2010年05月07日

「パオ」の台湾担仔麺・水餃子セット

前のエントリで紹介した「台湾観光協会 東京事務所」でパンフレットをいろいろもらった後、せっかくなので昼食もこのあたりで済ませようと思い、(研究員A提供の情報を参考にしつつ)やってきたのがこの「台湾家庭料理 パオ」

パオ1.jpg

頼んでみたのは、「台湾担仔麺・水餃子セット(大)」で900円。ちまきのセットと迷ったけど、これにしてみました。

パオ2.jpg

こんな感じです!

パオ3.jpg

ラーメンの大鉢に担仔麺がどーん。写真には写っていないけど、小さな冷奴がつき出しみたいに最初に出てきました。

担仔麺のスープはとても淡白な味わい。肉燥(ひき肉味噌)は押し付けがましくなく、刻んだセロリがいい香り。
水餃子は、最初の一口は「悪くないけど、特にすごくもない」という印象だったけど、食べ進むうちにじわじわっとおいしさに気づかされるようになる。もちもちの皮もいいけど、餡がいいですね。

全体として、とてもgentleというか、淡白で優しい味わいでした。台湾で食べるような強い存在感があるわけじゃないけど、これはこれで満足。

この西新橋から虎ノ門にかけては、結構いろんな店があるので、台湾観光協会に行った後はあちこち寄りたくなってしまう。でも早く職場に戻らないと…。


パオ 愛宕店(餃子/溜池山王)
総合:4.0

料理・味:4.0 サービス:3.0 雰囲気:3.0


posted by 研究員B at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする