2014年03月28日

台湾でお参り1 台北・大龍峒保安宮の巻

2014年2月の台湾「出張」の時の話。

出発前にこちらで書いた通り、この時、研究員Aの妹・energyちゃんは出産を控えていた。「台湾行くならお寺にお参りでもしておいて」と頼まれた研究員A、張り切って事前調査をして渡台。3つの廟を回ったので、その時の話をシリーズで書こうと思う。今回は最初に行った大龍峒保安宮の話。

さて、こちらの大龍峒保安宮。圓山駅近くにある有名な廟で、ガイドブックにも載っている(オフィシャルHP台北ナビ紹介記事)。メインの神様である保生大帝は医療の神様なので病気系の悩みを持つ人に人気があるようだが、ちゃんと安産の神様・註生娘娘もスタンバイ。おきらく研の定宿・圓山商旅会館から歩いていける距離なので、大好きな芝山豆漿で朝ごはんを食べた後、ぷらっと行ってみた。ただし、この日は研究員BがデジカメのSDカードをホテルに忘れるという大失態。写真なしのレポになるけど、ご容赦を。

保安宮に行ったこの日は、小雨が降ったりやんだりする肌寒い日。それでも、旧正月明けなせいか、廟の中は人でいっぱい。あまり観光地化されていない感じで、現地の人達がわさわさ動いている。ちょっと気圧されたけど、しばらく入口のところで人の動きを観察。どうやら廟に入って右側にある売店で参拝セットを買うのが出発点らしかったので、そこでセットを3人分買う。(←研究員Bによると、参拝セットは「買う」のではなく物と引き換えに寄付金箱に自分で決めた額を投入するシステムらしい)。

紙袋の中には、金紙(紙で作ったお金)たくさん・蝋燭2本・お供え一つ(海苔とかお菓子とかちょっとしたもの)・線香いっぱい。金紙とお供えはお供えテーブルに置いておくのだけど、この日は雨のためか、屋内のお供えテーブルがいっぱい。「空かないねえ」と立ち往生していると、そばにいた女性が「あの人たち帰るところだから、あそこに置きなさい」とそっと教えてくれる。いつもながら、台湾の人たちってほんとに親切。ありがとう。

狭いスペースにぎゅうぎゅうに金紙とお供えを置いたら、本殿向かって右側の巨大燭台に行って蝋燭を二本お供え。これも蝋燭を立てる場所がすべて埋まっていて大苦戦。結局、蝋燭のお尻を火であぶり、燭台にぎゅーっと押し付けてくっつけるという現地の人達の技を真似てミッション成功。このあたりで既に一仕事終えた気分。

でも、本番の参拝はここから。蝋燭で線香に火をつけて、参拝にいざ出発! 参拝の基本ルールは、「神様ごとに自分の個人情報とお願い事を言う」「外→中央→右から左という順でお参りする」「香炉があったら線香を供える」が基本ルール。多少間違っても誰も気にしないし、台湾の神様は大らかだから大丈夫(たぶん)。ただ保安宮は本殿の後ろに後殿があり、そこの3階と4階にも神様がいるのを見落としがちなので注意。

なぜか終盤に線香が足りなくなって研究員Bにもらうアクシデントがあったりしたものの、参拝はつつがなく終了。満足してお供え台に戻ると、…あれ? おきらく研のお供えがない! 似たようなお供えセットをぎゅうぎゅうに置いておくから、誰かが取り違えて持っていってしまったらしい。色々吟味した結果、多分これはおきらく研のもの、という1セットを見つけてそれだけ持ち帰ることにする。

しかし、帰る前に最後のお仕事。本殿出て左側、道路の対岸に金紙を燃やす炉がある。そこに行って、金紙をぼんぼん放り込んで燃やしたら本日のタスク完全終了。全部で1時間くらいかかったかな。大仕事をした気分。

で、参拝の感想。実は研究員A、台湾の廟にお参りするのが好き。別に信仰心が厚いとか、宗教信じているとかそういうのはないんだけど、(むしろ否定的な方だと思うんだけど)。でも、台湾の廟に行くと、神様に向かい合って自己紹介して、お願い事を言って、というのを10回近く繰り返すはめになる。それだけの回数、悩み事について他人に伝えようとしていると、嫌でも自分の中で問題が整理されてくる。整理されてくれば、気持ちはすっきりするし、元気もわく。だから台湾の廟に行くと、結果的にすっきり元気になる。この辺、お手軽カウンセリングというか、ヒーリングというか。自分の気持ちを整理するツールがこんな身近にあるなんて、台湾の人は羨ましい。

あと研究員A、スピリチュアルとかそういうのではないんだけど、場の空気感にちょっと敏感なところがある。保安宮で感じたのは「水」の空気。すごく清涼感があって、さらさらときれいな水が流れてるような空気感なのだ。実際、廟を後にしてしばらくしたら、体の中の詰まというか滞りみたいなものが「すとん」と流れるような感覚があった。同じような感覚はその後一日くらい断続的に何回かあって、保安宮が医療の神様だからかな、と思ったりもした。

まあ、だからと言って体調が劇的に良くなったとか、すごく良いことが起こったとかそういうのはないんだけれども。それに研究員Bや所長は変化を感じなかったので、研究員Aの思い込みかもしれないんだけど。だけど今回行った三つの廟はそれぞれすごく対照的な空気感だったので、ちょこっとメモとして付け加えておく。

台湾でお参り2 台南・臨水夫人媽廟の巻」に続く。
posted by 研究員A at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

台北で安産祈願

今日のブログタイトルを見て、「もしや、おきらく研に新スタッフ着任?」と期待された方。すみません。研究員Aは現状、妊婦ではございません。妊婦なのは研究員Aの妹、energyちゃんです。しかも、energyちゃんたら、おきらく研が来月台湾「出張」を予定している期間内にばっちり予定日。「台湾で寺にでも行ってお参りしといて」との依頼なので、効きそうなとこを調べてみました。備忘録として書いときます。

龍山寺
台湾+安産祈願で検索すると一番に出てくるのは、かの有名な龍山寺。龍山寺の中は前殿、本殿、後殿と分かれている。その中の後殿にいる「註生娘娘」が、子宝・安産・子育てと子供関係全般に強い神様らしい。画像を見ると分かるが、「註生娘娘」は3人。雲霄、碧霄、瓊霄の3人の仙女をあわせて「註生娘娘」と言うらしい。本殿から順番に神様をまわっていくと6番目にいる神様。

ちなみに、その近くにいるらしい「池頭夫人」も安産の神様だし、「十二婆者」も「註生娘娘」のサポート役らしいから、全部あわせてお祈りしとくと良いのかも。

龍山寺の紹介+お参りの仕方については以下を参照のこと。

「旅旅台北 龍山寺徹底ガイド 参拝手順・おみくじの引き方」

あと、龍山寺はプチプライスでかわゆいお守りを多種多様に売っているのもポイント。安産祈願は靴の形のお守りみたいなので、これを買うのも良いかも。日本みたいに後で神社に返さなくても良いみたいだから、お土産にもいいね。

保安宮
龍山寺ほどメジャーではないけど、ガイドブックに必ず載っている保安宮。こちらの東西護堂にも「註生娘娘」と「池頭夫人」がいる。画像を見ると、龍山寺のとはまた雰囲気が違う面持ち。龍山寺とどっちの方が効くかは分からん。でも、保安宮のメインの神様が「保生大帝」という医療の神様らしいので、近親者に病人もいる研究員Aとしては、病気回復と安産祈願を兼ねられる保安宮はポイント高し。定宿の圓山商旅會館から歩いていけるしね。

他に台北の有名な寺としては行天宮が思い浮かぶけど、なんだか威勢の良い神様ばっかりで安産祈願とかできそうな感じじゃないなあ。まあ、台湾はいっぱいお寺があるから、安産祈願ができるところもこれだけじゃないと思うけど、とりあえず日本人観光客が行きやすそうなとこをあげてみました。他の場所でも、妊婦は(もしくはその知り合いは)「註生娘娘」と「池頭夫人」を見つけたら祈っとけ!ってとこでしょうか。ものすごーく大雑把ですが、台北・安産祈願ガイドでした。他にも効くところがあったら、ぜひ情報お寄せくださ〜い。

posted by 研究員A at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

OPENちゃんの広場@高雄・夢時代購物中心

台湾の名物キャラクター、セブンイレブンのOPENちゃん(OPEN小將)が、今年もさっぽろ雪祭りに登場することを祝した、OPEN小將ネタの3回目。今回も、昨年(2012年)9月に台湾に当研究所が行ったときの話です。前回に引き続き、場所はOPENちゃんの聖地・高雄の「夢時代購物中心 Dream Mall」

夢時代購物中心の地下1階には、中庭みたいになっているスペースがあります。建物を抜けて進んでいくと、そこに広がるのは……コロッセウム状(?)の広場です。水に囲まれたそのスペースには、やはりOPENちゃん一同!

上から見ると、こんな感じ。人間サイズ(?)のOPENちゃんとLOCKちゃんも腰掛けています。
openhiroba1.JPG

手前のところには、水場があって、こんな風にOPENちゃんほか各キャラクターの人形が小さな噴水になって並んでいます。
openhiroba2.JPG

ここの場所、「OPEN小將許願池廣場」と言うみたいです。「許願池」ってことは、コインを投げ込んで願をかける池というわけです。実際、多々コインが投げ込まれています(そのお金は高雄の小中学生の給食補助に使われるそうです)。

横に延びるこの許願池には、OPENちゃん一同の各キャラクターの顔が水中にあって、その前にそれぞれどういう「運」に効く(?)かが書いてあります。求める「運」のところでコインを投げればいいわけですね。

それぞれ、OPENちゃんは「開心運」(ハッピー運、って感じ?)、モモちゃんは「愛情運」、ちくわちゃんは「健康運」、バー子は「財富運」、LOCKちゃんは「官運」(出世運)、ちまきちゃんは「考運」(学業・試験の運)の担当のようです。

openhiroba3.JPG openhiroba4.JPG

openhiroba5.JPG openhiroba6.JPG

openhiroba7.JPG openhiroba8.JPG

所長(5歳)は、蒸し暑い中、段を上まで上がったり下まで下がったり、すわっているOPENちゃんに乗っかったり、かなり満喫していました(研究員Bは暑さがちょっとしんどかったのですが)。他にも子どもは結構来ていて、所長も同じくらいの子に中国語で話しかけられていた気が。所長も所長で他の子たちが気になりまくりの様子でしたが、でも話しかけられず、そばをただ走り抜けたりしてました(笑)。

それだけといえばそれだけですが、子連れ or OPENちゃん好きなら、結構写真撮りたくなる楽しい場所なのは確か。特に人間サイズのLOCKちゃんって、結構貴重な気がする。ご関心の向きはぜひどうぞ。

posted by 研究員B at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

台湾各地を満喫するOPEN小將たち@台北駅

台湾の名物キャラクター、セブンイレブンのOPENちゃん(OPEN小將)。台湾ではあちこちで見かけるこのOPEN小將、あまり日本で公式に姿を見る機会はないのですが、その貴重な機会が「さっぽろ雪祭り」です。東日本大震災で、台湾セブンイレブンが1カ月間で集めた“おつり募金”8千万台湾ドル(約2億円)を寄付したことがきっかけで招待されたそうで(この記事参照)、昨年のさっぽろ雪祭りに初登場して、雪像がつくられたり、ステージパフォーマンスも行われたりしました。今年もさっぽろ雪祭りに登場する予定だそうで、既に特設サイト「WHITE OPEN-chan 2013」が公開されています。

というわけで、久々のブログ更新は、再来日(?)を祝してOPEN小將ネタを。といっても、実態は昨年(2012年)9月に台湾に当研究所が行ったときのネタのリサイクルです。新鮮じゃなくてすみません。

さて、台北から高雄に向かうべく、新幹線(高鐵)に乗ろうとやってきた台北駅。地下道から1階にエスカレーターで上がってきたところ、どーんと目に飛び込んできたのは……OPENちゃん! なんだなんだ?と思ってよく見ると、OPEN小將や仲間が台湾各地に行っている様子を描いた、結構大きな絵でした。

この絵があるのは、セブンイレブンの店舗のちょうど裏側にあたる場所。実は、台北駅の1階にはセブンイレブンが4箇所あるのですが、それぞれの店舗の裏に、台湾各地を満喫するOPEN小將一同の4種類の絵があります。北部・東部・中部・南部という4種類で、それぞれ3箇所ずつのスポットで、OPENちゃんや仲間が楽しんだりコスプレしたり(笑)しています。

というわけで、今回のエントリは、その4種類の絵と、どういうスポットに行っているのかを順にご紹介。時間がない中、広い台北駅の4隅をばたばたと走り回って撮ったので、ちょっとピンボケですが、ご容赦を。

【北部】

open-north.JPG

中正紀念堂
OPENちゃんとちくわちゃんが気功?みたいなことをやっています。ここはご存じのとおり、朝行くと(いや朝でなくても?)体操・ダンスなどなど、いろんなことをやっていますね。
平溪天燈
平溪線の線路のそばで天灯を飛ばしています。ちくわちゃんだけお祈りしています。
苗栗龍騰斷橋
苗栗にある有名な龍騰斷橋。モモちゃんはアブラギリの花をまとっています。客家の人が多いエリアなので、OPENちゃんの服も客家風。

【中部】

open-middle.JPG

台中谷關
台中の谷関温泉(谷關温泉)。秋の紅葉も知られているところで、OPENちゃんたちも秋に行った様子。
日月潭
後方に見えるのは慈恩塔でしょうか。
南投清境
仁愛郷の高原にある清境農場(公式サイトには日本語ページも)。

【東部】

open-east.JPG

宜蘭傳藝
傳統藝術中心。LOCKちゃんが持っているのは、布袋戲の人形。
太魯閣
太魯閣の入り口、中部貫公路入口の門の前で、モモちゃんとバー子は太魯閣族風の服で踊っています。
台東蘭嶼
OPENちゃんは蘭嶼までカバーしています。トビウオも見える中、トビウオ漁の船(チヌリクラン)の前で、OPENちゃんとちくわちゃんはタオ族のふんどしの格好。

【南部】

open-south.JPG

阿里山
阿里山といえば、日の出と森林鉄道(阿里山森林鐵路)。
台南孔廟
台南の孔子廟。モモちゃんとバー子もそれらしい格好です。
墾丁
後方に台湾最南端の鵝鸞鼻(ガランピ)燈台が見えます。

という感じで、OPEN小將ご一行は台湾各地をコスプレ三昧で(笑)満喫していました。いいねえ。フットワークも軽い!

最初に書いた通り、去年の9月に行ったときに見たものなので、今もあるかどうかはわかりませんが、OPEN小將が台湾のローカルさをとっても大事にしていることが非常によくわかるものなので、台北駅に行く機会があればぜひご覧あれ。
posted by 研究員B at 22:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

おきらく研流 台南の歩き方

2012年3月、初めて台南に行った話はちょこちょこ書いてきた。ものすごく魅力的な街ですっごく良かった! のだけれど、台北とはかなり勝手が違ってとまどうことが多かったことも事実。これから台南に行かれる方のために、おきらく研が考える台南歩きの注意点をいくつか書きたいと思う。


1. 台南は暑い!
言うまでもないこと。だけど、想像以上にこれはきつかったので、最初に書いとく。

おきらく研が台南に行った3月、日本はいつもより寒くて10度ちょっとという日が続いていた。それが、台北に行ったら19度。ここまでは予想の範囲。でも、その後台南に行ったら28度! 毎日30度以上の今現在だったら「涼しい〜」と思うかもしれないれど、その時は体がまったくついていかない暑さ。特に、暑さに弱い所長(当時4歳)と研究員Bはふらふら。台南の写真を見ると、汗で髪が額にぺったりとはりつく不機嫌そうな所長の顔のオンパレードだ。

更に個人的な印象として、台南は台北ほどクーラーに当たれる場所が少ない(3月だったからかもしれないけど)。コンビニとか、ファストフードなんかも、台北ほどはない。だから暑さから逃げられない。台南はぶらぶら街歩きが楽しい場所なのに、これはほんとにしんどい。

この時が異常気象なのかと思ったら、「私も2月に行った時、30度近かったです」「夏に行きましたが、40度近い中、真上から太陽が照りつけ意識朦朧となりました」などというコメントがtwitterで寄せられた。恐るべし、台南。一体、いつが観光のベストシーズンなのだ?

というわけで、台南は想像以上に暑い。覚悟して行ってください。もし暑くなかったらそれはラッキー、くらいの気持ちで行けば、ダメージは少なくてすむと思うから。

2. 台南はタクシーが少ない
これもよく言われていることが、本当だった。まあ、いつでもどこでも30秒待てばタクシーが出現する台北の方が異常ではあるんだけど。でも想像以上に暑い台南で、タクシーはけっこう命綱。タクシーつかまえようとしている間に、暑さで体力が奪われたりする(子連れだと、この辺は死活問題)。

ちなみに、台南にタクシーがいないわけではない。印象としては、特定の道を走っている感じ。だからタクシーがいないかあちこち見回して、走っているのを見かけたら、その通りまで移動してタクシーを待つこと。一台目が通った道の方が、タクシーがやってくる確率が高い気がした。

あと、全体にタクシーの運転が台北に比べて荒い。ホテルにつけてるタクシーだと安全運転だけど、街中で拾ったタクシーはことごとく乱暴。これも印象だけど、窓全開で走っているタクシーは、窓を閉めてクーラーをかけて走っているタクシーより運転が荒っぽい気がした。でも、タクシー少ないから選べないことの方が多いんだよね。利用される方、こちらも覚悟の上でどうぞ。

3. 台南は繁盛店がすぐ分かる
台南はグルメで有名な街。だけど、研究員Aは帆布バッグで頭がいっぱいで(こちら)、グルメに関してはまったく情報収集せずに台南に向かった。だけど結果として、そんなに情報収集は必要なかった感じ。だって、台南て繁盛店がどこか、笑っちゃうくらいにすぐ分かる。お客がいっぱいで道にまではみ出している店が、一つの通りに1〜2軒。そこが「行くべき店」なので、何だか分からなくてもそこに入って食べれば確実においしい。おきらく研、この方法で美味しくて珍しいものにいくつかありついたが、帰って調べてみたら、そこはちゃんと名店だったりした。

もちろん台南にははずせない名店もあるので、下調べするのも悪くない。でも台南は名店がありすぎで、日本で紹介されていない美味しいものもいっぱいある。現場判断でどんどんチャレンジしてみると、面白いものにありつける。

あと、台南グルメの基本は小吃。なので、一つの店でたくさん食べないで、梯子するのが台南グルメを楽しむ際の基本。3人で行っても、一つの店では一品だけ。食べたら移動。また次の店で一品。ということをしたほうが、色々楽しめるので良いと思う。


以上、おきらく研の考える台南歩きの注意点。これから行かれる方、どうぞ参考になさってください。

ちなみに、今現在、台南情報が一番充実していると思われるのは、『FRaU』2012年9月号。が、p.112に載っている、台南郊外の安平を午後にぶらぶら回るというプランは、本当に可能なんだろうか…。暑くて干からびるんじゃないか…。と「1」を強調したい研究員Aとしては思ったりして…。



posted by 研究員A at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする