葉も頂いたのだけれど、この飲み方だと味がくっきりしないため、ちゃんと評価できない感じ。すっきりした味でとっても美味しかったのだけど。もしかしたら、もう少し茶葉を入れても良いのかもしれないな。この辺の加減は、使いながら覚えていくしかないか。

ちなみにこのエコボトル、見た目よりは頑丈めにできているので、本やら何やらがいっぱい詰まった研究員Aのリュックに放り込まれても、水漏れ一つせず。頼れるヤツ。そして、魔法瓶型のものに比べて圧倒的に軽い。580ccも入れられるけど、ボトルそのものの重さはほとんどない。これはありがたい。魔法瓶型のものは、夕方くらいになると重くて捨てて帰りたくなる瞬間があるので。一方でこのエコボトルはプラスチックなので、保温性・断熱性は良くない。熱湯を入れてあまり冷まさずにリュックに放り込んだら、背中からほかほかと熱気が伝わってくる。この季節にこれは辛い。そしてすぐ冷める。冬になると、これは悲しい。

個人的には職場とか外出先でお茶を入れるための「急須」として使うのが良さそう、と思った。飲み口がペットボトルよりは広い、だけどマグほど広くない、みたいな中途半端な形なので、直接飲んでると粗忽な研究員Aはいつかこぼしてしまいそう。ボトル上部にふくらみのある形なので、最後の方はかなり上向きにしないと出てこないし。

でもこれだけの量のお茶を気軽に入れられるっていうのは、やっぱり便利。このエコボトルと茶葉さえ持っていけば、職場や出先で気軽にみんなに中国茶をふるまえるじゃないですか。あと茶漉しが細かいので、水出しコーヒーとかもできそうだなーと思ったりして。匂いが移るから中国茶と兼用にはできないけど。

長所も短所もあるけど、工夫次第で面白い使い方が色々できそう。気に入りました!もう少し研究してみよう。

ところで、このエコボトル。日本の街中で飲んでいると、確実に目立つ。色といい、形状といい、他にはないものだから。だってね、580ccのこの↓ボトルを街中でぐいぐい飲んでいる女がいたら、あなたはどう思いますか?次にそんな人を見かけたら、研究員Aかも、と疑ってみてください。

travelbuddy4.jpg

この茶濾し付きエコボトルは下記のショップでお求めいただけます。
 吉祥門ショップサーブ店
 吉祥門Yahoo店
posted by 研究員A at 23:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内:買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする