2015年04月13日

中国語学習者を恐怖のどん底に突き落とす歌!

すべての中国語学習者を恐怖のどん底に突き落とす"bo po mo fo song"!

この話題、twitterやFacebookでえらい反響があったので、ブログでも書いておこう。

半年前から中国語の勉強を始めた所長(7歳)。4月からは上を目指して、教室を移籍した。「お遊び」だった以前のクラスに比べて、新クラスはかなーり本格的な内容。そしてその本格派の子ども向け中国語教室の「初級」クラスで、しょっぱなに習ったもの。それが、この"bo po mo fo song"!

なんだ、そりゃ?と思われた方は、とりあえず、以下の動画を見るのだ! 45秒ぐらいから歌が始まるよ。



いや〜、これ。何度聞いても、中国語学習者としては背筋が寒くなる…。最後の一行とか、もう恐ろしくて、恐ろしくて…。

ちなみに、この歌詞、実は注音符号(台湾で良く使われる発音記号)に基づいている。なので、よりハードに攻めたい方は、注音符号の字幕を見ながら聞いてみよう。



ほーら、どんどん恐ろしい感じになるでしょう…。

ちなみに、所長は一回目に歌を紹介され、二回目は"bo po mo fo"を叩き込まれて帰ってきた。ということは、来週は"d t n l"を叩き込まれるのだろうか? やばい。2ヵ月後に所長はきっと研究員Bを追い越す。そして、半年後には研究員Aを追い越し、"an en ang eng ong"をさらりと発音し分けるようになっているとか? きゃー。

で、こういう本格的なクラスなので、「この文章、来週まで覚えてきてねー」みたいな暗誦の宿題も多い。親のどちらかが台湾人というケースが大半の所長のクラス。他の家庭では親がお手本になれるのだろうけど、おきらく研にはネイティブがいない! 「教えて」と所長に言われても発音に自信がなく、弱っていたら研究員Bが便利なサイトを見つけてきた。

このサイトの使い方は、いたって簡単。

1.「Enter Text(テキスト入力)」のところに、読み上げたい文章を打ちこむ。
2.「Language(言語)」のところで、「Chinese(中国語)」を選択する。
3.「Voice(声)」はお好みだが、なんと「Taiwanese(台湾人)」が選択できる!

これで、正確な発音はお任せ。宿題の文章を打ち込んで、「Ya-ling」さんに読み上げてもらう。

というわけで、4月からスタートした所長の新しい中国語ライフ。てんやわんやでありながら、なかなか充実。あとは所長においてけぼりにされないよう、研究員二人が頑張るのみ。"bo po mo fo Song"を口ずさみながら、切磋琢磨を心がけねば。最終行とか、絶対に歌える気がしないんだけどね…(涙)。

posted by 研究員A at 22:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
@@えー

私は台湾人ですけど、その歌も初めて聞いたね!
たしかに注音符号を熟知している、
それにもかかわらず、符号を全部並べて速く読むことが・・・

本当に恐ろしい感じになるね (笑)
Posted by Liz at 2015年04月14日 02:43
Lizさま

いや、ほんと。まさに「恐ろしい」…。
特に、日本人だと「an, en, ang, eng, ong」がなかなか発音しわけられないので、最終行が恐すぎる…。そこだけ、歌も早くなりますしね。

ぜひお手本、歌ってください〜(笑)。(A)
Posted by 研究員A at 2015年04月14日 10:59
歌もすごいけど発音サイト、広東語も発音してくれるんですね!
Posted by 香港フリークOno at 2015年04月15日 06:03
香港フリークOno様

わ、私、Cantonese = 広東人かと思ってました。Taiwaneseが台湾語ではなかったもので。とゆーことは、ここのTaiwaneseは台湾華語を意味するんですかね?謎…。でも、この広東語発音機能、便利ですね!
Posted by 研究員A at 2015年04月17日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック