2010年10月20日

台灣同志遊行(台湾プライドパレード)その3(阿密特=アーメイ!)

10月30日に台北で開催される台灣同志遊行(Taiwan LGBT Pride、オフィシャルサイトwikipedia)。以前これについては二度ほどエントリを書いているけど(その1その2、高雄のプライドパレードについても二度書いた:その1その2)、いよいよ当日=10月30日が迫ってくる中で、新しい情報が入ったので「その3」を書いておきます。それは、毎年このパレードで定められている「彩虹大使」(レインボー大使)について。

「彩虹大使」とは、この企画の宣伝・支援をする代表的な役目で、パレードのゴールに設置されたステージで歌うというのがお決まりのパターン。台湾の場合、毎年、半端じゃなくトップクラスのメジャー度の芸能人が担当しているのがポイント。そして、今年の彩虹大使もついに決まったという報道が出ました。

誰になったかというと……「阿密特」ことアーメイ(張惠妹)に決まったそうです! アーメイは2007年にも彩虹大使をやっていたので、再登場ということになります。ちなみに昨年(2009年)はフィッシュ・リョン(梁靜茹)でした。

台灣同志遊行オフィシャルサイトでは、以下のページで報告されています。

「2010同志遊行彩虹大使出爐 1030同志遊行當天歌聲支持」

報道は以下。

蘋果日報「阿妹再當彩虹大使 領軍同志遊行」

この記事の内容や、関連する阿密特=アーメイ方面の情報は、A*mei Projectさんのtwitter(@AmeiProject)で既にある程度紹介されているのだけど、違う客層の方もいらっしゃるかと思うので(?)、こちらでも多少ご紹介を。

台灣同志遊行オフィシャルサイトでは、「正視自己原住民身分,藝人阿密特come out了」と書いています。阿密特という原住民(先住民族)としての名前を名乗ってCDをリリースしたアーメイについて、阿密特を名乗ったこと自体が一種のカムアウトだというわけです。アーメイのファンにはLGBTも多かったこともあって、再び彼女を起用することになったようです。

アーメイ自身もやる気満々のようで、「蘋果日報」の記事では、既にDJにそのための編曲を依頼したと述べています。また、プライドパレードの主催者の台灣同志遊行聯盟から、彩虹大使をやるのは二度目だけどいいかと言われたのに対して、アーメイは全然構わないと答え、毎年声をかけてもらえるなら毎年行く!と言ったとのこと。

というわけで、阿密特の「彩虹」のMVを貼っておきます。A*mei Projectさんのツイートによると、この「彩虹」は「もともと「我的同志朋友」というタイトルでゲイの友達に宛てた曲」で、「辛いとき、受け止めてくれる大切な友達への感謝を歌った感動的な曲」だそうです。少しだけ歌詞を。
衣櫃不算太ェ 藏著你的天堂 依然歡迎我分享
我們的愛很像 都因男人而受傷 卻又繼續碰撞

當天空昏暗 當氣溫失常 你用巨大的堅強 總能抵擋
當尖銳眼光 當刺耳聲響 你用彩虹的浪漫 溫柔包裝




あと、台湾の話題ではないけど、無関係ではないことをひとつだけ。

日本でもラトガース大学の事件は報道されていたけど(例えば毎日新聞)、アメリカで最近、同性愛への嫌悪によるいじめや迫害などから、LGBTの若者の自殺が相次いで報道されました。これを受けて、アメリカでは明日(今日)10月20日に、亡くなった若者たちを追悼する意味を込めて、紫色の服を着ようという声が上がっています。日本語ではあまり紹介されていない気もするし、ちょうどプライドパレードのエントリでもあるので、参考までにご紹介。いろんなページに載っているけど、一例としてひとつだけリンクを。

R.I.P. ;; In memory of the recent suicides due to gay abuse, wear purple.
It's been decided. On October 20th, 2010, we will wear purple in honor of the 6 gay boys who committed suicide in recent weeks/months due to homophobic abuse in their homes and at their schools. Purple represents Spirit on the LGBTQ flag and that’s exactly what we'd like all of you to have with you: spirit. Please know that times will get better and that you will meet people who will love you and respect you for who you are, no matter your sexuality. Please wear purple on October 20th.


posted by 研究員B at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

高雄同志遊行(台湾・高雄プライドパレード)その2

数日前に「高雄同志遊行(台湾・高雄プライドパレード)」というエントリを書いたけど、予定通り9月18日に高雄で初めてのプライドパレードが行われたようです。台風とぶつかるのではないかと心配していましたが、問題なく開催されたようで何より。

この話題を、開催後に日本語で紹介したものは、現時点までに気づいた範囲では、「な〜るほど・ザ・台湾」の「今日のNEWS」だけです。そこで、台湾での報道をちらちら(中国語初級レベルなりに)見てみました。いくつか記事をリンクしておきます。

聯合報「高雄同志大遊行 站出來「好自在」」(動画もあり)

自由時報「高雄上千同志遊行 陳菊相挺」

NOWNews「高雄首屆同志大遊行 吸引逾3000人」

ニュースの動画は、上の聯合報のページのもの以外に、以下をみつけたのではりつけておきます。


パレードの参加人数は報道によって差があり、おおむね2000人〜3000人のようですが、この数字だけみれば、今年の東京のプライドパレードと同じぐらいでしょうか。

さ、この高雄のパレードでいくつか気になったのは:

1.
「花媽」こと陳菊・高雄市長がパレードに登場。会場ステージで、「尊重每一個多元的個體」「相愛是人權」などなど、多様性の尊重を謳う、シンプルだが悪くないメッセージを話したようです。こういう立場の人がLGBTにサポーティブだということの意味は、本当に大きい気が。そんな市長に、「花媽愛同志、同志愛花媽」というコールが投げかけられ、市長も「謝謝、花媽愛大家」と返す風景は感慨深いです。

2.
高校生のLGBTのグループも参加していた様子。規模は小さいのかもしれないけど、そういうグループが存在してパレードに参加するぐらいであるということが、やはり感慨深い。

3.
「LGBTの親のグループ」というのもあるそうで、その人たちもパレードに参加していたとのこと。

他にも何かわかったら、このエントリに追記するかtwitterでつぶやくことにします。


posted by 研究員B at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

高雄同志遊行(台湾・高雄プライドパレード)その1

今回は、先日の台湾「出張」とは別の話題。

今年(2010年)の10月30日に行われる台湾(台北)のプライドパレード(「台灣同志遊行」)については、これまでエントリを2回載せたけど(その1その2)、たまたま今日新たな情報をキャッチ。

なんと今年は、高雄でもプライドパレードを開催するらしい! しかも、時期はもうすぐ、9月18日(土)! 今週末!

詳細は「台灣同志諮詢熱線協會968南部辦公室」のブログにあり。日本語でも、概略はg-lad xxのページで読むことができます。

いやあ、全然知らなかった。日本でも東京以外の都市でプライドパレードはあるけど、以前のエントリに書いたとおり、台北のプライドパレードはアジア最大規模の参加人数を誇るけど、その勢いが高雄でもみられるんでしょうか。高雄は初開催みたいだけど、これも定例化していくなら結構すごいかも。

キャッチコピーは「勇敢站出來、同志好自在」。上のg-lad xxのページでは、「勇気を持って立ち上がれば、同性愛者はもっと自由になれる、という意味のようです」と書いていますが、「勇敢站出來」はまさにカムアウトってことだよね。とてもストレートなメッセージです。

以下のものは、高雄のプライドパレードについて、いろんな人が語るプロモーション動画。ヴァリエーションがあって、適度に素人っぽくて、なかなかいい感じ。


そして、以前のエントリでは、昨年の台北のプライドパレードでは、フィッシュ・リョン(梁靜茹)が「彩虹大使」に選ばれてこの企画の宣伝・支援をしたことも紹介したけど、今回の高雄のプライドパレードも、メジャーな芸能人がサポートしています。「網路大使」(ネット大使?)に選ばれたのは……蕭亞軒(ELVA)! やはり結構なメジャーどころが起用されています。

ELVAからのメッセージの動画もアップされています。1分のヴァージョンと2分半のヴァージョン。あまり内容は重なっていません(!)。

こっちが短いヴァージョン。


こっちが長いヴァージョン。


ELVAはtwitterもやってるので、当日はプライドパレードについてツイートしてくれるかもしれませんね。

前日の夜には『我的高雄同志夢?』と題されたシンポジウムもあったりして、初回ながらいろいろ企画されているみたいです。

最後に、この高雄のプライドパレードの宣伝のために、ボードを持って(!)街を練り歩く様子がアップされていました。これも素人っぽくてなかなか感慨深いです。

これは(1)ですが、実は(6)まであります。ご関心の向きはどうぞ。

posted by 研究員B at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする