2016年08月23日

台湾親子留学 文化大の子ども向けサマースクールについて2

台湾親子留学実践編。前回は、なぜ数ある子ども向け中国語サマースクールの中から台湾・中国文化大学の「兒童和青少年華語夏令營」(児童&青少年中国語サマーキャンプ)を選んだかを書いた。今日は、実際行ってみて分かったことを書いてみる。

〔参加者の顔ぶれ〕
一番、多いのはやはり非中華圏在住の中華系の子ども。両親が中華系の場合も、どちらか片方の親が中華系の場合もあった。ただ、親も「中華系」とひとくくりにはできないくらい多様。香港出身・イギリス在住で家では広東語を話してるけど北京語を習わせたくて来たというママとか、台湾出身だけどシンガポール・アメリカ育ちで中国語は話せても全く読めないというママとか。中華系だから中国語を話せるというわけでもないのが興味深かった。

あと、中華系の血は入っていないけど、学校で中国語を勉強していて面白いから、という理由だけで参加している子もそれなりにいた。この場合、当然のことながら親はまったく中国語が話せない。でも、子どもはやたら中国語がうまかったりする。これも、興味深いなあと。

出身国はアメリカ・イギリスが圧倒的に多く、他にタイ、韓国、香港など、他の国(地域)が少し混じる感じ。しかし、非英語圏から来た子でも、なぜかみんなネイティブ並みに英語が話せる。結局、休み時間の教室の共通語は英語だったみたい。

〔授業で使われるのは英語と中国語〕
英語を話す生徒が圧倒的多数なので、授業の時にサブとして使われるのも英語。と言っても、あくまで「サブ」という位置づけで、基本的には中国語で授業をしているようだった。たまに、ヒントとしてちょっと英単語を使ったりしたみたいだけど。教室で生徒が英語で話しかけても、先生は中国語で返す。で、そのまま英語と中国語で会話が続いていったりするので、見ていると面白かった。

〔事務連絡で使われるのも英語と中国語〕
上にも書いたように、保護者には中国語よりも英語ができる人が多い印象。ただ、台湾在住の祖父母や親戚と学校に来る子もいるので、中国語も必要。そのため、初日に渡されたハンドブックや、その後配布された各種連絡事項はすべて英語・中国語併記で書かれていた。

ただし、初日に行われた保護者向けガイダンスは英語が主。でも、中国語で質問があれば中国語で答えるという臨機応変な感じで進行した。クラス担任の先生やアシスタントの学生も、最低限の英語が話せる。実際、中国語がまったく話せない英語圏出身のママさんも、何とかなっていた。

中国語が使えたほうが何かと便利ではあったけど、英語だけでも事務的には何とかなりそうだな、という感じ。

〔日本語を話す参加者もいないわけではない〕
事前に問い合わせた時は、「低学年クラスは多分、日本人一人だと思う。高学年クラスだったら毎年いるけど」と言われていた。でも、所長(9歳)は初日に、日本在住の日台ハーフのお友達ができた。更に所長によると、4つあった低学年クラスにはすべて一人ずつ日本人がいたらしい。だから、思ったよりも日本人参加者はいるのだな、と。

高学年クラスも同様で、所長は遠足の時に高学年クラスの日本人女子二人と友達になったそうな。他に男の子も二人くらいいたと、所長は言っている。たくさんいすぎると勉強にならないけど、このくらいだと心細くない、ぐらいのちょうど良い塩梅だったと思う。

〔クラスのレベルと規模〕
クラスのレベルは、初日の午前中にやる簡単なテストで決まる。低学年クラスの場合は以下のようなもの。

1. 口頭で五つ質問をされ、それに答える。
2. 中国語の文を五つ見せられ、読めるものを読む。

この結果で、入門・初級・中級・上級の4つのクラスに振り分けられ、翌日から授業。

ちなみに、所長はテストに玉砕して入門クラスへ。外からのぞいた感じだと、入門と初級の間にそんなにレベルの差は感じず。でも、中級になるといきなり高度になる気がした。

あと、所長のクラスは13人。たぶん、一番人数の多いクラスで、他は10人くらいだった気がする。これに先生一人と大学生のアシスタント一人がつくわけだから、なかなか贅沢な学習環境。


こんな感じの文化大サマースクール。来てる親も子も、それはもう多様なバックグラウンドを持っている。自分たちのように、両親も祖父母も全部日本生まれの日本育ちです、とかいうのが逆に奇異に思えてくるほど。

そんな多様な人たちをつなぐのはやっぱり英語だったり、中国語だったり。とりあえず言葉を話せるのは大事だ!とか保護者の方がしみじみと思ってしまう。面白い空間だった。

【台北親子留学2016の最新記事】


posted by 研究員A at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台北親子留学2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック