2018年04月16日

5/4イベント「台湾小吃バトル!」のお知らせ

第9回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回のイベントは、ゴールデンウィークど真ん中に開催。ゴールデンウィークなのに、台湾に行けない!つまらない!という方のための企画=「台湾小吃バトル」を行いたいと思います。

1805event.jpg

「台湾小吃バトル」とは、以下のような企画です。
●参加者は、「バトラー」か「観客」のいずれかになります。
●バトラーの方々には、それぞれ自分の一推しの台湾小吃(店と小吃を決めてください。例:「鼎泰豊の絲瓜蝦仁小籠包」)について、観客の皆さんに向けて「いかにそれが魅力的か」を順番にプレゼンしてもらいます。
●観客の皆さんは、すべてのバトラーのプレゼンを聞き、一番食べたくなった小吃を選んで、投票してください。
●投票結果から、チャンピオンの小吃(とバトラー)を選びます。
●「しょっぱいもの部門」と「甘いもの部門」の2部門に分けて実施します。

バトラーとして、自分のお気に入り小吃への愛を語りまくるも良し。観客として、バトラーさん達のトークに酔うも良し。みんなで作る楽しい台湾イベントを、ゴールデンウィークの予定の一つに加えてみませんか? イベント終了後には食事会も予定していますので、ご都合がよければあわせてご参加ください!

※参加ご希望の方は、バトラーとしての参加か、観客としての参加かを申込時にお選びください(バトラーとしての参加は、1部門のみでも2部門でも可能です)。

【バトラーとしての参加ご希望の方へ】
〇1バトラーあたりのプレゼン時間は5〜7分程度の予定です。
〇「しょっぱいもの部門」と「甘いもの部門」に分けて募集します。2部門へのエントリーも可能ですが、希望者多数の場合は調整させていただきます。ご了承ください。
〇バトラーとして参加してくださる方は、1部門につき参加費を200円割引いたします!
〇バトラーの方も投票権があります(自分以外の方への投票をお願いします)。
〇バトラーとして参加される方には、別途詳細についてお知らせします。



【おきらく台湾研究所・イベント】
台湾小吃バトル!

日時 : 2018年5月4日(金・祝)午後2時〜午後4時
    (開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第1会議室B
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 30名

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。
〇お子さん連れの参加も可能です(小学生以下無料)。申し込み時にメッセージ欄にその旨ご記入ください。



ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 21:23 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

4/7イベント「「素敵すぎる屏東の旅」報告会」のお知らせ

第8回おきらく研主催イベントのお知らせです。
今回は緊急企画。「素敵すぎる屏東の旅」報告会です!

おきらく台湾研究所のSNSをご覧の方はご存じの通り、2月下旬におきらく研・研究員Aは台湾南部の屏東を旅してきました。メディアツアーへの参加ということで、自分の知らない場所、普段行けない場所ばかり。それがどんなに素敵だったか、素晴らしかったかには、SNSの言葉からあふれる研究員Aのテンションの高さからもうかがえたのではないでしょうか。

1804event告知2.jpg


夢心地で帰国したところ、何人かの方に「屏東についてもっと聞きたい!」というリクエストを受けました。せっかくですので、印象が色あせないうちに屏東の旅の報告会をしよう!と急遽企画しました。

イベント当日は、研究員Aが巡ったスポットを詳しく紹介します。SNSの短い文章だけでは紹介しきれなかった各スポットの魅力や、出会った人々とのエピソードなど、お話ししたいことはたくさん。

ちょっと変わった台湾旅の情報を集めたい方。「まだ知らない台湾」に触れたい方。ただただ楽しい旅の話を聞きたい方。どうぞこぞっておいで下さい。お待ちしています!


【おきらく台湾研究所・イベント】
「素敵すぎる屏東の旅」報告会

トーク: おきらく台湾研究所・研究員A
日時 : 2018年4月7日(土)午後6時30分〜午後8時30分
    (開場:午後6時00分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第2会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 30名 40名(【4/4 9:00追記:申し込み多数につき、再度定員を増やしました! これ以上の増員はありません】申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。



ご参加をお待ちしています!


posted by 研究員A at 21:22 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

3/17イベント「みんなで楽しく!中国語学習の悩みを語る会」のお知らせ

第7回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回は今までとがらりとテーマを変えまして、「中国語学習の悩みを語る会」を開催します!

台湾にハマり、台湾リピーターとなり、もっと台湾を知りたくなって始めた中国語。最初こそ意気込んでやっていたものの、なんだか壁にぶつかって停滞気味…。そんな方はいませんか?

1803event.jpg


今回はそんな方たちが集まり、中国語学習の悩みを語り、聞き、より良い学習法を共に考え、動機を高めあう!という会を開きたいと思います。

仕切り役を担当するのは、おきらく台湾研究所・研究員A。中断していた時期も含めると中国語学習歴はかなり長いのに、中国語能力がいつまでたっても今一つ。そんな研究員Aの経験から生まれたワークをいくつか準備します。一人一人、またはグループでワークをしながら楽しく!悩みを語り合いたいと思います。

【ご注意】 今回のイベントは初級〜中級の中国語学習者の方を対象とします。具体的には、こんな方です。
・発音と基本的な文法の学習は終了。
・旅行中に簡単な会話はできる。でも複雑なことは話せない。


【おきらく台湾研究所・イベント】
「みんなで楽しく!中国語学習の悩みを語る会」

ナビゲーター: 研究員A(おきらく台湾研究所)
日時 : 2018年3月17日(土)午後6時30分〜午後8時30分
    (開場:午後6時00分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第3会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 20名(申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇申し込み受付システムの設定の都合上、2名以上でのご参加希望の場合は、お一人ずつ別々にお申し込みください。

ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 21:47 | Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

2/12トークイベント「「台湾の朝ごはん」の舞台裏」のお知らせ

第6回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回のイベントのテーマ。それは、ずばり「台湾の朝ごはん」!
ゲストは、おきらく研イベントではお馴染み、前回に続いての十川雅子さん。

今までも『台湾行ったらこれ食べよう』『台湾かあさんの味とレシピ』『宜蘭+台北
ちょこっと海・温泉・ローカル近郊を楽しむ旅』と、魅力的な台湾本を次々と世に送り出してきた十川さん。その最新作のテーマは、なんと台湾の朝ごはん。題して『台湾の朝ごはんが恋しくて』。


1802event.jpg


しかも、こちらの本、ただのガイド本じゃありません。副題に「おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ」とあるように、素敵なお店紹介本であると同時に、レシピ本でもあるのです!

あまり料理は得意でじゃないとおっしゃっていた十川さんが、毎日毎日粉をこね、野菜を炒め、作り続けて完成したレシピ。製作過程にはどんな苦労があったのでしょう?
作る上でのコツや、美味しくなるポイントはどこなんでしょう?

そして、レシピの元となったお店では、どんな取材をされたのでしょう? ちょっとだけでもレシピは教えてもらえたの?
朝早い上に、いつもとっても忙しい朝ごはん屋さんをどうやって取材したの? 朝ごはん屋さんの朝ごはん以外の暮らしってどうなっているの?

読めば読むほど、聞きたいことがたくさん出てくる魅惑の本。とりあえずは本を手に取ってください。そして、そこには描き切れていない話の裏話や製作秘話を聞きにいらしてください。十川さん提供の蔵出し取材動画などを見ながら、みんなで「台湾の朝ごはん」に思いを馳せましょう。


【おきらく台湾研究所・トークイベント】
「「台湾の朝ごはん」の舞台裏」


●ゲスト:十川雅子さん(『台湾の朝ごはんが恋しくて:おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ』編集者)
●司会:研究員A(おきらく台湾研究所)

日時 : 2018年2月12日(月・祝)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第1会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 60名 80名(【1/25 0:00追記:申し込み多数につき、定員増やしました!】申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。
〇書籍(『台湾の朝ごはんが恋しくて:おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ』)は会場では販売しませんので、ご注意ください。なお、会場のすぐそばに書店があります(青山ブックセンター本店)。

ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 21:54 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

イベント「行ってみた!住んでみた!働いてみた!台湾」を開催しました

レポの掲載が大幅に遅れてしまいましたが(すみません!)、2017年10月9日(月・祝)、第4回目のおきらく研主催イベント「行ってみた!住んでみた!働いてみた!台湾」を開催しました。

sugimoto1.JPG

今回は過去のイベントとは異なり、浅草での開催。初めての、少し広めの会場での開催でしたが、多くの方々にご参加いただきました。

今回のゲストは、現在台北在住・日本語教師の杉本貴芳さん。日本ではライブハウスでお仕事されていたこともあり、台北でもディストロ専門のレーベルHello Pop Recordsの運営を続けている方です。今回、ちょうど一時帰国されるタイミングに、イベントでお話ししていただくことができました。司会は今回もおきらく台湾研究所・研究員Aが担当。

この杉本さん、どういう方かというと、イベントの告知にも書いた通り、「渡台時には既にワーキングホリデーの年齢制限をオーバー。日常的な中国語は話せたものの、特別な資格もなく、とりあえず語学学校に通うところから台湾滞在をスタートさせました。それがやがて、ゲストハウスにスタッフとして住み込み、現地で日本語教師の職を見つけ、その間レーベル運営もマイペースながら進めつつ、渡台後一年を経た今では、アパートを借りて一人で生活するに至っています」という方です。

この履歴を順番に話していただくだけでもかなり面白いのですが(実際面白かった)、この杉本さん、少なくともお見受けする限り・お話をうかがう限り、「目標を見定めて意欲的にバリバリ前途を開拓して突き進む!」というタイプではまったくない(!)のです。むしろ、台湾に来るきっかけも含め、いろいろ翻弄されてきたようにも見えます。でも、要所要所で思い立って行動し(台湾に行ったり、現地で日本語学校に飛び込んだり)、台湾での生活を実現するに至っているのは、とても興味深いことで、参加者のみなさんも熱心に聴いていらっしゃいました。

sugimoto4.JPG

当日はさらに、杉本さんの台湾在住に至る話のほかに、台湾での日常生活の実態についても、かなり具体的にお話しいただきました。日本語教師の仕事の実状、いま住んでいる家を見つけるまでのエピソード、食事などなど。生活感あふれる画像もたくさん見せてくださいましたが、特に参加者のみなさんの関心を集めたのは、杉本さんの家計簿アプリの画面! やはり暮らしていくとなると、お金の問題は重要なので、給料とさまざまな支出の話を率直かつ具体的に話してくださったのは、本当に貴重でした。

「暮らしてみた台湾」についてたずねたとき、杉本さんが語ったのは、エドワード・ヤンの映画を機に関心を持った台北の街が、朝起きたらすぐそこにあることのうれしさでした。夢の中にいるような幸福感があると、じんわりと語る杉本さんの穏やかな口ぶりは、台湾好きが集った会場でも広く共感を集めていたように思いました。

sugimoto5.JPG

質問コーナーを経て、最後は、杉本さんから台北ユニバーシアードのグッズや台湾のインディーズバンドのCDなどがプレゼントとして提供され、恒例のじゃんけん大会。最後の最後に、杉本さんが台湾に来るきっかけとなった、台湾のご友人とのその後の話をして、終了となりました。イベント終了後も多くの方が杉本さんのもとにやってきて、話が続いていました。

終了後のアンケートでも、杉本さんのお話だけでなく、伝わってくる人柄やキャラクターを絶賛する声が多数! 杉本ファンが一気に増えた会となりました。

なお、イベント終了後は、そのまま別の場所でラジオ番組「楽楽台湾〜台湾にハマって抜け出せなくなる音楽番組〜」の収録。杉本さんと研究員Aへのインタビューが、10月20日と27日の2回にわたって放送されました。聴いていただけた方には、イベントの雰囲気が少しだけでも伝わったかもしれません。

ご来場くださったみなさま、「楽楽台湾」の関係者のみなさま、そして一時帰国中の限られた時間を割いていらしてくださった杉本貴芳さん、どうもありがとうございました!


★お知らせ★
11月23日(木・祝)、トークイベント「まるごと宜蘭!」開催!
『宜蘭+台北 ちょこっと海・温泉・ローカル近郊を楽しむ旅』の編集者・十川雅子さんをお迎えして、宜蘭エリアの魅力をたっぷりうかがいます。
詳細・申し込みはこちらをご参照ください。


posted by 研究員B at 21:19 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする