2015年01月10日

地の利は抜群だけど… ケンブリッジホテル台南

台南観光に地の利は抜群! だけど…のホテル―ケンブリッジホテル台南店

2013年9月。二度目の台南。

前回はシャングリ・ラに泊まったが(⇒こちら)、今度はもうちょっと冒険してみよう。ということで、もう少し観光しやすそうな場所のホテルを探してみる。絶対条件は洗濯機が使えること、トリプルルームがあること。意外にもこの条件を満たすホテルは台南にいくつかあり、その中から一番、観光するのに地の利が良さそう、ということで選んだのがケンブリッジホテル 台南店(劍橋旅館 台南店)オフィシャルサイト)。何しろ、赤崁樓からすぐ! 観光スポットど真ん中じゃないですか!

しかし、部屋に入ってみてちょっとがっくり。せ、狭い。窓も小さくて圧迫感ありまくり。

jianqiao1.jpg

ベッドの前にはデスクやらテレビやら、クローゼットやら。作りつけのものではなく、「家具」であるのがなんか新鮮。

jianqiao2.jpg

冷蔵庫はテレビの下にちんまり隠れてた。

jianqiao3.jpg

そして、なぜか客室にはアイロンが標準装備。

jianqiao4.jpg

もちろんアイロン台もあり。

jianqiao5.jpg

浴室がまた「クラシック」で…。

jianqiao6.jpg

アメニティは普通。

jianqiao7.jpg

こんな感じで、部屋自体がくたびれてる感は否めず。とは言え、音がうるさかったり、寝心地が悪いとかいうのはない。そんなケンブリッジホテルに泊まってみての、良かった/悪かった点。

【良かった点】
●ともかく場所が良い
赤崁樓周辺は、美食店集中地帯。朝から晩まで、メインからデザートまで、トップクラスに美味しいものがホテルの目と鼻の先。お夜食がちょっと食べたいな、おやつがちょっと食べたいなと思っても、コンビニに行く必要なし! の素晴らしい場所。

更に、他の観光スポットにも移動しやすいのも良いところ。Google Mapによれば、水仙宮市場まで歩いても10分、台湾文学館までは徒歩8分。ぶらっと行って、ぶらっと帰ってくるが十分できる距離。実際、我々もこの辺を行ったり来たり、ずいぶん歩いた。歩いているだけで楽しい台南の街。やっぱり中心地に泊まるのは、それだけでけっこうなメリットがある。

【悪かった点】
●部屋が狭くて古い…
これは見ての通り。我慢できないほどではない。実際、暑い中での待ち歩きでクタクタで、毎晩ぐっすり眠れた。ベッドも悪くなかった。それでも、部屋全体に充満する安宿感。個人的にはあんまりリラックスできなかった。

●ランドリールームが使いにくい
洗濯機があるのは最上階。コンクリートむき出しの物置のような殺風景な場所。日が暮れてから、女一人で行くのはちょっと恐い…みたいな雰囲気なので、洗濯するのがあんまり楽しくない。記憶がおぼろげだけど、利用時間に制限もあった気がする。(でも、時間制限がなくても深夜にあの場所には行きたくない、と研究員Bが言っている・笑)。


こんな感じで、地の利は抜群だがホテルとしてのグレードは今一つ、という評価。シャングリ・ラ台南とは正反対(笑)。どうしても他に空きがなかったらまた泊まっても良いけど、他により良い選択肢があるなら多分もう泊まらない。おきらく研にとってはそんなホテル。でも、地の利は本当に良いので、ホテルなんて眠れれば良い! な人にはお勧めです。部屋でWiFiもちゃんとつながるし。

【旅行:泊の最新記事】


posted by 研究員A at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック