2017年02月24日

台湾女子ナイトに行ってきた!

昨日、2月23日(木)夜に開催された「台湾女子ナイト」に行ってきた。華やかな場所はちょっと苦手な研究員A。普通だったら二の足を踏むのだけれど、今回は主催者の小伶さんにお誘いいただきのぞかせていただいた。行かなかったけどちょっと気になる方は他にもいらっしゃると思うので、ざっくりレポさせていただく。

さて、今回の「台湾女子ナイト」。開催場所は、渋谷の東京カルチャーカルチャー。場所としては申し分なく華やか。しかも、定員150名という大箱。それが早々にチケットも完売したと聞いていたので、どんな人が来るんだろう?会場はどんな感じなんだろう?とドキドキしながら出かけていく。

170224a.jpg

入り口を入ると狭いスペースに物販。

【大同電鍋コーナー】
170224b.jpg

【出版物関係】
170224c.jpg

【タイワンダーコーナー】
170224d.jpg

そして、客席。でかい!

170224e.jpg

テーブルに分かれて座るのだけど、これが完全自由席。一人で来た私は、どこに座ろうか、まず悩む。周りを見ると、グループで来ている人、ペアで来ている人、一人で来ている人、といろいろ。やっぱり一人で来ている人は、どこに座ろうか戸惑っている感じ。そうだよね。どきどきするよね。

会場に入るまで知らなかったのだけど、ここではワンオーダー必須(それって常識なんすか?)。というわけで、この日の限定メニュー魯肉飯を注文。こんな感じ。

170224f.jpg

うーん、ちょっととろみ強すぎかなあ。味は悪くないけど、魯肉飯とは違うかも。880円也。

席がそこそこ埋まった頃に、唐突にタイワンダーが登場。「タイワンダーに初めて会う人〜」というお姉さんの呼びかけに、会場の9割以上が挙手という衝撃! なんか今日は、いつもの台湾イベントとは違う雰囲気になりそうだ…という予感がよぎりまくる中、タイワンダーとお姉さんは明るくダンス。がんばれ、タイワンダー!

170224l.jpg

その後、満を持して本日の登壇者登場。左から司会のROMYさん、主催者の小伶さん、ゲストの一青妙さん、柳沢小実さん。きれいなお姉さんがずらっと並んで、「台湾女子ナイト」感炸裂。ううむ、やはり私、なんか場違いな気が…。

170224g.jpg

皆で乾杯した後にトークスタート。前半は、おすすめの食、買い物、場所、美容情報など。各スピーカーがどんどん情報を出してくる。3人キャラが違うので情報も多岐にわたり、全部あわせると雑誌のミニ特集になりそうなぐらいの情報量。それがすごい勢いで進んでいくので、みんなメモ代わりにスクリーンの写真を撮りまくり。私自身は人のおすすめ情報にそんなに関心がない方だけど、それでも面白い情報がちょこちょこあって、へえ、と聞く。

170224h.jpg

休憩をはさんで後半は、旅仕度、お土産、日本で楽しめる台湾、などについてのトーク。これもまた情報もりもり。みんな写真を撮りまくり。登壇者の方々、さぞかし準備が大変だったのでは…。

充実のトークショーが終わった後は、大抽選大会。ピーチのポイント8万円分とか、大同電鍋とかいう大物から、小物まで、すべてあわせて30名分! 150名のイベントで30名に景品が当たるってすごい〜。

170224i.jpg

抽選会の途中に東京豆花工房の豆花が配られる。おいしい。後から中国茶も出た。これもとても美味しかった。

170224j.jpg

で、抽選会が終わったら、豆花を食べながらまったり参加者同士で交流会…のはずが、「盛り上がらないと困ると思ってクイズを準備してきました〜」という主催者さん主導でクイズ大会開始。

170224k.jpg

これもなかなか面白かったけど、もう少し他の参加者とも話したかったかな。だって、クイズ大会が終わったら、遅くなったし一通り終わったみたいだし、という感じで一人客は続々帰っちゃう。私のテーブルにいた他のおひとり様参加者もこの時点で帰ってしまい、寂しくなった私も帰ることにした。

全体としては、台湾情報をたっくさん聞けて、景品がたっくさん当たる抽選会に参加できて、たっくさんの「台湾女子」が一同に関して、とボリューム感が半端ないイベントだった。参加費3500円(+ワンオーダー)はちょっと高い?と思ったけど、このボリューム感なら満足度も高いのではないだろうか。実際、SNSでは好評の声を多く見た。

一方で、どちらかというとオタク/マニア系おばさんの研究員Aとしては、「華やかすぎて疲れた〜」というのも正直なところ。なんかもう、ずっとキラキラしてた。会場も、人も、ノリも。

でも、台湾にハマったけど仲間がいなくて、情報を共有したい、人とつながりたい、と思っている人ってけっこういるんだなあ、としみじみ実感。SNSという手段を積極的には活用していない層とか、パーティー気分で台湾を楽しみたい層とか。自分たちがやっているSNSからだけでは見えない「台湾好き」がこんなにもいる。その人たちにとって今回のイベントは「待ってました!」だったのではないかしら。「台湾好き」の裾野の広がりって自分の想像を超えたところまで来てるんだな。そんなことを体感させられたイベントだった。

「好き」の形はいろいろなのだから、アプローチはたくさんあった方がいい。今回のイベントは、今までとは違う層に、違う形でアプローチする企画として画期的だったと思う。今回の経験を踏まえて、もっともっと面白いことを企画していってくださいな、「Howto Taiwan」さん!

【国内:観の最新記事】


posted by 研究員A at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック