2012年07月21日

ウェザーガールズのメンバー概要

ウェザーガールズ(Weather Girls)のメンバー概要

このたび、月曜から金曜まで日本の地上波テレビ番組で生出演を果たした、台湾の「ウェザーガールズ(Weather Girls)」(Facebooktwitter日本公式サイト公式サイト)。

もともとは、おととし頃からネットで天気予報を配信する企画として始まったものでした(といっても、天気予報の情報を伝えることよりは、ウェザーガールズという女性タレントたちを登場させること自体が目的のようにみえるものですが)。当初は別に日本はターゲットになっていなかったようですが、やがて昨年ごろから日本のネット上でも徐々に話題になるようになりました。(登場からその後のネットでの展開については、日本語wikipediaにものすごく詳細な説明があります。また、昨年夏の時点で、番組の産みの親であるディレクターにインタビューを試みた興味深い記事(ガジェット通信「祝一周年! 台湾のお天気お姉さん『Weather Girls』 世界初の独占取材でその人気の秘密に迫る!」も出ています。)

それが今年に入って、出演していたタレントから7名が選ばれ、それなりに組織だったグループという体裁になり、しかも日本で活動を始めるということになりました。既に8月10日のa-nationの「Asia Progress F」にオープニングアクトとして出演することも発表されていますが、それに先立ち、このたびテレビで生出演して天気予報をやったという次第です。

いやまあ、テレビでの彼女たちのパフォーマンス(?)、とにかくインパクトがあり、当研究所も「くらくらして、直視できない」とか「笑いが止まらず。脳みそが溶けるう」とかいった反応でした。彼女たち、これからどこへ向かっていくのでしょう…。

ところで、ウェザーガールズの7人は登場時にそれぞれ連呼して名前を言うのですが、それがともかくよく聞き取れない(!)。公式のページをみても、現時点ではメンバー一人ひとりについての情報は、名前以外は皆無に近い状態。というわけで、とりあえず検索して見つかった個々のメンバーのFacebookへのリンクを、「メンバー概要」ということでご紹介するのが、今回のエントリです。ではさっそく。(2012年8月14日追記:一部リンクを追加し、それぞれの出身地を追記しました)


●MINI
Facebook: http://www.facebook.com/MiniLin.fans
その他1: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_5318.html
その他2: http://girls.getnews.jp/2011/08/mini-from-weathergirls.html
「超萌系美少女」だそうです。血液型A・蟹座・趣味は「唱歌、上網、看電影」。台南出身。

●NUE(NUENUE)
Facebook: http://www.facebook.com/pages/%E5%BE%AE%E7%AC%91%E3%81%BF-NUe-NUe/322569211087677
その他1: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_10.html
その他2: http://girls.getnews.jp/2011/08/nue-nue-from-weathergirls.html
台北生まれ、天秤座、「一番好きな食べものはマカロン」。日本で足を怪我して病院に行ったそうです。

●ESSE
Facebook: http://zh-tw.facebook.com/Esse.fans
twitter: https://twitter.com/esseliu
その他1: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_5953.html
その他2: http://girls.getnews.jp/2011/08/esse-from-weathergirls.html
獅子座。「國籍:台灣/西班牙」ってことは台湾とスペインのハーフ? 好きな動物は子猫と蛇、好きな食べ物は「ゆでたまご. くだもの」。座右の銘は「快樂是一天,不快樂也是一天,不如好好過著每一天」。高雄出身。

●YUMI(林采薇)
Facebook: http://www.facebook.com/yumilinn
百度百科: http://baike.baidu.com/view/2397218.htm
その他: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_4283.html
このYumiは、7人の中で芸能人としての実績が飛び抜けている人。おかげで情報も多々見つかります。
1984年3月5日生まれ、台北出身、輔仁大學韓語系を出ていて、台湾の有力モデル事務所の「伊林」に所属。各種広告やテレビ番組に出演していますが、ドラマにも出ています。直近の出演作は「結婚って、幸せですか」で、ルイファンの会社のチーチー(gg)役。あと、「モモのお宅の王子さま」で、公主幫(MARSのファンクラブ)の一人・毛毛を演じています。(どちらも未見…)
数年前には某有名歌手との交際が噂されたことも。あと、今年のサマソニで来日する台湾のロックバンド・1976のベーシスト林子喬は、このYumiの兄だそうです。およそ毛色が違うウェザーガールズと1976がつながる!というのはちょっとびっくり。

●HIJON(鄭嗨獎)
Facebook: http://www.facebook.com/HiJon0927
その他1: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_8833.html
その他2: http://girls.getnews.jp/2011/08/hi-jon-from-weathergirls.html
嗨獎hai1jiang3ということは、「ひじょん」ではなく「はいじあん」と発音すべきか。あまり情報がないけど、モデルの仕事をいろいろしていた模様。嘉義出身。

●DARA(小奶昔)
Facebook: http://www.facebook.com/dara.milkshake.fans
その他: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_5710.html
彼女は本当に情報が見当たらず。台北出身。

●MIA(莊心怡)
Facebook: http://www.facebook.com/Mia0612
ブログ: http://www.wretch.cc/blog/mia0612
その他: http://girls.getnews.jp/2012/08/blog-post_580.html
雙子座・A型。各種モデルのほか、バスケットボールチームのチアリーダーの経験も。台北出身。


いかがでしょう? 概要というには情報不足ですが、ご容赦を。調べておきながら、まだ全然7人の区別がついていませんが、ご関心の方の参考になれば…。

しかし、それにしてももう一度。彼女たちはどこへ向かっているのでしょう……。
posted by 研究員B at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

AKB48渡辺麻友が来台

twitterで一か月ほど前にツイートしましたが、このたび台湾でもAKB48のオフィシャルショップ(Facebook)がオープンしました。昨日6月12日がちょうどオープンの日で、場所は台北・西門町の誠品116(誠品西門X武昌X116公式サイト「AKB48台灣專門店。6/12誕生@誠品116」)。オープニングイベントとして、AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友が来台してテープカットと握手会をしました。

日本の芸能人の来台は少なくありませんが、こういう今トップクラスに話題の人(たちの一人)が来るというのはさすがに多くはないかも。というわけで、ネットで様子をみた限りでは、空港の出迎えも多く、西門町でも多くの人が来て大変盛り上がったようです(まあもちろん、ファンの人たちだけかもしれないけど)。つい数日前に、「第3回AKB48選抜総選挙」が香港・韓国とともに台湾でも生中継されたばかりなのも効いているんでしょうか。

そういえば、台湾でも「総選挙」が劇場で生中継されると聞いて、まあ台北でやるのかなあとぼんやり思っていたのですが、実は台北・台中・高雄の3か所の劇場で生中継されたとのこと。台中でまでやったとはさすがに予想していなくて、ちょっとびっくり。ちなみに会場ですが、台北は「Vie Show Cinemas Taipei Hsin Yi(台北信義威秀影城、あそこでやったのか)」、台中は「Vie Show Cinemas Taichung Mode Mall(台中新時代威秀影城(原コ安威秀))」、高雄は「Vie Show Cinemas Kaohsiung FE21(高雄大遠百威秀影城)」だったそうです。

さて今回のオフィシャルショップの件、朝になったらもっといろいろ報道が出ている気がするけど、とりあえず現時点でニュース動画が見ることができるTVBSのものを。後半では、AKB48自体についてかなり詳しく紹介をしています。

TVBS「AKB48攻台!粉絲擠爆 搶周邊商品」
「AKB48成員渡辺麻友來台,粉絲擠爆!」


ファンの方々、盛り上がっていますねえ(笑)。握手会に参加できたのは500名だったとのこと。「まーゆーゆ」とコールしていますが、字幕では「MAYOYO」になっています。人によってはなんとなく「YO」が「友」you3っぽく聞こえるのは気のせいか。ネットでは実際に「麻友友」という表記の例も目にしました。

それ以外では、今のところ聯合報の速報記事のみ(「AKB48渡邊麻友抵台辦握手會」)。

また、まゆゆご本人が迅速にブログをアップしています。
「台湾\(^o^)/まゆゆ」
「謝謝\(^o^)/まゆゆ」
後者によると、テープカットのときに店に来たファンは約1000人、さらに500人が参加できた握手会には約3000人の応募があったとのこと。さすがの人気です。

ところで、上記の聯合報の記事で、「面對熱情接機的粉絲,渡邊麻友也向粉絲們比上她最喜愛的「屁屁」手勢」とあります。「「屁屁」手勢」ってなんだ?とそもそもAKB48に明るくない身にはわからなかったのですが、これは「おしりっω」っていう定番のアクション(というと大げさか)のようです(ご本人のブログ経由で知る)。相変わらず台湾の報道で日本の芸能界について知るというパターン…。

ファンのみなさん、オフィシャルショップで大枚はたいてお買い物されている方も少なくないようで、関係ないけどちょっと申し訳ない気が(笑)。みなさんありがとう、でもほどほどにね。

posted by 研究員B at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

林彥君の近況(輕淨美茶のコマーシャル)

昨年放送されたドラマ「東京リトル・ラブ」。そのセカンドシーズンで、主役のアイリンを演じていた林彥君(リン・イエンチュイン)のことを、みなさん覚えているでしょうか? その後日本旅行記を出版したりしているリリィ=夏宇童と比べると、ドラマ終了後の林彥君の台湾での活動は、日本からだといまひとつ見えにくかったのが正直なところ。

でも、最近林彥君がいくつかコマーシャルに出演していることに気づきました。昨年の秋に痞客邦の宣伝映像に出演していたのは、以前のエントリで取り上げたけど、今回ご紹介するのは、より最近のもの。「輕淨美茶」というペットボトルのお茶のコマーシャルで、天然(?)なOLを演じています。第一話と第二話があるので、それぞれご紹介。

まず第一話。



「持ってあげよう」という課長に、「ありがとうございます!」と繰り返してばんばん荷物を持たせ、「あ、これは自分で持ちます」と言って、「輕淨美茶」のペットボトルだけ手に取る。「ははは、すっきり!」
「課長人好好喔(課長ってとっても親切ですね)」という言葉に、荷物をどさっと置いて課長いわく「我只是臂力好(ちょっと力があるだけだよ)」。「好好」なのは「人」じゃなくて単に「臂力(腕力)」だけだ、というわけですね。

次に第二話。



「課長、FAXの調子、ちょっと見てもらえますか?」「パソコンがフリーズしちゃって、ちょっと見てもらえますか?」「また見てもらえますか? コピー機がおかしくって」と連発。
「紙詰まりだね」という課長に、「課長ってすごいです! 何でもできるんですね!」という反応。課長は心の中で、「本当に何でもできるんだったらいいんだけど」(※「最好我什麼都會」、ここ適当な訳です。有識者の方、間違っていたら代案のご教示を!)。……「課長、電灯がこわれました!」

前のエントリで取り上げた痞客邦の宣伝映像もそうだけど、林彥君って、アイリン役よりも、こういうコミカルな話+役の方が断然生きる気がするなあ。いかがでしょう。

林彥君、新しいウェブサイトFaceobookなんかも整ってきて、派手さはないけど着実にお仕事されているようです。何より。


posted by 研究員B at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

歌手たちによる反核のアピール

久々のブログ更新。当研究所は移転のため、慌ただしくてとてもエントリが書けない状態が続いていました。まだ決して落ち着いてはいないけど、何とか一つネタを書いてみます。

ブログが更新できなかったここ何日かの台湾のニュース映像を見直していると、この話題があちこちで報道されていたのに気づきました。何かというと、「反核のアピールをする歌手たち」という話題です。見出しだけを見て、「歌手」って誰?と思って調べてみた結果を、今回はご紹介。とりあえず動画を:

民視新聞「「寧裸不核」 歌手裸體支持反核」


記者会見に登場している2名の歌手は、李宓と蔡承學。女性の歌手の李宓は、もともと台湾大学の戲劇系(台大にそんなコースがあるとは知らなかった)に在学していた5年前に、チェルノブイリ事故20周年を機に反核(反・核兵器というだけでなく、原子力を含む全般的な反核という趣旨)を訴えるという企画でつくられたビデオパフォーマンスに、匿名で出演していたそうです。そのビデオのメッセージが、「寧裸不核(Rather Nude Than Nuke)」つまり核(Nuke)よりも裸(Nude)を!というものだったので、彼女は背中のヌードを披露していた(裸の背中にそのメッセージが書かれていた)、とのこと。今回福島の原発の件を受けて、また間もなくチェルノブイリ事故の25周年の日を迎えることもあり、再度反核をアピールすることにしたそうです。

上の動画でちょっとだけ映るそのビデオは個人的には趣味ではないけど、またこのメッセージ自体についてこのブログで論評はしないけど、以下芸能界的な関心(?)から少し書いておきます。

以上の件はあちこちで報道されている割に、歌手としてのこの2人に対する関心がうかがえる記事は、少なくとも気付いた範囲では見当たりませんでした。実際、李宓と蔡承學の2人は、歌手と言ってもどちらも決して有名ではないので、仕方ないのかもしれませんが。

男性の蔡承學は、もともとゲイリー・ツァオ(曹格)の物真似でテレビに出たり、また曹格の歌で最近勝ち抜きオーディション番組の「超級偶像」に出演したこともあるようですが、他には目立った活動歴も(ざっと検索した程度では)見当たらず。そういう経緯もあって、自ら「曹小格」と名乗ることもあるようです。

一方、女性の李宓Facebookブログ)はもうちょっと華やか(?)で、実は彼女はGIA姊啊:Girl, It's Awesome)という女性4人組のユニットの一員として、去年の9月にCDデビューしています。種子音樂からリリースされているので、それなりに恵まれたデビューだといえるのでは。このGIA、ちょっと驚いたのは、4人全員が国立大学卒以上の学歴の持ち主です!というアピールがされていたこと(上の種子音樂のページでもそうなっています)。李宓は北一女→台湾大学というエリートコースですが、他の3人も、台北大学・台湾藝術大学・イギリスKingston Universityの大学院修士課程の出身だそうです。

以前のエントリでもふれたけど、こういう風に学歴を前面に押し出すことは台湾ではよくあるのですが、さすがに「メンバー全員が高学歴です!」という売り込みは見たことがなく、印象に残りました。他方で、彼女たちの歌はおよそ印象に残らなかった(!)ので、今回検索して行き当たるまで完全に忘れていました。

このGIA、決して解散してしまったわけではないようで、最近でも活動はしているようです。しかし今回、李宓がこのような形でマスコミに登場しても、一切GIAでの活動に言及されていないところは、ちょっと悲しいところかもしれません。また、歌手というよりはヌードという部分ばかりが強調されたり(彼女自身は裸になることは芸術パフォーマンスの一環であることを強調していますが)、また蔡承學が「曹小格」と言われることもあって、彼女の方は「小隋棠」と記事に書かれたりしていて(隋棠には似てない気がするけど)、やや好奇の目で取り上げられている感じもあって、そうした点も少々気の毒な気もします。芸能界の厳しさ、といえばそれまでですが。

最後に、李宓などGIAからの、「日本の平安を祈ります」というメッセージを貼り付けておきます。

日本海嘯賑災義演,GIA「姊啊」於台北地下街,幕後小花絮


posted by 研究員B at 03:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

飛輪海・吳尊(ウーズン)の「單飛」

当ブログのtwitterでは、ブログの更新情報の他に、台湾についての雑情報をいろいろつぶやいています。昨日の午後に、飛輪海・吳尊(ウーズン)の「單飛」について台湾のニュースサイトで知ったので、以下のようなツイートをしました。

飛輪海の吳尊(ウーズン)が、華研唱片との契約を継続せず、正式にソロとして活動することを発表。4人での活動はイベントなどに関しては今後も続くが、今年飛輪海のアルバムが出ることはなさそうとのこと。聯合報「飛輪海拆夥 吳尊正式單飛」 http://bit.ly/hWPmnB

このニュース自体は朝から出ていたので、日本でもファンの人が既に話題にしていると思っていたのですが、twitterで検索してもそれほどこの話題は(日本語では)紹介されていないようだったので、上記のようにツイートしました。そうしたら、ものすごい勢いで反響があり、多くの方にリツイートしていただきました。さすがメジャーどころのこういう話題は注目を集めるようで、日々地味に(?)ブログとtwitterを運営している身にはちょっとびっくりでした。

その過程で、話がいつの間にか「ウーズンが脱退する?」ということになってしまったり、また「今年は」飛輪海のアルバムは出なさそうという話だったのが、「もうずっと」出ないと決まったかのように伝わったり、話の“誤差”が大きくなっていくのも目の当たりにしました。

そこで今回は、そのあたりをちょっとだけ整理するエントリを書いておこうと思います。ファンの方や、中国語に強い方など、以下で訂正が必要な箇所などあれば、ぜひご教示ください。


実は今回のニュース、台湾のメディアの報道をみても、それほど多くのところで取り上げられているわけではなく、また大きく扱われているわけでも必ずしもありませんでした。2月27日のウーズンのファンミーティングを報道するというだけで、特に「單飛」という話題を前面に出したのは、上のツイートで紹介した聯合報の記事ぐらいでした。その記事では、以下のように書かれています。

成軍5年的飛輪海拆夥風聲不斷,確定與華研唱片不續約的吳尊,昨首度正面宣告單飛,未來4人仍會在活動與商演合體,但歌迷期待飛輪海出輯將抱憾,吳尊事業以戲劇為重,今年不會發唱片。

こういうときによく使われる「單飛」という表現ですが、あくまでもグループから離れ単独で活動するという意味であって、「ソロ活動」ではあっても「脱退」とは限りません。実際この記事でも、後半のところで「單飛不解散是偶像團體必經歷程」(ソロ活動はするが解散はしないというのは、アイドルグループが必ずたどる過程である)といった文もみられます。
その上で、今後も4人で「在活動與商演合體」するとあります。「商演」は普通はコンサートを含むと思うので、将来の4人でのライブの可能性まで否定されたというわけではなさそうです。他方で、「今年は」アルバムのリリースはないだろうとは明記されています。これも、今後ずっとリリースの可能性がないとまでは(少なくともこの記事では)言われていません。


また、この件でもう一つ詳しい記事としては、蘋果日報のもの(「吳尊 汶萊再擲1500萬搞副業 手機監控健身房」)があります。この記事には、以下のような記述があります。

吳尊確定不與華研唱片續約,雖未離開「飛輪海」,今年5月會一起出席商演,也續約台灣觀光代言,但問到他是否再出唱片?他未正面回應,僅表示今年以戲劇為主,沒有出唱片計劃。
(……)
日前有媒體報導吳尊未與華研續約,考慮淡出演藝圈,昨他否認此事,已接了新電影,也打算出書做公益,他的全經紀約屬於福隆,與汪東城、辰亦儒、炎亞綸屬於不同公司,但他強調,未來飛輪海仍會一起商演、代言。

つまり、華研唱片との契約を更新しないからといって飛輪海から脱退するというわけではないこと、5月には4人で一緒にステージに上がり、台湾観光のキャンペーンキャラクターの仕事も続けることが明記されています。そして、もうアルバムはリリースしないのかという質問にはウーズンは正面から答えることはせず、今年は映画やドラマの仕事が中心で、アルバムをリリースする計画はないと答えるのみだったとのことです。ただ、芸能界を去ることは否定し、今後も飛輪海としてステージやキャンペーンの仕事を一緒にすることはあると強調したそうです。

というわけで、ウーズンは飛輪海を脱退するわけでもなく、今後4人での活動がなくなってしまうというわけでもない。ただし、飛輪海としてのアルバムのリリースについては、少なくとも今年中はないようです。将来の可能性については、慎重に全否定することは回避されています。もっとも、だからといって今後も4人で積極的に活動を展開していくとも言われていないわけですが。

少なくとも報道で見る限りでは、このくらいのことしかまだ語られていないのが実情です。ファンの方々は、すっきりしない感じが残るかもしれませんが、今後ウーズンおよび飛輪海がどうなっていくか、注視したいと思います。

最後に、蘋果日報の報道を動画で見つけたので、はりつけておきます。「單飛」が話題の中心になっていないことがよくわかるかと。



posted by 研究員B at 02:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする