2015年09月05日

在欉紅本鋪 その1

在欉紅本鋪―激うまジャム屋が作ったすべてが本物!のショップ&カフェ その1

死ぬほどうまい在欉紅 Red on Tree のジャムを、ご存知だろうか。

誠品書店、好,丘などなど、MIT (Made in Taiwan) グッズを置いてる店では常連のこちらのジャム。台湾産の本格派ジャムのブランドとしては、実は先駆的な存在。以前、オーガニックマーケット・248農學市集に出展していたブースで「おいしい果物を見つけて、農家と取引して、自分たちで作ってるのよー」と笑顔のすてきなお姉さんに教えてもらったことが忘れられない。今みたいに、似たようなコンセプトのジャムを台湾のあちこちで見かけるようになるずっと前のことだ。

その在欉紅がショップ兼カフェを台北中心部にオープンした、と知ったのは今年の5月。これは絶対行かねば!と、在欉紅のFacebookをにらみつけること3ヶ月。念願かなって、行ってきた!

繁華街を外れた小道に面して、いきなり出現するおしゃれな店舗。

red_on_tree1.jpg

1階はショップ、2階に席があってカフェ利用も可能。WiFiもばっちり。吹き抜けで、明るくて、すごく「気が良い」感じ。

red_on_tree2.jpg

うきうきしながらカウンターに向かい、オーダー。スタッフのお兄さんが、まずはブランドのコンセプトを説明してくれる。このお兄さんがまた素敵すぎるメガネ男子で、うっとりしていて中国語が半分くらいしか聞き取れない(嘘。単なる語学力不足)。

力を入れている台湾産コーヒーは、それぞれの産地について丁寧な説明がカウンターに置いてある。これが、それぞれドラマがあってすごく面白い。しかも、風味・味の説明として「苺、ビスケット」とかあって、コーヒーが苺とビスケットの味? 香り? どういうこと? とかなり興味をそそられる。熱心に読んでいたら、豆の瓶を開けて、それぞれ匂いをかがせてくれた。三つとも全然違う! 豆を匂って、状態を確認して、買うものを決める、とかなんだか中国茶みたい。面白い。

red_on_tree4.jpg

メニュー一覧はこんな感じ。日本と同水準の価格帯なので、安くはない。

red_on_tree3.jpg

しかし、ここは夢にまでみた在欉紅のカフェ。ここで散財せずしてどうする! ってことで、色々と注文。ジェラート、レモンタルト、屏東産コーヒー、プリン、ソーダを注文。

これが全体にものすごく! おいしくて素晴らしかったのだけど、一つ一つ書いていたらえらく長くなったのでその2に続く、ことにする。乞うご期待!


在欉紅本鋪 Red on Tree (台北市金山南路二段192巷8號)



【旅行:食の最新記事】


posted by 研究員A at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック