2019年09月06日

ゆったり巡る大人の高雄旅(6)〜バナナの里・旗山を楽しむ〜

おきらく台湾研究所の「特派員」として、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに、タイガーエア台湾と高雄観光局による高雄のメディアツアーに参加していただきました。
今回は、keikoさんによる高雄の旅のレポートの6回目です。他の回については以下からどうぞ!
★ ★ ★

今回の高雄の旅では、郊外にも行くことができました。
場所は旗山駅と旗山老街。この駅がある旗山はバナナで有名な場所です。

旗山駅は日本統治時代、高砂製糖株式会社の糖業鉄道開通後に建てられた駅。
1930年代以降は旅客輸送用の鉄道としてたくさんの人に利用される駅となり、街も発展しました。1970年代に鉄道は廃線となり、現在は資料館という形で駅が残っています。旗山老街は美味しいお店がとても多く、いまでも人気の観光スポットだそうです。

KAO6-01.jpg

旗山に到着し、まず訪れたのは「旗山車站 - 糖鐵故事館」。
高雄市政府が2016年にオープンした観光スポットです。
駅舎は数年前に修復されており、当時の建築の様子が再現されています。

KAO6-02.jpg

入り口には可愛いフォトスポットも。

KAO6-03.jpg

中に行ってみると、まず目に入るのは大きな模型。
実物サイズで作られた模型が展示されており、迫力があります。

施設内にはかわいい電車の模型や街のジオラマなどもあり、見応えがありました。

KAO6-04.jpg

製糖工場があった時代を知ることができる展示も充実していました。
全て中国語の展示ではありますが、たくさんの写真やイラストや実物が展示されていたため、内容がとてもわかりやすかったです。
鉄道好きな方はもちろん、そうでない方も十分に楽しめると思います。

小さな電車の中では、VR体験も。こちらは予約なしで体験できるそうです。
VRをみている間は実際に電車が揺れていて、臨場感がある体験ができました。

KAO6-05.jpg

ここ糖鐵故事館で私が特筆したいのは、お土産のこと。
バナナを使ったお土産が豊富にそろっています。

私はバナナ入りパイナップルケーキとドライバナナを購入しました。
このドライバナナ、少しクセのある味でとても美味しい!
次回行った時はぜひまた購入しようと思った一品です。

パイナップルケーキ2個入りは、こんなに可愛いパッケージに入っています。
バラマキのお土産としてもおすすめです。

KAO6-06.jpg

また、お土産コーナーにはアイスキャンディーのブランド「枝仔冰城」も置いてあります。枝仔冰城はここ旗山で生まれたブランド。
この場所だけの限定、ローゼルのアイスキャンディーも売っていました。

他にも汽笛の音が出る木製の笛や可愛い雑貨など、おもしろいお土産がたくさんありました。入れてくれる紙袋もとても素敵なデザイン。
他ではあまり見られない台湾のお土産を購入したい方におすすめです。

KAO6-07.jpg

このあとはお待ちかね。老街を散策する予定だったのですが……。

この日は高雄の一部に水の被害がでるほどの土砂降り。
残念ながら街の散策はできず、すぐにタクシーに乗り込むことになりました。

しかし、とても嬉しいサプライズが!
なんとタクシーの運転手さんがバナナケーキをプレゼントしてくれました。
私と同乗者の方で「旗山には美味しいバナナケーキがあるらしい」と車内で話していたのですが、それを聞いた運転手さんが気を利かせて購入してくださっていたのです。

申し訳ないやら嬉しいやらで、とても感動!
味見に数口いただいたあと、日本に持って帰ってからいただきました。

バナナケーキで有名な「吉美香蕉蛋糕」というお店のバナナケーキ。
しっとりとしたシフォンケーキのような食感です。
濃厚なバナナの味を感じる、とても美味しいケーキでした。

KAO6-08.jpg

KAO6-09.jpg

老街歩きができなかったことが心残りとなった滞在となりました。
次回、かならず再訪したいと思います。

【旗山車站 - 糖鐵故事館】
○公式サイト: https://cishanstation.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1 (日英中表記あり)
○アクセス: http://cishanstation.khcc.gov.tw/home02.aspx?ID=$1003&IDK=2&EXEC=L
○入場料: 30元
○開放時間:
 月・水木金:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
 土日祝日: 10:00〜19:00(入場は18:30まで)
 火曜休み/台風で停班停課の際は休み
○土日祝は無料でツアーがあります。 11:00、13:30、14:30、15:30、16:30、17:30
○スタッフさんは皆さん英語OK。
 日本語ができるスタッフさんが1人いらっしゃいますが、勤務日時は不定期とのこと。
 詳しくは現地でお問い合わせください。

★ ★ ★

ゆったり巡る大人の高雄旅レポートはこれでおしまい。
様々な観光スポットを巡り、たくさんの高雄の魅力に触れることができました。
訪れる先でお会いする方達が、皆やさしく迎えてくださったのも印象的。
人との関わりを感じられたのも嬉しかったです。

のんびりゆったりしたくなった時、また高雄を訪れたいと思います。

336-280.jpg


posted by 研究員B at 20:42 | Comment(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

ゆったり巡る大人の高雄旅(5)〜駁二藝術特區でおしゃれショップ巡り〜

おきらく台湾研究所の「特派員」として、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに、タイガーエア台湾と高雄観光局による高雄のメディアツアーに参加していただきました。
今回は、keikoさんによる高雄の旅のレポートの5回目です。他の回については以下からどうぞ!
★ ★ ★

今回宿泊したホテルがある場所、駁二藝術特區。
港にある倉庫街をリノベーションした観光スポットです。

KAO5-01.jpg

音楽フェス「大港開唱 Megaport Festival」が毎年行われている場所でもあります。
普段はデートをする若者や台湾人旅行客など、たくさんの人が訪れています。
様々なお店やカフェもありますよ。今回はシルバーアクセサリー作りを体験できる「言成金工坊」というお店に行ってみました。

KAO5-02.jpg

ここでは、1〜2時間ほどでオリジナルのアクセサリーが作れるワークショップに参加できます。指輪、ネックレス、ブレスレットから選ぶことができました。
私はネックレスを作ることにしました。何を作るか決めたら、2階の工房へ移動。

KAO5-03.jpg

本格的な道具がたくさん! どんなものが出来上がるか、ウキウキしてきました!

ネックレスチャームになるシルバーの板に、自分が選んだ文字を刻印します。
多少不器用でも大丈夫! 文字を打ち込む練習を何度もさせてくれますし、スタッフさんが一工程ずつ確認しながら進行してくれます。

KAO5-04.jpg

とはいえ、本番は1発勝負。とても緊張しました…。
私は台湾のTとWを入れてみましたよ。

文字はアルファベットと簡単な記号のみ。漢字も選べたら楽しいのになあ。
叩いたり、磨いたり。様々な工程を経て、とうとう完成!

KAO5-05.jpg

できたものを並べて写真を撮る場所も準備されています。
できあがったネックレスを手にして、みんな大満足!
日々の忙しさを忘れて作業に没頭でき、とても良い時間でした。

カップルや友達と参加するのも楽しいですし、もちろん自分のためのお土産に作るのも、とってもおすすめです。

【言成金工坊】
○Facebook: https://www.facebook.com/JewelryBB/
○住所: 高雄鹽埕區大義街2號 駁二大義倉庫C9-15
○電話番号: 07-531-0958
○アクセス: 地下鉄鹽埕埔駅から徒歩10分
○開館時間: 10時から20時まで
○予約方法: 以下の3つの方法があります。
1)「一日金工體驗線上預約表單」 で予約
2) Facebookのメッセージで予約
3) LINEで予約。LINE ID: bbjewelry
※英語・日本語での予約可
※ワークショップは英語での対応可(日本語はごく簡単なやりとりのみ対応可)
※空席があれば、予約なしでも当日参加可能

この駁二藝術特區、他にもお土産を買ったり、ゆっくり座って港を眺めたり、いろんな楽しみ方ができます。港が一望できる建物「KW2 棧貳庫」にはたくさんの作家さんのハンドメイド作品や、食べ物・お茶などのお土産、台湾好きには定番の雑貨ブランドまでそろっていました。

KAO5-06.jpg

こちらは「山津塢」というショップ。シルクスクリーンの楽しそうなワークショップがありました。

KAO5-07.jpg

窓も大きく、ところどころ吹き抜けになっています。とても解放的な空間。

KAO5-08.jpg

かき氷が食べたくなったら、すぐ近くの ICE PAPAへ。倉庫街を眺めながら色々なかき氷が楽しめます。私たちが注文したのは「覇王芒果雪花冰(マンゴーかき氷)」「覇王珍珠奶茶雪花冰(タピオカミルクティーかき氷)」「覇王芋香雪花冰(タロイモかき氷)」の3種。
特にタロイモがおいしかった! タロイモのケーキを食べているような食感でした。

KAO5-09.jpg

【 ICE PAPA 】
○ウェブサイト: https://www.icepapa.com.tw/zh-tw/icepapa
○住所: 高雄市鹽埕區必信街60-1號
○電話番号: 07-521-9862
○アクセス: 地下鉄鹽埕埔駅から徒歩4分
○営業時間: 12:00〜20:00

駁二藝術特區のすぐ近く、今回宿泊したホテル「城市商旅高雄駁二館」のそばには、こんなに豪華な火鍋のお店もありました!

KAO5-10.jpg

近くの市場からその日の朝仕入れてくる海鮮づくしのとっても豪華な火鍋!!
味はもちろん、目でも楽しめる火鍋で贅沢な気分を味わえました。

【 打狗覇駁二店 】
○ウェブサイト: https://www.takao1972.com/zh-tw/TAKAO1972
○住所: 高雄市鹽埕區大義街1號
○電話番号: 07-521-5379
○アクセス: 地下鉄鹽埕埔駅から徒歩4分
○営業時間: 11:30〜14:30 /17:30〜21:30

この駁二藝術特區には昨年も来たのですが、その時も「見どころが多くて時間が足りない!」と感じました。
今回、また新しい楽しみを見つけてしまったので、次は別のワークショップに参加したりしてみたいです。

【駁二藝術特區】
○ウェブサイト: https://pier-2.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1 (中国語・英語)
○住所: 高雄市鹽埕區大勇路1號
○電話番号: 07-521-4899
○アクセス: 地下鉄鹽埕埔駅から徒歩5分
○営業時間: 月〜木:10:00〜18:00、金〜日・祝日:10:00〜20:00
(ただし、店舗によって営業時間が異なります。各店舗にご確認ください)

「ゆったり巡る大人の高雄旅」レポート。本当は5回で終わりの予定でしたが、書ききれなかったのであと1回書きます!
最後は高雄郊外の旗山編です。

高雄の旅・第6回は9月6日に掲載予定です! → こちら

336-280.jpg
posted by 研究員B at 19:13 | Comment(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

ゆったり巡る大人の高雄旅(3)〜歴史を感じられる鼓山洞〜

おきらく台湾研究所の「特派員」として、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに、タイガーエア台湾と高雄観光局による高雄のメディアツアーに参加していただきました。
今回は、keikoさんによる高雄の旅のレポートの3回目です。他の回については以下からどうぞ!
★ ★ ★

鼓山洞は、今回の旅で私が気になっていた場所の1つ。
事前に調べた際に知ったのは、日本統治時代に作られた防空壕があり、一部が鍾乳石化しているらしい、ということだけ。どんな場所なのか…… 少し緊張しながら現地へ向かいました。

今回私たちの日本語ツアーを担当してくれたのは陳文元さん。
追加オプションでお願いできる日本語通訳の方です。
追加料金500元が必要ですが、日本語のできるガイドさんがいてくれるのは心強いです。

ツアーが始まる前に、陳さんが自分で作成した日本語の資料を配ってくださいました。
画像はその資料。とてもわかりやすくまとめてくれています。

KAO3-01.JPG

今回訪れた鼓山洞は、第2次世界大戦時に、台湾総督府交通局鉄道部が職員や旅客を避難させるために建設したトンネル状の防空壕です。戦後は台湾警備総司令部に接収され、政治犯を取り調べるための場所として使われたそうです。現在高雄は軍事遺跡を観光地として公開することに力を入れており、ここはその一ヶ所目として、今年の5月から公開が始まりました。

このような経緯があったため、この防空壕は最近まで近隣住民にも存在を知られておらず、詳しい資料もほとんど残っていないとのことでした。

KAO3-02.jpg

爆撃を防ぐために作られた大きな壁の裏から入ります。
この防空壕は、壁を作る前は車も出入りしていたと考えられているくらい広く大きい施設。
最大で800人収容できると推測されているそう! すごい人数!!

KAO3-03.jpg

防空壕に入って、まず目にはいってきたのは壁一面の白いブロック。これらはなんと発泡スチロール! 音の反響を防ぐために貼られたもの。

ここは戦後、政治犯とされた人たちが厳しい取り調べを受けていた場所。取り調べの時に大声を出しても外に音が漏れないように、このような細工をしたと考えられています。

KAO3-04.jpg

「どんなに大きな声で助けを求めても、外には聞こえないんです」
という説明を聞いて、ぞっとしました……。

生々しい雰囲気が残る取調室。

KAO3-05.jpg

この部屋の机に置いてあるものは、全てこの防空壕で実際に見つかった道具です。

KAO3-06.jpg

当時使われていたベンチもそのまま残っています。

KAO3-07.jpg

この防空壕のもう一つの見所は、たくさんの鍾乳石。
この階段は、上から下まで全てが鍾乳石で覆われています。
上を見上げましたが、どこまで続いているかわからないくらい長い階段でした。
5階建くらいの高さがあるそうです。

防空壕の先へ進めば進むほど、どこを歩いているのか分からなくなってきます。
複雑な作りで自分の力では脱出することが難しそうです。

KAO3-08.jpg

最後に、陳さんが防空壕の電気を消してくれ、防空壕の暗さを体験。
ただただ真っ暗で、何も見えません。
どんなに叫んでも外に声は届かず、真っ暗で複雑な防空壕の中、
どこを歩いているのかも分からず…
ここに当時捕まっていた人がいたのか…と考えただけで背筋が凍る思い。
白色テロをテーマにした映画「超級大国民」を思い出したりしてとても複雑な心境になりました。

台湾を何度も訪れ、深く知りたいと思っていた今、この防空壕に来たことで感じられるものがあった気がします。今回の旅で一番印象に残っている場所です。

【高雄市軍事遺址觀光-鼓山洞】
○所在地: 高雄市鼓山區鼓山一路53巷
○Facebook: https://www.facebook.com/GushanCaveGuide/
○観覧実施曜日:木曜〜日曜
 団体での申し込みの場合は月〜水もオープンします(要相談)。
○観覧時間: 10時〜15時(1回の観覧につき50分。16時終了)
○入場料: 50元(要予約:予約方法の詳細はFacebookをご確認ください。申し込みは中国語のみ)
※入場料は前払い制(台湾の銀行へ振り込みが必要)
※どうしても海外送金ができない場合、Facebookのメッセージで連絡を取り合い、交渉次第では現地で支払い可能かも…(陳さん談)
○+500元で日本語の通訳さんをつけてくれます。通訳付きのツアーをご希望の方は早めに予約をお願いします。

高雄の旅・第4回は8月23日に掲載予定です! → こちら

336-280.jpg


posted by 研究員B at 19:02 | Comment(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

「台南マップbyおきらく台湾研究所」のご紹介

「台南マップ by おきらく台湾研究所」のご紹介

昨日、お知らせしたとおり、3/10(木)に、高円寺 AMPcafeで研究員Bが「今だからこそ台南を語ろう!」と題したトークショーに出演することが決定(詳細はこちらをご参照ください)。せっかくだから、これにかこつけて台南関係の記事をいくつか書いちゃえ! と思いついた。で、初回の今日は、おきらく研の台南での足跡をどどんと公開。



こちらの地図、台南で行った場所をとりあえず、ずらっとマップに表示しました、という代物。本当は一つ一つブログでちゃんと紹介したいのだけど全然手が回っておらず、instagramとtwitterにポストした情報を貼り付けただけのところが大半。情報量が少なくてとても申し訳ないのだけれど、台南の情報ってやっぱりまだまだ少ないから、少しでも行かれる方・行きたい方の手がかりになれば、と思って。今後、ブログで記事を書くたびに、マップのリンクを貼りかえて情報を充実させていきたいな。

ちなみに、おきらく研の台南歩き。バイブルにしているのは、こちらで紹介した王浩一編著『慢食府城―台南小吃的古早味全紀錄』。上記のマップに出ている店も、ほとんどがこの本の情報を頼りに回ったところ。どこも鉄板に美味しくて本当にありがたい本なのだけど、地図や店名に時々誤りがあるので、こちらのマップではそこは修正したつもり。でも間違いがあったら、ご指摘いただけると助かります。よろしくお願いします。

posted by 研究員A at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

台北101・35階のスタバに行く方法(改)

台北101・35階のスタバに行く方法(2014年9月版)

【2015年1月21日追記】
2015年1月に、台北101・35階のスターバックスに行った方から、以下で説明しているものから方法が大きく変わったという情報をいただきました。なんと、「予約した時間にスタバのスタッフが1階まで迎えに来る」という方式になったそうです! その他の変更点など、詳しくはこのエントリのコメント欄をご参照ください。情報を知らせてくださった「ラーメン花子」さんに感謝します!


先月(2014年8月)の台湾「出張」の際に行った、「台北101の35階にあるスターバックス」。ここからは特別な料金なしで、展望台ほどではないけど、十分に高いところから台北の景色を楽しめるということで、そのちょっと面倒な行き方とあわせて、当ブログで先日ご紹介しました。この件、「出張」の最中にツイートしたときも反響が大きかったのですが、改めてブログのエントリにまとめた際もやはり反響が大きく、「いいね!」もたくさんいただきました(ありがとうございます)。

しかし先日、そのエントリを読んでくださった方から、あるタレ込みが当研究所に……その方いわく、「今では前日に予約する方式に変わっている」とのこと。上記エントリの時点では、枠が空いていれば、行った当日に店に入ることができたのですが、その点が変わってしまったようです。

とはいえ、「前日予約になった」という以外は(おそらく)ほとんど変わってなく、特に一番の山場の「35階に行く方法」はやはり同じだと思われます。というわけで、「前日に予約する」方法に書き換えた、「台北101・35階のスタバに行く方法(2014年9月版)」を以下に書いておきます。(2)以下は、基本的に前のエントリとほぼ同じです。

(1)訪問予定の前日に、台北101・35階のスターバックスに電話をして、翌日の予約をする。おそらく中国語か英語のみ可。
※ちなみに電話番号は、台湾スターバックスの公式サイトの「門市查詢(店舗検索)」のページで、「101」と入力して検索すればわかります。「101 35F門市」がこの35階のスターバックスです(台北101には別のスターバックスの店舗もあるので注意)。

(2)予約した時間近くになったら、台北101のオフィスタワー(辦公大樓)1階にある「訪客發卡機」から、画面を操作して、35階のスタバを呼び出す。
taipei101-1.JPG

(3)つながったら、中国語か英語で、○○時に○○人で予約している旨を伝える(ちなみに通話の音質は悪いので注意)。

(4)「カードを発行します」と言われる。

(5)画面上に入場カード発行のボタンが表示される。

(6)表示されたボタンを押すと、カードが出てくる。一枚出てきたらもう一度ボタンを押し、繰り返して人数分のカードを入手する。

(7)それをもってゲートに行き、スタッフに渡してゲートを通してもらう。これでようやくエレベーター乗り場に来て、35階へ。フロアでスタバを探して、店に入って普通に注文。


以上!
前日予約方式になったといっても、やはり面倒なことには変わりありませんが(笑)、ご関心の向きはぜひチャレンジを。

実際の35階のスタバからの眺望などは、前のエントリをご参照ください!


posted by 研究員B at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする