2017年08月11日

台湾親子留学2017 19日目―明日でおしまい、サマースクール

3週間にわたったサマースクールも明日で終わり。こちらから持ちかけてもいないのに、所長(10歳)が夕食を食べながら、サマースクールの総括をしていた。

去年と今年の違いは、所長によると次の通り。
1.去年はみんなイングリッシュネームで呼び合っていたけど、今年は中国語名で呼び合っている。
2.去年はみんなずっと英語を話していたけど、今年は後半になると中国語で話す人が増えた。
3.去年はみんな状況を考えず英語を話していたけれど、今年は英語が話せない人(=所長)がいると中国語に切り替えて話してくれる。

去年は低学年クラスだったのが、今年は高学年クラスに移ったからか。去年は入門クラスだったのが、今年は初級クラスに移ったからか。中国語の使用率が高くなって、友達同士で基本的な会話は中国語でしているみたい。そして、言葉の分からない友達をきちんと思いやるようにもなっているみたい。成長って、なんて素晴らしいんだ…。

ただ、英語を使うことについては、授業中もすいぶん厳しく制限していたみたい。サマースクールが始まった頃は、授業中に英語を話すと5分間は教室隅の席に座っていないといけないというルールだった。それがだんだん厳しくなって、座っているだけでなく書き取りの練習もしなければいけない。ランチタイムにビデオを見せない。という風に変化。この辺の厳格さは、日本のぬるま湯な小学校に通っているとかなり新鮮だった。

一方で、サマースクールでは「できる子を褒める」ことにもかなり積極的。授業中に発言をした、ゲームで勝った、お手伝いをしたなど「良いこと」をすると、シールがもらえる。黒板の横にはシール表があって、誰のシールが多いか一目瞭然。一番を取りたい所長はずっと頑張っていて、今日やっと1番になれたらしい。

最近の日本の小学校は、あまり競争をしない。罰も与えない。課題もほとんどない。能力別に分けられて、毎日課題を与えられ、ルールを守り、競争をする学校生活は、所長にとってはちょっと新鮮な体験だったんじゃないだろうか。でも、いろんな国の、いろんな育ち方をした友達との中では、基準が「一つじゃない」場面もたくさん。厳しいルールと多様な価値観とが共存するこんな状況には、なかなか他の場所では巡り合えない。そういう場所にいられたことが、所長にとって宝物になるといいなあ。なんてことを、と大人は勝手に思ってしまうけど。

そう言えば、仲良しのYちゃんにお別れの手紙を書きたいと言い出した所長。Yちゃんはあんまり中国語が読めないから、ということで、研究員Aに英訳してもらいながら手紙を書く。友達に対してこんな想いを見せるのも、去年にはなかったこと。1年で所長も成長したんだなあ、としみじみ感じてしまう。

【今日の研究員AとB】

研究員Bです。今日のコーナーは、Aは既に訪問済みのところが多いので、代わってBが書きます。読みにくくなるかもしれませんがご容赦を。

午前中は、秋に開催予定のおきらく研イベントのため、台湾在住のある方と打ち合わせ。まだ先だけど、面白くなりそうな予感。乞うご期待。

その後は、MRT永安市場駅に移動し、Aが先日訪れて強力推薦の「豆腐殿」(新北市中和區中安街74號)でランチ。

20170810a.jpg

Aは臭豆腐大好きだけど、自分はどちらかというと苦手……。でも、Aが注文した臭豆腐を自分も味見したけど、臭いはほとんど気にならず、むしろ豆腐として非常においしく、ちょっとびっくり。自分が食べた「獅子頭菜飯」も充実でおいしかった!

食後は、これまたAが先日訪れて強力推薦のスポット、国立台湾図書館(國立臺灣圖書館:新北市中和區中安街85號)へ。

20170810b.jpg

公立図書館といってもここは国立のせいか、いろんな意味で本物。蔵書や資料の充実ぶりもそうだけど、余裕のあるスペースや落ち着いた雰囲気、スタッフの親切さが素晴らしい。台湾大学の図書館でなかった資料は、国家図書館に行かないといけないと思っていたけど、この図書館でほとんど用が済んでしまった。

6階と4階で開催中の展示(「望見南方 館藏舊籍南方資料展」と「圖像敘事的藝術:日本繪本演進史 特展」)も、それぞれ興味深かった。長新太やいわさきちひろの原画を台湾で見ることになるとは、と感慨。

図書館を出てからは、目の前にある「冰果天堂」(新北市中和區中安街78號)でマンゴーかき氷(芒果牛奶冰)170元。

20170810c.jpg

マンゴーの量もクオリティも満足感十分のおいしさ。台北市内だと、この価格でこのくらいのマンゴーかき氷はあまり多くないかも。

【おまけ】
再び、研究員Aより、今晩の夕食のご紹介。
「何食べる?」
と話しても意見がまとまらなかったので、色々と買いこんで宿舎で食べる。

MRT公館駅のすぐそばで、いっつも行列している鹽水雞の店(「好雞匯」 台北市中正區羅斯福路四段76之2號)で買ってみた。

20170810d.jpg

鹽水雞は初体験。うーむ、この体に負荷が高そうな味。癖になるかも…。つまみにぴったりじゃないか…。

他は、「大學口糯米腸包香腸」(台北市中正區羅斯福路三段286巷18號)、「幸福村潤餅」(台北市中正區羅斯福路三段316巷4號)、「兄弟蚵仔麵線」(台北市中正區汀州路三段235號)、あとは鹽水雞の向かいの屋台で1Lオレンジジュース。

20170810e.jpg

完全な夜市メニューだけど、宿舎で落ち着いて食べるとそれぞれ美味しくてとっても満足。公館夜市はいいなあ、としみじみ。

★お知らせ★
9月2日(土)に東京ウィメンズプラザで、おきらく研のイベント「台湾「親子留学」報告会」を開催します。詳細はこちらをご参照。ご関心のある方はぜひ!


【台北親子留学2017の最新記事】


posted by 研究員A at 00:03 | Comment(0) | 台北親子留学2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。