2013年12月30日

週末新刊情報まとめ・2013年11月分

毎週末に研究員Aがツイートしている、台湾関連の新刊情報。そのまとめです。

毎月恒例だったはずの新刊情報のまとめ、ここ数ヶ月いろいろあってずれこんでいます。年を越す前に少しでも…と思い、今回は今さらながら、11月にツイートした分の新刊情報をまとめてみました。今回も、新刊情報のツイートの内容を並べてみただけですが、ご参考まで。

この中では、『Art Collectors'』『ジュニアエラ』『装苑』あたりが気になったけど、残念ながらいずれもまだ確認できていません。『地理』12月号はチェックしましたが、堅実な論文と、一読して「うーん…」なものが混在。でも巻頭のグラビア(?)は興味深いものでした。


【2013年11月2日ツイート分】

「アジアを魅了し続ける俳優、ジェリー・イェン」という記事掲載!『VOUGUE JAPAN』12月号 a.r10.to/hG9uat #楽天


SHOW、ジョセフ・チェン、 台湾版『美男<イケメン>ですね』、エヴァン・ヨーなどなど韓流情報の間に華流情報も。『クレアスタ』12月号 a.r10.to/hGk5rQ #楽天


「ビール大国にロックオン」という記事の中で台湾も取り上げられているようです。ビール大国ね…(笑)。『ビール王国』11月号 a.r10.to/hGmqpQ #楽天


特集「これが航空会社のCA採用試験だ!」に「台湾の翼 エバー航空へようこそ」という記事。「エバー航空FA採用試験対策」「日本人新人FAのプロフィール」が分かる!『Air Stage』12月号 a.r10.to/hKUg1a #楽天


週末新刊情報。「【特別企画】アート台北 その魅力と楽しみ方」掲載。色々あるけど「台湾/日本ギャラリーのオススメ」が気になる。『Art Collectors'』11月号 a.r10.to/hGLMFq #楽天



【2013年11月9日ツイート分】

「あの」台湾風豆乳スープのレシピ掲載のようです。『Soup Stock Tokyoのスープの作り方2 日常スープ篇』 a.r10.to/hGBYtl #楽天 店での実食レポはこちら。 twitter.com/okiraku_tw/sta


「コンパクトな海外ガイドの決定版」の新版出ました。今回は「巻頭特集を刷新、台北グルメ情報が大充実!」だそうです。『台北 2013(タビトモ)』 a.r10.to/hh8Q8i #楽天


「Mayday―いよいよ、日本本格デビュー。台湾のモンスターバンド、Maydayが登場」という記事。『バック・ステージ・パス』12月号 a.r10.to/hi0voD #楽天


台湾のヴァイオリン製作家による解説書。中国・台湾のヴァイオリン事情にも触れるそうです。アルバート・チョンピン・チュワン『一冊まるごとヴァイオリン―その歴史と美、製作と保全』 a.r10.to/hGLd6h #楽天


游日龍は台湾で日本軍に徴兵され、空爆の極限で道教に開眼。敗戦後、救民に励み崑崙仙山太極殿を開山、健康学会を育てた人だそうです。林郁『游日龍の道―台湾客家・游道士の養生訓』 a.r10.to/hGRfkR #楽天


週末新刊情報。「台湾の人気作家が贈るFBIを舞台にした心理サスペンスBL小説」だそうです。蒔舞『ロスト・コントロール―虚無仮説1』 a.r10.to/hG9MNi #楽天



【2013年11月16日ツイート分】

「渡辺直美のたら福まん腹―台湾鍋に恋してレシピ5」掲載。これって連載なの?『週刊女性自身』11月26日号 a.r10.to/hGA8y9 #楽天


ジェリー・イェン写真集。2013年に日本で行われたファンミの様子+台湾での撮り下ろしなど。メイキングDVD付。『GIFT−Jerry Yan Fanmeeting 2013』 a.r10.to/hGZhWS #楽天


「台湾ニャンクチュアリ―話題の猫村から世界初の猫カフェまで」掲載。ニャンクチュアリって…。『猫ぐらし』12月号 a.r10.to/hGBWEg #楽天


クラシック界で活躍する音楽家を素材にした本。台湾出身のヴァイオリニスト林昭亮も取り上げられています。吉原真理『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?−人種・ジェンダー・文化資本』 a.r10.to/hGIyR3 #楽天


週末新刊情報。「子ども地球ナビ」のコーナーが「台湾―台北の下町に住む料理好きな男の子」。 『ジュニアエラ』12月号 a.r10.to/hGmumk #楽天



【2013年11月23日ツイート分】

『mini』『CUTiE』などで人気の読モによる台湾レポ+ガイド。若い子は台湾のどこに反応するのだろう?田中里奈『田中式・旅の教科書台湾』 a.r10.to/hGeHHL #楽天


「市橋達也」演じた“台湾逆輸入”イケメン俳優《ディーン・フジオカ》の素顔」掲載。知らん間にそんな映画が…。『FRIDAY』12月6日号 a.r10.to/hh2hGZ #楽天


「熱烈!台湾火車旅行-高鉄 345km、鉄道総延長約1700kmの魅力」掲載。『旅と鉄道』1月号 a.r10.to/hGuJvk #楽天


嶋陸奥彦「台湾における韓国研究ワークショップ」掲載。『韓国朝鮮の文化と社会12 〈特集〉アリランをめぐる音・ことば・語り』 a.r10.to/hhkkQh #楽天


週末新刊情報。白川淳「台湾の鉄道現況」掲載。『鉄道ピクトリアル』1月号 a.r10.to/hh07kS #楽天



【2013年11月30日ツイート分】

超定番ガイドブックの新版出ました。『地球の歩き方(2014〜2015年) 台北』 a.r10.to/hGkDHS #楽天


特集「台湾の現在―発展する社会と経済」。酒井亨「台湾民主化の背景」佐藤幸人「新たな転機を迎えた台湾経済」等、6論文掲載。『地理』12月号 a.r10.to/hGpwv4 #楽天


「台湾ファッションシーンの最前線」という記事あり。『装苑』1月号 a.r10.to/hGajP6 #楽天


「台湾の作家が描く本格ミステリーBL」の第二巻。あらすじを読むとすごい感じです…。蒔舞『ロスト・コントロール(2) 虚無仮説』 a.r10.to/hGzMUH #楽天


「台湾人に愛された日本人−八田與一」掲載。何でこの手の人達はこんなに八田與一が好きなんだ?道徳教育をすすめる有識者の会編『はじめての道徳教科書』 a.r10.to/hGzN8I #楽天


週末新刊情報。「海外でサバゲ!戦跡巡り!―台湾澎湖への旅」掲載。なんかすごそう(笑)。『Strike And Tactical』1月号 a.r10.to/hGgQKU #楽天


posted by 研究員B at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

週末新刊情報まとめ・2013年10月分

毎週末に研究員Aがツイートしている、台湾関連の新刊情報。そのまとめです。

毎月恒例だったはずの新刊情報のまとめ、いろいろあってずれこんで、11月はじめに9月の分をまとめました。続けて10月の分を……と思っていたら、またいろいろあって、もう12月!

というわけで、またも間抜けなタイミングになってしまいましたが、10月にツイートした分をまとめてみました。今回も、新刊情報のツイートの内容を並べてみただけですが、ご参考まで。

この中では、個人的には『東アジア流行歌アワー』『アジア諸国の子ども・若者は日本をどのようにみているか』あたりが気になりました。


【2013年10月5日ツイート分】

「台湾・台北/美人の秘訣は台湾グルメにあり!」という記事あり。『今行きたいこんな旅 ぴあ×H.I.S.がオススメする関西発のお得な海外ツアー情報誌!』Vol.1 a.r10.to/hhI1BN #楽天


「台北近郊で温泉三昧」という記事あり。行きたい…。『旅行読売』11月号 a.r10.to/hGiB5e #楽天


「台北のサイン会」「台湾の夜市」「台北フルコース」と題されたエッセイ収録。貴志祐介『極悪鳥になる夢を見る―貴志祐介エッセイ集』 a.r10.to/hGvv1R #楽天


先史時代からオランダ統治時代、日本統治時代、戦後の台湾統治まで、台湾の歴史を解説する本だそうです。古川勝三『日本人に知ってほしい「台湾の歴史」』 a.r10.to/hGqWs1 #楽天


特集「表示規制緩和の激震―健康食品から始まる市場拡大のビッグチャンス」の中に「海外事例・台湾における健康食品市場の現況」という記事。『激流』11月号 a.r10.to/hGpvkd #楽天


週末新刊情報。戦後台湾で叛乱罪で投獄された経験を持つ著者の回想録。小林正成『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)―白色テロ見聞体験記』 a.r10.to/hGfqY4 #楽天



【2013年10月12日ツイート分】

なんとジェリー・イェンのインタビュー掲載!『CREA』11月号 a.r10.to/hGqgtG #楽天


定番ガイドブックの新版出ました。表紙のコピーは「美食同源 おいしい旅」!『るるぶ台湾'14』 a.r10.to/hG397o #楽天


二泊三日で台北行ってお一人様カフェを満喫、という本らしい。うさこ628。『うさこの信州お一人様カフェ―まさかの寄り道〈台北〉編!!』 a.r10.to/hGCjFp #楽天


韓国・台湾の小学生〜大学生の日本イメージを調査した本。加賀美常美代編著『アジア諸国の子ども・若者は日本をどのようにみているか―韓国・台湾における歴史・文化・生活にみる日本イメージ』 a.r10.to/hGR20S #楽天


第1章が「台湾人はいつの日本が好きか―今でしょ!」だそうです…。酒井亨『中韓以外みーんな親日―クールジャパンが世界を席巻中!』 a.r10.to/hGqgOA #楽天


週末新刊情報。「江ノ電だより/台湾鉄路管理局向け車両相次いで完成」、白川淳「台湾鉄道の話題」という記事あり。『鉄道ピクトリアル』11月号 a.r10.to/hGITRL #楽天



【2013年10月19日ツイート分】

「浅岡恵さんの世界ねこ紀行―台湾」掲載。『ねこ』11月号 a.r10.to/hGaGWI #楽天


兪敏浩「両岸関係の力学と中国の台湾政策―中台両岸関係における三角矛盾構造の形成を中心に」掲載。国分良成・小嶋華津編『現代中国政治外交の原点』 a.r10.to/hGPwui #楽天


終戦時、内蒙古・北京在留の日本人を帰還させた陸軍中将が、その恩義を返すため台湾に渡り、蒋介石を助けるというノンフィクション。門田隆将『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』 a.r10.to/hhpdWA #楽天


「身近な国々の都市と観光の特徴を紹介!」という本。第3章が神田孝治「台湾」です。 寺阪昭信・伊東理編『図説 アジア・オセアニアの都市と観光』 a.r10.to/hGNTg1 #楽天


「トップインタビュー:マンダリンオリエンタル台北総支配人 ポール・ジョーンズ氏」掲載。 『ホテレス』10月18日号 a.r10.to/hG928H #楽天


週末新刊情報。「台湾昆虫ツアー報告2」掲載。 『月刊むし』10月号 a.r10.to/hGLbcS #楽天



【2013年10月26日ツイート分】

飛輪海・ジローとジェリー・イェンのインタビュー掲載!華流雑誌じゃないとこに掲載はなんか嬉しい。『FLIX』12月号 a.r10.to/hGrHMZ #楽天


森鴎外の長男の評伝。父の印税に支えられた豪邸を捨て、家族と台湾に移り住んだらしいです。へえ。森常治『台湾の森於菟』 a.r10.to/hGN1Pb #楽天


東アジア・ポピュラー音楽の栄枯盛衰を、日本を中心とする「帝国圏」と中国を中心とする「華語圏」という軸から分析。台湾にも少し触れているようです。貴志俊彦『東アジア流行歌アワー―越境する音 交錯する音楽人』 a.r10.to/hGQ4k2 #楽天


第四章「Jポップ・カルチャーの越境−偏在する/個室化するアキバ」が台北の話のようで、節題に「忠孝新生」「西門」「台北車站」とあります。中根光敏・今田純雄編『グローバル化と文化変容』 a.r10.to/hGf4vE #楽天


現場の物流用語をはじめ、中国の物流研究者が使っている用語、香港、台湾の用語、航空・海運の用語などを盛り込んだ物流用語集だそうです。根岸宏和編『日中中日物流用語集』 a.r10.to/hGXACH #楽天


週末新刊情報。太田睦「台湾・中国の軽小説」掲載。一柳廣孝・久米依子編著『ライトノベル・スタディーズ』 a.r10.to/hGBlte #楽天



posted by 研究員B at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

週末新刊情報まとめ・2013年9月分

毎週末に研究員Aがツイートしている、台湾関連の新刊情報。そのまとめです。

東京国際映画祭やらその後のしわ寄せの多忙やらでなかなかブログが書けず、観た映画のレビューもきちんとまとめられない!と痛恨な思いでいたところ、そもそも毎月恒例の新刊情報のまとめのことを、すっかり忘れていることに気づきました。

というわけで、もう11月になってしまっていますが、まずは9月にツイートした分をまとめてみました(10月分も追い追い)。今回も、新刊情報のツイートの内容を並べてみただけですが、ご参考まで。なお、9月2週目の新刊情報は台湾に行っていたのでお休みしています。この中では、個人的には『旅するニホンゴ』が気になりました。


【2013年9月7日ツイート分】

『あの頃、君を追いかけた』公開絡みで、九把刀インタビュー「思いは伝わる!? 奇跡の台湾青春映画の作り方」、暉峻創三「岐路に直面した台湾青春映画」掲載。『キネマ旬報』9月下旬号 a.r10.to/hGDPv4 #楽天

連載「RIVER―旅情あふれる流れ」 が「淡水河 (台湾) 」。『Nikkin Money』10月号 a.r10.to/hG5RO2 #楽天

東園子「星組台湾公演レポート―劇場の内にこもる熱気」掲載。『宝塚イズム』25 a.r10.to/hGkaz1 #楽天

林淑宦u現代台湾の宗教事情―道教と仏教の混淆」掲載。佐藤悦成編著『現代社会と宗教』 a.r10.to/hGchec #楽天

特集「メメント・モリ―絢爛たる生の彩を…」に、李登輝・井原甲二「我是不是我的我―“私は私でない私”という真実」掲載。表紙からどーんと李登輝…。『MOKU』9月号 a.r10.to/hGOlZa #楽天

週末新刊情報。「台湾を守ることが、イコール日本の安全につながる」という立場で書かれた本のようです。加瀬英明『日本と台湾―なぜ、両国は運命共同体なのか』 a.r10.to/hGlje1 #楽天



【2013年9月21日ツイート分】

「¥1000をキーワードに、足を使って選び抜いた、おいしくて、楽しくて、感動できる情報が満載」だそうです。気になる!山下マヌー『台湾¥1000でできること』 a.r10.to/hGvkcU #楽天

母が台湾人の渡辺直美が「確実にうまいとこだけ教えます」だそうです。来年9月まで有効のクーポン付。『渡辺直美のたら福まん腹台湾―ワタシ、地元ダカラ、穴場、知ッテルヨ!』 a.r10.to/hG4wuk #楽天

COVER SPECIALが「flumpool×Mayday―国境を超えて培われた友情、互いのサウンドへのリスペクト」ということで、表紙に阿信が!『WHAT's IN』10月号 a.r10.to/hGE4MG #楽天

一気に広げたり、折り畳んだりできるマジカルワイドMAPと携帯に便利な別冊とりはずしMAP、二種類の地図付。『空旅Style 台湾』 a.r10.to/hhYYQt #楽天

民主化後の台湾が歩んだ軌跡を三代の総統とその時代を描く政治外交史だそうです。井尻秀憲『激流に立つ台湾政治外交史―李登輝、陳水扁、馬英九の二五年』 a.r10.to/hGAFxz #楽天

週末新刊情報。李登輝「「女性の活用」は台湾に学べ」掲載。『VOICE』10月号 a.r10.to/hGG4NY #楽天



【2013年9月28日ツイート分】

台湾芸能誌では一押しのムック本の最新刊。『花様』公開で特集はジェリー・イェン。他にも台湾芸能情報てんこ盛り!『台湾エンタメパラダイス』vol.5 a.r10.to/hGlz8l #楽天

定番ガイドブックの新版出ました。表紙のコピーは「おいしい&かわいい最強★街歩きガイド」!『台湾の歩き方 2014-15』 a.r10.to/hGfJ6C #楽天

祝い事の食事から日常の食事まで多彩な食文化を掲載する他、「欣葉」の料理を数多く掲載だそうです。『美食の台湾料理』 a.r10.to/hGc7Xi #楽天

「ハワイ,カナダ,ブラジル,台湾,パラオ―現地の人々の生活に今も息づく,ニホンゴをめぐる旅へ! 」だそうです。面白そう。渋谷勝己・簡月真 『旅するニホンゴ―異言語との出会いが変えたもの』 a.r10.to/ht8ICV #楽天

「出張先で役立つ情報が満載の仰天ビジネスエッセイ」。中国メインですが台湾も少し取り上げられています。「台北の旧暦の摩訶不思議な忘年会」とか。山元証『悶絶アジアビジネス―理不尽のススメ』 a.r10.to/hGBX8A #楽天

週末新刊情報。「台湾ニュースター、ヨウションが登場!」という記事。『haru*hana 』vol.020 a.r10.to/hGBuQo #楽天



posted by 研究員B at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

週末新刊情報まとめ・2013年8月分

毎週末に研究員Aがツイートしている、台湾関連の新刊情報。8月にツイートした分をまとめてみました。今回も、新刊情報のツイートの内容を並べてみただけですが、ご参考まで。

8月は、7月に引き続き台湾の旅に出かけたくなる本や雑誌が多いけど、歴史ものあり写真集ありの、全体としてはとっても多彩(ごちゃごちゃ?)な月でした。個人的に気になるのは、『最好的台湾』と『中央公論』の乃南アサの文章というあたり。

【2013年8月3日ツイート分】

青木由香さんコーディネートの『FRaU』台湾特集記事が一冊に!台南情報充実です。
青木由香・FRaU編集部『最好的台湾』 a.r10.to/hGbbht #楽天


「ANAで遊び尽くす! 遅夏の台湾旅」という記事あり。
『MORE』9月号 a.r10.to/hGwOsL #楽天


「GLAY いよいよ完結。アジアツアー・ファイナル、台湾公演を独占レポート!! 」という記事あり。
『BACKSTAGE PASS』9月号 a.r10.to/hGJcfT #楽天


環境保護局局長を務めた著者が、自ら日本語で書いた回顧録。台湾の環境保護行政の話とか貴重かも。
荘進源『台湾の環境行政を切り開いた元日本人−荘進源回顧録』 a.r10.to/hGZe5x #楽天


「2013台湾サイクリングフェスティバル−サイクリングアイランド“台湾”を走れ!」という記事あり。
『サイクルスポーツ』9月号 a.r10.to/hGRCFU #楽天


週末新刊情報。「Formosa〜麗しの島、台湾〜 台湾で見られる様々な爬虫類を紹介する波瀾万丈旅行記」掲載。
『ビバリウムガイド』8月号 a.r10.to/hGREPU #楽天



【2013年8月10日ツイート分】

おしゃれ旅より格安旅行!という方は、青木由香さんよりこちらをどうぞ。
下川裕冶『週末台湾でちょっと一息』 a.r10.to/hGxOCe #楽天


第2特集が「青木由香とまわる最新台湾女子旅」。紹介されてるところは素敵だけど、全体としてはさすがに落穂拾い感が…。
『FRaU』9月号 a.r10.to/hGcQUP #楽天


綴じ込み付録2が青木由香さんコーディネートの「恋愛の台南金運の台北―人生迷ったら台湾へおいでなさい」。寺・占いの他に食・癒し系スポットも紹介。
『CREA』9月号 a.r10.to/hG1CgD #楽天


「うっすら甘い、たっぷりシロップの台湾デザート―艶っぽい愛玉子と杏仁豆腐と鉄観音茶の寒天」という記事。作り方が載っている様子。「高山なおみ、夏つまみ」の中に「台湾風刺身」も。
『dancyu』9月号 a.r10.to/hGTeNo #楽天


「人生を台湾独立建国運動に捧げ、2011年11月に逝去した黄昭堂」についての本。
黄昭堂(述)『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』 a.r10.to/hGI8t5 #楽天


週末新刊情報。「台湾の怪奇スポットで起きた恐怖の出来事「民雄鬼屋」」というエピソード掲載。
北野誠『おまえら行くな。北野誠の実話怪談 犬神祟り編』 a.r10.to/hhYorc #楽天



【2013年8月16日ツイート分】

乃南アサ「「日本人だった」―台湾の老翁たちにとっての日本統治時代」掲載。植民地台湾がぴんとこない世代による台湾日本語世代へのインタビュー。面白かったです。
『中央公論』9月号 a.r10.to/hGJq2F #楽天


「絶景!温泉」という連載で「烏來温泉」が取り上げられてます。
『旅の手帖』9月号 a.r10.to/hGUbIQ #楽天


某週刊誌で「台湾の壇蜜」と紹介されてたシャロン・シューの写真集。違う気がするんだけど。
『華流女神―シャロン・シュー』 a.r10.to/hGUrSF #楽天


「世界に広がるファッションの輪!ビームス台北、はじめました!!」という記事掲載。
『MEN'S NON-NO』9月号 a.r10.to/hG9KpA #楽天


「台湾人女性登山家・李佳珊さんに聞く「溯行の魅力って何ですか」」というインタビュー記事掲載。すっごいハードな沢登りしてます。
『山と渓谷』9月号 a.r10.to/hGbZ4a #楽天


李登輝も期待を寄せる文化交流団体「日台若者交流会」の活動と展望を綴った本だそうです。
安西直紀『超越国境』 a.r10.to/h7uHpc #楽天



【2013年8月24日ツイート分】

「台湾「レトロ日本」ブーム」という記事掲載。
『週刊ポスト』8月30日号 a.r10.to/hGz8T1 #楽天


「特集 3・11後を拓く」の中に、施芳瓏「台湾にわきおこる力─原子力・権力・宗教の力」掲載。
『現代宗教2013』 a.r10.to/hGkqV7 #楽天


こちらもグラビア写真集。だけどこれ何!?コスプレ??
『クイーンズブレイド THE LIVE 不思議の国の闇使い アリシア ヴァネッサ・パンEDITION』 a.r10.to/hG03ox #楽天


雞排妹の写真集。先週紹介したシャロン・シューといい、グラビア界に進出する人が続いてるなあ。
『I'm iLi 写真集』 a.r10.to/hG26TM #楽天


「台湾最大のハンドメイド展示会で手芸のトレンドをチェック」という記事掲載。
『COTTON TIME』9月号 a.r10.to/h3oq3Q #楽天


週末新刊情報。田端唯夫「海外レポート(1)台湾紀行」掲載。
『さつき研究』9月号 a.r10.to/hGjbwp #楽天



【2013年8月31日ツイート分】

「女子力UP 渡辺直美 私の地元台湾案内」という記事掲載。
『週刊女性自身』9月10日号 a.r10.to/hGbRCe #楽天


特集「トラベルレポート4連発! ―LCCだからできる こんな旅、あんな旅」の中に「享楽「楽桃」的飛行! 旅遊台湾! [ピーチ]」という記事。
『格安エアライン利用ガイド2013-14』 a.r10.to/hhcAQs #楽天


「街で噂のあのパーツに突撃!―台湾パーツのリャンホイって何じゃらホイ!?」という記事あり。バイク雑誌だからその関係のパーツだと思うけど何!?
『カススク』10月号 a.r10.to/hGRBsQ #楽天


アジアNIESで直接投資を通じた技術移転が機能し、ASEANでは機能しなかった原因を台湾の日系企業を例に探るそうです。
田中英式『直接投資と技術移転のメカニズム―台湾の社会的能力と二次移転』 a.r10.to/hGbpeo #楽天


週末新刊情報。太陽や月、星にまつわる伝承を世界中から集めた本に、台湾の伝承も載っているようです。
日本民話の会・外国民話研究会編『世界の太陽と月と星の民話』新装改訂版 a.r10.to/h7tGLJ #楽天


posted by 研究員B at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

安田敏朗『かれらの日本語』

安田敏朗『かれらの日本語――台湾「残留」日本語論』

今日は書評。書評する本は安田敏朗『かれらの日本語――台湾「残留」日本語論』(人文書院、2011年)。いわゆる学術書。だけど、私にとってはともかく面白く痛烈で、色んなことを考えながら夢中で読んだ本だった。あまりに面白かったから、去年の今日、書評しようと準備していたのだけど、体調を崩してしまって適わず。どうしても8月15日という日にこだわりたくて、一年待った。何故、そこまでして「この日」にこだわったのか。以下、書きながら説明できると良いんだけど。

さて、この本。台湾に移植され、遺された「日本語」について論じた本。これだけなら今までだって、色んな論文やら本やら出ている。だけどこの本の面白いところは、第一にそれを「言葉」だけの問題ではなく「政治」の問題として論じていること。第二に、植民地期だけでなく戦後の戒厳令期、更には戒厳令解除後から現代に至る長いスパンを扱っているところ。つまり、戦中〜戦後〜現代まで、台湾における「日本語」の位置づけがどのように変化したか、それがどのような政治的意味持ち得るかを通史として語っている。

こんな風に、「言葉」の問題を政治につなげることで、そして「通史」として問題を論じることで、何が明らかになるのか。それは、かつてあった問題が様々な展開を経ながらも、今に引き継がれていること。なのに、我々はその問題の意味も背景も知らず(知ろうともせず)、過去と現在を切断し、都合よく今を解釈していること。

例えば、「親日台湾」という言説がある。日本語を懐かしげに話す世代の台湾人が証左としてあげられることがある。だが、それがどれだけ手前勝手な「わたしたち」の解釈にすぎないか、この本はこつこつと明らかにしていく。そこで示されるのは「わたしたち」の解釈とは異なる「かれら」の事情。それは同時に、そういった「かれら」の事情をきちんと知ろうとしない、受け止めることもしない「わたしたち」の鈍感さを突くものでもある。

本書に即して話してみよう。植民地期、日本語教育というのは国語教育であり、だからこそ皇民化教育の中核を担うものだった。しかし皇民、つまり天皇の民である日本人へと台湾人を変えていくための教育は、なかなかうまくいかない。ブロークンな日本語ばかりが浸透したり、アクセントがおかしかったり。一方で、いかに台湾人が流暢に日本語を話したとしても、何がしかの差異を「わたしたち」は見出す。結局のところ、台湾の日本語はあくまで「かれらの日本語」であり、「わたしたちの日本語」とは異なるものと認識されていたのだ。

ところが戦争が終わると、日台双方で事情が変わってくる。台湾は戦後、国民党支配が行われたため、日本語が禁止され中国語が強制されるようになる。この時、国民党に対する抵抗の言語として、日本語は新たな意味を持つことになる。それまでは強制された言語だった日本語を、今度は自分達の抵抗の言語として台湾の人々は選び取る。それは日本を、日本統治期を肯定するためというよりも、「かれら」を取り巻く複雑な政治的事情の中で余儀なくされたものに近かった。

一方、戦後日本では植民地期の国語教育が、新しく日本語教育として捉え直されていく。皇民化教育という政治的側面を取り除き、あくまで外国語教育と捉え直した時、かつてあれほど強調された「かれらの日本語」と「わたしたちの日本語」の差異は忘れられる。そして、今度は日本語教育の成功面が強調されるようになっていく。更に、1990年代以降、今度は失われつつある言語として、台湾における日本語が言語学的調査の対象となっていく。

このように本書をまとめてみると、私達が立っている場所がまさに「今ここ↑」なことは明らかだ。台湾植民地の日本語教育(もしくは政治支配そのもの)を「成功」と自画自賛し、そこに遺る日本の片鱗を勝手なノスタルジアで慈しむ。だがその反面、植民地期台湾の事情にも、その後の戒厳令下台湾の事情にも、「今ここ」の我々はおそろしく無頓着だ。つまり、「かれら」の事情には無頓着で「わたしたち」の都合にあわせて、台湾を解釈しているのだ。

3年前の同じ日のエントリで、戦前・戦中の台湾語教育の豊かさについて書いた。なのに、そのことをすっかり忘れている自分達への違和感を書いた(→こちら)。あの時感じた記憶喪失のような感覚。その種はこんなところにあったのか、とこの本を読みながら何度も思った。

多分、私達は何も知らない。もちろん台湾について。でもそれ以上に日本について。そして、知らないことに気づかず、もしくは気づかないふりをして、目の前にある台湾を都合よく消費している。それは植民地期に日本が台湾に対して行ったことと、何が違うだろう?

私達は忘れている。そのことを思い出すのに、もしかしたら今日は一年で一番ふさわしい日かもしれない。台湾に向き合う「わたしたち」にずっと前から課せられている夏の宿題。今からやり始めてもまだ間に合うはず、と信じたい。


【送料無料】かれらの日本語 [ 安田敏朗 ]

【送料無料】かれらの日本語 [ 安田敏朗 ]
価格:2,940円(税込、送料込)


posted by 研究員A at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする