2017年09月10日

10/9トークイベント「行ってみた!住んでみた!働いてみた!台湾」のお知らせ

第4回おきらく研主催イベントのお知らせです。

多くの台湾好きにとっての夢、それは「台湾に住む」ということ。
以前開催した「経験者に聞く! 30代からの短期留学」では、短期留学という形でこの夢を叶えた方たちにお話を聞きました。

今回は、「働く」という形で「台湾に住む」ことを実現した方にお話をうかがいます。

今回お話を聞く方は、渡台時には既にワーキングホリデーの年齢制限をオーバー。日常的な中国語は話せたものの、特別な資格もなく、とりあえず語学学校に通うところから台湾滞在をスタートさせました。それがやがて、ゲストハウスにスタッフとして住み込み、現地で日本語教師の職を見つけ、その間レーベル運営もマイペースながら進めつつ、渡台後一年を経た今では、アパートを借りて一人で生活するに至っています。

sugimoto_original3.jpg

どうしたらこんな風に「台湾で暮らす」を実現できるのでしょうか。仕事を見つける過程で、実際に働いてみる中で、どのようなことが起こるのでしょうか。住んでみた台湾はどのように見えるのでしょうか。一時帰国されるこの機会に、その経験や発見を聞かせていただこうと思います。

台湾に住んでみたい方、働いてみたい方、日本語教師という仕事に興味のある方、そしてもちろん「暮らしてみた!働いてみた!」方から見える台湾に興味がある方、ご本人から直接話を聞いてみませんか?


【おきらく台湾研究所・トークイベント】
「行ってみた!住んでみた!働いてみた!台湾」


●ゲスト:杉本貴芳さん(台北在住、日本語教師、Hello Pop Records運営)
●司会:研究員A(おきらく台湾研究所)

日時 : 2017年10月9日(月・祝)午後1時半〜午後3時半(開場:午後1時)
場所 : 浅草公会堂(東京都台東区浅草1-38-6) 第1集会室 (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 50名(申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇過去に開催したイベントと、会場及び開始時間が異なります。ご注意ください。
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。


ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 20:54 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

イベント「台湾「親子留学」報告会」を開催しました

9月2日(土)、第3回目のおきらく研主催イベント「台湾「親子留学」報告会」を開催しました。

20170907a.jpg

テーマがニッチなせいか、今回の参加者はちょっと少なめ。でも、いらした方はとても熱心に話を聞いてくださり、なかなか熱い会となりました。

また今回はテーマの関係もあって、子連れ参加者も数組。会場後ろに敷いたレジャーシートの上で、2〜10歳の子どもたちはそれぞれお利口に遊んでいました。みんな偉いなー。

肝心の会は、研究員Aの話を中心に進行。この日のために、慣れないパワポをいっぱい作りましたよ。

20170907b.jpg

お話ししたのは、親子留学に行くまでの道のり、参加した文化大学サマースクールの時間割やプログラム、中国語学習の内容、クラスメートについてや、泊まっていた宿舎についてなど。

情報が盛りだくさんだったので、1時間経ったところでいったん休憩。ここでフォロワーさんにご提供いただいた奇美食品のパイナップルケーキが登場!

20170907c.jpg

こちらのパイナップルケーキ、3個入り120元というコンパクトさ。スタイリッシュな外観といい、大きさといい、ちょっとした手土産にぴったり。この小さいパッケージのものは台北では手に入りにくいということで
「空港周辺で買えたら!」
の声もちらほら。関係者の方、もしご覧になっていたら、どうぞご検討お願いしますね。

他にもおきらく研の台湾土産の駄菓子などもお渡ししたり、所長(10歳)がサマースクールで使っていた教科書を見たり、参加者同士でおしゃべりしたりで、休憩時間もあっという間。

後半は再び、研究員Aの弾丸トーク。親子留学した際の一日のスケジュール、親の過ごし方(親も学校に通う場合/通わない場合)をご説明。まとめとして、あえて「台湾」に親子留学することのメリット、子ども・親に与える影響などをお話しし、「台湾に親子留学」がお勧めな理由を研究員Aなりに説明させていただきました。お話ししたより具体的な内容は、また追ってブログで紹介していきたいと思います。

その後、会場からの質問にお答えしてからは、恒例になりつつあるプレゼントコーナー。今回提供したのは、おきらく研のちょこっと台湾土産。所長とじゃんけんの末、買った方にプレゼントをお渡ししました。小さな子どもさんも何人か勝利。お見事!

最後に、ちょっとだけ時間が余ったので所長へのインタビューコーナー。しかし、人前に出ると、なんだか生意気な口調になってしまうお年頃。
「もっとちゃんと話せ!」
と腹を立てる研究員Aを横目に、さらっとサマースクールの感想を話したり、中国語を披露したり。ほんと、態度が悪くてすみません。

そんなこんなで、詰め込みまくりの2時間は終了。それでもやっぱり話しきれなかったなあ、もっと話したかったなあと思ってしまう親子留学の恐ろしさ。今後も、またブログで書き続けていきますね。

来てくださった方、研究員Aの長話にお付き合いくださりありがとうございました! 来られた方も来られなかった方も、何か質問があればこちらにお寄せください〜。

posted by 研究員A at 23:46 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

9/2(土)「台湾「親子留学」報告会」のお知らせ

台湾滞在中ですが、第3回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回のテーマは、ずばり「台湾「親子留学」報告会」

20170723a.jpg

今年と去年、2年続けて台湾に「親子留学」した研究員Aと所長(10歳)。

毎日、どんな暮らしをしているの? 所長の学校生活はどんな感じ? 研究員Aは学校に行くのと行かないの、どっちが楽しい? 中国語の進歩はそれぞれいかが? 大変なことと楽しいこと、どんなことがある?

などなど。

今年のサマースクールだけでなく、去年のサマースクールの体験も交えながら、「台湾親子留学」がどんなものだったのか、写真をたくさんお見せしながらご紹介しようと思います。更に後半は、会場の皆様からのご質問にお答えしながら、滞在中のあれこれについてたっぷりお話ししたいと考えています。(所長のご機嫌が良ければ、ここで「所長にインタビュー」コーナーがあるかも?)

台湾親子留学にいつかは行ってみたいという方や、おきらく研の台湾滞在記を聞いてみたいという方、お待ちしています! もしかしたら、台湾からのちょこっと土産もあるかも、です。


【おきらく台湾研究所・トークイベント】
台湾「親子留学」報告会

【トーク】
おきらく台湾研究所・研究員A
(2016年夏、台北・中國文化大學に3週間留学)
●(機嫌が良ければ)おきらく台湾研究所・所長(10歳)
(2016年夏・2017年夏、台北・中國文化大學に各3週間留学)

日時 : 2017年9月2日(土)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)第二会議室
    (アクセス
参加費: 1500円(税込:小学生以下は無料)
定員 : 50名(申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

その他:
〇子連れの参加も可能です。ただし託児サービスはありませんので、他の参加者の迷惑にならないようご配慮ください。
〇参加費は当日、会場にてお支払いください。

ご参加をお待ちしています!

posted by 研究員A at 20:00 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

イベント「経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学」を開催しました!

5月28日に、第2回おきらく台湾研究所主催イベント「経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学」を行いました。

ありがたいことに、今回のイベントも満席。期待に応えるべく留学関係の資料コーナーを作ってみたり。

20170530a.jpg

展示したのは、ゲストのエリさん、keikoさん、そして研究員Aが留学時に使った教科書。あと、入手できた語学センター関係の資料。keikoさんが作成している台湾華語LINEスタンプ「モチャとジャッキー」(LINE STORE同part 2)も遊びに来てくれましたよ(笑)。

そう、説明が遅れましたが、今回のゲストは二人。台湾師範大学に2か月留学されたエリさんと、中国文化大学に3か月留学されたkeikoさん(instagramの台湾留学日記「我的普通日記」は必読!)。

20170530b.jpg

顔出しNGですが、お二人ともとっても素敵で可愛らしい方です。

こんなお二人が、なぜ単身台湾へ渡ったのか? 台湾での生活はどうだったのか?を知るべく、前半は研究員Aがお二人に質問する形で進行。

●台湾にハマったきっかけは? どうして留学しようと思ったの?
●留学に行くまではどんな準備をしていたの?
●どんなところに住んでいたの? そこはどうやって見つけたの? 家賃は?
●学校はどうやって選んだの?
●授業はどんな風に進むの?

などなど。エリさんは台湾に興味を持ってから半年で、まったく中国語もできない状態で留学したという情報が冒頭から飛び出し、みんなでびっくり。

20170530c.jpg

実際に住んでいた場所やクラスメートとの写真などを見せてもらいながら、詳しくお話をうかがう(keikoさんの引っ越し歴と「便利な場所に住むべし」の重い言葉に、なんともいえぬどよめきが)。かなり情報盛りだくさん。司会をしていた研究員Aも飽和状態になってきたあたりで、いったん休憩。参加者の皆さんにおやつとお茶をお出しして、質問用紙を書いたり、資料を見たりしていただく。

後半は、会場から寄せられた質問を、研究員Aがまとめる形でお二人に聞いていく。これがまた多種多様。

●辞書は何を使っていましたか
●勉強時間、勉強法を教えてください
●簡体字のクラスはありますか
●発音は台湾式ですか

といった、学習面に関する質問。

●台湾人の友達はできましたか
●語学以外に台湾事情、文化などのクラスは取れますか
●語学以外に「これだけは台湾でやってこよう」と決めたテーマはありますか
●台湾に旅行する時の魅力と、一定期間住むことの魅力との違いを教えてください

といった生活全般への質問。

●留学後、再就職するのに苦労はありませんでしたか
●留学後、仕事や生活で中国語を生かす機会はありますか
●日本でおすすめの語学学校はありますか

といった日本帰国後の生活に関する質問。

そして、もちろん多くの方から出たのは、

●総額でいくらかかりましたか
●貯金はどのくらいしていったらいいですか

といったお金に関する質問。

一つ一つに丁寧に答えていく…にはあまりにも時間がなく、駆け足でも全てに答えようと全力を尽くしてくださったゲストのお二人。ありがとうございます。個人的には「日本語の文法書を一冊持っていくといい。十分に説明が理解できなかった時もあとで確認できるから」というkeikoさんのアドバイスはなるほど!と思ったり。

最後に、keikoさんからノートと手作りカードを参加者の皆さんにプレゼント。おきらく研からも、トーク中に紹介した日本台湾教育センターでもらった留学関係資料を希望者の方にプレゼント。

そんなこんなで怒涛の二時間は終了。今回は来場者の方も聞きたいことがたくさんあり、密度の高い回でした。一方で、たくさん寄せられた皆さんの熱い思いを研究員Aがうまくさばききれず、ちょっぴり消化不良に感じられる面もあったかもしれない…と反省しております。申し訳ありません。

終了後のアンケートでは、「地方留学の話も聞きたい」「1週間以下の超短期留学について知りたい」という声もいただきました。また、質問に答えていた際に、keikoさん・エリさんのような大学のコースではなく、語学学校(TLI: Taipei Language Instituteなど)に通われた方が会場にいらして、その情報も教えていただきました(感謝!)。

「大人の台湾留学」については、確かになかなか情報が集まりにくいもの。これからも定期的に留学体験を聞く会を開催できたら面白いかも、と妄想したりもしました。今回、参加された皆さん、もし留学したら、ゲストとして体験談を話しに来てくださいね!

posted by 研究員A at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

5/28(日)「経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学」のお知らせ

第2回おきらく研主催イベントのお知らせです。

今回のテーマは、前回とはガラリと変わって「台湾短期留学経験者のお話を聞く会」です。

台湾にハマり始めると誰しもが一度は夢見ること、それは「ちょっとでもいいから台湾に住んでみたい」ということではないでしょうか。でも学生だったらともかく、仕事や家庭を持つ社会人が一時的にでも「外国に住む」というのはなかなかハードルが高いもの。しかしそんなハードルを乗り越えて、短期語学留学という形で「台湾に住む」という夢をかなえたお二人に、今回はお話を聞きたいと思います。

行くまではどうやって情報収集して、どんな準備をしたの? 台湾ではどんなところに住んでいたの? クラスメートはどんな人たち? 中国語の授業にはついていけた? 台湾人の友達はできた? ぶっちゃけお金はどのくらい必要?などなど。

興味はあるけど、なかなか実際のところが分からない社会人の短期留学の現実。経験者に直接聞いてみちゃいましょう!

もうすぐ行くぜ!な方も、いつかは行ってみたい!な方も、行く予定はないけど経験者のお話を聞いてみたい〜な方も、興味のある方はぜひ!


【おきらく台湾研究所・トークイベント】
経験者に聞く! 30代からの台湾短期留学

【ゲスト】
●keikoさん
(LINEスタンプ「モチャとジャッキー」の作者。Instagramで台湾留学日記「我的普通日記」を連載中。台北・中國文化大学に3ヶ月留学)
●エリさん
(原住民をきっかけに台湾にハマる。中国語超初心者で国立台湾師範大学に2ヶ月留学。台北に3ヶ月滞在)
【司会】
●おきらく台湾研究所・研究員A(台北・中國文化大學に3週間親子留学)

日時 : 2017年5月28日(日)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
場所 : 東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)視聴覚室B
    (アクセス
参加費: 1500円(税込)
定員 : 36名(申込先着順・要事前申込)

参加ご希望の方は、事前にこくちーずのページからお申込みください。

※参加費は当日、会場にてお支払いください。

ご参加をお待ちしています!

#我的普通日記 #中文 #對對對

我的普通日記さん(@5shi.huizi)がシェアした投稿 -




posted by 研究員A at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする