2017年09月30日

「アナザースカイ 行定勲が台湾へ」

今晩(9/29)放送された、日テレ「アナザースカイ 映画監督・行定勲が大きな影響を受けた台湾でゆかりの地を巡る!」。改めて言うまでもないかもしれませんが、「アナザースカイ」は、ゲストが思い出の場所(海外)を久しぶりに訪れて、思い出をたどりそれを今の思いにつなげるというコンセプトの番組です。この番組、ゲストにとってのその思い出の重みによって、番組の仕上がりが随分変わってくる気がするのですが、この行定勲監督の回は、なかなか手ごたえのある回で、面白く観ることができました。

以下、番組をみながら研究員Bがあれこれつぶやいた言葉を、整理しなおして貼り付けておきます。今回は、録画したものを再度観ていたらいろいろ手を入れたくなり、結果的にリアルタイムにつぶやいた言葉にかなり書き足したものになりました。

------

日テレ「アナザースカイ 映画監督・行定勲が大きな影響を受けた台湾でゆかりの地を巡る!」、始まりました。

行定勲監督、九份を訪れています。「悲情城市」を見て憧れていた風景だったと。「初めて来た頃は丘陵地帯にひしめく家がいっぱいあって、こんな観光客がたくさん来る街に変わるとは思いもしなかった」。その話に続いて、「悲情城市」の映像をしっかり流してくれました!

行定監督、幼い頃からの映画とのかかわりを語ります。一瞬昇平戲院の中が映ったあと、20代前半に台湾映画に出会ってのめり込んだと。侯孝賢への思いを語ります。(このあたり、BGMは周杰倫「告白氣球」でした)

侯孝賢の作品で最も影響を受けた映画のロケ地へ、ということで十分へ。線路上での天燈上げを見つつ、語るのは当然「恋恋風塵」。「悲情城市」同様、映画の映像をちょこちょこ映してくれていいですね〜。

印象に残ったという十分駅での信号のシーンにふれて、その地の特有のものを見せるだけで、どういう場所か、さらに登場人物の背景まで表現できているということを語ります。ノスタルジーの見せ方を学んだ、侯孝賢は心の師であると。しっかり「恋恋風塵」のポスターの前で語っていました(これも昇平戯院)。

侯孝賢のチームはカメラマンや録音技師もすべて達人だと行定監督は語ってから、かつて「真夜中の五分前」で仕事を依頼した杜篤之のオフィス/スタジオ(「聲色盒子有限公司」)を訪問! 入り口には「花様年華」のポスター、他にも「フラワーズ・オブ・シャンハイ」や「ブエノスアイレス」などのポスターも。「真夜中の五分前」での杜篤之の「神業」を紹介する姿から、本当にリスペクトしていることが伝わります。

CMをはさんで、行定監督が訪れたのはなんとエビ釣り場。過去にエビ釣り場で経験した細かいエピソードも面白いけど、さらに妄想?を広げていくのも面白い(笑)。

たびたび映る、行定監督が座って語っているこのカフェ?が気になる。台湾なんだろうけど、どこなんだろう。

行定監督が店で自作のDVDを手に取るシーン、「佳佳唱片」でした。

森田芳光監督に「7割バッターを目指しちゃダメだよ、3割でいいよ」と言われた話から、真意は3割の方ではなくて、「7割冒険しろ」と言っていたのではないかと語る行定監督。この話から始まる、冒険と越境の話は興味深い。

あと、「いつかカンヌに行ってみたい」と言った行定監督に対して、侯孝賢が「真面目にやっていれば君はいつかカンヌに行けるよ」と語ったというのも印象的。そこから「変えなくてもいい」というメッセージを引き出す行定監督。再び「悲情城市」の映像が流れて、台湾の「時間の緩さ」について、エビ釣りとからめつつ映画製作の話にもっていく。

行定勲監督、誠品書店・敦南店のシーンと重ねて、台湾で撮りたい映画のイメージを語って終了。探りながら語るのではなく、ご本人の中で既にいろいろ整理されている感じの語り口が大変印象的でした。(B)

------

というわけで、決して台湾のあちこちを訪れる回ではなかったけど、行定監督が圧倒的に整理されている人で、さらさらっと語るのだけどふわふわしてなくて密度が高く、非常に興味深い回でした。「冒険と越境」と「変えなくてもいい」という、一見矛盾するようにも見えることをそう感じさせずにしっかり語り切るのはほんと印象的でした。

最後に語っていた、台湾を舞台にした作品。いつか作ってくれるのなら、どんな風になるのか気になりました。気長に待ちたいと思います(結構さくっと作ってくれるかもしれないけど!)。


★お知らせ★
10月9日(月・祝)、トークイベント「行ってみた!住んでみた!働いてみた!台湾」開催!
台湾で仕事を見つけて働いている方が一時帰国されるタイミングにあわせて、お話をうかがいます。貴重な機会ですので、ご関心がおありの方はぜひどうぞ!
詳細・申し込みはこちらをご参照ください。


posted by 研究員B at 01:54 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

日テレ「ヒルナンデス! 中間淳太&友近の 台湾だよ★おっ母さん」完結編

本日、放映された「ヒルナンデス!」の中間淳太・友近の「春の台湾女子に人気のスポットへおっ母さんと旅、完結編!!」。今週もAが実況したので、その記録を以下に載せておきます。今回は短かったです。
(1回目のまとめはこちら、2回目のまとめはこちら

------

「ヒルナンデス!」の中間淳太・友近の「春の台湾女子に人気のスポットへおっ母さんと旅、完結編!!」がやっと始まりました〜。

中間君と友近さんが行ったインスタ映えする火鍋屋は「寛巷子」。士林にこんなお店があるんだあ。

「寛巷」は、お肉やお野菜をお花のように美しく盛り付けてくれるのが売り。だけど、お値段もかなり素晴らしい感じ…。

便利グッズを購入できるお店として紹介されているのは、「POYA寶雅」。コスメショップかと思ってたけど、雑貨もあるんだね。

友近さんと中間君が行った茶芸館は「遊山茶訪」。茶芸体験を「お茶入れ体験」って言うのは何か違う気がする…。

「ヒルナンデス!」の「台湾だよ★おっ母さん」コーナー、あっという間に終了。「完結編」は短かったですね。色々面白かったけど、ジャニーズWEST中間君がこんなにも台湾を語れる人だと知れたのが最大の収穫かも。今後も注目してるんで、どんどん台湾関係の仕事をしてね〜。(A)

------

以上です! 短かったので、もりもり詰め込んだ感じになってました。でも、3週間に分けたとは言え、昼の番組としてはずいぶん充実した内容でかなり満足。何より「ちゃんと台湾を分かってる」人(=中間君)のガイドがあるだけで、こんなに情報って生き生きするんだなあとけっこう感心でした。しつこいようですが、中間君、要注目な人材です。


posted by 研究員A at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

日テレ「ヒルナンデス! 中間淳太&友近の 台湾だよ★おっ母さん」その2

本日、日テレ「ヒルナンデス!」で、中間淳太と友近の「台湾だよ★おっ母さん」、先週に続いての「その2」が放送されました。予定が変わり在宅だったので、Aが先週に続き実況しました。以下、そのまとめです。(先週の放送のまとめはこちら

------

中間淳太と友近の「台湾だよ★おっ母さん」その2がオンエアされるはずの「ヒルナンデス!」始まりました。先週は13時頃からコーナーが始まったので、今週もそのくらいからかしら。とりあえず冒頭は違うコーナー。(午前中の予定がキャンセルになって結局実況するA)。

「ヒルナンデス!」の「台湾だよ★おっ母さん」コーナー始まりました。オープニングは大安森林公園かな。泊まったはずのホテルから近いし。

7時代前半に公園に行って、地元のおば様グループと太極拳。台湾経験がかなりあるのに太極拳初めての中間君と、妙になじんでる友近さん(笑)。

朝食は中正記念堂近くの「青島豆漿店」。ここ、台湾の方に「お勧め!」とFacebookで推薦してもらったことがあります。まだ行けてないんだけど。

「青島豆漿店」で友近さんと中間君が注文したのは鹹豆漿25元。「これつけると美味しいですよ」と油条をさくっと注文する中間君。さすが。

「青島豆漿店」では鹹豆漿に加えて肉餅30元も注文。これ、めちゃくちゃおいしそう! 日本人客も多いみたい。

ちなみに、今日は所長(9歳)が早上がりで一緒に見ているのだが、「大安森林公園!」「鹹豆漿!」「肉餅!」とものすごくきれいな発音で叫びながら暴れている。助かるけどうるさいぞ。

朝食の後は、迪化街の霞海城隍廟で縁結び祈願。小林幸子がここお参りしてすぐ結婚した、ってとこですね。日本語可のスタッフさんもいるので分からなかったら聞くといいそう。

霞海城隍廟でお参りの後は、迪化街にある名物自販機でミルクティーを購入。ここかな? Ddc大盜陳 恋占い月のミルクティー。迪化街の旧名を語呂合わせした店名がかわいいな。

移動して「日月命理館」で本格的占い。通訳もいるので安心、だそうです。上記のオフィシャルページも日本語版がばっちりあり。2017年の十二支占いとか載ってて面白い(笑)。

「ヒルナンデス!」の「台湾だよ★おっ母さん」コーナー終了。今回でおしまいかと思いきや、来週「完結編」だそうです。引っ張るなー。でも楽しみ。ではでは、昼から連ツイお騒がせしました〜。(A)

------

以上です! 上記のとおり、今週で終わりかと思ったらそうではなく、来週3月30日(木)の放送で「完結編」があるそうなので、気になる方はどうぞ〜。


posted by 研究員B at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

日テレ「ヒルナンデス! 中間淳太&友近の 台湾だよ★おっ母さん」前編

本日オンエアされた日テレ「ヒルナンデス!」「中間淳太&友近の 台湾だよ★おっ母さん」。幸運にも在宅勤務の日だったので、さぼって実況ツイートしました。以下、そのまとめです。

------

「中間淳太&友近がいま女子に大人気の台湾へ! 美味&安心旅」というコーナーがあるはずの日テレ「ヒルナンデス!」が始まりました。とりあえず、冒頭は違うコーナー。台湾のコーナーは中盤かな?

日テレ「ヒルナンデス!」の「中間淳太&友近がいま女子に大人気の台湾へ! 美味&安心旅」。番組開始1時間してやっと始まりました〜。

案内役のジャニーズWEST・中間淳太君はお父さんの仕事の関係で台湾在住経験があるとのこと。とりあえずJetstarで関空から台北に向かいます。

台北到着。台北の三大メジャー夜市を、士林夜市、饒河街夜市、寧夏夜市と紹介。寧夏夜市ってそんな地位にいたっけ? とりあえず番組では饒河街夜市へ。

中間君、鷄排を中国語で注文してます。饒河街夜市の名店、「東發號」で麺線。中間君が終始「おいしいでしょ?」と嬉しそうに勧める感じが、「台湾好きあるある」で微笑ましい(笑)。

鷄排と麵線を食べて、アクセサリー見て、鳥掛(文鳥占い)やって、と饒河街夜市を満喫。中間君、現地に慣れてる感じだし、中国語で押し通せるし、ガイドとして優秀。今、私の中で好感度が急上昇中。

夜景の見えるおしゃれなレストランということで、台北101の85階にある「欣葉食藝軒」へ。ここは高すぎて雲や霧で景色が見えないことも多いと聞くけど、ロケの日は絶景。

宿泊先のすっごくオシャレなホテルは「富藝旅」。MRT大安駅のすぐそば。台北、おしゃれホテルがどんどん増えてるなあ。

「ヒルナンデス!」の台湾コーナー終了。中間君が台湾に慣れてる分、ガイドっぷりがリアルで面白かったです。また来週、後編をオンエアだそうですが、用事があるので実況できない。残念…。では、昼間から連ツイお騒がせしました〜。

追記。Wikipediaによると、ジャニーズWEST・中間淳太君はお父さんが台湾人だそう。で、小学校は中華学校、小3から中学まで台湾の日本人学校在籍。台湾通っぷりと言い、中国語力と言い、だからかあ。納得。

------

以上、「ヒルナンデス!」の「中間淳太&友近の 台湾だよ★おっ母さん」でした。中間君の台湾通ぶりは必見なので、前編を見逃した方も来週3月23日(木)オンエア予定の後編をチェック!ですよ。

posted by 研究員A at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

TBS「世界ふしぎ発見! 開運ワンダーランド・台湾」

TBS系列で今晩放送された「世界ふしぎ発見!」、今回は「ふしぎな神様がいっぱい 開運ワンダーランド・台湾」というテーマの回でした。信仰に関わるものや場所がたくさんある台湾ですが、有名なものからディープな場所まで、あちこち盛りだくさんに訪れていて、楽しめました。

テレビを観ながら、訪れていた場所についてつぶやいていたので、以下まとめて載せておきます。リアルタイムではつぶやききれなかった情報も、少し追加しておきました。

------

最初に訪れたのは台南の「大観音亭興済宮」公式サイト)。医療の神・保生大帝を祀っていることもあり、おみくじも「眼科」「外科」などに分かれているのは面白いです。

「大観音亭興済宮」でおみくじのようにもらえる神様の処方箋を、隣の漢方薬局に持って行けば薬を処方してくれるというのを紹介していました。この漢方薬局は「永義豐中藥行」

神様のお告げが聞けるテーブル「万年神のテーブル」は、「萬年神桌」公式Facebook)。これは台北市内。

テーマパークのような巨大寺院は、台南の「麻豆代天府」

警察も難事件解決のために参拝するという廟(大きい黒い犬の像があるところ)は、新北市土城區の「土城義塚大墓公」

脈で占う占い師「七葉」さんは、以前は台北の「龍の羽」にいらしたみたいだけど、いまはサイトにお名前が載っていない…。

最初のクイズで、設置されているATMの機能が紹介されたのは、台北の「松山慈佑宮」

「台湾一キャラの立った神様が多くいる廟」と紹介されたのは、とってもユニークなことで知られる道教寺院「石門金剛宮」公式サイト)。淡水のさらに北にあります。

運気変えのために訪れた、道教寺院の総本山は「指南宮」。ロープウェイで猫空に行く途中の駅から行けます。

気功の治療をレポーターの瀬戸たかのに施していたのは、「萬真師父」。この方、公式Facebookがありました!

気功の治療のときに登場して、瀬戸たかのと一緒にツボを開く施術を受けていた台湾の歌手・楊燕はたぶんこの方

2問目のクイズの出題があった(大きなそろばん)のは、台南の「台湾府城隍廟」

台南でガジュマルの木があったのは、成功大学。この木については、台北ナビで詳しく紹介されています

台南で訪れたデパートは、有名な「林百貨」。鳥居のある屋上には誰でも気軽に行けます。

祀られている三体のうち一つが日本の軍人という廟は、台南の「慶隆廟」

零戦パイロットを祀る台南の廟は「鎮安堂 飛虎将軍廟」
マンガの教材を使っていた小学校は、安慶國小。その近くの、保生大帝を祀る廟は「朝皇廟」

最後のクイズで取り上げられた、1月1日に総統府で配られていたのは、この紅包。総統・副総統の名前入り。

------

……という感じで番組終了。なかなかユニークな切り口で、おもしろかったです! せっかく台南に行ったのなら、食べ物の話もほしいとつい思ってしまいますが(笑)、さすがにテーマ違いでしたね(と思っていたら、番組の公式サイトでしっかり「度小月」と「阿憨鹹粥」が紹介されていました!)。

台湾社会の中の信仰や神様や「運」関係のものって、一番の特徴は「日常の中に浸透している」点かも、と思っています。番組ではインパクトの大きいものやユニークなものが多く紹介されていましたが、もっと「普通」のものも含めて、カジュアルで日常的なところが興味深いです。奥深くて私も知らないことがたくさんだけど、今後もいろいろ探して・調べてみたいと思っています。

posted by 研究員B at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする