2021年08月14日

9/5開催「台北暮らしから見た台湾のコロナ対策」のお知らせ

第24回おきらく台湾研究所主催イベント(オンライン開催)のお知らせです。

20210905blog.png

今回のテーマは、台湾のコロナ対策。みなさんご存じの通り、台湾は「優等生」と言われるほどにコロナ封じ込めに成功してきました。今年5月にクラスターが発生し、国内で感染が広がった後も、政府や人々が一丸となって対策に取り組み、3か月で警戒レベル引き下げに至ったことも記憶に新しいところです。

コロナ対策に苦戦する日本から見ると、なんだかとってもすごいことをしているように見える台湾。一体、台湾政府はどんな対策を取ってきたのでしょうか。それは台湾の人たちにどんな影響を与え、みんなの暮らしはどう変わったのでしょうか。そして台湾の人たちは、毎日の生活の中でどのようなコロナ対策をとっているのでしょうか。

疑問にお答えいただくのは、台北在住のライター・栖来ひかりさん。台湾の社会や文化に関する興味深い記事や本をたくさん書かれている栖来さん。日本でも有名なデジタル担当大臣、オードリー・タンさんにも先日インタビューされたばかりとのこと。そんな栖来さんに、今回は「台北で暮らす一人の生活者」としてお話しいただきます。コロナに立ち向かう台湾の日々の様子を、特に今年5月にクラスターが出てからの3か月の様子を中心に、教えていただきたいと思います。

20210905hikari_audrey.jpg

コロナ対策については、「これが正しい(間違っている)」「あれが良い(悪い)」といった価値判断が先行しがち。だけど、そういった善悪、正誤といった価値基準にとらわれ過ぎず、「他の人たちは何をしているのかな」「どう考えているのかな」といったことを知る場があってもいいのでは、と思います。私たちがずっと目を向けてきた・関わってきた台湾は、今どうなっているのか。台湾の人たちは、今どんな暮らしをしているのか。それを知り、私たちの「今」と「これから」を考える参考にさせてもらいましょう。興味のある方、ぜひご一緒に!

*栖来さんには「台北に暮らす人」としての体験をもとにお話しくださるようにお願いしています。ですから、栖来さんのお話しくださることが「台湾のすべて」とも、「台湾を代表する」ものとも限りません。そのことを踏まえた上で、「台湾に暮らす人」の実感を聞くことを楽しめる方のご参加をお待ちしています。
*今回のイベントは、「何が正しいか」「何が良いか」を示し、それを賛美することを目的とはしていません。それは同時に「間違っているもの」「悪いもの」を糾弾することを目的としてもいないということです。コロナ対策については、それぞれ色々な思いがあると思います。でもそういった思いをただぶつけあうのではなく、互いの立場や意見を尊重しながら、考えを深め視野を広げる会にしたいと思っています。ご理解いただける方のご参加をお待ちしています。


【おきらく台湾研究所・オンラインイベント】
台北暮らしから見た台湾のコロナ対策


●ゲスト:栖来ひかりtwitter / Instagram / blog
●司会進行:おきらく台湾研究所・研究員A

※オンラインで開催します(ZOOMのウェビナー機能を利用します)。
日時 : 2021年9月5日(日)午後3時00分〜午後4時30分
参加費: 1000円(税込)
参加人数:最大50名

参加ご希望の方は、Peatixのページからお申し込みください。

【注意事項】:
〇当日の配信の情報など、イベントに関するご連絡はPeatixを通じて行います。申込時などにPeatixのメールが送信されますが、迷惑メールフォルダなどに入ってしまい気づかれないことがありますので、よくご確認をお願いいたします。
〇事前に無料アプリ「ZOOM」のダウンロードをお願いいたします。
〇Android版のPeatixアプリでうまく申し込みができないことがあるようです。その場合はスマホのブラウザやパソコンからお申し込みください。
キャンセルについては、開催日当日は対応いたしません(キャンセルに伴う手数料については、Peatixの参加者ヘルプのページでご確認ください)。また、当日視聴画面にうまくアクセスできないなどの不具合が発生した際も、返金はできかねます。あらかじめご了承ください。
〇終了後のアーカイブ配信の予定はありません。ご了承ください。


ご参加をお待ちしています!


posted by 研究員B at 21:59 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

3/13開催「青木由香さんに聞く「台湾、どうですか?」」のお知らせ

第23回おきらく台湾研究所主催イベント(オンライン開催)のお知らせです。

aokiyuka1-2.jpg

今回のゲストは青木由香さん。そう、台湾が「ブーム」になるずっと前から、いろんな台湾の姿を私たちに教えてくれた方。そして、台湾の素敵なもの、楽しいことを紹介させたら、この方の右に出る者はいない、あの青木由香さんです。

青木さんに今回教えてもらうのは、「いまの台湾」の姿。台湾と行き来できなくなって1年。台湾が今どうなっているのか、知りたい方も多いのではないでしょうか。何が流行っているの? 海外との往来がなくなってどんな変化があった? 日々のコロナ対策はどんな感じ? ニュースでは分からないちょっとした疑問に、青木さんならではの視点から答えてもらいたいと思います。

aokiyuka2.jpg

さらにはまた、青木さんがこの激動の1年をどう過ごしたかについてもお伺いします。台湾の素敵なものを紹介するショップ「你好我好」の経営者でもある青木さん。「你好我好」に、台湾に、どんな変化が起きたのでしょう? これからの青木さんや「你好我好」は、どこに向かおうとしているのでしょう?

なかなか会えないからこそ、聞きたいことはたくさんあります。青木さんからも、日本にいる私たちに聞きたいことはたくさんあるそうです。台湾と日本を(そして、もちろんそれ以外の場所も)オンラインでつないでのおしゃべり。皆さんからもチャットで質問を受け付けます。興味のある方、ぜひご参加ください!


【おきらく台湾研究所・オンラインイベント】
青木由香さんに聞く 「台湾、どうですか?」


●ゲスト:青木由香公式サイト / Instagram)(你好我好:オンラインストア / Instagram / Facebook
●司会進行:おきらく台湾研究所・研究員A

※オンラインで開催します(ZOOMのウェビナー機能を利用します)。
日時 : 2021年3月13日(日)午後3時00分〜午後4時30分
参加費: 1000円(税込)
参加人数:最大80名

参加ご希望の方は、Peatixのページからお申し込みください。

【注意事項】:
〇当日の配信の情報など、イベントに関するご連絡はPeatixを通じて行います。申込時などにPeatixのメールが送信されますが、迷惑メールフォルダなどに入ってしまい気づかれないことがありますので、よくご確認をお願いいたします。
〇事前に無料アプリ「ZOOM」のダウンロードをお願いいたします。
〇Android版のPeatixアプリでうまく申し込みができないことがあるようです。その場合はスマホのブラウザやパソコンからお申し込みください。
キャンセルについては、開催日当日は対応いたしません(キャンセルに伴う手数料については、Peatixの参加者ヘルプのページでご確認ください)。また、当日視聴画面にうまくアクセスできないなどの不具合が発生した際も、返金はできかねます。あらかじめご了承ください。


ご参加をお待ちしています!


posted by 研究員B at 21:28 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

3/8開催「「おいしい台湾」大解剖!」のお知らせ

第20回おきらく台湾研究所主催イベントのお知らせです。

今回のイベントは、料理研究家の山脇りこさんをお迎えして「おいしい台湾」について語り倒します。

『食べて笑って歩いて好きになる 大人のごほうび台湾』(ぴあ,2019年12月刊)という激しく素敵な本を出版されたばかり山脇さん。実は、筋金入りかつ猛烈な台湾好き。しかも食のプロで、とっても研究熱心な方なのです。

20200308event.jpg

これはきっと面白い話が聞けるに違いない!とピンと来てお話ししてみたところ、予想通り。「台湾のおいしさ」に中国大陸の食文化がもたらしたインパクト、「台湾のおいしさ」に潜む米の役割と歴史的背景、山脇さんの故郷・長崎と台南の味の共通項、などなど…。出るわ出るわ、興味深い話が次々ととび出しました。

というわけで!今回のイベントでは、料理研究家・山脇りこさんの視点から「おいしい台湾」を大解剖。台湾の「おいしい」はどのような歴史的背景の中で作られてきたのか。その特徴や他の地域の「おいしい」はどこでどのようにつながっているのか。山脇さんご自身のとっておきの「おいしい」情報も交えながら、時間の許す限り、たっぷり解説していただきます。

ただ食べるだけでなく、食べて知る、食べて考える「おいしい台湾」スペシャル。今回もまた、とっても濃い内容になりそうです。興味のある方はぜひご一緒しましょう!

【ゲスト】 山脇りこ
料理研究家。代官山で料理教室を主宰。『一週間のつくりおき』『いとしの自家製』(ぴあ)『かけ込みおだし塾』(講談社)ほか著書多数。テレビ(あさイチ(NHK)や3分クッキング(日本テレビ)など)や雑誌でも活躍中。Instagram


【おきらく台湾研究所・イベント】
「おいしい台湾」大解剖!


●ゲスト:山脇りこ(料理研究家)
●司会進行:研究員A(おきらく台湾研究所)

日時 : 2020年3月8日(日)午後2時〜午後4時
    (開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第1会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 50名

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。
〇「こくちーず」でのお申し込みができたときは、「こくちーず」からすぐに「参加申し込みを受け付けました」というメールが配信されます。そのメールが届かない場合は、お申し込みがうまくできていない可能性がありますので、ご確認ください。


ご参加をお待ちしています!
posted by 研究員B at 21:10 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

2/24開催「帰ってきた!今さら聞けない「台湾の歴史」講座」のお知らせ

第19回おきらく台湾研究所主催イベントのお知らせです。

今回は、昨年8月に開催して大好評だった「今さら聞けない「台湾の歴史」講座」の再登場! そう、募集開始後、あっという間に満席になってしまった伝説の企画。多数のリクエストをいただいて、再度開催することに決定しました。

20200224.jpeg

指南役は、前回と同じ目白大学教授の胎中千鶴先生。台湾史の専門家であり、名著『あなたとともに知る台湾 近現代の歴史と社会』の著者である胎中先生。鋭い切り口とチャーミングな語り口に魅了され、前回は「学生時代に先生の授業を聞きたかった!」という声が続出でした。

胎中先生の講座の素晴らしいところ。それはもちろん、日本統治期から現代に至る台湾の歴史を、初心者にも分かりやすく教えてくださるところでしょう。でもそれに加えて、「親日」という、日本人にとって都合良くなりがちな視点に甘えず、時に厳しく、時に冷静に「日本と台湾の今まで」を語ってくださるところがしびれるのです。

だからこそ今回の講座は、すべてが耳障りの良い話にならないかもしれません。でも、私たちを魅了する台湾の景色、食べ物、人…、そのすべては複雑な歴史の上にあるもの。だからこそ、「台湾」がどのような道を歩んできたのか、そこに「日本」はどのように関わってきたのか。耳触りの良い話も、そうでない話も、いろいろと知っていくことに意味があるのではないでしょうか。

基本的に、内容は前回と同じ。日本統治期から現代に至る台湾の歴史について、ごく初歩的な流れを教えていただきます。ただ、少し構成などをバージョンアップしていただき、前回よりも更に分かりやすく!楽しく!を目指しますよ。前回出席したけど「復習」したい!という方の参加も歓迎です。

どうぞ皆さま、奮ってご参加ください!

【指南役】
胎中千鶴先生(目白大学外国語学部 教授)
専攻・台湾史。主な著書に、『あなたとともに知る台湾 近現代の歴史と社会』(清水書院 2019)、『葬儀の植民地社会史 帝国日本と台湾の〈近代〉』(風響社 2008)、『植民地台湾を語るということ 八田與一の「物語」を読み解く』(風響社 2007)、『叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史』(講談社 2019)。

【参加にあたって】
●あまり台湾の歴史について学んだことのない「初心者」向けの講座です。基本的なことから説明しますので、その点、ご了承ください。
●会のコンセプトは「みんなで楽しく」です。「自分の知識・意見を人に押しつける」「知識のない人をおとしめる」などの、「楽しい」に反する行為は厳禁とさせていただきます。「楽しい」雰囲気作りにご協力ください。
●前回、参加された方の「復習」参加も歓迎です(300円の割引あり!)。


【おきらく台湾研究所・イベント】
帰ってきた!今さら聞けない「台湾の歴史」講座

日時 : 2020年2月24日(月・振休)午後2時〜午後4時
    (開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第1会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 40名

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。
〇「こくちーず」でのお申し込みができたときは、「こくちーず」からすぐに「参加申し込みを受け付けました」というメールが配信されます。そのメールが届かない場合は、お申し込みがうまくできていない可能性がありますので、ご確認ください。


ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員B at 21:38 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

9/21開催「もっと語ろう!「台湾のおいしいおみやげ」」のお知らせ

第18回おきらく台湾研究所主催イベントのお知らせです。

今回は、お待ちかねの企画! おきらく研のイベントではおなじみの十川雅子さん(台湾大好き編集部)をお招きし、3月に出版された『台湾のおいしいおみやげ』(誠文堂新光社・刊)について語りつくしていただきます!

20190921.jpg

出版されるやいなや、台湾好きの間で話題沸騰だったこちらの本。この充実っぷりはもはや事典! チョイスがユニーク! 眺めていて楽しい! ただただ楽しい!と、手にした人を虜にしました。

でも、これだけの数のおみやげ、どうやって選んだの? ボツになっちゃったおみやげとかもある? この中から、十川さん自身がおみやげに選ぶならどれ?などなど。聞きたいことはたくさん。ぜひ、この機会に根掘り葉掘り聞いちゃいましょ〜。

当日の会場には、「台湾ラバー」として情報提供に協力したおきらく研、Haochi BooksFacebook / Instagram)、keiko在台灣Instagram / minne)など、おなじみのメンバーもずらり。時間が許せば、みんな揃ってもっと「台湾のおいしいおみやげ」を紹介したいと思います。

ご関心のある方、ぜひご一緒に「台湾のおいしいおみやげ」の世界を堪能しましょう!


【おきらく台湾研究所・イベント】
「もっと語ろう!「台湾のおいしいおみやげ」」


●ゲスト:十川雅子さん(台湾大好き編集部)
●司会:研究員A(おきらく台湾研究所)

日時 : 2019年9月21日(土)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第1会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 50名→60名(申込先着順・要事前申込) 【2019.9.11追記:お申し込み多数のため10名分増席しました。】

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。
〇書籍(『台湾のおいしいおみやげ』)は会場では販売しませんので、ご注意ください。なお、会場のすぐそばに書店があります(青山ブックセンター本店)。

ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員B at 21:09 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。