2016年09月09日

おすすめ! 「雲之南麗江斑魚火鍋」で雷魚鍋!

今回の滞在で最も印象に残ったレストラン。それは「雲之南麗江斑魚火鍋」(台北市大安區安和路二段184巷8號、公式サイト(日本語あり)、Facebook)。

実はこちらのお店、ご招待でうかがったお店。雷魚の鍋が一押しって言うけど、雷魚って食べられるの?美味しいの?もしやキワモノ? 疑念いっぱいでうかがったら、なんのなんの。これがとっても真摯で素敵で、何よりとってもおいしいお店。これは力をこめてご紹介せねば。ということで今回は写真多めです。

さて、こちらのお店。行った日は生憎の雨で外観の写真を撮るのを忘れてしまったけど、中に入るとこんな落ち着いた空間。

160908b.jpg 160908a.jpg

そんなに広いお店ではないけれど、場所によって雰囲気が違う。気分によって座る席を選ぶと楽しいかも。子ども用椅子もあるので、ちびっ子連れでも安心。

期待が高まる中、席に着くとスタッフが丁寧にメニューの説明をしてくれる。このお店の嬉しい所は、予約の際にお願いすると日本語ができるスタッフがついてくれるところ。メニューにこだわりのあるお店なので、説明を聞いて、いろいろ相談しながら決めていくのがまた楽しい。

で、まずは前菜。雲南料理って米が原料の麺をよく使う。こちらの前菜もそれを使ったものがいくつか。しかも、こちらの米麵は、お店のおかみさん手作りでモッチモチ。甘くてすっぱくて辛い雲南味は、パンチが効いてるけどしつこくない絶妙なバランス。

160908c.jpg 160908d.jpg

実は研究員Aは雲南料理がわりに好き。日本でも何軒かで食べたことがあるけど、このお店は、今まで食べたどこのお店よりうまい!とこの時点で確信。前菜でこれって期待ができそう!

というわけで、やってきました今日のメイン。雷魚鍋!スープは4種類の中から選べるので、辛くないオリジナルスープ(「半桶水半桶魚」)と、花山椒がきいた辛いスープ(「老重慶麻辣」)を選んだ。

160908e.jpg

鍋の薬味コーナーも充実。それぞれ、オーナーさんがこだわりぬいて選んだそうで、確かにどの調味料もすっきりとした、素材がひきたつ上品な味。どれにしようか、またまた楽しく悩んでしまう。

160908f.jpg

もちろん、具材も魅力的な品がいっぱい。まずは混ぜ物なしのエビつみれ!

160908g.jpg

スープに入れるとさーっと赤く染まる。鍋から出すとスープの味とエビ100%のうまみが口に広がって幸せー。

160908h.jpg

更に、そのまま食べても、辛いスープに入れてもおいしいですよ、とお勧めされたルーウェイ。モツを秘伝のタレで煮込んだこちら、そのままでも十分に美味しい。でも、スープに入れると辛うまダシが絡まって更においしい!

160908i.jpg

そしてやってきました。メインの雷魚!

160908j.jpg

シェフがお魚を目の前でさばいてくれるサービスは500元。でも、グループだったらぜひとも頼みたいところ。だって、目の前で自分たちのためだけにお魚がさばかれていくって、それだけで盛り上がるもの。

160908k.jpg 160908l.jpg

しかも、お魚の一部はこんな美しいお刺身にしてくれる。コリコリした歯ごたえ。さっぱりした食感。あまりしつこくないので、いくらでも食べられる感じ。

160908m.jpg

更に、お待ちかねのしゃぶしゃぶ。「5秒だけです!」と言われてお湯にくぐらせる。当然だけど、雷魚を食べるのは初体験。おいしいの?と半信半疑だったけど、さっぱりしているのにほどよい食感があって、口飽きしない美味しさ。スープによって違う趣になるし、薬味を足すとまた別の美味しさが現れたりするのでどんどん食べちゃう。しかもコラーゲンたっぷりでお肌にいいんだって。言うことないじゃん。

160908n.jpg

〆はもちろん、お店の名物の米麵(米で作った雲南特有の麺)。具材の味が解け出て激ウマになったスープがたっぷり絡んだ米麵。まさに幸せの味っていう感じ。ほっこり。

160908o.jpg

食べ終わって大満腹!大満足!なのだけど、不思議と胃もたれはなく、後味さっぱり。「うちの料理は台湾料理というより、日本料理に近いんじゃないかと思っているんです。素材の味を引き立てて、シンプルに料理することを心掛けているので」とお店の方がおっしゃっていたのだけど、まさにそんな感じ。素材が引き立つさっぱり味。だけど、ちゃんと雲南独特の味付けもぴりっと効いている。くどくなくてさっぱり美味しいけど、日本で食べられない味を食べている満足感もあり。

わざわざ台湾で雲南料理?と思うなかれ。これは、日本では絶対に食べられない味。わざわざ台湾に来て食べるべき料理だなあ、と納得。台湾料理も美味しいけど、ちょっと口飽きしてきたかな?というくらいの時に行くと、すっごく幸せな気持ちになると思う。

それから、こちらのお店の特筆すべき点は、お店の方がみ〜んな素敵なこと!日本語ができるスタッフさんは一人だけど、店主さんも、シェフも、みんな気持ちの良い方。押しつけがましくなく、でもさりげなくテーブルの様子に気を使ってくださるのがとても印象的だった。これは、料理はおいしくてもサービスは大味、なこともある台湾のレストランでは高く評価できる点な気が。

でも、自分はいつも一人旅だし…とか、そんな豪華ディナーはちょっと…という方。朗報です。こちらの店には単品で頼める麺のメニューも充実。一品200元ちょっと、というのは街の食堂基準で考えると高いかもしれない。でも、手作りの米麵、こだわりぬいたスープを、落ち着いた店内で心のこもったサービスを受けながら食べられるなら行く価値あり、ですよ。

というわけで、すっごく印象的だった「雲之南麗江斑魚火鍋」。ぜひぜひ皆さま、日本では体験できない味を確かめに行ってみてくださいな。なんと予約のメールも日本語可ですよ!

【旅行:食の最新記事】


posted by 研究員A at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック