2015年03月03日

台南にホテルが続々ニューオープン?

「台南中心部は古い建物が多いからね。なかなか新しいホテルを作るってわけにもいかないんじゃない?」

2年前、台南の宿探しをしていた時に研究員Bが言った言葉。確かに、その時、台南の宿探しは難航した。トリプル、洗濯機あり、観光スポットに近い中心部、で検索しても、出てくるのはちょっと年季が入った感じのホテルばかり。おきらく研は今まで、シャングリ・ラ台南ケンブリッジホテル台南店天下大飯店と泊まってきたものの、ここぞ! というホテルにはいまだめぐりあえず。

が、しかし! この状況が変わりつつあるらしい。先日、何となく検索してみたら、むむ? 台南にホテルが色々とニューオープンしているぞ? せっかくなので、備忘録も兼ねて書いておこう。

シルクプレイス台南(台南晶英飯店)
リージェントグループ傘下の五つ星ホテル。これはあちこちで話題になっていたので、知っている人も多いのでは。高級すぎて洗濯機がないので、おきらく研的にはアウト。でも場所はわりに良いし、キッズ用のプレイスペース、屋外プールなんかもあるので、小さい子連れで旅行する人には良いと思う。ただし値段も高級なので、覚悟が必要…。


富華飯店
2014年10月オープン。なんと林百貨の目の前! 部屋によっては、窓から林百貨を見下ろせるという観光には100点満点の立地。洗濯機も3階と5階にある。宿泊料もこなれてる感じで、泊まった人の口コミも上々。気になる。


康橋商旅 赤崁樓館
2014年9月オープン。こちらも台湾文学館まで徒歩5分以内の中心地。おきらく研が大好きなクッキー屋、新裕珍餅舗の斜め向かい。

という情報を見て思い出した。2014年12月に台南に行った時、このホテルの横を通った! 新裕珍餅舗で買ったクッキーを食べながら歩いていたら、きれいなレストランが見えて、「ここ、きれいだねえ。ホテルだよね?」と3人で中をのぞきこんだのだった。外観と一階レストランしか見てないけど、すごくきれいでおしゃれだった覚えがある。

ちなみにここも洗濯機完備。このページを見て「何、このアメリカのコインランドリールームみたいなの…」と研究員Bが絶句。本当にこの台数あるとしたら、かなり便利だと思うんだけど。

調べてみると値段もイイ感じで、口コミも良い。このホテルも、おきらく研的にはとても気になる。(康橋商旅は台南にもう一つあるのだけど、そっちは場所がちょっと不便かも)。


未艾公寓
2015年1月オープン。台南に多いおしゃれリノベ宿。洗濯機がないみたいなので、おきらく研的にはアウト。でも、子連れお断りのリノベ宿が多い中、こちらは和室があって子連れ歓迎! な雰囲気が貴重。中心地からちょっと離れているけど、だからこそのおしゃれショップも回りにちょこちょこあるみたい。興味のある方、試してください。1階はカフェになってるらしいよ。


こんな感じで、ちょっと調べただけでも色々と面白い宿が台南にできている。他にもまだ、大手ホテルチェーンが台南進出、というニュースはあるので目が離せない感じ。次はどこに泊まろうか、ちょっとワクワクのおきらく研。泊まった方は、宿泊レポ送ってくださ〜い。

タグ:台南 ホテル
【旅行:泊の最新記事】


posted by 研究員A at 22:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行:泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シルクの隣にもCOZYって言うホテル出来てると思います。
ちなみにシルクのプールはランディスの部屋から丸見えです...
Posted by jjstclg at 2015年03月06日 17:52
わ、シルクプレイスのホテルはランディスから丸見えなんですか!確かに地図を見ると密集している感じですもんね…。それってセレブホテルのプールとしてはどうなんだろう…。

それから、COZZI。そうでした!こちらですよね。

http://www.hotelcozzi.com/jp/store/index/minsheng

チェックしてたのに書くのを忘れていました。子供向け施設が異様に充実しているホテルますよね…。後で余裕があったら書き足します。教えてくださってありがとうございました。
Posted by 研究員A at 2015年03月06日 22:20
我が家も貴所と同様の家族構成で5歳女児を連れてアジア各地を旅しています。
母単身の視察でしたが、今月初旬に天下大飯店と康橋商旅台南赤?楼館に泊りましたので僭越ながら雑感を。
康橋商旅では標準雙人房に1人で宿泊しましたが、とにかく狭い。
スーツケースを全開できるスペースがありません。
ここに2人だと圧迫感で即険悪な雰囲気になりそう・・・。
さりとて広さを求めるとなると結構なお値段になると思われ。
セーフティーボックスはなく、フロントで紙袋にセロハンテープで梱包するレトロなスタイル。
立地至便で綺麗。スタッフも親切で、朝ご飯も洋中取りそろえ美味でした。
中華系ですが子連れも多く見かけました。
しかし、立地以外の点では天下大飯店に軍配が上がります。

私が訪問したときは連得堂で胡麻・花生・杏仁?も購入可でした。
フワッサクッと香ばしく美味しかったです。
可愛い紙箱入りの鳳梨酥も評判よかったです。
気象博物館前の奉茶カフェはとても雰囲気が良かったです。
火鍋がメインですがトーストや葱餅などの軽食もあり美味でした。
キッズチェアがあったので、子連れも気軽に入れそうです。

高雄国際空港は入国はスムーズ、出国はチェックイン・保安検査・出国審査とどれも長蛇の列でかなり時間がかかりましたので、利用される場合はご注意ください。

余談ですが、当所は母が台湾派、所長と父はビーチ・プール派(香菜と八角嫌い)ゆえなかなか台湾出張が叶いません。
水遊びできるところがもう少し充実していればいいのですが。
妥協案として台北経由でビーチリゾートへ行っています。

今後もおきらく研様のディープな台湾情報を楽しみにしております。
Posted by 子連れ旅研究所 at 2015年03月11日 17:35
子連れ旅研究所さま

わお!貴重な情報ありがとうございます!

康橋商旅、狭いんですかー。しかも、セーフティボックスなしとは!あんなに新しいのに、どうしてなんでしょう。次の宿泊先の有力候補だったので、事前に知れて助かりました。ありがとうございます。

他の台南情報もありがとうございます。キッズチェアのある店、台南では貴重な気が…。いやそれは、我々がひたすら王浩一先生の本を見ながら街歩きをしているせいか…。(この本です↓)。

http://okiraku-tw.seesaa.net/article/354440033.html

所内で嗜好が違うと、旅先決めるのもバトルですね(笑)。子連れ旅、いろいろチャレンジしてぜひ情報をシェアしてください!おきらく研は所内に嗜好の偏差が少ないため、かえって冒険しなくなっちゃいます〜。
Posted by 研究員A at 2015年03月12日 20:50
富華飯店に昨年12月に泊まりました。とても綺麗で、フロントの方もとても親切でした。自転車を借りられたので、成功大学まで行ってきました。
ちょうど3Fだったので洗濯機コーナーにも近くよかったですが、林百貨と逆側だったので、窓からの眺めは良くはなかったですが、お廟らしきものが裏側から見られました(笑)
文学館やら孔子廟なども近く、初台南だったんですが、便利な場所でした。また行く時にも泊まりたいです。
COZZIもできているんですね。一度は泊まってみたいです。
Posted by mikinoko at 2015年09月12日 23:15
mikinokoさま

わー!レポありがとうございます!

富華飯店は、他の方からも良かったと聞いていて気になります。が、トリプルは地下で窓なし、との表記をHPで見かけ、先送り中…。もし本当だったら、一生泊まれない(涙)。

COZZIは恐ろしいほど子連れ向け施設が充実していると見かけ、こんなところに泊まってしまったら所長が街歩きしてくれない!と別の意味でお預けです(笑)。ぜひ、こちらも泊まられたらレポお願いします!
Posted by 研究員A at 2015年09月13日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414995772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック