2017年08月10日

台湾親子留学2017 18日目―アイドルは海を越える

今週に入ってから、放課後の自習タイムに参加するようになった所長(10歳)。

学校は朝9時から午後3時。その後4時まで、希望する子は自習室に残ることができる。自習室にはアシスタントの先生(おそらく全員台湾の大学生)がいて宿題を助けてくれたりする、というシステム。

所長は最初、これに参加することを頑なに拒否していた。
「みんな行ってるけど、すごくつまらなそう。絶対、3時に迎えに来て」
4時まで残ってくれると私の自由時間が延びるからいいのに〜、と何度も思ったが、所長が首を縦にふらず。でも、宿舎に戻ったところでダラダラしているだけの所長。激論の末に、短時間だけ参加してみることにした。それが先週のこと。

行ってみたら宿題をしているのはほんの少しの時間で、あとは自由に話したり遊んだりできる。他クラスの日本人ハーフの子もいるので、日本語でも遊べる。それが分かって、俄然、放課後タイムが楽しみになった所長。
「4時までいたい!」
と言い始めたので、喜んで同意する。

【ある日の放課後タイム。先生が持ってきてくれたボードゲームでプレイ中】
20170809a.jpg

今日は、放課後タイムのために日本から持ってきた『Myojo』を抱えていった所長。アシスタントの先生の一人が元ジャニーズ好きと知って、見せようと思ったらしい。

放課後、迎えに行くと
「え〜、もう来たの〜。ちょっと外で待ってて〜」
と言う所長。なんだかとても楽しそう。

しばらく待った後に出てきた所長はニコニコ顔。
「あのね、T4(上級クラス)のアシスタントの先生が好きなの誰かわかったよ。Kis-My-Ft2の玉森裕太! あとね、T1(初級クラス)の先生はガッキーが好きなんだって。リーダーの先生は石原さとみが大好きなんだよ〜」
「台湾ではね、山Pとガッキーが有名なんだって。みんな言ってた」
アイドルの話でかなり盛り上がった様子。いやもう先生たち、所長の話に付き合ってくれてありがとうございます。

でもきっと、台湾の大学生にとって日本の芸能人は近しい存在。だから、所長のアイドル話に、そんなに無理せずついていける。発音だけでは分からないアイドルやドラマの名前も、スマホで検索した画像や動画を見せればすぐ分かる。そんな風にして、片言でしか言葉が通じない台湾の大学生と日本の小学生が一緒に盛り上がっている様子を想像すると、ちょっと楽しくなる。

考えてみれば、日本にもドラマや音楽に夢中になることで、台湾に興味を持った人たちがいる。韓国だってそう。アイドルは海を越え、心をつなぐ。それはもしかしたらすごく素敵なことなのかもしれないなあ、と所長の笑顔を見て思ったりする。

【今日の研究員AとB】
すっかり「大人の社会科見学 in 台北」と化している研究員AとBの毎日。今日は、台湾博物館南門園區(台北市中正區南昌路一段1號)で開催されていた「南洋味•家鄉味」特展という展覧会へ。台湾に増えている東南アジア系移民の人たちの「故郷の味」を紹介する展覧会。

20170809b.jpg

会場はそれほど広くなく、展示もパネル中心。でも、色々と知らないことも多くて興味深い。見終わったところで会場を出ようとすると
「ボランティアの方が来てるのでガイドはいかがですか?」
と呼び止められる。せっかくなので、インドネシアから台湾に移り住んで16年という方から解説を受けることにする。

ところが、ここからが大変。ガイドの方が説明をしているのを我々がふむふむと聞いていると、一緒にいた別の博物館ボランティアのおじい様が口を突っ込む。ガイドの方が答える。他の観覧者の人が集まってくる。また口を突っ込む。話が脱線する。盛り上がる。の繰り返しで、全然先に進めない。でも、ガイドも突っ込みも脱線も全部が面白くて、中国語を聞き取るのに必死。なのに、時々こっちに話がふられる。
「バナナの皮で食べ物をくるむのって、日本でもやるよね?」
「やりません。日本にバナナは生えないですから。日本で使うのは竹の皮」
「ああ、そうだそうだ。竹の皮ね」
みたいに。

結局、最後までガイドを聞いたのは私たち二人だけ。他の参観者は適当に興味のあるところで聞いて、口をはさみ、そして適当にいなくなった。この辺の自由な感じも面白い。すっごく楽しかった。

20170809c.jpg

台湾博物館南門園区では他にも樟脳についての常設展やら子ども向けのコーナーとかあって面白そうだったが流し見。「南洋味•家鄉味」で力を使い果たしたので、しっかり見られなかった。また別の機会に行って、じっくり見たいな。

その後は、台北駅地下街に移動。Y区の端っこ、ほぼ北門駅というところに小さなインドネシア人街があるというので行ってみる。お目当てはご飯。何軒か並んでいたうちから、「SARI RASA 印尼小吃店」(台北市大同區市民大道一段100號 台北地下街Y區)というお店に入ってみた。

20170809d.jpg

お店の中には自助餐のようにおかずが並んでいる。ご飯を盛って、好きなようにおかずを盛りつけて自分で定食を作る形式。お金は重さではなく、おかずの種類で決まってるから、種類をたくさんとればとるほど高くなる。

20170809e.jpg

ちょっと欲張って色々とって、手前の私のお皿は200元。やや高め。でもでもでも、すっごく美味しい! 辛すぎず、ほどよくスパイシー。しかもいろんなスパイスが使われているので、それぞれがまったく違う味。味の奥行きがすごくて、インドネシアってすごい!と尊敬の念が沸く。

20170809f.jpg

私の出身地でも、最近、中国から嫁いでくる人が増えた。嫁ぎ先の多くは農家。人口減と少子化に歯止めがきかない日本の地方は、そういう人たちがいなければもう成り立たない。だから、新しく来た人たちを迎え入れ、「ともに生きる」ために、もっといろんなことをするべきなんじゃないか。考えていくべきなんじゃないか。そんなことを日ごろからぼんやり考えていた研究員Aにとって、すごくいろんなことを感じさせる一日だった。

(研究員B追記)
台湾で暮らすインドネシア出身者向けの店が多いのは、台北だと台北駅東の北平西路と、この地下街Y區のY26〜28あたり。北平西路は印尼街と呼ばれているエリア。Y區の端の方は、食事関係以外にもインドネシアの食料品の店があったりします。台湾の多様性が感じられるエリア、機会があればぜひ。
その後はMRT中山駅に移動し、地下書店街がリニューアルされてオープンしたばかりの、地下書店街「誠品R79」をのぞく。その後Bは一人で蔣渭水記念公園に行ったりするものの、暑くて早々に退散(このとき行った場所については追い追いSNSにポストしようと思います)。

★お知らせ★
9月2日(土)に東京ウィメンズプラザで、おきらく研のイベント「台湾「親子留学」報告会」を開催します。詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 00:07 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

台湾親子留学2017 17日目−所長(10歳)と中国語と英語の話

サマースクールも残すところ4日。さすがにクラスの仲間もなじんできたようで、こんな話をしたとか、こんなことをしたとかが、所長(10歳)からもだいぶ聞けるようになってきた。

【昨日買ったヂェン先生の服を着て登校する所長】
20170808d.jpg

たとえば、休み時間。高学年クラスは、親の許可があれば子ども同士で1階のコンビニまで買い物に行ける。もちろん、行っても大したことをするわけではない。持ってきたお小遣いでガムを買ったりする程度。でも、まだまだ「子ども同士でお買い物」という行為そのものが楽しいお年頃。毎日、友達同士、誘いあってはコンビニに行っているらしい。

所長(10歳)は昨日、コンビニに行ってガムを買ってきた。まずYちゃんを誘ったけどその日はお小遣いを持ってきていないからと断られ、Zちゃんを誘ったらOKだったので一緒に行ったらしい。逆に今日はYちゃんに誘われたけど、お小遣いがないからと断ったと。

こういう会話は何語でしているのかな?と思うけれど、基本的には中国語。みんな、所長があまり英語が話せないことを分かっているから、中国語を使ってくれるらしい。

でも、所長も英語を使う時はある。今日は、大好きなアイドル、Sexy Zoneのマリウス葉君の写真を見つけた友達に、誰なのかと聞かれたとのこと。
"Star (スター)"
と答えたつもりの所長。発音が悪かったようで、
"Sister? 他是男生!(お姉さん?男の人だよ!)”
とびっくりされた、と聞いてBと二人で大笑い。

まあでもそんな行き違いがありながらも、英語や中国語、そしてジェスチャーでなんとかコミュニケーションができているのは良いこと。会話が成立してくるにつれ、所長は自信がついてきたみたいだし、勉強に対する姿勢もどんどん前向きになっている気がする。

そうそう、所長は台湾に来てからも宿舎でオンラインの英会話レッスンを受けている。帰国してから受けてもいいのだけれど、英語が必要なのはむしろ今だろう、ということで。
「疲れた〜。中国語と英語が混ざって分かんない〜」
と最初はぶうぶう言っていた所長。今週に入ってから、文句を言わずにきちんとレッスンを受けるようになった。レッスンの内容と、友達の会話が結びついていることに気づいたのかな。勉強することで自分も楽になることに気づいたのかな。

よく分からないけど、中国語にも英語にもいっそう前向きになったように思える所長。がんばれ。あと数日だけの特別な時間を、思いっきり楽しむのだ!

【今日の研究員AとB】
午前中は宿舎で作業。お昼を水源市場で食べた後は、「活泉足體養身世界」(台北市中山區民權東路二段134號)でマッサージ!

20170808a.jpg

実はこちら、ご招待を受けて伺ったお店。ご招待を受けるといつもちょっと悩むのだけど、
「なんでも好きなように書いてくださってかまいません」
というオーナーの言葉に頼もしさを感じて行ってみた。

行ってみると、外観も内装も価格もごくごく普通の台湾のマッサージ屋さん。でも、施術がとても丁寧で、きちんと体の隅々まで流してくれて、終わったら別人の体のようになってる。ちょっとびっくり。

20170808b.jpg

終わってからしばらくオーナーさんとおしゃべりさせていただいた。スタッフ一人一人を大切にして、それぞれに技術を身につけてもらうこと。身についた技術を誠実にお客さんに施すこと。そういうシンプルなことをどうやって実現するか、保ち続けるか、ということにすごく力を注いでらっしゃるんだなあ、という印象。オーナーさんとのお話はとっても面白いことばかりだったので、帰国したらまたきちんとご紹介したいな。

【おまけ】
夕食は水源市場で買ってきたお弁当。所長と二人、市場内のいろんなお店を食べ歩いた中で、
「ここが一番おいしい!」
と思ったお店、「壹之鄉排骨」(台北市羅斯福路四段92號1樓 水源市場 26・27號攤位)。

20170808c.jpg

副菜三つとメインを一つ選んでお弁当にしてもらう。三人分、全部あわせて250元!


posted by 研究員A at 00:00 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

台湾親子留学2017 16日目−所長(10歳)、スマホ?を手に入れる

以前も書いたが、今年のサマースクールのクラスはスマホやタブレットを持っている子が多い。多いというか、所長(10歳)以外の全員が持っている。
「いらない、いらない」
とずっと突っぱねてきた研究員A。でも宜蘭に遠足に行った時、
「みんな写真を撮ってたのに、所長は撮れなくてつまんなかった…」
と悲しげに呟いているのを見てちょっと不憫になった。

そこで、研究員Bに頼んで日本から持ってきてもらったもの。それは、研究員Aがむかーし使ってたスマホ!

20170807a.jpg

あまりに古すぎて、今のアプリはほとんど入れられない。回線も契約していないので、WiFiがなければネットにもつながらない。でも、「スマホを持ってる」気分にはなれるし、写真も撮れる。これでどうだ?

案の定、所長は大喜び。大事にリュックに入れて登校。

帰ってくると、今日とった写真を見せてくれる。大体は、授業中にノートをとりきれなかったパワポ画像。宿題もしっかり写真におさめてきたので、私も適切な指導ができる。何をやっているか見えるので、こういう形で報告してくれるのはいいかもな。

あと、面白かったのは昼休みのクラスの様子を撮った動画。みんながみんな、それぞれのスマホやタブレットを見ている静かな教室。それをぐるぐる回りながら撮影していておかしい。

おかしいけど、昼休みにこれはどうなんだろうなあ。せっかくサマースクールに来てるのに、友達と遊びもせず、話もせずにスマホって。この話に関しては、いつもいつも同じことばかり言ってるけど。

「せっかくだから、みんなの自己紹介の動画を撮りなよ。面白いし、思い出になるよ」
ちょっと所長をけしかけてみる。
「きっとみんな嫌って言うよ〜」
という所長。でも、スマホで「つながる」方法も試してみないとね。あと一週間。せっかくの一週間。スマホを見ているだけで終わっちゃったらつまんないよ。

【今日の研究員Aと研究員B】
今日から研究員AとBは二人で行動。昨日来た研究員Bに
「どこに行く?」
と聞いたら、
「とりあえず台大」
ということなので、YouBikeに乗って台大へ。まずは図書館でちょこっと調べもの。

その後、「美濃客家粄條」(台北市大安區和平東路二段118巷46號)でお昼。研究員Bが食べてた梅干扣肉のプレートが激うまだった! 副菜も含め!

20170807b.jpg

食べ終わったら、またYouBikeに乗って台湾大学校史館(「臺大校史館」 臺北市大安區羅斯福路四段一號)へ。ここは帝国大学時代に建てられた図書館を、大学史資料館として開放している場所。

20170807c.jpg

昔から図書館で時間を過ごすことが多かった研究員Aは、「旧図書館」と聞いただけで気持ちが動く。どれだけの学生が、どれだけの時間をここで過ごしたのだろう。どんな思いをここで抱いて、どこへ巣立っていったのだろう。そんなことを、高い天井と美しい窓を見ながら心の奥で感じようとしてしまう。

20170807d.jpg

展示物も、パネル中心だけどとっても面白い。帝国大学時代の入学者名簿(10人に1人くらいの割合でしか中国人名がない!)とか、白先勇の直筆原稿とか、拾いどころは色々。研究員Bに
「ここ、興味深いよ」
と促されてみた、戦後のいろんな形での弾圧と戦いの歴史を説明した展示。新しくひまわり学生運動のパネルも付け加えられていてすごいなあ、と。

ちなみに、校史館の隣は人類学博物館。こちらはコンパクトながら、各原住民のすてきな手仕事が紹介されている。髪飾りから、洋服から、舟まで、可愛い物ばっかりでときめく、ときめく。手仕事系雑貨が好きな人は必見ですよ、こちら。

見終わった後は、台湾大学農產品展示中心でアイスクリームサンド(三明治冰淇淋、18元)を食べたり。

20170807e.jpg

おいしいけど、研究員Aにはちょっと甘みが強いかなあ。あと、思った以上に大きい…。一気食いするとお腹が痛くなる…。(研究員B追記: いやいやこれ、激ウマです。牛乳の濃厚さ満点のアイスを、塩気のある香ばしいクラッカーでしっかりサンド。甘さや冷えに弱いAはともかく、多くの方は大満足するはず!)

あとは所長をお迎えに行って、再びヂェン先生こと鄭惠中先生のアトリエ兼ショップ(「惠中布衣文創工作室」 新北市中和區中山路三段179巷15號)に行って、所長と研究員Bのズボンを買った。写真を載せたいんだけど、暗くて良い写真が撮れなかったので、また明日ということで。


posted by 研究員A at 00:33 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

台湾親子留学2017 15日目―研究員Bが合流!

日曜日。のんびり…のはずが朝からゴタゴタ。なぜなら、今日は研究員Bが合流する日。朝に弱い研究員Bが一人で起きられたのか? ちゃんとバスに乗れたのか? LINEで確認しながら、こちらも朝ごはん。

食べたのは、公館トーストサンド市場調査のその4の「小旺號」(台北市中正區汀州路三段259號)。あちこちに支店があるお店みたいで、公館は屋台形式。席はないので買ってきて宿舎で食べる。

20170806a.jpg

ざっと見た感じ、売りはトーストより蛋餅という感じ。しかも、辛い小魚を巻いたのが一押し。これが思った以上に辛く、朝ご飯というよりビールのお供にぴったり。お夜食に食べたいなあ、とか朝から思う。

ご飯を食べ終わったら、研究員Bから連絡。なんと出発が1時間遅れることになったとのこと。じゃあ到着も1時間遅れるのかねえ。困るねえ。連絡しながらこちらも準備。出かけようとした頃に、飛行機に乗ったとの連絡が来た。さあ、ちゃんと台北に着けるかな?

そして、研究員Aと所長(10歳)が向かったのは「碧潭風景區」(新北市新店區新店路)。グリーンの松山新店線の端っこ、新店駅を降りるとすぐ目の前にある風景区。

20170806b.jpg

目的はそこで日曜日に開かれているファーマーズマーケットをのぞくことだったのだけど、行ったら所長が
「サイクリングする!」
そう、ここは河辺を走るサイクリングロードのためのレンタサイクルスポットがあるのだ。パスポートを預ければ、外国人でも貸出OK。

最高気温38度の昼12時にサイクリングというのは、あんまり良い考えに思えない。だけど、所長がおそろしく前向きなので、勢いに負けてやってみる。乗ってみると景色はきれい、風が爽やか。でも暑い。木陰で休み休み、マイナスイオンをいっぱい吸いこんで、水をがぶがぶ飲んで、1時間ほどうろうろ。とっても楽しかったけど、暑かったああ。

20170806c.jpg

限界になったところで地下鉄に戻る。空港に行くにはちょっと早いな。それなら空港の近くで時間を潰そうか。思いついて行ったのが、「Fujin Tree 355」(台北市松山區富錦樹355號)。言わずと知れた富錦街おしゃれブームの火付け役。

20170806d.jpg

噂通りのオシャレさ。でも、そのお洒落さに色々と工夫があったり、こだわりがあったりするのが面白いな、と。台湾にはおしゃれカフェがたくさんできたけど、たくさんありすぎるのでどこも同じに見えることがある。でも、ここは他のどことも違う。ここだけの場所。そう感じさせてしまう何かがあるのがすごい。

お店を出て空港に向かって歩いていたら「今どこ?」とメッセージが研究員Bが来る。思ったより早く飛行機が到着したらしい。空港で合流して、タクシーで宿舎に戻る。久しぶりに3人そろったのに、所長はクールな態度。年頃の女子はほんと生意気。

夕方は研究員Bの希望で「鳳城燒臘百合店」(台北市大安區羅斯福路三段283巷6號)。一年ぶりに招牌三寶飯を食べて、とても嬉しそうな顔をしていた。

20170806e.jpg

その後、買い物のために公館に行ったので、また水源市場の「愛玉之戀上仙草」(台北市中正區羅斯福路四段92號1樓 水源市場 100號攤位)で綜合仙草を買ってみる。

20170806f.jpg

これが! 私の今までの仙草観を覆す美味しさ! プルプルふよふよでえぐみのない仙草は、所長も気に入って夢中で食べるほど。次は一人で一碗食べたいぞ〜。

posted by 研究員A at 23:31 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾親子留学2017 14日目―博物館めぐり

今日は土曜日。週末は公館のトーストサンドの市場調査。一番人気の「倆倆號」(公館汀洲店:台北市中正區汀州路三段158-1號)へ。

ここは店内もスタイリッシュなら、出てくるサンドイッチも極上。なのに、SDカードをカメラに入れ忘れスマホで撮影。大痛恨。

20170805a.jpg

しかしこのトーストのカリカリ加減といい、具の取り合わせのオリジナル感といい、本当においしい。面白い。これは研究員Bが来たら再訪して、もっと色々とメニューを試さなければ。

朝ご飯を食べた後は、博物館めぐりに出発。先週、停班停課によって阻まれた博物館スタンプラリー をやるのが目的。

先日、研究員Aが国立台湾図書館に行った時に台紙をもらったら、既に一つスタンプが押されていた。だから、集めなければいけないのはあと2つ。でも、所長(10歳)の一番の目的である景品が残っているのは、近いところだと国父紀念館。じゃあ、ここをゴールにして近くて無料のところから行ってみよう。

というわけで、最初に来たのは「臺北當代工藝設計分館」(臺北市中正區南海路41號)。

20170805b.jpg

スタンプラリーがなければ存在を知らなかった気がする場所。でも1階のショップは広くて面白いし、2階には無料でできる体感型ゲーム。ゆっくり見たらけっこう楽しそう。でも、我々は先を急がねばならぬ。2階でゲームをやって、そのスコアの前で記念写真をとって、Facebookにポストしたらスタンプをもらえる、はず。だけど、カウンターで
「スタンプください」
と言ったら、
「はいはい」
とすぐに二つ目のハンコを押してもらえた。わーい。残るは一つ。行くぞ国父紀念館。

そんなわけで、ここもちゃんと入るのは初めての國立國父紀念館(台北市信義區仁愛路4段505號)。巨大な孫文像にびっくりしたり。

20170805c.jpg

運良く衛兵の交代を見れたり。

20170805d.jpg

帰還する衛兵さんの背中が汗でびっしょり。軍隊儀式ってほんと何を目指しているのか、意味が分からん。

でもとりあえずは目的のスタンプを、と思ってカウンターに行ったところで問題発覚。こちらの課題は展示を見て、そのポスター前で写真をとること。しかし、今はちょうど対象の展示の入れ替えの時期のため、展示自体をやっていない。でも、臺北當代工藝分館ではそんなにうるさくなかったから大丈夫じゃないかな。淡い期待を抱いてお願いしてみると…
「だめです。課題をクリアしていませんから」
「でも先週来たけど停班停課だったんです。それに来週、日本に帰っちゃうから次の展示には来れない」
「そうですか…。でも規則は規則ですから。押せません」
ううう、ここのお姉さんは厳しい。

横を見ると半べそでヘコむ所長。うう、このまま帰ったら禍根が残る。なんとかしなければ。

その場で検索したところ、「國立臺灣科學教育館」(台北市士林區士商路189號)にはまだ景品が残っている様子。すぐに電話をして確認したら確かにまだある、とのこと。場所は…士林か。しかも駅から遠いな。でも、ここで行かないと後々文句を言われそう。頑張って行ってみるか。

そこからバスを乗り継いで小一時間。郊外に出現する巨大な建物。気おされながらも、入場券を買って中に入る。常設展だけでも3階から6階にわたる大規模なもの。スタンプをもらうためには5階のアクティビティに参加して、そこで記入した用紙を持っていくんだよね。とりあえず、5階に行くか。

入ってみると、中は「教育館」という名前からは想像もできないくらい楽しい場所。物理、化学、生物などフロアやスペースごとにジャンルに分かれ、いろんな知識を体感型で学習できるようになっている。スイッチがあれば押したい、レバーがあったら引きたい、ハンマーがあったら叩きたい、という子どもの習性を十全に生かした展示がこれでもか!という数、並べてある。所長もあちこちに気をとられてなかなか目的地につかないが、なんとか課題達成。

それなら、先にスタンプをもらおう。商品をもらおう。ということで、1階のカウンターまで行ってもらった景品がこちら。オリジナルのモノポリー。カウンターのおじさんとおばさんが
「辛苦了(お疲れ様)」
と言ってくれたけど、ほんと大変でした。でも、所長が嬉しそうなんで良かったです。

20170805e.jpg

その後はまた展示に戻り、時間ぎりぎりまでたっぷり遊んだ所長。

20170805f.jpg

「楽しかった〜」
と満足げな顔で家路に着く。研究員Aは疲れたよ。でも、君が楽しそうで何より。

夜は水源市場に新しくできていた「愛玉之戀上仙草」(台北市中正區羅斯福路四段92號1樓 水源市場 100號攤位)という店で、豆花を持ち帰り。

20170805g.jpg

お、ここ美味しい!やっと公館に華やか系豆花の登場か? 次は仙草を食べてみよう。

それから、宿舎で景品のモノポリーを開いてみたらこんなだった。

20170806h.jpg

台湾各地の博物館を買い占めていくという特別仕様。面白すぎる。が、すべて中国語表記なので、読みながらやると時間がかかりそう。色んな意味で楽しめる人が限られそうなので、一緒にプレイしてくれる人募集しようかしら(笑)。

posted by 研究員A at 01:04 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする