2019年08月23日

ゆったり巡る大人の高雄旅(4)〜左營でふれた歴史と人々の暮らし〜

おきらく台湾研究所の「特派員」として、台湾好きのデザイナー&イラストレーター・keikoさんに、タイガーエア台湾と高雄観光局による高雄のメディアツアーに参加していただきました。
今回は、keikoさんによる高雄の旅のレポートの4回目です。他の回については以下からどうぞ!
★ ★ ★

左營を巡る1日。私にとって、左營といえば新幹線の駅がある場所という印象だけだったのですが、今回の旅で新たな魅力に出会うことができました。

左營の旅のはじまりは、 朝ごはんから。
やってきたお店はェ來順早餐店
ここは高雄でも有名な老舗の朝ごはん屋さん。今年行われた高雄包子大賽(高雄の包子コンテスト)で鮮肉包が2位を獲得したお店でもあります。
有名店ということもあり、この日の朝もたくさんの人が並んでいました。

KAO4-01.jpg

KAO4-02.jpg

写真奥に写っているのは鹹豆漿。今回はそれに加えて、手前左側にある鹹豆漿加蛋(卵入りの鹹豆漿)も注文。普通の鹹豆漿はおぼろ豆腐のようで、卵入りの鹹豆漿はさらっとした豆乳スープのような味わいでした。
手前右側にあるのは蘿蔔糕炒蛋。これは大根もちに卵をからめて炒めたもので、この店の名物メニュー。大根もちがとろりと柔らかくておいしい! 揚げたての油條に、ふんわりした包子も最高です。
ビニール袋に入っているのは燒餅挾酸菜。サクサクっとした燒餅とシャキシャキした酸菜がクセになるおいしさ!
ああ、私の胃袋があと5個くらいあったら、このお店のメニューを端から端まで全部頼みたい……大満足の朝ごはんでした。

そして、朝食を食べている最中、ふと見上げると目の前に半円型のマンションが。
実はこの朝ごはん屋さんがある地域は果貿社區という場所。とても珍しい形の住宅が有名なところです。地元の人たちには「小香港」とも呼ばれているそう。

KAO4-03.jpg

洗濯ものもあちこちに見え、たくさんの人々がここで生活していることがわかりました。
不思議な形の建物を見上げると、まるで異空間に来たような気持ちになりました。

ここには市場もあり、地元の人で賑わっています。
朝ご飯を食べ終わったら、この市場を散歩するのも良さそうです。

【ェ來順早餐店】
○住所: 高雄市左營區中華一路5-14號
○Facebook: https://www.facebook.com/KuanLaiShunZaoCanDian/
○アクセス: 台湾鉄道內惟車站から徒歩6分
○休み:毎週月曜

【果貿社區】
○住所: 高雄市左營區果貿社區果峰街3巷
※一般の方が住んでいる住宅ですので、見学の際はマナーを守りましょう。


さて、次のスポットへ移動。車で5、6分ほどで着きました。

高雄といえばここ!!!というくらい有名な龍虎塔へ。
蓮池潭という湖にある建物で、台湾のパワースポットの一つ。

KAO4-04.jpg

ご存じの方も多いかもしれませんが、龍虎塔は「龍の口から入って虎の口から出る」ように作られた塔。そのように出入りすると、これそそまでの悪事が清められ福が来るとされています。
実は初めてここを訪れた私。
想像していたよりずっと広い敷地にあり、気持ちがいい場所でした。

KAO4-05.jpg

KAO4-06.jpg

このエリア、日本では 龍虎塔ばかりが紹介されます が、実は他にも、歴史的建造物がたくさんあります。
また水辺なので生き物や植物も豊富。近くにある原生植物園も見応えがあるそうです。涼しい季節になったら、この湖をぐるりと一周してみたい!と思いました。

【龍虎塔】
○住所: 高雄市左營區蓮潭路9號
○アクセス: 台湾鉄道左營駅から徒歩10分
○時間: 8:00〜17:30


KAO4-07.jpg

お昼は客家料理を。
高雄市の北東部、美濃は客家の街です。
その美濃名物の客家料理を左營でも食べることができます。
今回訪れたお店「美濃客家菜」のオススメは「水蓮菜」。2、3メートルもの長い水生植物で、客家料理の定番です。シャキシャキとした歯ごたえがた
まりません!

【美濃客家菜 總部大中店】(他所にも系列店があります)
○住所: 高雄市左營區華夏路1062號
○Facebook: https://www.facebook.com/mnhakka/
○電話: 07-343-1100
○アクセス: 新左營駅から徒歩9分
○営業時間: 11:00〜14:00/17:00〜21:00


最後は疲れた体を癒しに、 全身マッサージと足裏マッサー ジ を体験!!
ホテルのようなきれいな施設で、ゆったり落ち着いた気分になれます。

KAO4-08.jpg

強めにグイグイ揉まれて痛気持ちいい感じ。
マッサージ後には軽食のサービスも。ごぼうの薬膳スープにお豆腐、暖かいなつめ茶をいただきました(軽食のメニューは日によって変わるそうです)。

【左腳右腳經典泡腳會館 自由店 】(他所にも系列店があります)
○住所: 高雄市左營區自由二路67號
○公式サイト: https://www.feet.com.tw/ (中国語・日本語)
○電話: 07-558-8998
○アクセス: 地下鉄凹子底駅から徒歩8分
○開館時間: 朝9:00〜翌朝5:00まで
※マッサージの価格はサービスの組み合わせなどで変わるようです。詳しくは店舗にてご確認ください。

今回は駆け足でまわっただけでしたが、 左營エリアではまだまだ新たな魅力を発見できそうだと感じました。
次回訪れたときは、もっとゆったり・じっくり左營を楽しむ旅行をしてみたいと思います!

高雄の旅・第5回は8月30日に掲載予定です! → こちら

336-280.jpg


【旅行:食の最新記事】


posted by 研究員B at 18:55 | Comment(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。