2015年09月11日

離乳食と台湾旅行

再び、トークイベント「わたしたちのすきな台北」で、乳児連れの台湾旅行を予定している方からいただいた質問。「台湾で離乳食は見つかりますか?」

所長(8歳)が初めて台湾に行ったのは、1歳9ヶ月でもう離乳食は終わっていた。だから、実際のところよく分からない。だけど、経験の範囲内で知ってることを列挙してみる。

まず、離乳食って子どもによって進み具合が違う。だから一概には言えないけど、王道かつ鉄板はやはり「白粥」だろう。で、「台湾だからお粥ぐらいあるよね」と思うと、これが意外にない。お粥があったと思っても、具材が入ってたり、味がついていることもある。サツマイモが入っている地瓜粥くらいなら離乳食になるだろうが、これだってどこにでもあるわけではない。

お粥が見つかりそうな場所を考えてみて、思い浮かぶのは以下のような場所:

●ホテルの朝食ビュッフェ
中華メニューを置いてあるところであれば、確実にある。ホテルでなくてレストランでも、朝食でなくて昼食でも夕食でも、中華系ビュッフェをやっているところなら確実にあると思う。

●自助餐
台湾には、いっぱい並んだおかずから自分で好きなものを選んで買う「自助餐」というスタイルのお店がある。こういう店だと、白粥とかサツマイモ粥(地瓜粥)を置いてあることも多い。ただ、白飯だけしか置いてない店もあるので、注文する前に要確認。
ただ、この種のお店、人にまぎれてトングでおかずとったりしなきゃならないので、そもそも乳児連れだと入りにくいかも。子ども用の椅子なんて置いてるところあまりないし。

あとはまあ、店によってはあったりするけど、ぐらいのことしか言えない。

もう一つ、離乳食になりそうなものが食べられる場所としては火鍋屋がある。火鍋というと、辛い麻辣鍋を思い浮かべる人も多いと思うが、台湾には多種多様な鍋がある。店によってはベースとなるスープの味が選べるので、あっさり昆布だしみたいなのを選んで根菜類を煮込んだら離乳食になるかも。でも、煮えるまでに時間がかかるので、待てない乳児に適しているかは疑問。

というわけで、後ろ向きだけど、一番確実なのは食べなれたベビーフードを大目に持参すること。もしくはキッチン付の宿を予約して、離乳食だけでも自炊すること。現地のスーパーやドラッグストアでベビーフードを売っているところもあるのでそういうのを利用する手もあるかもしれないが、試したことはないので味は保証できない。バナナだけはどこでも容易に手に入るので、それだけは安心して良し。

もしパンとか食べられるぐらいになれば、粉物はいくらでもある。ただ、台湾の食事は総じて油っこいので乳幼児にいきなり食べさせるのはどうかなあ、という感じ。離乳食中、もしくは離乳食明けすぐ、くらいの子連れの方は、様子を見ながらでどうぞ。

ちなみに、食事に役立つ(かもしれない?)中国語は以下の通り。

●ベビーフード ⇒ 嬰幼兒食品

●ベビーチェア ⇒ BB餐椅


子ども用のスプーン、フォークは置いていないところも多いので、使い慣れたものを持参した方が無難。

所長が1歳9ヶ月で台湾に行った時は、チャーハン、ビーフンなんかを食べてた。何しろ所長は当時、小麦・乳・胡麻アレルギーがあるアレルギー大王。日本だとほとんど外食できないけど、台湾は米でできた麺のバリエーションがたくさんあるので(米苔目とか板條とか)、色々食べられる分、楽しそうだったのを思い出す。ちょっと大きくなれば、食のバリエーションがある分、食べられるものは見つけやすくなるはずなので、年齢にあわせて試してみてくださいな。楽しい旅を!

【その他、乳児連れ台北旅に役立ちそうなエントリ】
台北オムツ替えスポット
台北でベビーカーは使えるか1 「段差が消えた?」編
台北でベビーカーは使えるか2 「街を実際に歩いてみる」編
台北でベビーカーは使えるか3 「使う時の心得」編

posted by 研究員A at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

台北オムツ替えスポット

トークショー「わたしたちのすきな台北」に行った時に、乳児連れで台北旅行する予定のある方が「街中のどこでオムツ替えできますか?」と質問していた。こういうのって、オムツっ子を連れて旅行した経験がないとなかなか分からないことだよなーと思ったので、自分の経験の範囲内で言えることをまとめておこうかと思う。

まず、確実にオムツ交換台のあるところ。

●MRTのトイレ
MRTのトイレには基本的にオムツ交換台がある。しかも、MRTのトイレは改札の「外」にある。MRT構内に入らなくても利用できるからとても便利。

●デパートのトイレ
三越、誠品信義など、大き目のデパートのトイレには基本的にオムツ交換台がある。授乳室や赤ちゃん休憩室みたいなものがあるところも多いので、そういったところを利用しても良いと思う。あと、確か松山文化創園区のトイレにもオムツ交換台があったと思うので、新しい大規模商業施設にはある確率が高い、と考えて良いかも。

そういえば、『台北 メトロさんぽ』という本では、MRTのどの駅に授乳室があるかがマークでわかるようになっている。利用したい方は、こちらの本を見ておくと良いと思う。



しかし、一番の問題はMRTもデパートも近場にない!という時。

1.ホテルに帰る。
 ⇒当然だが、一番確実。オムツのタイミングで帰る時間を決める、ぐらいで子どもにはちょうど良い面もあるので、時と場合によってはこの決断もアリかと。

2.公園を利用する。
 ⇒台北には公園が多い。大きいのも小さいのもあるけど、10分も歩けば必ず見つかる。もちろん、人目に触れるような場所、ましてや屋外は絶対イヤ、という方には勧められない。だけど、背に腹は変えられない!っていう時は、公園のベンチでささっと、という手があることは覚えておいてもいいかも。そのためには、お出かけ先周辺に公園はあるか、どこにあるのかをGoogle Mapで調べておくとと慌てずにすむ。

3.人に何とかしてもらう。
 ⇒これは奥の手。常に通じるかは分からない、という前提で、どうしても困った時に試してみるべき方法。それは「オムツ替えできる場所はありませんか?」と人に聞いてみる、という方法。

台湾の人は子どもにすごく親切で、日本の常識よりも大幅に子どもに融通をきかせてくれる。所長(8歳)が3歳の頃、街中で突然「トイレ」と言い出して困ったことがあった。慌てて近くのスーパーに飛び込み「トイレ行きたいんですけど」と困った顔で所長を指差したら、建物のすみっこにあった従業員用トイレの鍵をわざわざ開けて使わせてくれたことがある。だから、本当に困った時は、オムツ替えできる場所はないか、店員さんなどに聞いてみるのも手。

ちなみに、中国語が分からないから無理〜、っていう方。以下がオムツ替えに役立つ基本単語です。

● オムツ交換台 ⇒ 尿布台

● 授乳室 ⇒ 哺乳室

● 赤ちゃん休憩室 ⇒ 育嬰室


中国語はできなくても、赤ん坊を抱いて困った顔で「尿布台」という字を見せたら、たぶん意図は通じるのではないかと。ま、それで何とかならなかったらホテル帰るかー、ってことで。台湾はどんな高級料理店でも、残った料理を持ち帰りできるので、ご飯が途中でも「残りはホテルに戻って楽しもう」と思えるのがまた良いところ。

というわけで、子連れに役立つ中国語、もう一つ足しておこう。

テイクアウト ⇒ 帯走、 外帯

赤ん坊連れだと落ち着かないから、最初から全部テイクアウトしてホテルでゆっくり、って手もある。(おきらく研は、よくこれやってました)。

ま、こういことって行っちゃえば何とかなるので、基本を押さえたらあとは何があっても楽しむぞ! の精神で。

あ、ちなみにオムツは現地のドラッグストアやスーパーで普通に買える。こだわりなければ、現地で買うのでOK。おきらく研が現地で買った時の記事はこちらです。

【その他、乳児連れ台北旅に役立ちそうなエントリ】
離乳食と台湾旅行
台北でベビーカーは使えるか1 「段差が消えた?」編
台北でベビーカーは使えるか2 「街を実際に歩いてみる」編
台北でベビーカーは使えるか3 「使う時の心得」編

posted by 研究員A at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

所長(6歳)の台湾観察日記のまとめ 後編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 後編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 前編」に続き、後編。9月に台湾「出張」に行った時に所長が言ったことをちょこちょこツイートしたので、そのまとめです。

所長(6歳)の台湾観察日記6。ホテルの部屋から交差点を見下ろして。「朝はバイクがうっじゃうじゃ。台湾てバイク屋さん、大人気なんじゃな〜い?」 …そうねえ。ヘルメット屋さんも人気よね。
motorcycle2.jpg
前編の1に続いてバイクネタ。台湾のバイクの多さ、本当に印象的だったらしい。

所長(6歳)の台湾観察日記7。路上のテーブルでご飯を食べながら。「台湾てこういうとこ、ゴミいっぱい落ちてるよね」 A「日本は?」 所「ない。でも煙草落ちてる」 日本も吸殻ポイ捨て禁止令出して欲しいよね…。
台湾で一番嫌だった事として所長があげるのは「ご飯食べる所にゴミが落ちてるとこ」。一方で、所長は日本でも道端に落ちている吸殻が大嫌い。どっちもどっち。台湾も日本も、街はきれいにしましょー。

所長(6歳)の台湾観察日記8。「手とか足が一本しかない人いるでしょ?いつなくなっちゃうの?」 夜市で身障者が物乞いしている姿が強く印象に残った様子。身障者が物乞いする状況に違和感はあるけれど、そういった人々とまったく出会うことなく暮らしていける日本の現状も変だよね…。
前編の2に続いて、すごく考えさせられた発言。日本だとまず会うことのない物乞いの姿はとても印象的だったらしく、日本帰国後も何度も話題に出た。自分だけだったら目をそらせばすむことだけど、所長と一緒にいる時にそれは許されない。誠実に、所長に分かる言葉でいろんなことを説明しながら、自分が試されている感じがした。

所長(6歳)の台湾観察日記9。「台湾のベビーカーってどうしてちっちゃいの?」 それは日本みたいに欧米メーカーのでかいの使ってる人がいないからでしょー。あれじゃ道を通れないからでしょー。
日本で人気のマクラーレンみたいながっちり型ベビーカーは、台湾ではほとんど見かけず。メーカーとしてはコンビが多い気がしたけど、時々あっと驚くほどコンパクトな二人乗りなどを見かけた。そう言えば、研究員Bは台南の武聖夜市でマクラーレンを見かけたらしい。何故、あそこでマクラーレン!? 信義区には時々いるけど。

所長(6歳)の台湾観察日記10。羽田空港にて。「台湾のエスカレーターはどうして速いの?」 A「え、速いかな?」 所「速いよ!日本のエスカレーターはのったのた!」そ、そうかな…?
言われてみればそんな気もするけど、どうかな? すごく違うようには思わないんだけど…。

所長(6歳)の台湾観察日記11。羽田からのリムジンバスで外を見ながら。「日本は台湾よりバイクが少なくってつまらな〜い!」 ええっ。多いと楽しいの?
台湾から帰国すると、日本の夜は神経質に思えるほど静か。そして暗い。台湾に慣れた所長には「見るべきものが何もない!」状態らしく、すごく不満気だった(笑)。

所長(6歳)の台湾観察日記12。おきらく研でお風呂の前にトイレに入りながら。「ごみはトイレに流してもいいの〜?」 いいですよ、ここ日本ですから。っていうか、君は明日から保育園の生活に戻れるのか…。
無事復帰できました(笑)。が、いまだにお出かけした時に「ここは日本だからトイレに紙流していいんだよねー」と聞くことがある。こういうのは体に染み付くんだなあ、としみじみ思う。


というわけで、以上が「所長(6歳)の台湾観察日記」のまとめ。普段から「この能力は犯罪捜査とかに活かした方が良いんじゃないか」と研究員Bが言うくらい観察眼の鋭い所長。台湾でも色々と面白いところに目をつけ、面白い事を言ってくれたように思う。研究員二人だけでは気づかないこと、考えないことに目を向けさせてもらえるのは、まさに「子連れ台湾」の醍醐味。色々と大変なこともあるけれど、「子連れ旅」ってやっぱり楽しい! と思えた今回の「出張」だった。次に行ったら今度は何を言ってくれるのか。今から既に楽しみだったりして。

posted by 研究員A at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

所長(6歳)の台湾観察日記のまとめ 前編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 前編

2013年9月の台湾「出張」中に、所長が言った面白いことをちょこちょこツイートしていた。終わってみたらこれがそれなりの量があり、そしてまたなかなか面白いネタも入っていたので、せっかくなのでまとめてみる。

所長(6歳)の台湾観察日記1。ホテルの部屋から交差点を見下ろしつつ一言。「台湾の人って前に出すぎじゃな〜い」。…そうねえ。
motorcycle1.jpg
二段階左折の前の列の人々に、一人突っ込む所長の一言。所長は特別乗り物好きってわけではないけれど、ホテルの窓から見える交差点を眺めるのは大好き。窓の前に椅子を持って行き、あれこれずっと観察していた。

所長(6歳)の台湾観察日記2。「台湾てさ、夜市に車椅子の人いるよ。昨日は屋台のゲームで遊んでる人と夜市をぐるぐる回って物を売ってる人いた」。…そうねえ。でも、日本ももっと車椅子の人と日常生活で出会える社会になるといいね。
台湾にいると、障害を持った人を本当に街中でよく見かける。普通にデートしていたり、ステージ上でカラオケを熱唱していたり、物乞いをしていたり。日本にもそういう人が沢山いるはずなのに、滅多に出会わない。所長が車椅子の人に強く反応するのも、見慣れていないから。そんな風に子供が育ってしまう日本社会に、ちょっと疑問を感じた出来事。

所長(6歳)の台湾観察日記3。朝ごはん屋さんにて。「どうして中国語って早口なの?」…そうねえ。特に朝ごはん屋で働くおばさんは恐ろしく早口よねえ。
「外国語」に対する関心がどんどん高まってる所長。「外国語を話す人の様子」をものすごく熱心に観察していた。中国語=早口、はよく言われること。だけど朝ごはん屋の早口っぷりは、中国語経験がそれなりにある研究員Aですら怖気づきます。はい。

所長(6歳)の台湾観察日記4。所「中国語話す人ってどうしてみんな大声なの?」A「…バイクがうるさいからじゃない?」所「お店の中でも大声だったよ」…そうねえ。
中国語を話す人々を観察するの巻、その2。これもよく言われることですね。所長は早口・大声な人たちがちょっと恐かったらしい。

所長(6歳)の台湾観察日記5。所「台湾てお外でご飯(=外食)人気だよね。みんな、お家のご飯嫌いなのかな」A「嫌いじゃないけどお外のご飯も美味しいからね」所「でもお外で食べてたらお金なくなるよ!?」A「台湾は大丈夫なんだよ」…外食安いからね。
実は所長は大の外食好きで、日本にいる時も隙あらば「お外でご飯食べたい〜」と主張する。あんまり頻繁に言うので「そんなにお外でばっかり食べてるとお金がなくなるよ!」と研究員Aに叱られた経験あり。↑の発言は、これを踏まえたもの。お外でご飯、台湾みたいにバラエティーに富んでて安かったら、日本でももっと連れてってあげられるんだけどねー。

長くなったので、その2に続きます。

posted by 研究員A at 23:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

全日空の子ども用おもちゃ(2012年9月)

2012年9月に台湾に行く時に乗った全日空。実は一番、期待していたのが子ども向けサービス。機内で配られる無料おもちゃは、どこの航空会社も年々貧相になっているけど、全日空はどうかしら。研究員Aの実家に帰省する時に乗る国内線では、そこそこいけてるおもちゃをくれるけど。期待しながら機内で待つ。

行きの羽田→松山便。

なし。

……ええっ!?

……えええっ!?

おきらく研がぎりぎりに搭乗したせいか、それともフライト時間が短くてばたばたしていたせいか、おもちゃは現れず。それでも所長(当時5歳)は何やかやと楽しくしていたので、おもちゃがないことはそんなに気にならなかった。でも、もっと年齢が低かったら、きつかったかもしれない。

帰りの松山→羽田便。

全日空オリジナルのルービックキューブ。

ANA_toy.jpg

これはけっこうよくできていて、帰国して1年たった今でも現役。こういったものが壊れずにいつまでも使える、というのは何となく日系航空会社っぽい。研究員Bがルービックキューブが得意ということもあり、所長と二人、もらってしばらくは(そして今でも時々)盛り上がっていた。

ちなみにおもちゃは、他にもにぎにぎ、絵本、トランプ、空気を入れてふくらませる飛行機など色々あった。様々な年齢層に対応する玩具を、各種取り揃えているのは高評価。しかし、しかしだな、玩具を持ってきてくれたのが着陸直前! そんな時間に玩具もらっても意味ないだろー(怒)。

ただ、日系会社の良いところは日本の子どもが喜びそうなビデオプログラム、オーディオプログラムが豊富にあること。この時上映されていたビデオプログラムは、『うっかりペネロペ』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『ピンクパンサー』『トムとジェリー』。これらが「日本語で」観られるというのはポイントが高い。だって台湾系の航空会社に乗ると、プログラムがほとんど子どもにはなじみがないものだし、音声が中国語/英語だけなので「わかんない〜」と飽きちゃうのだ。おきらく研でテレビを観ていない所長も、『ペネロペ』を気に入って何度も繰り返し見ていた。

あと音声だけのオーディオブックもあり、この時やっていたのは「ごんぎつね」「三匹のクマ」「眠り姫」。所長は「三匹のクマ」を絵本で読んだことがあったらしく、面白がって聞いていた。

こんな感じでビデオやオーディオで時間を潰せたから、おもちゃが出てこないのにも気づかずにいられたわけだ。でも、もう少し年齢が低い子だと、機内おもちゃはあるにこしたことないと思う。そういう方は、欲しくなったら積極的に主張した方が良いかも。着陸直前に「お土産」でもらっても意味ないものだしね。

posted by 研究員A at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする