2012年09月07日

所長(4歳)が挑戦、変身写真!その1

所長(4歳)が挑戦、変身写真!その1――班尼頓廣告風格寫真

ある朝、所長(当時4歳)が呟いた。「ねえ、所長はいつ七五三するの?」

所長の視線の先には、七五三写真の宣伝がでかでかと載ったチラシ。どうも、保育園のクラスメートが七五三で写真を撮ったことを聞き、羨ましくなったらしい。しかし、おきらく研は写真館で写真を撮る習慣なし。敢えてあのイベントに高いお金を払う気もなし。適当にごまかしてその場をしのいだが、その後も七五三のチラシを見るたびに「Kちゃんも七五三したんだって」「Mちゃんもお写真撮ったって言ってた」と訴え続ける。たいへん粘り強い。ちょっと辟易してきた頃に、ふと研究員Aは思いついた。そうだ、台湾には変身写真というものがあるじゃないか。どうせなら、台湾で所長に変身写真とらせてネタにしちゃえ!

研究員Aは写真を撮られるのが嫌いである。だから、自分で変身写真に挑戦する気は一切ない。でも、どういうものかちょっとだけ興味があって、覗いてみたいなーという下心もあった。それに以前、Rieさんのブログで子供が変身写真を撮ったというエントリを見て、これはちょっといいかも、と引っかかっていたのだ。

そんなわけで、早速、旅旅台北の変身写真館一覧のページをチェック。親子写真の扱いがあるところなら子供の服もあるだろう、と一つ一つ写真館のオリジナルサイトを探して見てみた。子供を扱っていても形式ばった「家族写真」みたいなのが多い中、残ったのは、愛麗絲寶貝寫真館(スタジオアリス)とRieさんもお勧めしている班尼頓廣告風格寫真(ベネトンフォトグラフィー:台北市中山區一江街43號1樓:公式サイト公式ブログ)。

前者は言うまでもなく、日本のスタジオアリスの支店。子供写真に関して恐るべき蓄積とノウハウがあり、「やっぱり子供写真をとるならここでしょ」という空気が漂う。だが、だがしかし!「アリスで七五三」というお決まりのコースが嫌で台湾に行くのに、ここで妥協していいのか? いや、いかんだろ。後者は正直未知数なところがあったけど、ネタを求めてこっちに挑戦だ! ということで、旅旅台北を通して予約をした。

2012年3月、台湾到着翌日の朝、開店時間にやってきたベネトン。松江南京駅から歩いてすぐ。来たことのないエリアなので、ちょっとどきどきしながら歩いていたら、いきなりファンシーな感じの建物が出現。

ベネトン.jpg

受付で名前を告げると、やってきたのはヘアメイクのお姉さん。大阪に留学したことがあるとのことで、とっても日本語が上手。おしゃべりも弾む中、一旦外へ出て隣の建物の地下にあるスタジオへと移動する。スタジオの入り口には暗証番号で解除する形式のドアがあるが、これは「子供の安全のため」とのことで番号は形式的なもの。でもこういうところに気を使ってくれているのはポイントが高いぞ、と最初から好印象。

地下のスタジオに降りると、今度は男性のカメラマンさんに紹介された。カメラマンさんは日本語はダメだが、英語ができる。研究員Aも研究員Bも実は中国語よりも英語が得意だったりするので、これにはとっても助かった。ここで、カメラマンさんからの提案。申し込んだコースではメイク衣装数が2パターンということだったが、もし所長のご機嫌が良ければ3パターン目もサービスで撮るよ、とのこと。もちろん断る理由もなく、承諾。

というわけで、ソファに座り、スタイリストさんとどういう雰囲気の写真を撮るかの相談。六つくらいある選択肢の中から、キュート、プリンセス、クールを選んでみる。だけど、これがそれぞれ何を意味するのか、研究員Aも研究員Bもよく分かっているわけではない。

まずはキュートの撮影から、というわけでドレス選び。ヘアメイクさんが写真を持ってきて、「どんな感じのが良い?」と聞くが、正直、よく分からない。うーん、と困っていると「何色が好き?」との質問。「ピンクだよね?」と研究員Aが聞くと、こくりとうなずく所長。それを聞いたヘアメイクさんはどこかへ消え、しばらくすると二つピンクのドレスを持って現れた。

ヘアメイクさん「どっちがいい?」
研究員A「こっちじゃない〜?」

勝手に選ぶ研究員A。所長も反論せず、ドレスが決まる。ここで更衣室に行って着替え、だが、人見知りの所長はヘアメイクさんと二人で行くことを断固拒否。せまーい更衣室に研究員Aも入って、ぎゅうぎゅうになりながら着替えをする。着替えが終わったら、靴がまたいくつか出現し、適当にあわせてコーディネート完成。この辺の小物に関しては、ほとんどヘアメイクさん主導。

次にヘアメイク。椅子を高くしてもらい、メイク用の大きな鏡に向かった所長はちょっと嬉しそう。そこにまたアクセサリー類がじゃんじゃん出てきて、とっかひっかえつけていき、コーディネート完成。要所要所で「どっちがいい?」と聞いてくれるので、所長も無言で気に入った方を指差して意思表示。無理強いされている感なく、しかしスピーディーに準備が進んでいく。最後に少しだけ顔に粉をはたき、髪をセットして完了。やー、若い子は肌がきれいだからこの行程が短くて良いね。

できあがった所長は、ショッキングピンクのタンクトップにふわっふわのベビーピンクのスカート。大振りなアクセサリーにお花のカチューシャまでつけ、安めのAKB48のような出で立ち。こんな所長、当然見たことがないけれど、これが意外に似合っていて可愛い。本人もドレスアップ? した自分の姿に、かなりご満悦。だけど、ここからが本番。実は、超! 人見知り+場所見知りの所長。果たしてカメラの前で笑えるのか!? 「子供が変身写真」という試みは成功するのか!? というわけで、次回に続く。

posted by 研究員A at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

台北市大同區の樹コ公園

今回も9月の台湾「出張」の話。4日目の朝食を台北・大龍街の「芝山豆漿」で食べたあと、足を運んだのが「樹コ公園」という公園。足を運ぶと言っても、芝山豆漿から本当にすぐのところにある。

この公園、こんな碑も立っています。

park1.JPG

この樹コ公園、検索してみると、國宅(国営のアパート)についての台北市政府のページがヒットする。そこでは、大同社區の紹介の中で、「鄰近樹コ公園,該公園花木扶疏克成蔭,有協天宮在公園內,並經常舉辦各類民俗活動,多是住戶休娛樂的最佳場所」と書かれています。台湾中の公園すべてにあてはまりそうな内容だけど、この樹コ公園の場合、「協天宮」という名前の廟が公園の中(隅?)にあるのが最大の特徴。

廟があることもあってか、この公園はなんとなく中高年層の近隣住民の姿が目立つ(気がした)。また、公園を取り囲むように商店や飲食店がいろいろ並んでいて、それもここに廟があることの反映でしょう。全体として、緑も濃かった気がするけど、気のせい?

park2.JPG

さて、公園といえば所長(3歳)。この公園では、以下の遊具を見つけて、楽しそうに遊び始める。

park3.JPG

両側に違う形の滑り台がついている、というもの。こういう連結ものって、台北の公園は何となく多い気がする。
この公園、実は遊具はほぼこれ一つだけ(研究員Aによると、あとブランコか何かがあったかもしれないとのこと。でも記憶がない)。大半のスペースは、緑に囲まれる中でベンチやあずま屋などで、近隣住民がくつろいでいる感じ。遊具は少なく、その分地域住民の集う場所という性格が強い公園なのかも。

でも、この遊具自体は所長には好評で、遊ぶ姿はとっても楽しそう。直前の芝山豆漿での食事が満足だったせいもあるのかもしれないけど、嬉々として遊具に飛びついて遊んでいました。廟の雰囲気はちょっと怖かったみたいで、前を通り過ぎるときは緊張していたけど。

随所に公園があるのは、やはり子連れだと助かるので、ありがたい限り。朝とはいえそれなりに暑い中、遊ぶ所長の姿をしみじみ眺めていました。



大きな地図で見る
posted by 研究員B at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

玉璽養生館で全身マッサージ

前回出張二日目の晩。所長(3歳)が17時頃気を失うように眠ってからちっとも起きてこないので、長い夜をゆったりと過ごした研究員2人。三元喜事の豚足弁当をホテルで食べ、さてどうしようかな、と考えていた時に名案。この隙にマッサージに行っちゃおう。

3月の出張時に、竹恋足体養生館で全身マッサージを受け、体調が急激に回復した過去を持つ研究員A。この時も暑くてバテ気味だたので、早めに手を打とうと思ったわけ。

研究員Bに話すと許可が下りたので、21時半頃に出発。行った先は、玉璽養生館。民族西路と大龍街の交差点に面した店。

玉璽養生館.jpg

ここに行った理由は、1.女性スタッフが多いように思えたこと。2.地元客がそれなりに入っているように見えたこと。以上、2点。ホテルの目の前にもマッサージ屋があったのだけど、男性スタッフ2人だけで、客もほとんどいないように見えたのでやめた。一応、女一人で全身マッサージですから。ちょっと気をつかってみた。

さて、こちらのマッサージ屋。前回行った竹恋足体養生館のように、小奇麗な店ではない。事務所みたいな、ごちゃっとしたインテリアが特徴の典型的マッサージ屋。受付のおばさんも、ややヤンキー風。「全身マッサージしたいんだけど…」とおずおず申し出ると、「はい、こっちでスリッパはいて。シャワー入る? いいの? じゃ、こっちね。あんたどこの人? 日本人? 中国語うまいね」と畳み掛けるように話しかける。

そして、連れて行かれたのは全身マッサージ用の個室がある地下。個室といってもベニヤで区切られているだけで、天井の方には隙間がある。おかげで、他の部屋でマッサージを受けているおじさんの「うぅ〜。うっ」とかいう声が筒抜け。間接照明なんだか、停電寸前なんだか、というライティングの効果もあり、大変怪しい。「ここで着替えて待ってて。服はそこに入れとけばいいから」と言っておばさんが去った後、浴衣のようなマッサージ服にも着替えてベッドに座っていると、相当に心細〜い気持ちになってくる。このまま外国に売り飛ばされたどうしようかしら?

そこに、マッサージ師のおばさん登場。着替えた私を見て何事かを言うが、よく分からない。「分かりません」を繰り返していると、おもむろに服を脱がされる。何事?と怯えていると、前後を間違えていたらしい。浴衣を普通に着るのではなく、前後逆に着ろとの指示。しかも、つけていたブラもさくっと外される。何が起こるの〜? 研究員A、この時点で半泣き。

でも、腹を決めてマッサージ台に横たわると、クリームを背中につけてのマッサージが始まる。なるほど。だから、背中を開けやすいように、前後逆に服を着るんだ。しかし、直接肌に触れるマッサージは抵抗があると今まで避けてきたはずが、こんなところでデビューしてしまうなんて。どうせなら高級エステとかにしたかったわ。

マッサージは按摩とか整体というよりは、リンパドレナージュっぽいもの。クリームを使って、ひたすらぐーっとコリを流していく感じ。痛いところは大変痛い。そして情け容赦なく、全身もまれる。どのくらい徹底的かと言うと、パンツを下げて臀部までマッサージ。うう、人に肌をさらすマッサージは避けてきたはずなのに…。

がりがり揉まれ、ほかほかタオルを惜しみなく使って蒸され、クリームをきちっと拭ってもらったら、1時間のマッサージ終了。別にどこにも売り飛ばされなかった。良かった、良かった。無事に研究員Bと所長のところに帰れるよ。

着替えて受付に戻ると、お茶を出してくれる。ぽけーとしながらお茶を飲んで、ちょっと話して、1000元払ってホテルに帰る。

確かに全身ほぐれたし身体もすっきりしたけれど、竹恋足体養生館の時のように、身体の仕組みが作り変わったような感じはなし。リンパドレナージュ的な施術が研究員Aにあわないのか、あまりに異様な雰囲気に緊張してリラックスしきれなかったか、どっちだろう。多分、後者だな。でもこれはこれで面白かった。もう肌を出すマッサージも恐くなくなったし! と、性懲りもなくまたマッサージ屋にチャレンジするだろう研究員A。いつかどこかに売り飛ばされないと良いのだけれど。

玉璽養生館
住所   台北市大同區民族西路52號
電話   (02)2592-2885
営業時間 昼12時〜翌朝6時


大きな地図で見る
posted by 研究員A at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

子連れで台湾の温泉!――櫻崗溫泉會館

何はともあれ、温泉好き!な研究員A。台湾だって入りたい!夏だって入りたい!子連れだって入りたい!というわけで、今回所長(3歳)を連れて台湾の温泉に初挑戦。以下、その記録。

絶対に温泉に入るぞ!と固い決意で臨んだ今回の出張。個人的には新北投の露天風呂のゆるーい感じが気に入っているのだが、3歳児連れで入れるかの確信なし。水着を着て入るプールっぽいものだったら所長が楽しめるかな、と思って探すが、なかなか3歳児でも入れるところが見つからず。結局、家族風呂に方針転換。ベッドがあるところ(いざという時、所長を昼寝させられるから)、景色が良いところ(家族風呂、窓なしの監獄みたいなところ多いです)という基準で検索しまくる。最終的に決定したのは、紗帽谷温泉の櫻崗溫泉會館。新北投は何回か行ったので、少しだけ外してみた。

本当は石牌駅からバスに乗るつもりでいたのだけれど、所長が眠くてぐったり(詳細はこちら)。仕方なくタクシーに乗る。しかし、バスに乗るつもりできちんとした地図を持ってこなかったので、タクシーの運ちゃん(女性)に叱られる。所長はぐったり研究員Aの膝で寝ている。こんな状況で着くのかしらと、山道をしばらく上ること10分くらい?ちゃんと到着した櫻崗溫泉會館。

櫻崗_外観.jpg

夏だったので割引セール中。家族風呂も2割引だったかな? なかなかお得。

極度に愛想の悪い受付のお姉さんに景觀湯屋が空いているかを聞くと、OKとの答え。奥へと進むように指示される。食堂を通り抜け、暗い通路の先にはおじさんが一人。ぱちんと廊下の電気をつけて、部屋に通してくれた。そうか。我々が今日一番に家族風呂を使う客か。

薄暗い通路、人気のない建物、愛想の悪い従業員…と、不安を募らせていたおきらく研一同。部屋に入って、一気に盛り上がる。

だって、きちんと整えられたベッドに化粧台。窓の外には一面の緑!

櫻崗_ベッド.jpg

101だって見える。

櫻崗_101.jpg

そして温泉!浴槽からも空が見える!

櫻崗_風呂.jpg

洗い場には備え付けのシャンプー+ボディシャンプーあり。

櫻崗_洗い場.jpg

洗い場の横にトイレもあり。

櫻崗_トイレ3.jpg

喉が渇いたら、お茶もお水も飲める(無料)。

櫻崗_ドリンク.jpg

この他、バスタオル・タオルが各2枚。化粧台にはドライヤー。ベッドルームにはテレビ。と至れりつくせり。本当に手ぶらで行ける。なんて便利。

それまで眠くてぐったりだった所長、この部屋に入って俄然元気になる。小奇麗で、邪魔者がいない空間が大好きな所長。「おふろ入るー」「おしっこするー」「ねんねするー」「ばうんするー(ばうん=ドライヤーをかける)」「お茶飲むー」と全てのサービスを満喫。それはもう楽しそうに、部屋を行き来していた。君が寝るかと思ってベッド付きの部屋にしたのに。どういうわけだ。

肝心の温泉は、強い硫黄の匂い。しかし、お湯自体はそんなに強くない。加水してる? しかもかなりの量? と疑いを持つほどのゆるゆるっぷり。温泉好きとしては、かなり残念。でも、この辺は温泉密集地。狭い場所に複数の温泉施設がぎゅうぎゅうに建っていて、しかもそれぞれが大浴場を売りにしている。それじゃ温泉の質も落ちるよな…、とちょっと残念に思う。

とは言え、部屋は小奇麗でものすごくくつろげる。ゆるゆるとは言え温泉の名のついたお風呂に入り、緑と空を眺めながらベッドでごろごろし、またお風呂に入って、を繰り返した2時間。旅行疲れと暑さでぼんやりしていた我々には、良いリフレッシュとなった。温泉行ってみたい。でもあまり日本と違う環境だと緊張するという方、子連れであんまり冒険はできないという方など、最初の一歩として行くには良い場所なんではないでしょうか。

帰りはバス停までぶらぶら歩き、石牌駅までバスでびゅわーんと帰ってくる。荒い運転で所長は目を白黒させていたが、バス好き研究員Aは大満足。山の中なので「ちょっと郊外に行った」感も味わえ、お得であった。

posted by 研究員A at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

大龍公園

台北市の大同區にある大龍公園。宿泊先だった圓山BENTLEYから民族西路を西に進み、コーヒーショップの85度Cを右に曲がって大龍街を進むと、右手に蘭州國中があり、左手に小さな公園がある。その公園が、今回紹介する大龍公園。

よく日本の台湾観光紹介番組とかだと、台湾の朝の公園の風景として、10人以上の高齢者が気功やカラオケや体操やダンスなどを早朝からやっている、というのがよく出てくる。それはそれで確かにあるのだけど、そのぐらいの人数が一斉に体を動かすとなると、当然ある程度広い公園でやるのが普通。でも、実際に台北市内でよくあるのは、10人以上でそんなことをやると(やれなくはないけど)ちょっと狭いかもなあ、というぐらいの規模の小さな公園。この大龍公園も、そういうどこにでもある小さな公園の一つで、目立つ特徴はないかもしれないけど、台北に生きる普通の人たちの日常が見える感じがあって、なかなか悪くない場所でした。

ではさっそく撮ってきた画像でご説明。朝の様子です。

dalong-park1.JPG

遊具のある一角。右手の遊具(滑り台)の左横、白い服の男性二人は、ずーっと寡黙に何かの「組み手」の練習をしていました。気功か何か?という感じ。大変熱心に取り組んでいました。画面左のベンチには、車椅子の高齢者と、その世話をする東南アジア系の女性という組み合わせが二組。高齢者に飲み物を飲ませたり、高齢者の足のマッサージをしたりしつつ、女性二人は知り合いのようで、楽しそうに話していました。東南アジアから来た女性のいわゆるdomestic workerの姿は、台湾で増えつつあるは聞くものの、実際のその姿をみるのはこういうところに来ないと旅行客には難しいかも。あと、画面では隠れてしまって写っていないけど、滑り台の背後に石のテーブル(?)があり、そこに飲み物を並べて世間話をする男性たち4名。30代から60代まで? この人たち、うち2名が平日の朝だというのにさっそく台湾ビールを飲んでいました。

dalong-park5.JPG

遊具はこんな感じ。要するに滑り台です。通路部分(水色のところ)はなぜ魚???

dalong-park4.JPG

遊具の上からの撮影。車が見えているところが大龍街。左のあずま屋の手前には、子どもがまたがって乗ることができる動物の人形(ばねがついていて揺れるようになっているもの)がある。時間帯によっては、あずま屋やベンチが高齢者で埋め尽くされていることもあり。右手奥には柵で囲まれたエリアがあり、ローラースケートでもできそうな感じ。

dalong-park3.JPG

遊具の向かいには鉄棒が。この鉄棒、右の2つは結構背が高いので、子どもだと届かないぐらい。

dalong-park6.JPG

滑り台に隣接して、これがあります。ちょっとわかりにくいけど、左のものは、上からぶらさがっている紐を左右で持って引っ張るもの(わかりにくい??)。右のものは、黄色い円盤状の台が回転し、乗ると腰を簡単にひねることができるというもの(これもわかりにくい??)。いずれも、主に使うのは高齢者。中華圏の公園にはこういう高齢者ユーザーを想定した遊具(?)が必ずあるような気がするけど、日本の公園にはないですね。

dalong-park2.JPG

花が咲くエリアも。それなりに管理は行き届いていて、市内のこうした公園も日本と同じくらいにきれいでゴミも少ないところが多い気がします。

全体として、遊具はもちろんあるけど、公園の主な利用者として子どもだけが想定されているわけではない、ということがよくわかります。実際、早朝でも夜でも、中高年の男女や高齢者たちが、すわって世間話をしたり、新聞を読んだり、軽く体を動かしたりする姿が目立つのは確か。それに加えて、小さな子どもがいたり、犬を散歩させる人がいたり、いろいろ。台北のごく普通の公園の風景は、観光地的な華やかさはないけど、そんな感じの日常感を味わうにはぴったり。すぐそこの大龍街沿いにはお店や屋台も出るので、ちょっとした食べ物や飲み物を買ってきて、公園にすわってぼんやりするのも悪くないかも(時期によってはあっついけど)。松山空港への飛行機が、ときどき上空の低めのところを飛んで、歓迎してくれますよ。

posted by 研究員B at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする