2016年07月09日

「アナザースカイ 野村周平が台湾へ」

「アナザースカイ 野村周平が台湾へ」に登場したスポット

今晩(7/8)放送された、日テレ「アナザースカイ 若手人気俳優の野村周平が台湾へ」。「アナザースカイ」はご存じのとおり(?)、ゲストが思い出の場所(海外)を久しぶりに訪れて、思い出をたどりそれを今の思いにつなげるというコンセプトの番組です。

観光スポットの紹介とかはあまりなかったけど、なかなか面白かったです。
以下、まず番組をみながら研究員Bがあれこれつぶやいた言葉を、整理しなおして貼り付けておきます。

------

日テレ「アナザースカイ」、始まりました。野村周平はwikipediaによると神戸華僑幼稚園・神戸中華同文学校出身。中国語はさすが!

まず訪れたのは、台北・士林夜市。さっそく有名な「豪大大雞排」で唐揚げ。士林夜市の有名店ですが、公式サイトがあるとは知らなかった!
士林夜市で続いて食べたのは、「火焰骰子牛」(Facebook)のサイコロステーキ。

宿泊は台北シャングリラ(香格里拉遠東国際大飯店公式サイト)。優雅だ!

翌日、思い出の場所・台北のAmbassador Theatre公式サイト)へ。かつて、映画『男子高校生の日常』の台湾上映時に舞台挨拶に来たのだと。

次に、ドラマの撮影現場の龍華科技大學へ。現場で会ったのは、台湾で活躍中の池端レイナtwitterFacebook)。
撮影していたドラマは《美好年代》Facebook)。ご参考まで、以前紹介した記事: モデルプレス「台湾で人気の池端レイナ、現地の連ドラに初出演 日本人唯一の挑戦」
共演者の面々(劉奕兒、布魯斯、安俊朋、黃仁コ、楊銘威)がみんな字幕で名前入りで登場していました。監督の明金城(wikipedia)もちらちら映っていました。

野村周平、最後にこのドラマのプロデューサー・王珮華wikipedia)にご挨拶。出演希望を伝えていました。王珮華は、ご存じの方はご存じの台湾ドラマの名プロデューサーです(《犀利人妻》など)。

その後、野村周平と池端レイナは鍋の店へ。店の名前は「ェ巷子」(Facebook)。

【2016.7.9追記】 この鍋の店での会話で出てきた「小鮮肉」について書き忘れていたので追記。「小鮮肉」とは、もともとは細身の筋肉質の若い男性という意味の流行語?若者言葉?です。ただ最近では、若いイケメンをまとめて表す表現に広がっているような気がします(ここでの会話でもその程度のニュアンスでした)。漢字だけみると生々しくて、私も初めて見たときはちょっとビックリしました(笑)。

周平がBMXのオーダーメイドを依頼していたバイクパーツのショップは、「Infinity Bikes」(Facebook)。できたBMXで華麗なテクニックを披露していた場所は、いろいろ検索したけどよくわからず。

というわけで日テレ「アナザースカイ」終了。中国語ができてもいろんな戸惑いがいっぱいの様子も含めて、野村周平がいい意味でかっこつけてない等身大な感じがあり、興味深かったです。お騒がせしました!(B)

------

このあと、研究員Aも少しだけつぶやいたので、その言葉もはりつけておきます。

------

野村周平の「アナザースカイ」終了。有名スポットもグルメも少なかったけど面白かった。自分の中にある「中国語」に向き合う旅。中華学校出身でも、使ってないと口から出てこなくなる。日常会話はできても仕事の現場で通用するわけじゃない。語学学習者には「あるある」すぎて身につまされる…。

しかし「アナザースカイ」の野村周平君の中国語発音、昔、中国語クラスで一緒だった中華学校出身の知り合いと似ていてびっくり。四声とかピンインを最初に叩き込まれる日本人と違って、そこが自然に入った人の「ゆるい」感じの発音。これは、たまたまこの二人だけのことなのかな?気になる。(A)

------

そう、外国語ができない立場からすると、あんな風にしゃべれるならとっても素晴らしいと思うし、うらやましいと思ってしまうのだけど、野村周平自身にとっては決してそうではないのが興味深かったです。自分の中国語がちゃんと自分の道具として使えるのか、手探りするような不安さがあったり、撮影の現場で使う言葉まで学ぶ必要性を痛感したり、現地で活躍している池端レイナに素直にすごいと感じたり、そうした彼の気持ちがとても素朴に伝わっていたのが印象的でした。「かっこつけてない等身大な感じ」という言葉で言いたかったことを敷衍するなら、そういうことになります。

というわけで、情報盛りだくさんではなかったけど、なかなか面白い回でした。野村周平も池端レイナも台湾の俳優たちも、今後の一層の活躍に期待!(B)


【テレビの最新記事】


posted by 研究員B at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439849454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック