2014年10月27日

2014台灣同志遊行(台湾プライドパレード)

2014年10月25日、「台灣同志遊行」(台湾プライドパレード、2014 Taiwan LGBT Pride: オフィシャルサイトFacebook)が台北で開催されました。

2003年の初回から数えて今回が12回目、今回は6万5000人が参加したと発表されています。想像できる範囲を超えた人数になってからもう久しく、ただただすごいの一言です。

今回のエントリは、例年同様、現場に行っていない立場からではありますが、この今年の台湾プライドパレードについて断片的にご紹介します。なお、過去のパレードについてのエントリ(主なもののみ)は: 2010年の台北のパレード2011年の台北のパレード2012年の台北のパレード2013年の台北のパレード2011年の高雄のパレード2012年の高雄のパレード

1.テーマ「擁抱性/別・認同差異」

今年のテーマは、「擁抱性/別・認同差異」。公式サイトの文章(「2014台灣同志遊行「擁抱性/別・認同差異 Walk in Queers' Shoes」」)を読むと、「同志」を単一のカテゴリーとしてとらえるのではなく、改めて「差異」にコンシャスになること、主流的なLGBTイメージにおさまらない存在をきちんと見出していくことの必要性や、そこに働いている権力関係なども注視することが強調されている――ような気がします(理解不足や誤解があればご指摘を!)。これは、特に同性婚の法制化の動きがある中で、主流的なLGBTイメージだけがイメージされやすくなっているという認識に基づくもので、そのことがLGBTの中の多様性や力学の存在を見えにくくしていまう可能性も視野に入れて、設定されたテーマなのだろうと読みましたが、どうでしょうか。この辺のバランス感覚というか、冷静さはなかなかです。

2.パレードの様子

パレードの雰囲気がわかるものとしては、コンパクトなものとしては苦勞網の記事がありますが、ビジュアルには、公式サイトからリンクされているflickrのページが、盛りだくさんでありつつすっきりしていて、今のところ一番いいかも、と思っています。日本語では、例年台北ナビがまとめの記事をアップしているので、それにも期待(【2014年10月30日追記】残念ながら、現時点で台北ナビには記事の掲載はありません。今年は取材に行かなかったのも。代わり(?)に、なんと東スポが報じています。しかもポイントを押さえた内容です。東スポ「台北の巨大ゲイパレードに7万人参加」)。

3.報道

台湾メディアの報道は多々なされていますが、日本語で読める記事としては、フォーカス台湾(中央通訊社)のものと、RTIのものがあります。
ニュース動画としては、とりあえず以下の二つを貼り付けておきます。公視と、「聯合報」系のudn新聞台のニュースです。

公視「擁抱性別 認同差異 同志大遊行登場」


udn tv「同志大遊行登場 繽紛台北街頭」


どちらも、アジアをはじめとする各国からの参加者が加わっているという国際的な広がりを強調しているほか、反対派のグループの記者会見を報道しています。同性婚の法制化の動きが具体化した昨年以降、徐々に反対派のグループの活動も見えるようになってきた(あるいは、こうした報道の中で紹介されるようになってきた)という印象が(個人的には)あります。もっとも、この動画で紹介されている範囲内では、反対派のグループの主張はいかにも定型的なものですし、その存在がどこまで大きいといえるかはかなり疑問ですが。

4.著名人

今回のパレードでは、例年みられるような著名人の参加やアピールは特に伝わってきておらず、報道で名前が出ていた藍心湄の参加(Facebook)も、個人的なもののように見えます。もちろん参加の形式は大きな問題ではないと思いますし、そういうスタンスも十分ありうると思うので、来年以降もこの点には注目したいと思います。

今回に関しては、実際にパレードには参加しなかったものの、政治家たちからのパレードへの賛意表明がなされたことが多々報道されていました。毎年同様の賛意表明をFacebookなどでしている政治家もいるのですが、今回については、あと一ヶ月ちょっとで地方選があることも影響していたかもしれません。特に、台北市長選に立候補している連勝文が、自らのFacebookでレインボーフラッグを掲載し、当選後はLGBTフレンドリーな環境整備に努めると述べたことは、(そういうことをしそうにないと思われていたこともあって)驚き(と疑念?)をもって報道されています(【2014年10月30日追記】なんと、連勝文のFacebookから、レインボーフラッグの記事は29日に消えてしまったとのこと! どういう意図での削除なのかわかりませんが…。風傳媒「同志大遊行結束 連勝文聲援po文就消失」)。それだけ、(たとえ選挙目当てにすぎないのだとしても)同性婚をはじめとするLGBTの問題が社会的に重要な課題であるという認識が、一定の広がりをもっていることを示しているように思います。

5.五月天の「擁抱(抱きしめて)」

最後に、今回のパレードの「活動曲」として、五月天(Mayday)の「擁抱」(邦題「抱きしめて」)が選ばれていたそうです。やっぱりこの歌ですよね! この歌は日本語詞がつけられて、日本でもカップリング曲としてリリースされています。オリジナルのMVは、まさにこのパレードとも響き合うような、多様なあり方をポジティブに描く印象的な作品になっていますが、日本語ヴァージョンのMVも同じ映像をそのまま使っています。ぜひご覧ください!




以上、今年もまたネットを通じての情報整理でした。検索すれば、日本から実際にパレードに参加した方の声もすぐ見つけられると思うので、ご関心のある方はぜひどうぞ。しかし、実際に現場に行けるのはいつの日か…。
posted by 研究員B at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

2013台灣同志遊行(台湾プライドパレード)

2013年10月26日、「台灣同志遊行」(台湾プライドパレード、2013 Taiwan LGBT Pride: オフィシャルサイトFacebook)が台北で開催されました。

今年で11回目となるこのパレード、毎年大変多くの人が参加していますが、今年は6万人以上と報道されています。すごい! そもそも今の日常で6万人が集結するイベントに参加することなどない(笑)ので、なんだかもううまく想像できないレベルです。

今回も、例年同様、この今年の台湾プライドパレードについて断片的にご紹介。なお、過去のパレードについてのエントリ(主なもののみ)は: 2010年の台北のパレード2011年の台北のパレード2012年の台北のパレード2011年の高雄のパレード2012年の高雄のパレード。2013年6月29日の高雄のパレードについては、痛恨ながらエントリを書けていません…。

1.テーマ「看見同性戀2.0──正視性難民,鬥陣來相挺」

今年のテーマは、ぱっと見てもすぐにはピンと来ないかも? きちんと理解されたい方は、公式サイトの文章(「【說明與邀請】2013台灣同志遊行說明」)をぜひ読んでください。自分なりの大雑把な把握では(正確さは保証できませんのでご了承を)、以前から続く問題であったとしても、より深い層まで見通して、十分に理解されていない問題や困難を明らかにしようという姿勢の表現、という感じでしょうか。表面的な部分にとどまらない形で、「見る」こと、「見出す」「見通す」といったことがフォーカスされているのが印象的です。「性難民」というときの「難民」も、十分な形で見出されないことによって被害をこうむっている存在という含意が込められているようです。だからこそ、「性難民」を正視せよということなのでしょう。

2.ニュース動画

例年、台湾の主要メディアはきちんとパレードについて報道しています。実際、既に非常にたくさんの記事がもうネットに出ていますが、やはり動画でご紹介したいところ。27日の朝になったらまた増えるのでしょうが、ひとまず現時点で出ているニュース動画として、udn新聞台と民視のものを。





前者の開始10秒くらいのところでのダンスシーン、音楽は映画『総舗師 メインシェフへの道(總舖師)』の挿入歌「金罵沒ㄤ」ですね!

3.友善藝人

毎年、パレードの趣旨に賛成する「友善藝人」の歌手がステージに登場して歌いますが、今年は香港からの何韻詩(デニス・ホー)と、林逸欣、阿超が参加。あと昨年のパレードに参加した、黃耀明が今年も来たようです。何韻詩は昨年11月に正式にカムアウトして、黃耀明とともに香港でいろいろ活動しているのでいいタイミングですね。台湾側も大物が来てほしいところですが、今年はそれほどではなかったかも。でも林逸欣、ちょっと見たかった気が。

4.同性婚法制化の動向

昨年のパレードでは、テーマでも「同性婚」がクローズアップされていました。台湾では同性婚法制化を求める動き自体は以前からありましたが、ちょうどこのパレードの前日に、民法の修正案がついに立法院(国会)に送られることになったと報道されました。つまり、いよいよ国会で同性婚の合法化・法制化の問題が直接議論される段階を迎えることになるというわけです(関連記事:中央社「同性爭婚權 大法官意向受矚目」、RTI「同志遊行前夕 婚姻平權草案付委」;9月の日本語の記事も参照:RTI「同性愛者婚姻合法化法案、9月にも討論されるか」)。

なお、今回のパレードを紹介するある記事(「台湾でアジア最大のゲイ・パレード」)の中で、「同性婚の合法化に関する法案を見直す決定を下した」とありますが、これは多分「(同性婚の合法化を可能にする)修正案を検討することになった」を誤解した訳のような気がします。

こちらの関係のニュース動画も一つはりつけておきます。公視のものです。慎重派の声も聴けるのは興味深い。



パレードの実施と直接関係あるわけではないけど、ご参考まで。


以上、一度現場に行ってみたいと思いながら、今年もまたネットを通じての情報整理でした。日本からも多くの方が参加されたようで、もっといろいろ生の情報も探せば出てくると思うので、ご関心の向きはぜひ検索を。
posted by 研究員B at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

第十屆台灣同志遊行(台湾プライドパレード)

2012・第十屆台灣同志遊行(台湾プライドパレード)

2012年10月27日に「第十屆台灣同志遊行」(台湾プライドパレード、2012 Taiwan LGBT Pride: オフィシャルサイトwikipedia)が台北で開催されました。

「アジア最大級」と言われるほど参加者の多いこのパレード、昨年は5万人が参加といわれていましたが、今年はそれを上回る人数が参加したと報道されています(6万5000人という記事も)。もうとにかくすごいです。

今回は、例年同様、この今年の台湾プライドパレードについて断片的にご紹介。ちなみに、過去のパレードについてのエントリ(主なもののみ)は: 2010年の台北のパレード2011年の台北のパレード2011年の高雄のパレード2012年の高雄のパレード

1.テーマ「革命婚姻──婚姻平權,伴侶多元」

今年のテーマは、「革命婚姻──婚姻平權,伴侶多元」。パートナーを持つ権利、「成家的權利」(ずいぶん昔に読んだ家族法の論文でみた「家族形成権」という表現を思い出す)を広く認めることのアピールです。主に想定されているのは同性カップルの結婚の法的な承認のことだと思うのですが、それは、ここ一年ほどで台湾で同性カップルの結婚についての報道が多々なされていることが背景にあります。このあたり、先月の高雄のプライドパレードについてのエントリでも書きました。

そうした報道で、日本語で読めるものをいくつか:
AFPBBニュース「女性の同性婚カップルが合同結婚式、台湾」(2011.8)
フォーカス台湾「親族に見守られ、女性同士が「結婚式」」(2011.11)
フォーカス台湾「同性愛者の8割以上は結婚したい」(2012.6)
CNN.co.jp「台湾の同性カップルが初の仏前結婚式、アジアにも進展の兆し」(2012.8)
AFPBBニュース「台湾で初、仏式同性結婚式 合法化に期待」(2012.8)
フォーカス台湾「同性愛結婚 過半数が賛成、でも家族ならノー/調査」(2012.8)


2.ニュース動画

これも例年通り、パレードについて、台湾では主要メディアもちゃんと報道しています。そこで、2つほどニュース動画をご紹介。まず、公視のニュース(公視晚間新聞「同志大遊行 訴求婚姻平權 伴侶多元」)。今年も公視の報道は、参加者のさまざまな声を拾おうとしています。内容はテーマの関係で結婚の話が多くなっています。



もう1つは、民視のニュース(「同志遊行 梁詠h獻唱.朱惠珍出席−民視新聞」)。梁詠h(ジジ・リョン)と黃耀明(アンソニー・ウォン)の二人が登場したことを紹介しています(まだ明るいので、おそらくパレード出発前の舞台に登場?)。ジジは「同志友善藝人」(本人Facebook)として参加、アンソニーは半年前のカムアウトが関係しているのかも。台湾の芸能人・朱惠珍へのインタビューもありますが、娘さんの自殺という事件が5月にあり、その背景に娘さんがレズビアンであったことが報道されています。ここでは「一個媽媽不嫌少 兩個爸爸一樣好」というプラカードを持って登場しています。




3.多くの歌手が無報酬で参加

例年だと、「彩虹大使」に選ばれた歌手が、パレードの最後に登場してステージで歌うというのが恒例です。しかし今年、「彩虹大使」(の一人)として選ばれたのは、7月に亡くなった大炳(wikipedia)でした。彼は2年前のパレードの際にカムアウトしています(以前のエントリ)。当日は、生前の彼の映像が上映されると報道されていました(聯合報「同志周六遊行 5歌手以聲相挺」)。

今回、ステージに上がったのは、上で挙げた梁詠h・黃耀明のほかに、楊丞琳(レイニー・ヤン)、舒米恩(Sumingスミン)、馬修連恩でした。いずれも無報酬での参加とのことです。以下の記事には、レイニーがレインボーフラッグを持って熱唱する画像があって、感慨深いものが:
NOWnews「楊丞琳揮舞彩虹旗 同志有被愛的權利」

他にも、当日登場したわけではないけど、パレードにメッセージを寄せている動画が発表されている人がいます。まず、去年彩虹大使を務めた張懸。



あと、桂綸鎂と張孝全からも。



こう見ると改めて感じるのは、メジャー度の高い芸能人が、幅広くこのパレードへのサポートを表明しているということ。日本の芸能人もこうあってほしいのですが…。

posted by 研究員B at 03:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

第三屆高雄同志大遊行(プライドパレード)2

第三屆高雄同志大遊行(台湾・高雄プライドパレード2012)その2

9月22日に行われた、高雄のプライドパレード「第三屆 高雄同志大遊行」公式ブログFacebook)について紹介するエントリ・その2です。「その1」はこちらです。
なお、一昨年(第1回)の高雄のパレードについてはこちらこちら、昨年のもの(第2回)についてはこちら

「その2」といっても、昨日のエントリで内容的にはほとんど尽きているので、今回は追加ものをいくつか。


【追加その1】
まず、パレードの様子がわかる動画の追加。今朝の聯合報のニュース映像です。ただ、聯合報のニュース映像はYoutubeを利用していないので、残念ながらここに埋め込むことはできません。リンクだけ載せておきますので、記事も読みたい人は最初のリンク、動画だけ見たい人は2つ目のリンクからどうぞ。

聯合報「同志大遊行 6色氣球營造「彩虹海」

聯合影音網「高雄同志大遊行 4500人參與」

おそらく、スタート地点の中央公園駅から順次出発していく様子かと。楽しそうでいい感じです。


【追加その2】
その後出た台湾での報道としては、公視のサイトの以下の記事が読ませます。

PNN-公視新聞議題中心「高雄同志大遊行 四千多人訴求認「同」」

この記事によると、主催者メンバーが次のように述べたそうです(大意。誤りがあればご指摘を。以下同)。従来高雄のパレードでは、地元のLGBTたちは自分の友人に見られることを恐れて、実際にパレードに加わる人よりも観ている人が多かった。しかし今年は、パレードに参加する人数が昨年よりも大きく増えた(ので、その傾向が変わったのだと思う)。また、今年は初めて新崛江や瑞豊夜市(という、多くの人が集まる場所)でも募金集めを試みたそうで、受け入れられない可能性も心配していたけど、実際には去年よりも多くの募金を集めることができたとのこと。


【追加その3】
今回の高雄同志大遊行は、開催前にプロモーションの動画がいくつか作成されていたようです(当日になって気づいた…)。良くも悪くも、従来のパレードのプロモーション動画って、素人っぽさが目立つ作りのものが多かった気がしますが、今回は独特の洗練がみられ、(個人的な感想ですが)メッセージもよく伝わるものになっています。

というわけで、今回の高雄同志大遊行のプロモーション動画を、2つほどご紹介しておきます。まず、個人的にお気に入りで、一押しのこちら:

2012第三屆高雄同志大遊行 我是同志 你的同志 第二波 宣傳影片


「もしも世界の人口の10%がLGBTで、そして私がその10%の一人だったなら、あなたにこう伝えたい。私とあなたは、そんなに違っているところなどないのだと」――という言葉の後、ごくありふれた一日の生活が描かれます。「我跟你一樣為了更美好的生活努力打拼著(あなたと同じように、私はよりよい生活のために努力して一生懸命に働いています)」。

もうひとつはこちら。路線は違うけど、これもシンプルで明快。

2012第三屆高雄同志大遊行 第三波宣傳短片【白日夢】


パレードそれ自体に価値があるのはもちろんだけど、こういう作品がぽこぽこっと生まれてくるのも、大変魅力的だなあと思います。やはり一度、現場に行ってみたいものです。

posted by 研究員B at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

第三屆高雄同志大遊行(プライドパレード)1

第三屆高雄同志大遊行(台湾・高雄プライドパレード2012)その1

台湾「出張」から帰国して間もないので、滞在中のことについてのエントリも順次書いていきたいのですが、今回は別の話題を。昨日=9月22日に行われた、高雄のプライドパレード「第三屆 高雄同志大遊行」公式ブログFacebook)についてご紹介。ちなみに、一昨年(第1回)の高雄のパレードについてはこちらこちら、昨年のもの(第2回)についてはこちら

台北で毎年行われるプライドパレード、今年は10月27日に開催予定です(ついに第10回!)が、高雄のパレードも第3回目を数えるに至りました。今年のテーマは「我是同志,你/妳的同志」公式ブログのエントリによれば、このテーマは次のような意図がこめられているそうです。セクシュアル・マイノリティを意味する言葉として用いられる「同志」は、同時に「志同道合」つまり志と信念を同じくする(ゆえに意気投合する)という意味を持っていまることから、「我是同志」という自分自身が同志であるということと同時に、「我是你/妳的同志」つまり「私はあなたの同志である」というメッセージもこめられている――と。誰が同志であるかないかと区別する必要はなく、すべての人が「私があなたの“同志”です!」と声を上げることができる、というわけです。こういう趣旨のため、今回はセクシュアル・マイノリティと直接関わりのないテーマの社会活動をしているグループも、いくつかがパレードに参加したようです。

ちなみに、パレードのルートは、MRT中央公園駅から出発し、五福二路→林森二路→青年一路・二路→成功一路→五福三路と進んで中央公園駅に戻る、というものです。地図はこちら。ゴール地点でパフォーマンスをする「彩虹大使」に今回選ばれたのは、高雄出身の歌手・林宗興でした。

パレードの参加者は、昨年の3000人から1.5倍に増え、約4500人だったと報道されています。アジア最大級といわれる台北のパレードの参加者数からすると少なくみえるかもしれないけど、またそもそも人数は大きな問題ではないともいえるのだけど、着実に高雄のパレードも「育って」いる感じがあって何よりです。

明日の朝になれば新たに記事が増えているかもしれないけど、現時点で主要な記事をリンクしておきます(内容の重複が多少ありますがご容赦を)。どれも画像がついています。

中央社「同志揮彩虹旗遊行 家長也力挺」

苦勞網「高雄同志連三年上街,高喊「我是同志,你/妳的同志」」

蘋果日報「同志大遊行如嘉年華會 老外也來湊熱鬧」

あと、パレードの様子そのものの動画は現時点では見つかっていませんが、パレード出発直前の、出発地点の中央公園駅に集う参加者たちの様子は、以下で見ることができます(冒頭からインタビューが続きますが、6分30秒ごろからはパレード参加者の様子が映ります)。


台湾での報道をみた方の中には、同性パートナー同士の結婚についての言及が目立つと感じる人もいるかもしれません。ここのところ、台湾のLGBT関連の話題として結婚がクローズアップされているので、その関係で言及がされているのかと思います(あくまで予想ですが)。背景説明を兼ねて、いくつか関連リンクを載せておきます(高雄のパレードとは直接関係ないけど)。

CNN「台湾の同性カップルが初の仏前結婚式、アジアにも進展の兆し」ほか(当研究所twitter、2012年8月)
フォーカス台湾「同性愛結婚 過半数が賛成、でも家族ならノー/調査」(2012年8月)
フォーカス台湾「台湾の歌姫・アーメイ、同性婚や事実婚を支持」(2012年9月)
フォーカス台湾「親族に見守られ、女性同士が「結婚式」」(2011年11月)

そして、実はこの高雄のパレードと同じ日に、新竹では「2012台灣彩虹文化祭」というイベントが開催されています(公式Facebook)。メインの企画は、2組の男同志のカップルの「公開結婚」だったようです。10日ほど前の報道では、新竹市長からの祝福メッセージが寄せられるなんて記述もあり、公的な支援がなされていることがうかがえます。ちなみに、「彩虹大使」ならぬ「彩虹文化代言人」は王彩樺でした。記事のリンクをひとつだけご紹介:蘋果日報「彩虹文化祭 王彩樺「保庇」力挺同志」

台北だけでなく高雄でもパレードが定着し、さらに新竹でもイベントが行われるなど、台湾でのLGBT関連の動きの広がりには注目させられます。もちろん、台湾において一切の問題が解決されているわけではないのも事実ですが(高雄のパレードと同じ日に、「逾半的受虐同志 不曾對外求助」という報道もなされています。自由時報)、やはり日本からみると、社会的に重要な案件であると認識されている度合いの違いを感じずにはいられません。

しかし、パレードの一週間前にはちょうど高雄に滞在していたのですが……タイミングが合わず残念。

【「第三屆高雄同志大遊行(台湾・高雄プライドパレード2012)その2」はこちら

posted by 研究員B at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする