2015年09月08日

在欉紅本鋪 その3

在欉紅本鋪―激うまジャム屋が作ったすべてが本物!のショップ&カフェ その3

激うま台湾ジャムの先駆者・在欉紅 Red on Tree が開いたショップ&カフェに行ってきた話、その3 。(お店に入ってから注文するまでについて書いた「その1」はこちら。注文した品を食べた話を書いた「その2」はこちら。)

さて、おいしいおやつを食べて心の底から癒やされたおきらく研一同。この幸福な体験の思い出に、ジャムを買って帰ることにした。1階のショップで何を買おうかなーと悩んでいると、「試食できますよ」とスタッフのお姉さんがにこにこ声をかけてくれる。じゃあ、ってことでマンゴーとライチをお願いしたら、こんな体裁で出してくれた!

red_on_tree11.jpg

これ、1人1個ですよ! 豪華すぎやしませんか!?

もったいないので、1階の隅にある席に座ってじっくり味見。マンゴーは甘く華やか。でも、爽やかな後味で気持ちがぱあっと明るくなる味。そして、それ以上においしいのがライチ。ヨーグルト(これまた絶品!)とあわせるとフレッシュ感が際立ち、控えめだけど上品な甘さ・食感が口いっぱいに広がる。

結局、激うまだった「集集 黒夜荔枝」と、もう一つ「三星 茂谷柑」を購入。「茂谷柑」は在庫が少ないので試食できない、と言われたけど、どうしても気になったもの。この二つのジャムはまだ未開封で、おきらく研のキッチンで出番を待っている。

red_on_tree12.jpg

それから、もう一つ。レジで見つけて衝動買いしたマドレーヌ。

red_on_tree13.jpg

これがまた上品な甘さと爽やかなレモンの風味が広がる、おそろしく上等なマドレーヌ。日本に帰ってから食べたのだけど、それはもう幸せな気持ちになった。台湾のお菓子って、台湾で食べるとおいしいけど、日本に持ってくるとチープってことがたまにあるけど、これは日本で食べても正真正銘、上等な品。

すべてにおいて上等で幸せな在欉紅。老舗のブランドってわけじゃないのに、どうやってこの味に辿りついたんだろう。気になって調べてみると、このブランドを創立したのは、なんと当時、台湾大学を卒業したばかりの3人の若者だった!

卒業後の進路を考えている時に、たまたま思いついた台湾産トロピカルフルーツでのジャム作り。でも、トロピカルフルーツは甘みはあっても、ジャムの必須条件である酸味や香りには欠けている。特に、最近は甘くて水分たっぷりのもの果物が人気。結果として、品種改良が進み、ジャム作りに向いた痩せて酸味のある原産種はどんどん作られなくなっていく。そこで彼らは探しに探し、田舎で細々と作られていた昔ながらの味の果物を見つける。

ここまでのエピソードだけでも十分にすごいと思うのだけど、それ以上にすごいと思ったのは、彼らがそういった農家と直接取引することによって中間マージンをカットし、農家に利益がきちんと渡るシステムを採用したということ。更に有機栽培にこだわり、丹精こめて育てた育てた果物を旬に収穫したら、今度は添加物や防腐剤を使わないでそれをジャムにしたこと。

できたジャムは台湾の物価を考えると決して安くはないものとなった。それでも、在欉紅は、誠実に果物作りに取り組む農家を支援し、安心で安全でおいしい食べ物をみんなに提供し、台湾の果物を一つのブランドとして確立することに成功した。農業の商業化が進み、食の安全よりも利益が優先され、各地域の個性と多様性が失われつつある今、これってすごいことじゃないか、と思う。

ずっと前にオーガニックマーケット・248農學市集のブースで買い物をした時も、今回カフェで注文をしようとした時も、最初にスタッフがブランドのコンセプトを紹介してくれた。二人ともとてもすてきな若者で、誇りを持って仕事をしているのがよく分かった。二人の背後には、プライドを持って果物を育てる農家さんや、ジャムを作る職人さんがいるのだろう。

そんな台湾の人たちの顔を思い浮かべながら食べられるのが、在欉紅のもう一つの魅力。だからこそ、直営ショップで、スタッフの方たちとコミュニケーションをとりながら、買い物をするのがお勧め。買い物を通して人とつながる、土地とつながる。そういうすてきな体験が出来るような気がするから。


在欉紅本鋪 Red on Tree (台北市金山南路二段192巷8號)


posted by 研究員A at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

在欉紅本鋪 その2

在欉紅本鋪―激うまジャム屋が作ったすべてが本物!のショップ&カフェ その2

激うま台湾ジャムの先駆者・在欉紅 Red on Tree が開いたショップ&カフェに行ってきた話、その2。お店に入ってから注文するまでについては「その1」をご参照ください。今日はいよいよ、注文した品々を食べた話。

さて、2階のカフェスペースに上がり、のんびり待つことしばし。まずは、ここの名物商品・ジェラートが運ばれてくる。

このジェラート、一種類だけでも二種類あわせ盛りでも注文できるので、もちろん二種盛りを注文していた。悩みに悩んで選んだのは、マンゴーとライチ。しかし、味を選んだ後に、スタッフのお姉さんに何かを聞かれる。中国語が聞き取れなくて困っていると、日本語で「花火?」 在欉紅のFacebookをよく見ていた私は、それで分かった。お姉さんは、ジェラートの盛り付け方について聞いてくれていたのだ。その「花火」とはこちら。

花火っ!

redontree5.jpg

これ、内側の白い部分がライチ、外のオレンジの部分がマンゴー味。芸術的でしょー。食べちゃうの、もったいない。でも食べないと、もっともったいない。というわけで、急いで写真とったら、喜び勇んでぱくり。

何これ! うまあああああい!!

台湾に来たらマンゴーアイスってよく食べるけど、ここのは何だか別格! 甘さがくどすぎず、すっきりさっぱり。でも、マンゴーらしい華やかさもちゃんとある。奥ゆかしくて上品な上等なマンゴー。

しかも、それ以上にすごいのは、実はライチ。マンゴーに負けないすっきり、くっきりした甘みと爽やかさ。味見をしたおきらく研の3人一致で「ライチの方がおいしい」と言ったというすばらしさ。所長(8歳)がものすごく幸せそうな顔でぱくぱく食べてしまった。8歳でこんな美味しいもの食べられるとか、幸せな人生だよ…。

次に、研究員Aのレモンタルト。

red_on_tree6.jpg

これもものすごくきれいな、宝石みたいなレモンタルト。

味も、見た目に違わずおそろしく上品で上等。レモンの酸味がふんだんに、前面に出ているのに、それがすごく自然。甘さは酸味を引き立たせるのにちょうど良い感じの控えめ加減で、レモン好きにはたまらん! な味。タルト生地もそれだけ食べてもおいしい! というしっとり、さっくり感。トータルとしての完成度がすごく高くて、一口食べるたびに、にまーっとしてしまう。

レモンタルトにあわせてとったのは、ここの看板の一つでもある台湾産のシングルオリジンのコーヒー 。注文したのは屏東産のもの。ハンドドリップで丁寧にいれてくれたこちらは、なんと中国茶の体裁で出てくる。聞香杯に入っているのはコーヒー殻。「においだけね。食べちゃダメよ」と運んできたお姉さんが茶目っ気たっぷりに釘をさして去っていた。おしゃれ〜。

red_on_tree7.jpg

茶杯を二つ出してくれたけど、研究員Bはコーヒーが飲めない。もったいないけど、研究員Aだけで美味しくいただく。ちょっと癖があって面白い。普通のブレンドの二倍の値段がするけど、たっぷりあるので幸せ。コーヒー好きな人と何人かで行って、色んな味を飲み比べても楽しいと思う。

コーヒーの飲めない研究員Bはマンゴー・パイナップルソーダ。

red_on_tree8.jpg

一口飲んだ瞬間、「辛い!」 炭酸が強力でサクサク飲み進められない。所長と研究員Aは一口で断念したけど、その後、飲みすすめた研究員Bによると「パイナップルの香りがすんばらしい」とのこと。ただその分、マンゴーの風味は薄く、それより何よりやっぱり炭酸が強力なので、万人向けのメニューではないかも、という結論。注文する方は覚悟の上で(笑)。

それから、研究員Bのとったプリン。

red_on_tree9.jpg

おそろしく濃厚!スプーン突き刺したら、そのまま微動だにせず直立しますよ、な感じ。味がまた外観を裏切らない濃厚さで、濃いのが苦手な研究員Aは一口でギブアップ。逆に本格派プリンに目がない研究員Bは「これ一個でお腹いっぱいになる〜」と幸せそうな顔で一口、一口、丁寧に味わっていた。

散財したけどその価値はあったわあ、と幸せに浸っていると、お姉さんが「試食にどうぞ」とお菓子を持ってきてくれる。帰国してから検索すると、「パート・ド・フリュイ」というのが正式名称らしい。グミをすごく上品にしたようなこちらのお菓子。食べた瞬間に、ぱあっとフレッシュな苺の味が口中に広がる。こういうお菓子って人工的で好きじゃないんだよな、と思っていた研究員Aが「すみませんでしたっ!」と土下座したくなるフレッシュ感。こんなお土産おやつまで一級品とは侮れない。さすがRed on Tree。

red_on_tree10.jpg

ここまで来たらやっぱりジャム買って帰るでしょー、ってことで次は1階のショップでお買い物。ここでもまた、幸福な体験は続くのだった。というわけで、その3に続く。


在欉紅本鋪 Red on Tree (台北市金山南路二段192巷8號)



posted by 研究員A at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

在欉紅本鋪 その1

在欉紅本鋪―激うまジャム屋が作ったすべてが本物!のショップ&カフェ その1

死ぬほどうまい在欉紅 Red on Tree のジャムを、ご存知だろうか。

誠品書店、好,丘などなど、MIT (Made in Taiwan) グッズを置いてる店では常連のこちらのジャム。台湾産の本格派ジャムのブランドとしては、実は先駆的な存在。以前、オーガニックマーケット・248農學市集に出展していたブースで「おいしい果物を見つけて、農家と取引して、自分たちで作ってるのよー」と笑顔のすてきなお姉さんに教えてもらったことが忘れられない。今みたいに、似たようなコンセプトのジャムを台湾のあちこちで見かけるようになるずっと前のことだ。

その在欉紅がショップ兼カフェを台北中心部にオープンした、と知ったのは今年の5月。これは絶対行かねば!と、在欉紅のFacebookをにらみつけること3ヶ月。念願かなって、行ってきた!

繁華街を外れた小道に面して、いきなり出現するおしゃれな店舗。

red_on_tree1.jpg

1階はショップ、2階に席があってカフェ利用も可能。WiFiもばっちり。吹き抜けで、明るくて、すごく「気が良い」感じ。

red_on_tree2.jpg

うきうきしながらカウンターに向かい、オーダー。スタッフのお兄さんが、まずはブランドのコンセプトを説明してくれる。このお兄さんがまた素敵すぎるメガネ男子で、うっとりしていて中国語が半分くらいしか聞き取れない(嘘。単なる語学力不足)。

力を入れている台湾産コーヒーは、それぞれの産地について丁寧な説明がカウンターに置いてある。これが、それぞれドラマがあってすごく面白い。しかも、風味・味の説明として「苺、ビスケット」とかあって、コーヒーが苺とビスケットの味? 香り? どういうこと? とかなり興味をそそられる。熱心に読んでいたら、豆の瓶を開けて、それぞれ匂いをかがせてくれた。三つとも全然違う! 豆を匂って、状態を確認して、買うものを決める、とかなんだか中国茶みたい。面白い。

red_on_tree4.jpg

メニュー一覧はこんな感じ。日本と同水準の価格帯なので、安くはない。

red_on_tree3.jpg

しかし、ここは夢にまでみた在欉紅のカフェ。ここで散財せずしてどうする! ってことで、色々と注文。ジェラート、レモンタルト、屏東産コーヒー、プリン、ソーダを注文。

これが全体にものすごく! おいしくて素晴らしかったのだけど、一つ一つ書いていたらえらく長くなったのでその2に続く、ことにする。乞うご期待!


在欉紅本鋪 Red on Tree (台北市金山南路二段192巷8號)



posted by 研究員A at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

心から幸せな朝ごはん 福泰飯桌(台南)

2014年12月、台南滞在最後の朝。

午後の台北での用事に間に合うように、台南でそんなにのんびり朝ごはんを食べてはいられない。でも、やっぱり台南最後の朝だからホテルの朝食でお茶を濁すのはイヤ。研究員Aと研究員Bの真剣な討議の後、この日は赤嵌楼近くのお店に行ってみることにした。事前情報はまったくなかったけど、朝、通りかかるといつもそこだけものすごく賑わっていて気になっていた店。あの賑わいならきっと何かあるはず、と信じて店に入ってみる。

お店の前には魚系のおかずがずらり。店に入ると今度は野菜系おかず並ぶ。壁にはメニューが貼ってあるし、何をどうやって注文すれば良いのか分からず、ちょっとおたおた。とりあえず、壁にあるメニューのうちから肉燥飯と冬粉湯を注文し、店先に並んでいて魚料理の中からあっさり味に見えた蒸し魚を指差しで選んで注文。やってきたのがこちら。

futai1.jpg

で、一口食べて絶句。これがもう、すっごく うま〜い! のだ。味はしっかりついているけど濃すぎない絶妙なバランス。特に肉燥飯が甘じょっぱいのに全然油っこくなくて、いくらでも食べられる! という感じ。魯肉飯、大好きだけど最後の方は油っこくてげんなり、ってことが多かった昨今、これは最後の一粒までのみこんで「おかわりっ!」と言える味。

蒸し魚も、素材を殺さぬ、だけどきちんと生姜のパンチが効いた味付け。魚自体も新鮮で美味しいから、そのおいしさそのままに蒸しあげた身は、本当に柔らかくてほっくり。スープも派手さはないけど、身体と気持ちを芯からほっこり暖めるおいしさで、朝からもう本当に幸せ、って気持ちになれる。

ここで研究員Bがあまりの感動に追加注文。魚皮湯と滷白菜。

futai2.jpg

魚皮湯のおいしさは、説明するまでもなし。台南に来たら食べなきゃいけないサバヒー。「魚皮」という言葉の響きとは裏腹に、ちゃんと食べ応えのある具。優しいスープ。寒い朝に心から温まる。

滷白菜がまた印象的な一品で、普通の白菜の煮付けに魚のフレーク?みたいなものが入っている。ちょっと甘めの味付けなんだけど、魚フレークがアクセントになって面白い食感。滷白菜なんていう簡単な副菜にもこういうちょっとした工夫があるところに、台南の繁盛店のすごさを感じる。

周囲を見回してみると、魚と野菜のおかずと白いご飯で定食にしてる人も多かった。蝦捲も看板メニューみたいで、注文して揚げたてを食べてる人が何人もいたし。今回のチャレンジで様子が分かったので、次はもっとおかずを色々と食べてみたいなあ。

で、実はこの日はその後、体調を崩した研究員A。この時から不調は始まっていたらしく、店の外観やらメニューの写真をすっかり撮り忘れ。店の名前が分かんないよー、と思ってたらGoogle Mapにちゃんと載っていたので下に詳細情報載せときます。

ちなみにお店の名誉のために言っておくと、研究員Aの体調不良はこのお店で食べたものが原因ではない。多分、疲れと寒さと、その日の朝に飲んだ前日の水のせい。むしろ、そんな体調不良の状態でもバクバク、感動しながら食べられたこのお店の料理はすごい! としみじみ思う。体調万全な時にリベンジするっ。と、今回記事をまとめながら固く誓う。

みなさんも、台南に泊まったらホテルの朝ごはんなんかスルーして、こっちで食べてください。朝から生きてる幸せをしみじみと感じられる「特別な毎日のごはん」を食べられますよ。


福泰飯桌
台南市中西區民族路2段240號



posted by 研究員A at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

蛋餅のおいしい朝ごはん屋さん!喜多士豆漿蛋餅

蛋餅のおいしい朝ごはん屋さん! ― 喜多士豆漿蛋餅(行天宮)

今回の「出張」、台北の宿は行天宮の近く。色々と事情があり、二度もホテルで朝食を食べるはめになった研究員A。やっと、ホテルの外で「正しい台湾の朝ごはん」を食べるのに向かった先、それは「喜多士豆漿蛋餅」。前日に研究員Bがネットで検索して見つけ出し、一人で食べて美味しかったと言っていた店。

ちなみに、この店におきらく研一行が行ったのは1月1日。「開いてるの? 昨日、確認しておいてよ〜」と研究員Bを責めながら歩いていくと…、開いてる!

xiduoshi1.jpg

しかも大繁盛。比較的静かな裏通りなので、繁盛ぶりが特に印象的。ちょっと怖気づくけど、店頭に立つ人々の間をすり抜けて席に進み、カウンターからメニューをとってくる。

xiduoshi2.jpg

このメニューに水性ペンで注文の品を書く方式。言葉が不自由な外国人旅行客にはありがたい方式。しかもメニューに英語訳がついてるぞ。

注文を書き込んで、お店の人に渡したらしばし待つ。が、待つまでもなく速攻で出てくる品々。

xiduoshi3.jpg

いっぱい頼んだけど、すぐに全部そろってしまう。冰豆漿(小)15元、鹹豆漿25元、熱豆漿加米漿15元、蛋餅30元、饅頭(白)12元、葱花蛋10元。

で、食べた感想。ともかく蛋餅がうまい! 皮がさっくさくで、ちょっと油じょっぱい感じだけどしつこくなくて、タレをつけずともこれだけで美味しい。蛋餅は皮がしなっとしている、という固定観念を打ち破る味。これって今まで食べた蛋餅の中で、一番美味しいかもしれない…、とちょっと感動してしまう。

あと豆漿類もすごく美味しい。鹹豆漿って実はけっこう味の差が出る品だと思うのだけど、ここのは味が濃すぎず、おぼろ豆腐加減もちょうど良く、上品な仕上がり。口飽きせずに最後までおいしく食べられる。

甘い方は、熱豆漿加米漿を頼んでみたのだけど、予想に反してこれもくどくなくて上品。饅頭をひたして食べると幸せな感じで、所長(7歳)と二人で奪い合って食べる。本当は豆漿加紅茶が名物らしいのだけど、寒かったので冷たい飲み物はパス。暑い時期に行ったら試したいな。

ちなみに、この前日に研究員Bが行った時の写真。

xiduoshi4.jpg

メニューはほぼ同じだが、この日は飯糰加蛋40元をとったらしい。 肉鬆と油條のぎっちり入ったおにぎりを薄焼き卵でくるんだという迫力の一品。おいしかったけど、ど満腹になったとか。注文される方は気をつけて(笑)。

しかし、こちらのお店、行天宮からすぐそばの裏道にあるのだけれど、ほとんど旅行客の姿は見られず。行天宮の周りにはいっぱいいっぱい日本人観光客がいたのに、この店の方に道を渡るとぱたりと観光客はいなくなる。なんだか、もったいない。せっかく台湾に来たのだから、観光客でいっぱいの観光スポットだけでなく、普通に街の人が暮らしている場所ものぞいてみたら楽しいのに。

ってなわけで、朝、行天宮にお参りする予定の方は覚えておいて損のないこちらの店。勇気を出して店内に踏み込むと、美味しい体験ができますよん。ぜひ試してみてください。

喜多士豆漿蛋餅
台北市民權東路二段71巷15號




posted by 研究員A at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする