2018年08月15日

台湾親子留学24日目 とうとう最終日

とうとう台湾滞在最終日。去年も一昨年も、街を歩いて感傷的になったりしたけれど、今年はなぜかそんな余裕がなく。昨日、台湾大学の農產品展示中心で買ってきた「清蛋糕」で朝ごはん。ふわふわのシフォンケーキ。激うま。

DSC03404.JPG

朝ごはんを食べたら、必死に荷造り。過去最大級の荷物量で、最後の最後まで本当にパッキングができるのが分からず。必死になってあれこれ工夫して、なんとか手持ちのバッグにすべて収まる。はー。やはり台北101展望台キャンプで、寝袋を三つ頂いたのが大きかった。今後、このキャンプに参加される皆さま、帰国時の荷物に注意ですよ…。

3週間×3年間お世話になった宿舎を後にして、タクシーに乗ったら台北駅へ。学校とは違う方向なので、通学路を辿って感傷に浸ることもできず。それでも、自分たちの行ったお店をあれこれ見つけ、所長(11歳)はとても楽しそうだった。

そう言えば、「次に台湾に来たら何しようかね?」と聞くと、所長はいつも「公館に来たい」と言う。「おうち」が大好きな所長。この3年、夏を過ごした公館は、所長にとって大切な「おうち」がある街になったようだ。この宿舎に泊まることは、多分もうない。それでもここは所長にとって大切な場所になった。それはとても素敵なことにように思える。

台北駅では初めてインタウンチェックインを利用。荷物を預け、チェックインをすませ、その後ぶらっと街を歩ける時間があるとか最高すぎる。これなら、帰りは桃園利用でもいいんではないかと思えるほど快適。

ただ、空港に行くまでそんなに時間があったわけではないので、台北駅地下街をうろうろ。所長のハートを鷲掴むチープ雑貨のお店がたくさん。楽しい。

DSC03411.JPG

昼ご飯は、地下街のはじっこY區のインドネシア人街で。去年紹介した日曜の台北駅ホールのにぎわいを思うと、休みの日はここにも大勢の人がやってくるのかもしれないけど、平日は静か。それでも、人が次々やってくる。インドネシアから働きに来ている人なのかな? 台湾にもともと住んでいる人なのかな? 私達みたいな旅行客なのかな? いろんな人が交じり合って、みんなでおいしいご飯。楽しい。

38097429_866618893534396_8942945087998918656_n.jpg

その後、MRTに乗って空港に移動。手荷物関係でちょっとトラブルがあり、空港を右往左往することになったけれど、無事に飛行機に間に合い、今は空の上。いろんなことを思い出しながら、日記を書いている。

サマースクール3年目の今年。何度も書いたように、いろいろと苦戦した。でも所長は来て良かったと言う。特に、中国語が伸びた実感があるみたい。確かに、街を歩いていても聞き取りがかなりできている印象だし、追い詰められればあれこれ言葉をつないで意思を伝えられる。年齢も大きくなったし、台湾で一人で放っておいても「なんとかなる」感じが各段に増した。

でも所長も私も、文化大のサマースクールは今年で卒業だね、とも話している。今までの3年はとても楽しかった。いろんな経験をし、たくさんのことを学べた。でも、所長も大きくなり、求めるもの、目指すところがちょっとだけ変わってきたように思う。この辺については、また別に詳しく書きたいと思う。ただ、「ここで卒業」と思えるところまでチャレンジできたのは、所長にとっても、私にとっても幸せなことだった。

所長はこれでサマースクールに一区切りをつけ、日本で勉強を頑張ると決めた。でもだからと言って、中国語の勉強をあきらめたわけではない。所長が中学生になった年、東京オリンピックが開催される。「所長ちゃん、中国語の通訳ボランティアしたらいいよ!」と関西在住の台湾人パパさんにそそのされ、それもちょっといいかなと思っているみたい。

あと「中学生か高校生になったら、一人でサマースクールに参加してみるのも面白いね」という話も所長としている。今までのように私と一緒ではなく、学生だけで集団生活をするタイプの短期留学。頼る者がいない環境でのチャレンジは、大変だけど、面白い経験になると思う。

37950019_457306984754647_309623290425507840_n.jpg

(誠品信義のおもちゃ売り場で、所長がレゴブロックを使って作った作品。レゴを使ってこれ?と軽く衝撃を受けた・笑)

もちろん、この後、所長がどんな選択をするのか、私には分からない。もしかしたら、まったく新しく興味を持つ何かを見つけて、台湾や中国語には見向きもしなくなるかもしれない。

でも、そうなったらそうなったで構わない。所長が何をしても、どこに行っても、3度のサマースクールで経験したこと、手にしたことは、所長を支えてくれるはずだ。そう信じられる何かを得られたことは、所長にとっても、私にとってもギフトだったと思う。

私も所長も、明日から燃え尽き症候群にみたいになってしまわないか心配。でも、明日からも日常は続いていく。そして、日本での日常は台湾での日常にどこかでつながっている。だから、ここではないどこかに思いを馳せながら、明日からも毎日を楽しく、前を向いていこう。

【台北親子留学2018の最新記事】


posted by 研究員A at 01:40 | Comment(2) | 台北親子留学2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3週間あっと過ぎましたね。
自分は棒球が好きなので台湾の棒球場で語学の勉強をしています。聞き取れなった言葉がわかった時は物凄く嬉しいです。
所長さんも後姿だけですが
大きくなりましたね。そして3年連続でとても良い経験もしたと思います。
中学生になって1人で台湾に短期語学留学すると思いますよ。
Posted by ぶー at 2018年08月20日 18:03
ぶー様

コメントありがとうございます!
先のことは分からないですけど、この3年間が所長の未来につながってくれるといいなあと願うばかりです。
ぶー様は、野球がお好きなんですね。野球場の中国語…。普段使う言葉とちょっと違うような印象があって気になる!
いつか台湾でスポーツ観戦もしてみたいので、機会を見つけて野球場も行ってみま〜す。
Posted by 研究員A at 2018年08月26日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。