2015年01月03日

寒暖差が激しい冬の台湾旅行で便利なもの3点

一昨日まで台湾「出張」に行っていたおきらく研。とっても楽しかった一方で、今回、悩まされたのは寒さ。そう、冬の台湾は意外に寒い、時もある。この「時もある」ってのがポイントで、日が出ると暖かくてジャケットもいらない。でも、日が落ちた瞬間に寒風が吹く、みたいな寒暖差が一日の中で発生する。あと、よく知られている通り、よほどの高級ホテルでない限り室内に暖房がないので、ホテルの「中」が寒い。日中、外を歩いている間は暖かかったけど、部屋に帰ったら寒いよー、とかいう寒暖差もある。そんな台湾で重宝した3点を、今回はご紹介。

その1 ユニクロのウルトラライトダウンジャケット

「厳寒」までいかない台湾ではちょうど良い厚さ。しかも、暑くなったらコンパクトにたたんでバッグに入れておける。これ一枚で寒くなったら、ウィンドブレーカーを上に着るとぐっと暖かくなる。(やはりユニクロのポケッタブルパーカがコンパクトにして持ち運べるのでお勧め)。その上、薄くて軽いので、暖房がなくて冷えこむホテルで部屋着にしてもストレスにならない。飛行機の機内で着るのにも良い、との声も多数。

値段があまりしないので、小吃で汚れても「まあ、いっか」ですむのもまた台湾向き(笑)。色々なデザインが出ているが、上に重ね着することを考えるなら、襟が低めの物の方が着回しやすくて良いかも。

その2 首巻き

気温にもよるけど、ウールのマフラーとコットンのストールの二種類持ちがお勧め。何も巻かない⇒コットンのストールを巻く⇒ウールのマフラーを巻く、の三段階で調整できると、かなりの気温差に対応できるから。

その3 肩がけストール

肩から羽織るのはもちろん、寒い時は腰に巻くとかな〜り暖かくなる。みんな上半身の防寒は考えるけど、下半身の防寒てけっこう疎かになりがちだから。あと、大き目のストールはホテルの室内が寒い時、布団の上にもかけられる。ストールの厚さは、必要に応じてお好みで。


こんな感じで、着たり脱いだりで微調整しながら何とか旅を乗り切ったけど、それでもやっぱり寒いと感じる時が多かったかも。ちなみに、ジャケットの下は半袖Tシャツ+薄めのネルシャツ+長袖Tシャツ、って感じ。暑くなったら脱げるように、とこの組み合わせにしたけど、半袖着るくらいの暑さにはならなかったので、一番下はヒートテックのTシャツにすれば良かったかも。

なんだかユニクロ商品を異様にプッシュする感じのエントリになったが、別にユニクロを宣伝したいわけではない。同様の機能があったら何でもいいと思うので、まあ、こんな商品がこんな風に役に立つのか、と参考にしてみてください。冬の台湾、寒い時は寒いぞ! ってことを肝に銘じて。台南ですらも朝晩は寒かったよ!

【お役立ち情報の最新記事】


posted by 研究員A at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411747752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック