2019年02月23日

tomoさんの「観光華語」レッスン体験記(後編)

昨年の9月と12月に開催した「「台北で超短期留学!」体験を聞く会」のゲストとして、貴重な体験をお話ししてくださったtomoさん。今回は、そのtomoさんによるZouZou Taipei(ゾウゾウ台北)の「観光華語」レッスン体験記の後編をお送りします。前編はこちらからどうぞ。
【2019年8月追記】「ZouZou Taipei」はその後改称し、2019年8月時点では「Bonyo 台湾」という名称になっています。それに伴い、以下で紹介されているプログラムやツアーの内容も変わっている可能性がありますので、最新情報はBonyo 台湾のサイトでご確認ください。

** ** **

いよいよ淡水へ!
さて、レッスンを終えて、ガイドの皆さんと淡水へ。
今回、私達のツアーに帯同してくれたのは総勢5名の台湾の皆さん!
今回は撮影も兼ねているようだったので、大所帯でしたが、基本は1グループにつき1人のガイドさんが付いてくれるそうです。
皆さん、普段はそれぞれ仕事を持ったり、学生さんだったりと色々な方がいらっしゃいますが、皆さん台湾が大好き!台湾の魅力を伝えたい!という熱い思いを持った方ばかり♪
それに日本語も話せる人もいますので、初めての場所でも安心ですね。

MRT(地下鉄)に乗っていざ出発〜。
実は初めてのトークン¢苻pのMRTはこれが切符なんですよ〜!

zouzou08.JPG

MRTの車内では、自己紹介をしたり、「どうして台湾が好きなの!?」や「台湾で行ったことがある場所は!?」など質問の嵐(笑) 逆に私たちも、日本の好きな食べ物や行ったことのある場所を聞いたりとおしゃべりに夢中になっている間に淡水到着〜♪

zouzou09.JPG

タクシー移動ではないので、ツアーをしている≠ニいうより、友達と遊びに行く感覚っていうのも新鮮ですね!

そしてそして淡水に着くと、結構な雨……(笑)ここ数日の台北はずっと天気がイマイチなようで、雨女パワーを発揮してしまった私(笑)
で・す・が!気を取り直してランチへ〜!
お土産やさんや食べ物屋さんが並ぶ通りを歩いていると、おしゃれなお店を発見!早速立ち寄り♪

zouzou10.JPG

zouzou11.JPG

zouzou12.JPG

パイナップルケーキや太陽餅、蛋黃などが贈り物用としてゴージャスなパッケージで並んでいました。
結婚する時の贈り物として使われるお菓子もあり、お店の奥には打合せスペースがありました。

そしていよいよランチのお店に到着!
午前中の授業でも出てきた淡水名物、阿給(アーゲイ)のお店「阿給老店」へ。
ここは地元でも有名な老舗店のようです。

zouzou13.JPG

阿給にビーフンに乾麵、つみれスープとみんなでシェアしながらいただきました!
初めての阿給でしたが、タレが甘しょっぱくて美味しかったです^^

zouzou14.JPG

食後はドリンクスタンドへ〜!
ここでは、午前中の授業で出てきたフレーズを実践してみます!

この日は気温も寒かったので、私はホットの鮮奶茶に大好きな仙草をトッピング!
ちなみに鮮奶茶≠ヘ普通の牛乳を使用しているドリンクです。台湾でミルクティー(奶茶)というと、基本的にパウダーミルクが使われているんです。だいたい10元ほど高いですが、個人的には鮮奶茶の方が好きです。

zouzou15.JPG

ちなみに、私がやりとりしたドリンク注文のフレーズはというと…
「我要一杯熱的中杯鮮奶茶、加仙草!」
(ホットのミルクティーMサイズを仙草トッピングでください)

すると店員さんが、「(請問)甜度?」(甘さはどうしますか?)と聞いてくるので、

「微糖」(甘さ30%くらい)

と答えます。あとはこんなやりとりをしましたかね〜

「你要袋子嗎?」(袋はいりますか?)
「不要」(いりません)
「你要發票嗎?」(レシートはいりますか?)
「要」(いります)

もちろん授業で習っていないフレーズが出てきて固まってしまっても大丈夫!
すぐ横でガイドさんがフォローしてくれますよ♪


さて、お腹も満たされ、ドリンクも買ったところで街歩きスタート!
私たちが行ったのは……

・小白宮
税関事務所、税務司官邸として使われていた場所。
(天気が良ければ…)庭からの淡水河の景色が綺麗です(笑)

zouzou16.JPG

zouzou17.JPG

zouzou18.JPG

・淡江高級中学
台湾の人気歌手、ジェイ・チョウの出身校で知られる、台湾初の神学校。かつては日本人も学んでいたそうです。今は一般の人は中に入れなくなりましたが、映画のロケにも使用されたこともあり、フォトジェニックな建物を見に訪れる観光客も多いとか。
ちなみに昔は男女別学だったそうで、写真にある赤いラインを境に、男子・女子が歩く側が決められていたそうです。

zouzou19.JPG

zouzou20.JPG

・真理大學・理學堂大書院
台湾で最初の西洋式教育の学校。医療と教育の場として開校されました。

zouzou21.JPG

zouzou22.JPG

・紅毛城
台湾最古の建築物のひとつ。スペイン人によって建設され、その後イギリス領事館としても使われていた場所。

zouzou23.JPG

zouzou24.JPG


お天気がイマイチだったのが本当に残念でしたが、オランダやスペインの統治による西洋の歴史的な雰囲気を楽しめるスポットをたくさん回ってきました。
お天気の関係で、こうしたルートを設定してくれましたが、もちろん行きたいスポットのリクエストには応えてくれます!

最後は淡水名物の蝦捲を堪能して(雨で写真撮れず…笑)、淡水駅へ。
帰りにはなんと淡水名物のお土産までいただいてしまいました!

zouzou25.JPG



プロのガイドさんではないので、専門的な詳しい説明があるわけではありませんが、基本的なことはちゃんと教えてくれますし、現地の若者目線で話をしてくれるので、飽きないです!
もちろんツアーとは関係なくても私たちの質問に答えてくれますよ!
オススメのお店とか、最近流行っているお店などたくさん教えてもらいました♪


ZouZou Taipeiの全体的なポイントをまとめると……
・旅行中すぐに使える実践的なフレーズが勉強できる!
・授業で習ったフレーズを午後のツアーで回ったお店ですぐに使うことで、本当に理解したか、ちゃんと活用できるかが分かる!
・台湾の人との交流ができる!

大勢で回るオプションツアーと違って自分たちだけのプライベートツアー感が強いので、友達同士や家族で台湾に行くという方にオススメです^^

詳細は、ZouZou Taipei Bonyo 台湾のHPや各SNSサイトをチェックしてみてください!
HP / Facebook / Instagram / Instagram日本語版 / YouTube

以上、tomoがお届けしました!!
皆さんもぜひ、ひと味違った街歩きを体験してみてくださいね〜!

** ** **

以上、tomoさんの「観光華語」レッスン体験記でした。なかなか楽しそうですね。1日から申し込めるので、台北で特別な体験をしてみたい方は検討されてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、こちらのレッスンは中国語がまったくできない方でも申し込み可能とのこと。ただ、事前にメールか、上記Facebookにメッセージを送って相談すると確実だそうです。

また、午後の街歩きも申込時に中国語・日本語・英語から選択可能とのこと。tomoさんはほとんど日本語で話していたそうですが、チャレンジしたい方はぜひ「中国語」でガイドを受けてみてください!(A)


【語学の最新記事】


posted by 研究員A at 23:39 | Comment(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。