2018年08月12日

台湾親子留学21日目 お休みと酸菜白肉鍋の日

昨日でプログラムがすべて終了したので、台湾親子留学はもう終わっているのですが、もう少しだけ台湾に残って過ごしています。

3週間の授業が終わった翌日は、去年も一昨年も、ぐったりしてお休み多めの一日だったはず。今年もやはりそうでした。もう一つ、この日はブログの執筆担当が、疲れた研究員Aではなく研究員Bになっていました。はい、今回も例年同様、すべてBが書きます。

というわけで、3人ともお疲れ気味のおきらく研。Bと所長(11歳)は寝坊気味、Aは早く目覚めてしまって、でも二度寝ができずお疲れ模様。にもかかわらず、寝坊のBと所長のために朝食を買ってきてくれました。ありがたや。

こちらが朝食。街角の朝食店、正式な店名があるのかもわからないけど、Google Mapでは「小地方早餐店」(台北市中正區羅斯福路三段244巷16號)となっています。Aだと大丈夫だろうけど、私などが行くと、だみ声のお父さんの勢いに負けそうになりますが(笑)、お父さんは別に怒っているわけではなく、むしろ親切です! ここ、サンドイッチも蛋餅もおいしいです。

20180812a.JPG

遅めの朝食後もいまひとつスイッチが入らず、出かける算段を話したりするものの、結局ずるずると宿舎の部屋で3人とも時間を過ごす。昼頃になり、私・研究員Bだけ、ちょっと確認したい資料があったので、昼食前に済ませようと思って、YouBikeで台湾大学図書館へ。

図書館のそばの場所、以前は何もなかったけど、陳文成事件(1981年)の紀念廣場の表示が立っていました。

20180812b.JPG

何度か書いていますが、台湾大学の図書館は、パスポートがあれば観光客でも簡単な登録手続きだけで中に入れます。荷物は地下1階のロッカーに入れてから。お目当ての資料をコピーし(悠遊卡で支払いができるコピー機あり)、早々に宿舎に戻ろうと思ったら……なんと外は大変な雨! ちょっと自転車に乗って戻るのは厳しそうなので、宿舎にいるAや所長と連絡をとりつつ、図書館に残ることに。図書館自体は興味深い資料もたくさんあり、何より涼しいので居心地がいいのですが、雨が上がるまで待ったために、午後予定していたスケジュールを変えざるをえなくなってしまいました。

その後、結局当初予定の場所に出かけるには間の悪い時間になってしまったので、早めに夕食に行くことに。Aの提案で、今晩はまた鍋に。どこに行ったかというと、酸菜白肉鍋の店、「台電勵進餐廳」(台北市大安區和平東路一段75巷)です。

20180812c.JPG

看板の「台電員工福利餐廳 勵進餐廳」という文字からわかるように、本来、台湾電力公司の職員のための食堂だった店。現在では、一般のお客さんも受け入れるようになっています。ここはなんと予約不可で、「後から遅れて一人来ます〜」もダメ。全員が揃った状態で初めて入店できます。

ちょっと昔の雰囲気を感じさせる店内。ここで食べるのは酸菜白肉鍋(一人460元・サービス料なし)。ドリンクバーやデザートはついてこないあたりもクラシックな印象を強めます。
テーブルには、肉3種(牛・豚・羊)、酸菜、押し豆腐、蔥油餅、揚げた肉団子など。野菜や肉の追加は別にコーナーあり、自分で持ってきます。タレは自分で作れますが、今回は店員さんがお薦めのブレンドで作ってくれました(おいしかった!)。蔥油餅や揚げ肉団子がクリスピーでおいしい!

20180812d.JPG

運ばれてきた炭火の鍋に、店員さんが押し豆腐と酸菜(いっぱい!)を投入。「牛肉は10秒、豚肉と羊肉は15秒!」というお言葉をありがたく拝聴し、スタート!

20180812e.JPG

あ、食事中の画像がない…。最近の火鍋店のような華やかさはなく、酸菜白肉鍋の有名店のような洗練や落ち着いた雰囲気ともちょっと違うけど、十分楽しめました。所長はドリンクバーやデザートがないことに不満そうだったけど、このクラシックで「質実剛健」(?)な酸菜白肉鍋、一度食べる価値ありだと思います!

食後は歩いて師大夜市へ。スマホのストラップを買いたいという所長のために訪れたのですが、いくつか店をのぞいたけど、どうもお眼鏡にかなうものがない模様。所長いわく、「昨日行った樂華夜市の方がよかった」とのことで、協議の結果、急遽二日連続で樂華夜市に行くことに!

土曜の夜の樂華夜市は、昨日以上に大盛り上がりでした。まずは所長がご所望の、シンプルなデザインのストラップを購入(33元! 師大夜市の店のものはおしゃれすぎ+高すぎと感じたそうな)。そして、せっかく来たのだからということで、なんと二日連続で「永美雪花冰」(新北市永和區永平路67號)へ!

食べたのはこちら。やはり食べちゃう「タピオカミルクティーかき氷(K糖珍珠奶茶冰磚)」75元。二日連続でもおいしい〜。

20180812f.JPG

もう一つ、「花生花豆花生冰磚」80元も注文してみました。煮たピーナツがトッピングにかかったかき氷、食べると濃厚なピーナツ味が広がります! 濃い! これもおいしかった!

20180812g.JPG

というわけで、アクティブではない一日になりそうでしたが、結局最後はあちこち食べ歩くことになりました。楽しかったけど、たまった疲労は抜けきらなかったかも?



【台北親子留学2018の最新記事】


posted by 研究員B at 03:57 | Comment(0) | 台北親子留学2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。