2011年02月06日

聯合報の「社會新聞」の記事カテゴリー

ブログをほぼ連日更新していると、やっぱりネタに困ることもあります。そんなときはあちこちのサイトを見て回ったりするのですが、台湾のメジャー新聞の一つ「聯合報」のサイトをみていて、ふと気づいたことを。

新聞のサイトなので、当然ながら記事のカテゴリーがいろいろ分かれています。国内ニュースとか地方ニュースとか、大陸の話題とか国際ニュースとか、経済・産業関係とかスポーツとか芸能とか。その中で、日本でいうと「社会面」の記事に相当する「社會新聞」というカテゴリーがあるのですが、そこでさらに下位のカテゴリーに記事が分類されています。その分類の仕方がちょっとおもしろかったので、小ネタですがご紹介。こんな感じです。

「即時新聞」:速報的なニュース。

「重案追緝」:重大事件とか、逮捕されたとか。

「意外現場」:「衝撃の現場」って感じでしょうか。事故関係のニュースが中心。

「情慾犯罪」:「愛情のもつれ」的な事件とか、性犯罪とか。

「利字當頭」:お金がらみの事件とか、目の前の利益に目がくらんで…とか。

「冷暖人間」:心暖まるニュースや、琴線に触れ涙を誘う、的な話題など。

「法律前線」:裁判で判決が出たニュースなど。

「社會萬花筒」:「世の中万華鏡」って感じ? ちょっとした話題がいろいろ。


それぞれのカテゴリーをクリックすると、わんさとそういうニュースが表示されます。「意外現場」は事故関係が多いので、亡くなったり怪我したりという見出しがずらりと並んでいるし、「情慾犯罪」になるとそれはそれで気が滅入りそうな見出しがたくさん。ここらへんはちょっとしんどいかも。「冷暖人間」は心暖まる話や涙を誘う話がずらり。特に今は春節の時期なので、それに関連した話が多い。例えば「參雞帝王蟹 「刈包吉」街友宴」は、台北・萬華區の刈包屋のおじさんが、歳末にホームレスの人たちに自腹を切って食事をふるまう話。

個人的には、「利字當頭」と「社會萬花筒」が要チェックかも、と思いました。「利字當頭」は、高齢者が詐欺に遭ったニュースとかもあるけど、「男子為把妹 超商偷化妝品」(竹北市で42歳の眼鏡をかけて端正な外観の男性が、盗んだ化粧品をプレゼントして美女のナンパにいそしんでいたが、捕まった)というような、笑う余地がある話題が出始めます。

「社會萬花筒」は本当に小ネタ何でもありという感じ。「ATM領錢 領到「狗官、誅九族」新鈔」は、ATMで紅包のために両替したら、出てきたお札一枚一枚に罵りの言葉が書きこまれていて「こんなお札、紅包に使えない!」と驚く話。「超「萌」營養師 林盈君細膩專業」は、宜蘭縣の病院に勤務する美人栄養士の話(「萌」はもはや台湾で普通に(?)使われる表現になっているんですね)。「他姓三 女友不嫁…怕當「三太太」」は、新竹縣に「三」という珍しい名字の男性がいて、2年前に結婚したのだけど奥さんは「三太太」になっちゃうね、という話。うーん、本当に小ネタばっかりだ。

日本の新聞のサイトで、社会面にあたる部分がこんなに細分化(と言っていいのか)されているものはないような気が。しかもタブロイド紙のサイトとかではなく、メジャーな新聞のサイトでこんな感じなので、なかなか興味深いです。台湾のニュース(というかニュースサイト)、あなどれません。

posted by 研究員B at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

台湾で報道された日本のニュースを探す

当ブログはtwitterアカウントを持っています(@okiraku_tw)。twitterでは、ブログの更新情報のアナウンスの他に、台湾に関するさまざまな「雑情報」をぺたぺた貼り付ける、というのを基本路線でやっています。もともと、ブログのネタ探しも兼ねて、台湾の情報を求めていろいろ検索していたので、その過程で見つかった情報を貼り付けてみようと考えたわけです。で、今回のエントリは、そうした「雑情報」をどうやって見つけるかについて、ちょっとご紹介。

――という文章で始まるエントリを、以前書きました(「日本で紹介された台湾の話題を探す+琉球新報」)。そのときは、Googleのニュース検索で「台湾」を検索してみる、という方法(というほどのものではありませんが)をご紹介しました。以下の通りです(「日本で報道された台湾のニュースを探す」というエントリからの引用)。


やり方は簡単、Googleで「台湾」と入れて検索して、画面上部の「ニュース」をクリックすればOK。そのままだと見にくいので、左側の設定リンクの中の「日本語のページを検索」と「日付順」をクリックすれば、検索結果が時系列で表示されるようになります(重複も多くなるけど)。下にリンクを置いておきます。
Googleのニュース検索で「台湾」を検索した結果(日本語ページのみ・日付順)


「日本で報道された台湾のニュースを探す」のはこの方法でいいのですが、では逆に、「台湾で報道された日本のニュースを探す」にはどうしたらいいでしょうか? 今回はそれをご紹介。

と言っても、もったいつけるほどのことはなく、やることはある意味同じです。つまり、台湾のGoogleのニュース検索で、「日本」を検索すればいいわけです。ちゃんと台湾のGoogleにアクセスすることがポイントです。

まず台湾のGoogle(http://www.google.com.tw/)にアクセス。表記が繁体字になっていますね。次に、検索語を入力する欄に「日本」と入力。そのまま、ウィンドウ左上のリンクの中から「新聞」をクリック。これでOKです。あとは更新時期を区切ったり、時系列に並べ直したりするのは左のリンクからできます(これは日本語Googleと同じです)。とりあえずここでは、単に「日本」と入れただけでの、台湾Googleのニュース検索の結果をリンクしておきます。以下です。

台湾Googleのニュース検索で「日本」を検索した結果

台湾のGoogleなので当然中文ばかりが並びますが、中文の知識がなくても、どんなニュースか察しがつくものが少なくありません。半分ぐらいは日本のニュースが台湾でも報道されているというもので、これが実に幅広いです。政治経済から芸能情報まで、本当に日本のいろんなニュースが台湾で報道・紹介されているんだといつも痛感。いくつか例を。

中央社「日本櫻花幾時開?最早3/23」
日本の桜の開花時期のニュース。台湾のみなさんがそんなに関心をお持ちとは思えないのですが…。

自由電子報「日主婦私房錢縮水 3年來新低」
不況で日本の主婦のへそくりが減少した、という調査結果。こんな小さな話題まで!

NOWnews「手帕王子齋藤佑樹人氣爆衝 火腿詢問電話接到手軟」
文字どおり、「ハンカチ王子」斎藤佑樹の話題。

聯合報「日本航空將恢復紅鶴商標」
JALが鶴のマークを復活させるという話。これも細かい話題のような気が…。

中廣新聞網「日男大生組「YMT56」 號稱男版「AKB48」」
うーんそういうのがあるんですか。自分の場合、台湾の報道で日本の芸能情報を初めて知ることがときどきあります!


また、日本だとそれほど報道されないけど台湾だと大きく報道される話題や、日本では一切聞かないけど台湾だとニュースになる、というものも。また例をいくつか。

中時電子報「陳冠宇 2月中旬赴日春訓」
横浜ベイスターズに入団する台湾の有望な野球選手の話題。よく知らないのですが、彼の報道は多いですねえ。多分日本側での彼の報道よりずっと多いと思う。

聯合報「白歆惠想學志玲姊姊攻日」
ビアンカ・バイが日本進出にちょっと興味あり、という話。あ、これRecordChinaで日本語で紹介されていますね。

中時電子報「《天才小釣手》矢口高雄 《陰陽師》岡野玲子來台確定」
台湾のイベントで日本の漫画家が来台することが決定。


というわけで、台湾の側から「日本」を検索することは、日本から「台湾」を検索するのとはまた違う様子が浮かび上がってきます。ご関心の向きは、お暇なときにでもどうぞ。あと、当然ながら、「日本」ではなく例えば「周杰倫」と入れて検索してみれば、ジェイについての台湾の報道の様子がわかります。気になる人や話題があれば、これもどうぞ。
posted by 研究員B at 02:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

日本で紹介された台湾の話題を探す+琉球新報

当ブログはtwitterアカウントを持っています(@okiraku_tw)。twitterでは、ブログの更新情報のアナウンスの他に、台湾に関するさまざまな「雑情報」をぺたぺた貼り付ける、というのを基本路線でやっています。もともと、ブログのネタ探しも兼ねて、台湾の情報を求めていろいろ検索していたので、その過程で見つかった情報を貼り付けてみようと考えたわけです。で、今回のエントリは、そうした「雑情報」をどうやって見つけるかについて、ちょっとご紹介。

とはいっても、既に主要な方法は以前このブログで書いています。「日本で報道された台湾のニュースを探す」というエントリでは、Googleの「ニュース検索」を使うという方法を紹介しました。現在twitterに貼り付けている情報も、大半はこれで見つけたものです。そのエントリから引用すると:

やり方は簡単、Googleで「台湾」と入れて検索して、画面上部の「ニュース」をクリックすればOK。そのままだと見にくいので、左側の設定リンクの中の「日本語のページを検索」と「日付順」をクリックすれば、検索結果が時系列で表示されるようになります(重複も多くなるけど)。下にリンクを置いておきます。
Googleのニュース検索で「台湾」を検索した結果(日本語ページのみ・日付順)

この方法は、「台湾」の2文字が含まれている各種記事について、とにかく広く網をかける方法なので、いろいろ網にかかって見つかるのは見つかるけど、こちらの関心と重ならないものもかなり多くなります(というか、そういうものが大半です)。例えば、先週まで開催されていた広州アジア大会の期間中は、連日各種目の結果の報道ばかりがヒットしてしまいます。仕方ないことですが、それはそれでやはり面倒。

実は、完璧とはいえないけど、同じGoogleのニュース検索で「台北」も検索してみると、「台湾」に比べて、かなり厳選された記事だけがヒットします(そりゃそうですね)。もちろんこの場合、台北以外の話題の情報は落ちてしまうことになりますが、他方で日本で報道される台湾の話題の多くが「台北」の話でもあるというのが実情なので、実際には思うほど検索語を変えてしまうことによる「漏れ」は多くない印象があります。

Googleのニュース検索はかなり広範にカバーしているので、メジャーな媒体でなくてもかなりの高確率でヒットします。芸能情報関係もよく載るサーチナやレコードチャイナといったあたりは、概ねこの検索でチェックすることができます。

あとは、通常の記事ではなくコラムという形で、現地の話題を紹介するものもあります。NNA.ASIAコラムのページは、ウィークデイは連日台湾(に限らずアジア各国)についてのコラムを発信しています。以前は毎晩直接このページにアクセスしていましたが、最近はこれもGoogleのニュース検索でヒットするようになりました。また、東京新聞の「世界の街から」というコラムのコーナーも、ときどき台湾のコラムが載っていたので、以前は更新日に覗いていましたが、今ではGoogleニュース検索でカバーされるようになったので問題なし。

ただし、一つだけ要注意な新聞があります。それは「琉球新報」。琉球新報は、毎週月曜日に「中国時報」と題したニュースを3つほどサイトに(紙面にも?)掲載するのですが、「中国時報」という名前の印象とは異なり、多くの場合台湾の話題をとりあげています。これは通信社の配信ではない独自の記事で、他では扱われない話題を報道していることも多く、なかなか貴重なのですが、1つ問題があります。それは何かというと、記事の中で「台湾」の文字がないことが多いという点です。

例えば、11月29日の記事「【中国時報】ジャンボタニシ、上海ガニの餌に 養殖業者が活用」。これはtwitterでは結局紹介しなかったのですが、台湾の洪明昌さんという人が上海ガニの養殖をしていて、農家が駆除に苦慮しているジャンボタニシがカニの餌になることに気づいたという話題。この記事の冒頭を引用すると:

雲林県に住む洪明昌さんは5年前、薬も人工飼料も使わない上海ガニの養殖を開始。試行錯誤の結果、農家が駆除に苦慮しているジャンボタニシがカニの好物であることが分かり、買い取りを申し出たところ、農家から問い合わせが殺到している。

いきなり「雲林県」とあるだけで、それ以上の場所の説明は一切なく、記事の文中に「台湾」の文字も一切ありません! おそらく大半の読者は「雲林」が台湾の地名であることを知らないので、大陸の話と思って読まれているのではないかと思います(それとも、琉球新報の読者は台湾の地名にたいへん詳しいとか???)。これはこれでGoogleのニュース検索でカバーされているのですが、「台湾」の2文字が記事中にないので、ヒットせず見落とされることになります。

上述したように、琉球新報の記事はよそにはない独自のもので、紹介する価値があることも多いのですが、こういう事情で検索でヒットしにくいため、少々面倒に感じつつも、毎週月曜日は琉球新報のサイトを覗くことになります。

【追記!!】
その後、twitterで@funayanagiさんから、琉球新報の記事の冒頭にある「【中国時報】」は、台湾の中國時報のことであって、その記事を翻訳して掲載しているのではないかというご指摘をいただきました。なるほど! 言われてみればその通りで、この「中国時報」とあの「中國時報」が同じものとは思い至りませんでした。多分そのまま記事を翻訳して掲載する契約になっているのでしょう(いちいち「台湾」という記載がないのはそのせいかと)。@funayanagiさん、ありがとうございました。
しかし、それはそれで思うことも。(1)直接台湾4大紙の一つと配信契約している日本の地方紙って、結構珍しいのでは。他にも例はあるんだろうか。(2)【中国時報】のタイトルで掲載される記事は、台湾だけでなく大陸の話題を扱うものもあります。ということは、琉球新報は台湾経由の大陸のニュースを日本語で読める貴重なメディア、ということなのかも???


それにしても、こうやって日々検索していると、日本各地の地方新聞で台湾の話題がたびたび登場することに気づかされます。台湾からの観光客の誘致、台湾のテレビ局の撮影隊の訪問、名産品の新たな輸出先としての台湾、高校などでの台湾の学生と日本の学生の交流などなど。九州や沖縄だけでなく、本当に北から南まで、日本のさまざまな地方がさまざまな接点を持っていることがよくわかります。ニュースとしては地味なものが多く、実際twitterに記事へのリンクを貼り付けてもアクセスはあまり多くないのですが、それでも地方新聞の話題がTLに並ぶのを見て、台湾と日本の確かなつながりの一面が、少しでも多くの人に感じてもらえれば何より。と、首都圏出身で地方在住経験のない研究員Bはしみじみ思ったり。

台湾についての情報収集の話をもうちょっと書くつもりだったけど、それはまた別の機会に。

posted by 研究員B at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

早田健文「日本と似てる?全然違う?台湾モバイル事情」

今日もネタを求めていろいろ探索。そんな中、書類の山から出てきたのは、「日本と似てる?全然違う?台湾モバイル事情」というタイトルの、早田健文氏へのインタビュー記事。これは、モバイル社会研究所の『モバイル白書2006』(NTT出版)という本に載っていたもので、以前はPDFファイルがアップされていたのでオンラインで読むことができたけど、残念ながら現在は無理みたい。早田氏は、台湾で日本人向けの情報誌『台湾通信』の発行人をしている人。

このインタビュー、本来は暮らしの中での携帯電話などモバイル機器の利用について、2006年時点の台湾の状況を語るという趣旨のものだけど、そうしたテーマに関心がなくても、台湾社会に興味のある人にとっては、なかなかおもしろい内容になっています。いくつか引用してみましょう。[ ]で囲んだ部分は研究員Bが補ったもの。

早田 ……[携帯電話の]普及台数は、数年前から1人1台以上となり、すでに子どもからお年寄りまで、生活必需品となっています。日本の高齢者には携帯電話が嫌いな人が多いようですが、台湾の場合はあまり抵抗感がないように見えますね。

………

早田 ……台湾の人が[携帯電話に関して]最も便利に感じているのはおそらく、ローミングサービスで、日本以外の世界のどこででも使えることではないでしょうか。台湾の人たちは出張や観光で海外に出ることが非常に多いのです。もちろん料金は高いのですが、台湾で使っている携帯電話をそのまま持っていけるのはきわめて便利ですね。……[でも]日本に行く時だけは、[(このインタビューの時点では?今でも?)方式が異なるため]わざわざ携帯電話を換えていかなければなりません。……不便ですね。

………

聞き手 ……早田さんが感じる、[日本と台湾の携帯電話利用の]いちばん大きな違いは何でしょう。

早田 日本と最も異なる点は、他人が使っていることをそれほど気にしないこと。……日本人から見ると、台湾人の振る舞いは、傍若無人に見えるかもしれません。会議の途中でも携帯電話を使うことは多いですし、記者会見場などでは、いつも誰かの携帯電話が鳴っています。それでも、誰も文句を言わない。

聞き手 ……日本では、乗り物の中の携帯電話使用が、よく問題視されますが。

早田 台湾でも「電車などでは、携帯電話は小声で」といったような標語は貼られています。でも、あまり気にする人はいない。呼び出し音が大きすぎたり、よほどの大声で話したりしていない限り、気にしないようです。たとえ声が大きすぎたとしても、周囲の人は眉をひそめるくらいで、注意することはありません。満員電車やバスでも携帯電話を使っていて、電波が心臓のペースメーカーに悪影響を及ぼすといった論議もありません。この点、台湾の生活に慣れている私は、日本に行って電車やバスに乗ると不便に感じます。

聞き手 日本のように携帯電話のマナーが論議されることはないのですか。

早田 私が記憶する限り、携帯電話のマナーが日本のように論議されたことはありません。「マナー」調査のデータを見ると、日本人は携帯電話に関してうるさいなあ、という感想を持ちますね。

………

聞き手 モバイルの普及によって台湾社会は変わったのでしょうか。また、人々の暮らしは変化したのでしょうか。

早田 台湾の場合、「社会の仕組みが変わった」と論議されることは、まずありません。おそらく誰もが、便利な道具としてしか考えていないからでしょう。私も携帯電話が導入されたことで、台湾社会がどこか変わったとは思いませんが、ただでさえスピードが速い台湾社会が、さらにスピードアップしたようには思います。

おもしろい指摘ばっかりと個人的には思うのですが、いかがでしょう、みなさん?(私だけ?) みんながどんどんおしゃべりする社会だと、状況を気にすることよりもしゃべる方が優先されるんでしょうか? だから、「モバイル通信は社会を変えるか」といった問題の立て方がされることもないんでしょうか? 早田氏はふれていないけど、世代差とかはないんでしょうかねえ。ちなみに、省略した部分で、映画やコンサートなどで着信音が聞こえると、さすがに周りの人に軽蔑されると早田氏も述べています。

この話題、ぜひ他のいろいろな方々の意見もきいてみたいところです。

posted by 研究員B at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

日本で報道された台湾のニュースを探す

今日は研究員Aがエントリを書いてくれたのだけど、保存したはずがなぜかサイトに反映されず、行方不明…。悲しむ研究員Aに代わって緊急にエントリを執筆します。

といっても、急な話なので、今回は当ブログのtwitterに書いたことをご紹介。単独でエントリ一本にするにはちょっと弱い、台湾関連の雑情報をtwitterにいくつか書いたので、それ(ツイート)をそのまま貼り付けていきます。

【1】
意外なような、納得のような人間関係。「ジョウ・シュン、メイビス・ファン相手に深夜まで深酒」 http://bit.ly/dcrFgt

※深夜まで飲んでいたからといって「深酒」とは限らんぞ。

【2】
「ヴァンが酷愛楽団メンバーと共に、東京を舞台にロック魂を語るフォトエッセイ「搖滾東京−酷愛楽園楽紀事」を発売」だって! 「東京を舞台に」したのはなぜ? 「台湾映画最高ヒットで再ブレイク、ヴァン・ファン“低迷期”で自信」 http://bit.ly/bXLFor

※日本をネタにした芸能人の本、って台湾だと本当に多い気がする。夏宇童も書くらしいし。

【3】
両岸で調整しているとはずっと言われていたけど、いよいよ実現するのか 「「中台」改善の夢 “生き別れ”の絵に重ね 中国収蔵品を台北で展示へ」 http://bit.ly/bp8Bog

【4】
こんなに男女間のギャップが! 「台湾の大学 定員割れ、男女出生比に変化」 http://bit.ly/9sRVX5

※定員割れも結構な問題だと思うけど、そこまで出生比が違うというのはびっくり。

【5】
「マンゴーかき氷店 台北再び行列 閉店5ヵ月、店名変わって」 http://bit.ly/c0QxqE

※永康街の他の店はほっとしていることでしょう。西日本新聞は台湾の話題を積極的にとりあげているんでしょうか?


これらの記事をどうやって見つけたかというと、別にひとつひとつ探したわけではありません。利用したのはGoogleの「ニュース検索」です。

やり方は簡単、Googleで「台湾」と入れて検索して、画面上部の「ニュース」をクリックすればOK。そのままだと見にくいので、左側の設定リンクの中の「日本語のページを検索」と「日付順」をクリックすれば、検索結果が時系列で表示されるようになります(重複も多くなるけど)。下にリンクを置いておきます。

Googleのニュース検索で「台湾」を検索した結果(日本語ページのみ・日付順)

重複も多いし、関心を持てない話題のニュースも多いので、非効率といえば非効率ですが、でも日本語での台湾についての(ネット上での)報道をこれほど手軽に確認できる方法はないでしょう。日本で台湾がどういう文脈で関心をもたれるのかについて、傾向が何となくわかるのもいいです(ただ、「台湾」ぐらいならこれで大丈夫だけど、「アメリカ」「中国」とかだとこの方法は無理でしょう)。では最後に一つ:

【5】
あらら、夏宇童さん大変そう。ゆっくり休んでおくれ。「吐胃汁喉發炎 夏宇童拍日劇衰爆」 http://bit.ly/bVawjb

※これは某大型掲示板で得た情報。ちなみに、台湾のGoogleでも、上と同じようにニュース検索ができます(例えば「夏宇童」でニュース検索をするとこんな感じ)。

posted by 研究員B at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする