2018年09月05日

9月13日(木)、以莉.高露の来日ライブ!

sns.jpg

おきらく研のSNSでは既に何度か紹介していますが、9月13日(木)に下北沢・北沢タウンホールで、台湾のシンガーソングライター以莉.高露イーリー・カオルーFacebook)の来日ライブが開催されます。いよいよ開催が迫ってきたので、改めてブログで紹介したいと思います。

今回のライブは、「NATIVE MUSIC SHOWCASE」公式サイトFacebooktwitter)と題して行われます。今年4月にJ-WAVEで放送された「RINREI NATIVE MUSIC JOURNEY」(これ、大変いい番組でした)で以莉.高露が紹介されたことがきっかけで、開催されることになったようです。

ライブには、この番組で実際に台湾を旅した元ちとせもゲストで出演して競演するとのこと。アミ族の歌と踊りを一緒に楽しむ企画や、さらには「浅草豆花大王」の豆花や、原住民の粽(アバイ)、台湾グッズなどの販売もあるそうで、会場は豊年祭っぽい雰囲気になるのかもしれません!


●以莉.高露(イーリー・カオルー)

Ilid_Kaolo_1806.jpg

以莉.高露は台湾の原住民・アミ族出身で、「以莉.高露」という名前もアミ語の名前です。wikipediaによると、生まれたのは花蓮縣鳳林鎮、ただし7歳以降は台北で育ったとのこと。2000年代半ばには音楽活動を始めていたようで、2006年には陳冠宇が率いる「好客愛吃飯」樂團(後の「好客樂隊」)に加入しています(この陳冠宇は客家語の歌手であり、以莉.高露の夫でもあります)。2010年から以莉.高露と陳冠宇は宜蘭縣南澳鄉で有機農業での稲作栽培に取り組むようになり、音楽活動と農業を並行して進めるスタイルを続けることになります。

そうした中、以莉.高露は2011年にファーストアルバム《輕快的生活》をリリース。この作品は金曲獎で一挙3部門で受賞して高く評価され、一気に歌手としての存在感を高めました。2012年には長女を出産、2015年にはセカンドアルバム《美好時刻》をリリース。2015年に台東縣長濱鄉に移り、引き続き音楽活動と農業をともに行っています。2017年には初来日し、フジロックフェスティバルにも出演しました。

以莉.高露の音楽は、伝統的な原住民音楽をベースにしっかりと持ちながら、ジャズやボサノバのテイストもあるなど、ユニークな音楽的洗練を感じさせます。台湾の原住民音楽は多彩な展開をみせていますが、その中でも彼女の音楽は、ルーツミュージックらしさも備えつつ現代的でもあり、それでいて自然との調和も感じさせるという、オリジナリティのあるものです。彼女の歌声も、透明感がありつつも深みのある声で、昨年東京でのライブを聴いたときは、「ゆるやかながら力強く、でも力みはなく穏やかで、そして説得力に満ちた響き」と書きました。ぜひ生で聴いてほしいと思います!

以莉.高露「輕快的生活」


以莉.高露「美好時刻」


以莉.高露自身の考えがよくわかるのは、2017年のこのインタビューです。ぜひご一読を。


●侯志堅、彭書禹、菊田俊介

今回のライブに参加するミュージシャンについても紹介しておきます。

侯志堅 Chris Hou(key: wikipedia)は、実はなかなかのビッグネーム。多くの著名アーティストのプロデュースや作編曲を行い、幅広い音楽活動で知られる人です。中でも映画音楽を多く担当してきたことで知られています。例えば「藍色夏恋」「台北カフェ・ストーリー」「あの頃、君を追いかけた」「コードネームは孫中山」「私の少女時代」などで、近年では「報告老師!怪怪怪怪物!」や映画版「花甲大人轉男孩」も担当しています。

彭書禹 Bruce Peng(gt: Facebook)は、南米の音楽に強いギタリスト。ブラジル音楽のグループ・咻樂風 ChoroFun(Facebook)などでも活動。彼の華麗な七弦ギターのプレイは必聴です!

ゲストで出演予定の菊田俊介Facebook)は、長くシカゴを拠点に活動していたブルースギタリスト、愛称「ブルースの将軍」。シカゴで知り合った台湾人女性との結婚を機に台湾での活動も行うようになり、以莉.高露のアルバムにも参加しています。


●元ちとせ

Hajime_Chitose.jpg

今回のライブのスペシャルゲスト、元ちとせについては説明不要かと思いますが…。
元ちとせと台湾原住民音楽の関わりとして思い出されるのは、2011年にNHK BSで放送された「Amazing Voice 驚異の歌声 アジアの島々 アトランタに響いた歌声」という番組です。これは台湾の原住民音楽をとても丁寧に紹介した番組で、元ちとせは藤井フミヤとともにスタジオからコメントする役回りでしたが、原住民の音楽についてセンスを感じさせる発言をしていた記憶があります。奄美の島唄は原住民の音楽とはまた味わいが違うけど、元ちとせに響くものがあったらいいなあと思っていました。

それからかなり時間は経ちましたが、上述のJ-WAVE「RINREI NATIVE MUSIC JOURNEY」で、元ちとせが台湾に足を運んでさまざまな原住民の音楽に直接ふれる姿をみる(聞く)ことができて、個人的にかなりうれしい気持ちになりました(笑)。今回の以莉.高露とのコラボでどんな化学変化がみられるのか、注目です!



Ilid_Chitose.jpg


最後に、ライブに向けての以莉・高露からのメッセージを。



以莉・高露の生の声、ぜひ聴いていただきたいです。9/13の夜はぜひ下北沢へ。

【ライブ詳細】
「NATIVE MUSIC SHOWCASE」

●日程:2018年9月13日(木)
●時間:開場18:00/開演19:00
●会場:北沢タウンホール(東京都世田谷区北沢2-8-18)
〈出演〉
以莉・高露(イーリー・カオルー Ilid Kaolo)
Chris Hou(Key)、Bruce Peng(Gt) ゲスト:菊田俊介(Gt)
スペシャルゲスト:元ちとせ
●チケット発売中:LivePocket
●チケット料金:前売 5,000円(税込)/当日 5,500円(税込)
公演に関するお問い合わせ:native_music_showcase@shalala.co.jp


【音楽の最新記事】


posted by 研究員B at 21:38 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。