2017年08月26日

振り返り「台湾サマースクール」―研究員Bからみた所長の中国語の進歩

研究員Bです。ずっと研究員Aがさまざまな観点から書いてきましたが、今回はAに代わり、自分の観点から所長(10歳)のサマースクールでの経験について書いてみます。

所長の中国語についてはAが詳しく書いているとおり、万年ビギナーレベルの自分をとっくに追い越し、かなり見えないところにまで行ってしまった感あり。たまに自分が片言の中国語を言うと、その発音の悪さと声調の乱れに対して所長が即座に「はぁ?」と呆れてみせる(!)、というのは日本にいた頃から既にあった(むっとしそうになるが、所長が正しいので仕方ない、と思う父)。

今回台湾に行き、二度目のサマースクールということもあって、さらに所長の耳はレベルアップしていた。お店などで自分がお金を払おうとすると、所長がささっとやってきて金額を正確に聞き取ろうとする。要するに父は信用されておらず(笑)、自分でなければちゃんと金額を聞き取れないと思っているわけである。お金を払うときに変にもたつくのが所長にとってはイライラするらしく、そういうのを未然に防ぐために、あれこれ指示もうるさい。助かるといえば助かるし、鬱陶しいといえば鬱陶しいのだが、まあそのくらい明確な実力差があると所長自身も感じていることの表れなので、父は大人しく所長の成長を喜ぶのみです(笑)。

ただ、これもAが書いているけど、じゃあ本当に何もかも中国語ができるようになっているのかというと、そんなことはない。着実に増えているとはいえ、語彙はまだまだ少ないし、実際に中国語の文章を読み慣れている段階でもない。だから、宿舎でアニメを所長と一緒に見ていても、字幕を追えるレベルではまだないので、字幕から情報を得られる(でもリスニングとスピーキングはぼろぼろの)自分の方が、結果的にストーリーをよく理解できていることが多い。かつて大学時代に受けた英語の講義で、「知らない単語は聞き取れない!」という言葉を聞いて印象に残っているのだけど、いくら耳が良くなっても、それだけですべての理解が追いつくわけではない。逆に言えば、いまの耳のレベルに語彙や文法の理解が追いついてくれば、本当に所長に太刀打ちできなくなるだろうなあとも思う。

ただ、語彙や文法の理解は、「年を取る」ことで深まっていくのも確かで、それこそ中学生ぐらいになってからの方がよく身につくのかもしれない。と同時に、中学生ぐらいになったときに、今と同じぐらいの中国語を学ぶ関心やモチベーションが持てるのかどうかもわからない。子どもは身につけるのも速いけど、関心を失ったときに忘れてしまうのも速い。数年後にすべてリセットされている可能性だってある。それでもまあ、日本にいるだけではなかなか実感しにくい、自分がネイティブではない言語に囲まれた経験(その上で、その中でそれなりに意思疎通ができるようになった経験)が味わえたことは、所長の人生で何らかのプラスの経験になるだろうなあと、勝手ながら思ったりする(もちろん、その記憶も含めて、根こそぎリセットされる可能性もあるのだけど!笑)。

所長の中国語以外のことについては、また追い追い。

★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員B at 00:06 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

振り返り「台湾サマースクール」―人気/不人気だった日本のお菓子

今年のサマースクールには、日本のお菓子を持っていった。去年のサマースクールでタイから来たお友達が所長(10歳)にタイのお菓子を分けてくれて、コミュニケーションの手段として素敵だなと思った。今年はそれを日本のお菓子でやってみたくなったのだ。

まずは日本でお菓子の準備。選ぶ基準は以下の4つ。

1.夏なので溶けそうなものは避ける(チョコとか飴とか)
2.あまりかさばらないもの
3.スーツケースに入れて運んでもつぶれないもの(つぶれそうな場合は箱に入っているもの)
4.できれば日本でしか手に入らないもの

この基準を満たすお菓子を探すのがけっこう難しかった。特に「4」。台湾には日本のものがたくさんある。日本で売っているお菓子もそれなりに手に入るので、「日本の」というだけではわざわざ持っていく価値がない。結局、「期間限定発売」で「日本ぽいかな?」なものをかき集めるとこうなった。

20170823a.jpg

普段お菓子を買わないので、果たしてこのチョイスが正解なのかはまったく分からない。

さて、サマースクールに通いだしてからの所長。毎日、
「今日はどれにしようかなー?」
と嬉々としてお菓子を選んで登校していた。普段、お菓子など身近にないので、既に「お菓子を選ぶ」「持っていく」という行為自体がエンタメ。

一方、研究員Aが気になるのは、苦労して選んだお菓子の評価。帰ってきて
「どうだった?」
と聞くも、みんなは日本のものかどうかなど意に介せず、お菓子とあらば群がり、美味しくなければ去り、という極めて動物的な反応をしていたらしい。ま、そんなもんよね。

しかし、そんな中でもお菓子ごとに人気/不人気の違いがでた。いちばん人気だったのはこちら。

20170823b.jpg

カルビーの「さつまりこ 黒蜜きなこ味」。

これはみんなに大人気であっという間になくなったらしい。実際、食べてみたが、大学芋っぽい味がさくさくした食感で味わえておいしい。黒蜜の風味が強いけど、それは他の国の子も大丈夫だったんだな。

あと日本ぽくもなんでもないがグミは鉄板。

20170823c.jpg

日本ぽいグミがあったら、すっごく喜ばれそうなんで誰か教えてください。

では、逆に最も不評だったお菓子はと言うと…

20170823d.jpg

江崎グリコの「かるえだまめ」。

これはほとんどの子が
「不好吃(おいしくない)」
「不喜歡(好きじゃない)」
と去っていったとか。唯一、喜んで食べてくれたのはオランダ在住のAちゃん。所長自身は
「すごくおいしい!」
という評価なんだけど。

あまりの不評ぶりが逆に気になり、研究員AとBも食べてみた。確かにちょっと厳しい。濃厚な「科学の味」に加えて、枝豆感を出すため?か変な青臭さがある。研究員Bは
「枝豆っていうよりアスパラの味がしない?」
と言っていたが、風味としてはそんな感じ。その野菜っぽさが子どもに不人気だった理由の一つかも。

あと、最初から予想されていたことだが、梅干し系おやつは誰一人として支持者なし。

20170823e.jpg

あまりにクラスで不評だったので、休み時間に隣のクラスにいた日本人ハーフのお友達二人におすそ分けにいったらしい。しかし、二人揃って
「これは無理!」
と拒否したとか。梅干し系おやつが好きな所長は変わり者だったのか…。

まあでも、お菓子への反応を聞くだけでも楽しかったので今回の目的は達成。次はもう少し、お菓子について言葉で説明したり、感想を詳しく表現したりできるようになるといいね。

ちなみに、大人への日本土産として好評だったのは抹茶味のメントス。

20170823f.jpg

色んな人に
「こんなのあるんだ〜」
と面白がってもらえた。しかしこれも、子どもたちの間では
「不好吃〜(おいしくない〜)」
と不評だったとか。難しい(笑)。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 23:35 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

振り返り台湾サマースクール―帰国後の所長(10歳)の変化

台湾のサマースクールに参加して、3週間中国語を学んだ所長(10歳)。日本語がまったく通じない環境で、世界各国から来たお友達に囲まれて3週間の学校生活。果たして、これは10歳児をどのように変えたのか? 「所長と中国語」で既に中国語力の変化について書いたので、それ以外の面について今日は書いてみようと思う。

1.世界が広がった
クラスにいろんな国から来た友達がいたので、一気に世界が広がった。スーパーでチーズを買おうとしたら、オランダ国旗を見つけて
「荷蘭!(オランダ!)」
と嬉しそうに言ったり(オランダから来たクラスメートがいた)。トランプ大統領の移民政策をニュースで聞くと、
「移民てどんな人? Aちゃん大丈夫かな…」
とアメリカに住む友達を心配したり。

行く前と行った後、確実に見えている世界が変わった。今までよりも広く世界を見るようになった。逆に言うと、世界が近くなった。日本で暮らしているだけでは、台湾に旅行に行くだけでは、身につかなかった何かだと思う。

2.学習態度が良くなった
実は所長、春から学習塾に通っている。そんなに厳しいところではないのでプレッシャーは少ないものの、やはり算数の難易度は学校よりも大分難しい。で、ちょっとでも分からなくらなると、所長はふてくされていた。
「教えて」
と言うので教えてやっても、ちゃんと理解しようとしなかったり、逆ギレしたり。大変、態度が悪い。あまりの悪さに、教えているこちらがイライラして大喧嘩。これがかなり日常的に起こっていた。

それが、サマースクールから帰ってきた所長は、分からない問題にもしぶとく立ち向かうようになった。こちらが教えてやっても、ちゃんと聞く。そしてまた黙々と問題を解いている。どうしたんだ所長? 夏休み前を考えると、 生まれ変わったようだぞ。

思うに、所長はサマースクールで「分からないことに慣れた」のだと思う。授業は中国語、休み時間は英語。日本語で助けてくれる人は誰もいない。そんな生活を3週間続けていたら、「分からない」ことに一々キレてはいられない。「分からない」なりになんとか工夫しながらやっていくしかないだろう。実際、所長はそうしていたし、それをやり遂げることで自信をつけた。

だから、サマースクールで直面した「分からない」に比べれば、日本の算数なんて大した試練じゃない。日本語で助けてくれる人が周りにはたくさんいるわけだし、その助けを借りながら自分で考えればわかる。外の世界で試練と立ち向かったことで、算数という試練は相対的に小さく見えるようになったみたいだ。

所長自身にも
「サマースクールから帰ってきて変わったよね」
と言ったところ、すました顔で
「うん。頑張る力がついた」
と言っていた。頑張る力か…。すごいぞ、サマースクール…。

ま、もちろん「効果は人によって違います」。それでも、子どもの世界を広げ、「頑張る力」を与えてくれるサマースクールという体験。けっこう面白いんではないかと私は思うんだけど。

というわけで、そんなサマースクールのあれやこれやを写真・動画をお見せしながらご紹介するトークイベントやります。詳細はこちら ↓ 。興味のある方はぜひ〜。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 23:30 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

振り返り「台湾サマースクール」−研究員Aと中国語

「台湾サマースクール」について振り返るシリーズ。前回の「所長(10歳)と中国語」に続いて、今日は研究員Aの中国語力の変化について。

まず名実ともに「親子留学」だった去年。研究員Aは、所長がサマースクールに行っている間、大人のクラスに参加していた。最初に受けたテストで中級3のクラスに振り分けられたものの、去年の滞在期にそのクラスは開講されず。一つレベルを落としたクラスに参加したが、それでも十分きつかった。授業の間はついて行くので必死、授業の前後は暇を見つけて予習・復習。何が何だか分からぬままに3週間が過ぎたという感じ。

で、中国語ができるようになったかというと、その実感はあまりなし。ただし、中国語を口に出すのに抵抗がなくなった。

実は、学生時代にかなり本格的に中国を勉強したことがある研究員A。その時の反動で卒業後はまったく中国語を使わなくなったので、実践力がまったくない。昔あった知識も相当に抜け落ちている。
「いっぱい勉強したはずなのに、全然できない…」
というコンプレックスばかりが先に立ち、ますます中国語を口に出すのがおっくうになる。完全に負のスパイラルに陥っていた。

それが3週間の留学を経て、訪れた変化。それは、「できない自分に慣れた」こと。あと、「できないなりに、できることをやろう」に意識が変わったこと。

去年の学校は勉強が本当に大変で死にそうだったけど、同じクラスの仲間が魅力的な人ばかり。みんなと話すのが楽しくて楽しくて、自分の中国語が下手だから…とかいうどーでもいいことに無駄な時間は使っていられなかった。文法がめちゃくちゃでも、単語が出てこなくても、言葉をつないでバカ話をしたり、コイバナを聞いたり、子育ての悩みを話したり、女性の社会的地位について論じたり。

そんなことをしている間に、中国語を口に出すことに慣れた。決して上達したわけではないけれど、下手な中国語を臆面もなく口に出せるようになった。これが去年の一番大きな変化、収穫だった。

さて、今年。去年は勉強に追われてあまりにも毎日が大変だったので、今年は学校には行かない決断をした。代わりに図書館に行って手続きして、資料を見せてもらって、コピーカードを買って、みたいに、日々、自分だけでいろんな課題をこなしていった。これはある意味、とても良い実践訓練になったと思う。電話で忘れ物について問い合わせしたり、訪問先の予約までしたというのは、自分としては快挙。相変わらず、中国語が上達したかは分からない。だけど、経験値がかなり上がった。その結果、度胸がついた。これが今年の変化。

実は去年と今年では一つ違うことがある。それは、今年は来る前にもちゃんと中国語の勉強をしていたということ。

一つは、オンラインの中国語レッスン。教室選びをした時にレッスン体験記をブログでも書いたので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思う。

オンライン中国語レッスン体験記の序 受講動機
オンライン中国語レッスン体験記その1 天天中文
オンライン中国語レッスン体験記その2 CCレッスン
オンライン中国語レッスン体験記その3 BitEx中国語
オンライン中国語レッスン体験記その4 スカイプチャイナ
オンライン中国語レッスン体験記おまけ 気になった教室リスト
オンライン中国語レッスン体験記・完結編 天天中文に決めたわけ

25分×週3回を3か月だけ。それでも、音声だけを頼りにマンツーマンの中国語レッスンを受け続けたのは効果的だった。スピーキングは相変わらずだけど、リスニングがかなり上達したのだ。そして、文章全部が理解できない時でも、キーワードを拾って
「●●ってどういう意味ですか?」
と聞き返せるようになった。黙り込むのではなく質問ができるようになったことで、台湾に行ってからも意思疎通がかなり楽になったと思う。

あともう一つ、本を買って自主練した。



付属CDを聞きながら、「日本文を聞く」→「中国語の訳を言う」→「中国語の文を聞く」というのをただひたすら繰り返すワークブック。これが地味に効く。日本文を聞いた瞬間に、中国語訳を言わないと間に合わないくらいのタイミング。瞬発力が鍛えられる。つべこべ考えずに文例をいっぱい覚えろ!という中国語学習の王道を行く学習法。でもこれをやることで、表現できることがじわっと広がった。

で、やっぱり事前訓練をした上で行くと、中国語も口から出てきやすいのだ。もちろん、まだまだだめだなあと落ち込むことも多いし、勉強はこれからもいっぱいしないといけないのだけど。

中国語はある日突然上達するタイプの言葉ではなく、じわじわと積み重なるようにして上達していく言葉だと思う。そういう意味では、去年と今年、違う経験をしたのは意味があったと思う。そして、その二つの滞在の間に日本でも勉強を継続したことは、大きかったような気がする。

留学をしたからってそんなに簡単に中国語ができるようにはならない。特に3週間だけの滞在で、言葉は簡単に身につかない。だけど、日々使っていれば度胸はつく。経験値は上がる。それは日本でまた勉強する時に自信にもなるだろうし、もっと勉強したいという動機にもなるだろう。そんなわけで、超短期留学もそれなりに有意義です。親子留学でも、単身でも。興味のある方は、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいな。



★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 22:54 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

振り返り「台湾サマースクール」−所長(10歳)と中国語

台湾で中国語を学ぶサマースクールに参加した所長(10歳)。3週間の滞在を経て、果たして中国語はどのくらいできるようになったのか?

低学年の入門クラスだった去年は
「なんとなくできるようになったなあ」
という感じ。単語量が増えた。単語しか言えなかったのが、簡単な文章を話すようになった。以前よりも聞き取りができるようになった。このくらい。大分、進歩したけどまだまだ使い物にはならないね、という感じ。

ただ、その後日本に戻っていつもの中国語教室に行ったら
「すごくできるようになったね!」
といろんな先生に褒められた。これで、所長の自信がアップ。めでたく上のレベルに進級させてもらえたこともあって、以前よりまじめに中国語を勉強するようになった。

そして、日本での1年間の努力が実ったのか、今年のサマースクールの実力テストでは大分成績が上がった。おかげで、去年の入門クラスより一つレベルがあって初級クラスへ。しかも低学年クラスで「お姉さん」として振舞っていた去年と違い、今年は高学年クラスで一番の「ちびっ子」。周りに日本人は一切おらず、中国語漬け。(去年は隣のクラスに一人いたので、休み時間や放課後になると日本語を話していた)。

ハードな環境に身を置いたのが良かったのか、今年は中国語が格段に進歩した。基本的なことであれば会話が交わせるし、聞き取り能力に関しては時に研究員Aの能力を上回るほど。夕方、市場でお店の人に早口で話しかけられた研究員Aがオタオタしてると、横から所長が助け舟を出してくれる。かなり「使い物になる」レベル。少なくとも、研究員Bより頼りにできる存在になったのは確か。実際、担任の先生にも
「来年は中級か上級クラスでもやっていけると思います」
と言われた。

【ある日の教室。のぞくといつも所長は手をあげている】
20170817b.jpg


もちろん、語彙は足りないし、文法的な理解はまだまだ。習った範囲の中だけでいろいろと組み合わせて表現できるようになったものの、「習った範囲」が狭いので限界がある。特に、文法という概念がまだぴんときていないようで、そこの規則性が徹底できない。文法で点数をつけられ続けてきた大人からすると、「だ、大丈夫かな?」と不安になる。

でも、所長の場合、中国語は生活上の必要性があって勉強しているわけではない。親戚と話すため、いつか中国や台湾に帰ってきた時に困らないため、というクラスメートとはちょっと状況が違う。だからまあ、文法が多少おかしくても、今のところはいいと思っている。台湾を旅行している時や日本で中国語を話す時に最低限のコミュニケーションさえ取れれば、今の所長は十分。そしてその目標は、今回十分にクリアできた。

【所長の使っていた教科書。左ページが繁体字、右ページが簡体字。自分の選択した方で勉強できる】
20170817a.jpg

もう一つ良かったと思うのは、
「中国語でお友達とコミュニケーションをとる」
という経験を所長が楽しめたこと。本当だったら意思疎通が難しい韓国、オランダ、香港、アメリカ、カナダから来た14人のお友達。そのみんなと知り合えて、冗談を言って笑いあったり、一緒にゲームをしたり。それはとても特別な体験だったらしく、本当に楽しかったと所長は何度も言っている。

所長がいつまで中国語を学び続けるかは分からない。でも、
「外国語を学ぶことで、こんな楽しい思いができる!」
という記憶はずっとどこかに残るんじゃないかと思っている。そして、それは所長が自分で何かを学ぼうと決めた時、きっと後ろ盾になってくれるはず。そう勝手に期待しているのだけれど。

しかしまあ、この境地に達するまで3年。1回目のサマースクールに参加するまで実は色々と日本で試行錯誤したりもしたのだけれど、その辺は長くなるのでイベントの時にでも話します。興味のある方は、こちら↓ をご覧くださいねー。


★お知らせ★
9月2日(土)、トークイベント「台湾「親子留学」報告会」開催!
今年と去年、各3週間の台北滞在記をたっぷりお話しします。
詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


posted by 研究員A at 22:52 | Comment(2) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする