2015年01月09日

敢えて台南で高級ホテル シャングリ・ラ台南

敢えて台南で高級ホテルに泊まる、という選択 ― シャングリ・ラ 台南

2012年3月。おきらく研は初めて地方進出を果たした。向かった先は台南。

実は、かなり慎重派のおきらく研。新しい場所に行く時、新しいことをする時は、ともかく手堅く、外れなく、がモットー。特に宿泊先がハズれるのは悲劇。台北以外に行くのは初めてだし、所長は当時まだ4歳だったし、ってことで、手堅さ一番で宿泊先を検索。台南と言えば必ず出てくる高級ホテル二つに問い合わせメールを出し、シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル 台南(香格里拉台南遠東國際大飯店)に宿泊を決めた。決め手は、返ってきたメールがとても感じが良かったこと。シャングリラでこの価格は他にはないでしょ、という料金だったこと。そして、6歳以下の子供には無料でエキストラベッド提供、というサービスがあったこと!

初の台南。わーい、シャングリラ。わーい、高級ホテル。という、明らかに間違った方向への期待を抱きながら台鉄台南駅の「裏口」側の出口を出ると、シャングリ・ラ台南は目の前。期待に胸を膨らませながら、部屋に入る。

第一印象。広い!

shangri-la1.jpg

所長(当時4歳)と比べるとベッドが異様にでかい! (というか、所長って3年前、こんなに小さかったのか…)。

shangri-la2.jpg

眺めも良い! 周囲に視界を遮るもの一切なし!

shangri-la15.jpg

ベッドの横のリビングスペースも広い!ソファも広々!

shangri-la3.jpg

と思っていたら、スタッフの人がやってきてソファにシーツをかけ…、

shangri-la4.jpg

布団をかけ…、

shangri-la5.jpg

所長のエクストラベッド完成! 無料だけどかなりちゃんとしたベッド。研究員Aでも寝れそうだ。700元も払ってるのにへぼへぼのエクストラベッドだった柯達大飯店、見習え!

shangri-la6.jpg

ソファ(ベッド)のそばにはバーカウンター(らしきもの)。

shangri-la7.jpg

引き出しを引くとカップ・グラス類に無料のティーバッグ。

shangri-la8.jpg

その下の引き出しには有料のスナック。微妙に台湾ぽくて面白い。(高いから食べないけど)。

shangri-la9.jpg

冷蔵庫の中にも有料のドリンク類がたんまり。(高いから飲まないけど)。

shangri-la10.jpg

バスルームに入ると、浴槽も広々。

shangri-la11.jpg

シャワーブースは別。水圧もばっちり。アメニティ類も文句なし。

shangri-la12.jpg

そして、洗面台が二個! これすごく便利! おきらく研もこれにしたい!

shangri-la13.jpg

あ、トイレもきれいでした。

shangri-la14.jpg

という感じで、期待を裏切らない高級ホテルっぷり。で、実際に泊まった感想は? ということで、恒例の「良かった/悪かった」行きます。

【良かった点】
●部屋が広い
その上、窓も大きい。周囲に視界を遮るものがないので、高い階に泊まると開放感倍増。ともかく気持ちが良い、居心地の良い部屋だった。

●備品も施設もしっかり、かっちり
あるべきものがあるべき場所にあって、ちゃんと動く。これだけで感動するのは安宿慣れしている人間だからかもしれない(笑)。でも、台湾のホテルではそういうタイプのストレスがちょこちょこあるので、それがないだけですっごく快適だった。

●子供向けサービスが充実
子供のエクストラベッドが無料ってのがまずすごい。あと、我々は使わなかったので正確なところはわからないけど、プールにも無料で入れるはず。台南に来てホテルでプール、をやりたい人がどれだけいるかは分からないけど、子供は間違いなく喜ぶと思う。

【悪かった点】
●洗濯機がない
まあ、高級ホテルだから仕方がない…。けど、高級ホテルのぴかぴかの洗面台で、毎日手洗いで洗濯するってのも、ちょっと悲しかったりする。近くにコインランドリーがあるらしいけど、わざわざ外にまで行って洗濯するのは面倒だし。ホテルのクリーニングを頼むのはさすがに贅沢な気がするし。

●観光スポットへの移動がちょっと不便
おそらく、このホテルの一番の難点。台南の観光スポットは、シャングリラとは駅を挟んで反対側。しかも、駅から観光スポットまでもそれなりに距離がある。Google mapで検索してみると、シャングリラから赤嵌樓までは徒歩20分、台湾文学館までは徒歩18分。歩けない距離ではない。でも、そこからまた観光でウロウロすることを考えると、ちょっとロスが多い。それに暑い時期だと、この距離歩くだけでくたくたになる。観光の合間にぶらっとホテルに戻る、をするにも面倒。タクシーを多用すれば問題ないのだが、台南は台北ほど簡単にタクシーが拾えない(⇒こちらをご参照ください)。なので、そこでまたイラッとしたりするわけで。ばりばり台南観光するぞ〜と思っている人が拠点にするには、ちょっと不便なロケーションかも、という印象。


というわけで。ホテルとしては申し分ないが、台南観光の拠点としてはやや微妙、という評価。もし敢えて台南でシャングリラに泊まるとするならば、子連れやジジババ連れでゆったりホテルステイを楽しむ時間がとりたい、みたいな方にお勧めかなと思う。

というのも、その後、東京のシャングリラに泊まる機会があったおきらく研。そのサービスとおもてなしぶりには心を射抜かれたのだ。台南では観光ばっかりに目が行って、ホテルステイを全然楽しめなかったなーと、後悔しても後の祭り。でも、台南に行ったら、街歩きが楽しくて、ホテルを楽しむ余裕なんて全然ないんだよね。だからこそ、敢えて台南でシャングリラ、っていうのは至高の贅沢にも思えるんだけど(笑)。

まあ、ホテルステイに求めるものは人それぞれ。どうぞ皆さま、ご自分の目的にあわせて選んでください。シャングリラが素晴らしいホテルである、ということだけは保証できるので。


【旅行:泊の最新記事】


posted by 研究員A at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック