2016年08月17日

台湾親子留学 終わってみての感想編

日本に戻ってきて二日。まだまだ心も身体も台北に置いてきたような感覚があるものの、少しずつ日常生活に復帰しつつある研究員Aと所長(9歳)。記憶が薄れてしまわないうちに、台湾親子留学を終えて、の感想を書いてしまおうかと思う。

【学校は楽しい!】
いやもう、これは何度言っても言い尽くせない。出会った人すべてが素敵だったし、勉強もものすごくためになった。宿題は大変だし、所長の相手や日常の何やかやとの両立は大変だったけど、それを超えて余りある素晴らしい体験だった。

当たり前だけど、学生に戻るのは久しぶり。学生でいることの贅沢さ、悦楽に心から感謝できるのも、年をとったからこそ。中国語学習という点ではもちろん、それを超えていろんな点で、これからの私を支えてくれる、後押ししてくれる体験になったと思う。

学校の窓からいつも見ていた風景。

160817window.jpg

【子どもはすごい!】
行くまでは、いや行ってからも、「大丈夫なのかしら?」とずっとドキドキだった所長のサマースクール参加。結果から言うと、何の問題もなかった。余裕すぎて「授業が簡単すぎてつまんなかった〜」と文句を言うくらい。

何度も書いたが、クラスの中で日本語を話すのは所長一人。他は全員、英語を話す子供たち。学校のスタッフは中国語がメイン。完全にアウェイだったはずだが、ちゃんと自分の居場所を見つけ、できることをやり、みんなに認められ、お友達を作って、楽しい時間を過ごしていた。

いつもとは違う仲間と、いつもと同じ楽しい時間を過ごした経験は、所長にとって自信になったように思う。積極的に中国語を口に出すようになったし、英語や中国語をもっと勉強したいと言うようになった。なんだか見えてる世界がぐんと広がったみたい。

9歳の力ってすごいなあ。見てる私が感心してばかりの毎日だった。そんな所長の底力に気づけたのは、今回の収穫の一つ。

160817departure.jpg

【日常は大事】
今まで何度も旅行で行ったことはあるものの、初めて長期にわたって「住んで」みた台北。いつもと違う風景を見れたこと、感じられたことがすごく面白かった。

特に今回は、毎日、二人とも学校があったから、特別な場所には行かず、特別なこともせず。二人で毎日同じようなところをウロウロしていた。でも、毎日ウロウロしているうちに、おいしいお店が見つかったり、店主さんと言葉を交わすようになったり。発音が悪くてむっとされたりもしたけど、オロオロしていると通りがかりの人に親切にしてもらったり。

学校でも最初はよそよそしかったクラスメートとだんだん打ち解けていって、彼氏の写真を見せてもらったり、中国語学習の苦労話をしたり、将来の悩みを聞いたり、仕事の苦労話を聞いてもらったり。

そんな風に、いつもとは違う場所で、いつもと同じ日常を送ろうとしていると、毎日を大切に生きるって大事だなあ、とか思ったりした。だって、きちんと人に接していれば、きちんと答えは返ってくる。返ってきたものに、きちんと応えれば明日につながる。その繰り返し。毎日の当たり前を大事に、感謝して、きちんと生きる。それはどこであっても大事なんだなあと。

普通のことなんだけど、日本の慌ただしい毎日ではなかなか目が向かないこと。でも、場所を変えてみたらこそ、そんな「当たり前」が今回は見えた気がする。

160817river.jpg

いつも旅で行く台湾は「ハレ」の場。日常から離れて、日常を忘れて、ぱーっと華やぐ毎日。だから日本に帰ってくると落ち込んで、台湾が恋しくなったりしていた。

でも、今回の台湾滞在は、いつもよりずっと「日常」と地続きな日々。だから、今回台湾で感じたことを、日本の日常につなげるのが今の私の課題。台湾で毎日感じていたわくわくや感謝は、たぶん私の日本の日常にもつながっている。あそこでもらったものを糧に、もっと日本でわくわく、感謝して生きたい! そう思えるようになったのが、今回の留学の最大の収穫。

こんな感じで台湾親子留学。本当にすばらしい体験だった。少なくとも私にとっては。所長にとっても楽しい経験だったように見えるけど、本当のところは分からない。だから、それは所長がもうちょっと大きくなってから総括してくれるのを気長に待ちたいと思う。

160817hands.jpg


【台北親子留学2016の最新記事】


posted by 研究員A at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台北親子留学2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441129211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック