2010年05月24日

徐宛鈴「Praan」(「東京リトル・ラブ」主題歌)

当ブログは台湾というくくりだけで、ネタは本当にいろいろですが、検索でお越しくださる方々の検索語で、旅行関係のものと並んで多いのが「東京リトル・ラブ」関係。しかもその中でも、「りりィ」役の夏宇童(シャー・ユートン)と並んで、主題歌の「Praan」とそれを歌う徐宛鈴(鴨子、RING)で検索して、当ブログにたどりつく方々が多いのです。というわけで、少し整理と情報を。

1. 「Praan」という歌について
まず、この「Praan」という歌はオリジナルではなくて、カバーです。ただいわゆるヒット曲のカバーではなくて、"Where the Hell is Matt?"という動画のBGMに使われた曲です。この動画(やそれをめぐる経緯)はとても有名なので、検索すれば情報はわかると思うため(wikipediaとか)ここでは省略。で、この「Praan」という歌ですが、曲は新しく作られたもの(このMattの仲間によるものみたい)で、歌詞はもともとタゴールの詩(の英語版)から取られているとのこと。「Praan」とは「Stream of Life」という意味だそうです。ヨガとかで出てくる「プラーナ」ってやつですね。日本語での歌詞の意味も、検索すればすぐ見つかるようなのでやはり省略。

2. 徐宛鈴について
彼女については、以前のエントリで大まかに紹介しているので、やはり詳しくは省略しますが、夏宇童と同様に、「我愛K澀會」という女性アイドル番組(と言ってしまっていいのか)に出演していた一人。最近は歌の活動に力を入れています。

「我愛K澀會」時代は「鴨子」というニックネームでしたが、最近は徐宛鈴という名前で出ています。日本だとRINGと併記されていたりもします。ただカタカナだと、「スー・ワンリン」とされているようで、うーんそれでいいのかな。どうなんだろ。

徐宛鈴の「Praan」は、ようやく先週木曜の「東京リトル・ラブ」でほぼフルヴァージョンが流れましたが、台湾でいう國語(いわゆる北京語)で歌われていますね。歌詞は元のものを中国語訳したのか、それともオリジナルなのか、気になるけど詳細不明。ご存じの方、教えてください。

あと、台湾の熱心なファンによるファンサイト(Facebook)があります。ご参考まで。

3. 「Praan」のCDリリースについて
で、多くの方々のご関心は、「この歌はCDでリリースされないのか?」だと思います。気になってイマつぶで「東京リトル・ラブ」のプロデューサーさんに直接たずねたところ、

「主題歌は台湾にいるスーワンリンさんにカバーしてもらいました。ドラマの世界観にピッタリですよね。まだパッケージ化はされていませんが、今後する予定です。
私はすでにフジメロでダウンロードして、携帯の着メロにしてます★」


とのこと(ここから転載)。というわけで、何らかの形でのリリース予定はあるようです! お楽しみに。

ちなみに、フジ♪メロでの紹介はこちら。今すぐにでも音がほしい方は、現在ここしかルートはないかも。ちなみ当研究所では、対応する携帯が利用されていないのでダウンロードできず…。
ここでは徐宛鈴は「台湾で人気急上昇中の実力派アイドル」と書かれています。

4. 日本進出?
まあ既に主題歌に採用されている時点で日本進出を果たしているという気もするのですが、たまたま見つけたのがこのページ。

 台湾のスーパーアイドル

「日本でも活躍してね〜」ってことは、写真撮影を伴うぐらいの(=より本格的な?)日本進出の予定があるんだろうか。CDのパッケージとか? 4月時点のエントリなので、何だったのか気になるところ。


◆夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」に関するエントリの一覧は、以下のページにまとめています。
 【Index】 夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」の情報・まとめ

posted by 研究員B at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

夏宇童(シャー・ユートン)の日本語公式ブログ

『東京リトル・ラブ』出演中の夏宇童(シャー・ユートン)、日本語公式ブログができたようです。

夏宇童のブログ http://ameblo.jp/iamrengirl/

まだエントリは3つだけ(本人のブログ開設挨拶、台湾公式ブログのエントリを中国語のまま転載したもの、マネージャーからのメッセージ)ですが、徐々に充実していくことでしょう。さっそく、寄せられたコメントに本人が日本語で返したりしています。

夏宇童本人の日本語での発信は、以前のエントリで書いていますが、既にTwitterみたいな「イマつぶ」サイトのものがあります(今回の日本語公式ブログの開設も、ここで知りました)。ただ、最近は台湾公式ブログの方で動画を多用していたため(「あれもほしい、これもほしい〜♪」)、日本語の発信ルートがつぶやきサイトだけだと大変かも、と勝手ながら心配していたので、日本語の公式ブログができたのはめでたい限り。

これでめでたく台湾と日本の両方に公式ブログができたわけですが、興味深いことに、台湾の公式ブログに日本のファンがコメントを書き、日本の公式ブログに台湾のファンがコメントを書いています。こういうのはおもしろいですね。

なお、同じタイミングで、台湾公式ブログのデザインも変わっているので、未見の方はどうぞ。
ちなみに台湾公式ブログは「REN'S BLOG」というタイトルで、URLも「www.iamren.com」つまりI am Ren。今回できた日本公式ブログのURLも「iamrengirl」=I am Ren girlとなっています。なぜRen?と思う人もいるかもしれませんが、以下その説明。

台湾の芸能人(に限りませんが)でイングリッシュネームをつけることは珍しくないけど、実は夏宇童のイングリッシュネームはRenなのです。だからみなRenになっていて、以前は日本でも「レン・シャー」と表記されていたことがあったかも。ただし「東京リトル・ラブ」でのデビュー以降は、日本でRenと言われることはまったくなかったので、「シャー・ユートン」のままで行くかと思ったのですが、微妙にRenという呼び方はまだ顔を出しているようです。

発信ルートがいろいろできて、夏宇童サイドは大変な面もあるかと思いますが、どんなことが今後ブログに載るのか、引き続きウォッチしてみようかと。


ところで、台湾の芸能人が日本語公式ブログを開設した“先輩”の例としては、昨年6月から始まってもうすぐ開設1年になるレイニー・ヤン(楊丞琳)がいます。奇しくも?レイニーも夏宇童と同じamebloです。レイニーのブログは、日中両方の文章が載っていますね。

レイニー・ヤン(楊丞琳)オフィシャルブログ「Rainie sunny day」

出演している月9ドラマ「月の恋人」がようやく放送開始になったリン・チーリン(林志玲)の場合、日本語オフィシャルサイトはあってもブログは未開設のようです。


◆夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」に関するエントリの一覧は、以下のページにまとめています。
 【Index】 夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」の情報・まとめ

posted by 研究員B at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

夏宇童(シャー・ユートン)@イマつぶ、徐宛鈴の名前・続報

先週から放送している夏宇童(シャー・ユートン)主演のフジテレビのドラマ『東京リトル・ラブ』。日本語の情報がそれなりに充実してきたこともあって、しばらく本人の公式ブログを見ていなかったことを思い出し、見てみる。すると4月26日のエントリで、「http://imatsubu.jp/timeline/ShaYuTon」なるページをご本人が紹介していることに気づいた。要するに、「イマつぶ」というフジテレビ運営(?)のTwitterのようなサイトで、夏宇童のページがあるということ。

ユーザー登録をしないといけないけど、夏宇童のメッセージが日本語で読めるなら!というわけで、いそいそと登録。めでたく読むことができた。忙しそうだけど、もつなべ食べたり銀ブラしたりもしている様子。しかしきっと、台湾の公式ブログ経由なんかではなく、もっと普通のところからみんなたどりついているんでしょうねえ。夏宇童もまだそれほどいっぱいつぶやいているわけではないけど、何しろ日本語で読めるのはいいですね。現時点では購読者はそれほど多くないみたいだけど、ご関心の向きはぜひどうぞ。

あと、ドラマの公式サイトでインタビューも載っていますね(前編後編)。中文の公式ブログ、イマつぶ、あとこのインタビューと、それぞれノリが似ている点も異なる点もあって、比較するとなかなかおもしろいです。インタビューで雨の話をしているけど、アルバムタイトルも「宇童」にかけて「雨瞳」だったりするし、つぶやきの中でも「わたしは 雨女」と言っているので、いろいろつながり(?)が見えてきます。

というか、公式ブログの5月4日の最新エントリを読むと、ユートンさんちょっとお疲れ? 辛苦了!

あと、その過程で気づいたことをひとつ。当ブログでも何度かとりあげているけど、以前のエントリで書いたように、主題歌「Praan」を歌う徐宛鈴(鴨子)の名前が、フジテレビのサイトでなぜか「徐苑鈴」と表記されていて、間違っている!なぜ?と思っていた。単なるミスなら、フジテレビの方直してあげて〜などとも書いたけど、めでたく一部のページで表記の修正がなされたようです! 例えば、こことか。画像に埋め込んでいるところとかはまだみたいですが。やっぱり単純なミスだったのかな。何はともあれ、修正されるのは何より。めでたしめでたし。


◆夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」に関するエントリの一覧は、以下のページにまとめています。
 【Index】 夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」の情報・まとめ

posted by 研究員B at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

徐宛鈴のブログ

『東京リトル・ラブ』の放送が始まって、当ブログに「夏宇童(シャー・ユートン)」の検索で辿り着く人が激増中。すごいぞ、アイドル。すごいぞ、フジテレビ。

その関係で、主題歌「Praan」を歌う徐宛鈴(鴨子)が何故日本で徐苑鈴と表記されているのか(詳しくはこちら)を研究員Bと話し合う。「台湾の“宛”の字が、日本では“苑”で表記されるとかあるのかな?」と研究員B。良くわからなかった研究員Aは、何か言及はないかとご本人のブログを読む。

日本のドラマで主題歌を歌う事など一言も書かれていないブログでは、まったくもってこの問題には触れられていない。いないけれども…、鴨子どうしたっ? えらい内省的だぞ! 何があったんだ?

だって4月25日の最新エントリのタイトルは「自信」。書き出しが、「人生最怕経歴的三個字“過渡期”(人生で経験するのが最も恐かった三文字“過渡期”)」ですよ!? な、な、なんなんだ…。

夏宇童のひじょーにアイドルらしいきゃぴきゃぴブログ(こちら)と比較すると、その異様さは歴然。逆に気になって読みこんでしまうのだけど。

ところで話は戻って「宛」と「苑」だけど、中日大辞典を見る限りやっぱり別の字。ピンインは同じでも、声調が違うし。だとすると、どうして日本では「苑」と表記されているかが気になる。何か意味があって敢えて変えてるのかな? その方が日本人になじみやすいとか、運勢が良いとか。それとも、単なるミス? 違うと願いたいけど、もしそうなら早く直してあげてください、フジテレビの方。

【追記】
フジテレビの方が一部直してくれたようです。以下のエントリ参照:

夏宇童(シャー・ユートン)@イマつぶ、徐宛鈴の名前・続報
posted by 研究員A at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

シャー・ユートン(夏宇童)と「東京リトル・ラブ」

シャー・ユートン(夏宇童)が日本のドラマに出演するという情報は、2週間ほど前のエントリ(「夏宇童(シャー・ユートン)が日本のドラマで主演」)で紹介しましたが、来週の放送開始を前に、番組の公式サイトも整備されてきた模様。

東京リトル・ラブ スペシャルサイト

東京リトル・ラブ(フジテレビ番組情報ページ)

東京リトル・ラブ(フジテレビ最新情報「とれたてフジテレビ」)

ストーリーや他のキャストについても、詳しく情報が載っています。シャー・ユートン(役名リリィ)は「自分の人生から逃げるように日本にやってきた、台湾人の女の子」だそうです。気になったのは、その幼馴染で、「台湾人でリリィの姉的存在」として登場する「フェイ」を演じる大塚シノブという人。名前からして日本人ぽいけど、台湾人役を演じていることが気にかかり、調べてみると、大陸や香港で結構仕事をしてきた人なんですね。知らなかった。上記の3つ目のページによると、「このラブストーリーには、北京語が登場し、字幕が流れるのも特徴の一つ」とあるので、シャー・ユートン一人だけが中国語を話すのだろうか?と不思議に思っていましたが、さすがにもう一人中国語話者の役が用意されているようです。

あと、上記の2つ目のページに、「主題歌 「Praan」徐苑鈴」とあるけど、これ、字が間違ってる! 正しくは「徐宛鈴」。シャー・ユートンと同様に、「我愛K澀會」に出演していた「美眉」の一人の「鴨子」のこと。彼女は有名なオーディション番組「超級星光大道」(今だと、「台湾版スーザン・ボイル」こと林育群(小胖)が出た番組といえばいいのかな)にも出たりしていたようですが、最近ではこの歌を歌っています。

潘裕文・徐宛鈴「幸福的時光」



また、この徐宛鈴は、2008年に日本で上映された「台湾シネマコレクション」の作品の一つ、映画「六號出口ウエスト・ゲートNo.6)」にも出演していました。Fionと小薇以外に二人出ていた仲間の女の子のうちの一人、という地味な役回りでしたが。

映画「六號出口(ウエスト・ゲートNo.6)」の予告編








六號出口ウエスト・ゲートNo.6 オリジナル映画サウンドトラック(台湾盤)

六號出口ウエスト・ゲートNo.6 オリジナル映画サウンドトラック(台湾盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Willlin Music
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: CD




シャー・ユートンが主題歌までやることはないだろうと思ったけど、でも日本のアーティストではなく台湾の歌手の歌を起用したのはなかなかいいかも。そうでないとね。

シャー・ユートンのオフィシャルブログもときどき覗いているけど、まだ日本の話を特にたくさん書いたりはしていない(ような気がする)。納豆巻きを食べたりはしているようですが(笑)

台湾人女優の日本ドラマ出演というと、リン・チーリン(林志玲)が月9に出演する方が話題かもしれないけど、こっちの話の方が気になるかも。放送開始は来週4月26日(月)の夜からのようですが、さあどうなる?


◆夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」に関するエントリの一覧は、以下のページにまとめています。
 【Index】 夏宇童(シャー・ユートン)と「東京リトル・ラブ」の情報・まとめ

posted by 研究員B at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする