2014年03月30日

滅火器樂團と2014年3月29日までの展開

台湾のパンクバンド・滅火器樂團について、紹介と経過をまとめてツイッターでつぶやいたので、せっかくなので以下列記してブログに載せておきます。

【1】
台湾のパンクバンド・滅火器樂團(Fire EX.、Facebook)について、今回の「反服貿」関係で名前を知った人も多いと思うので、連ツイで恐縮ですが彼らおよび経過についてご紹介。彼らは高雄出身の4人組で、2000年に結成。台湾語で歌うバンドです。

【2】
滅火器樂團は、2012年のサマーソニックで来日経験もあります。当時、来日決定を受けて書いたブログのエントリはこちら。ちなみに、彼らはtwitterのアカウントもあります: @fireextaiwan

【3】
今回の太陽花學運で、立法院の学生たちは早くも3/18の時点で、滅火器の歌「晚安台灣」を歌っていました。これは2009年のアルバムに収録されたもので、決して新しい歌ではないのですが。ニュース映像はこちら:


【4】
3/19の夜には、滅火器のボーカル楊大正も、妻の鄭宜農とともに立法院に現れ(もっと前から来ていたかも)、立法院前で自ら「晚安台灣」を歌っています(ETtodayの記事)。
動画はこちら:


【5】
その後、滅火器のボーカル・楊大正は、太陽花學運をサポートする新たな歌「島嶼天光」を臺北藝術大學の学生たちと協力して書き、3/27に立法院の中で、学生たちとともに歌いました。これも台湾語の歌。その動画:


【6】
そして昨日3/29の夜に、この「島嶼天光」のMVが公開されました。@NoBlackBoxTokyo さんのツイートで知った、歌詞の日本語訳はこちら
MVはこちら:



正直言うと、滅火器ってそこまで自分にとってストライクのバンドではないのですが、でもこういう時(ってどんな時だ)の、彼らのちょっとダサいかもしれないけど響いてくる歌には、さすがの説得力があります。以上、ひとまずご紹介まで。

(以下、2014年3月31日午前0:40追記)

【7】
3/30に行われた台北での大集会でも、滅火器の「島嶼天光」は歌われたようです。スマホのLEDを点灯して、会場大合唱!
「[東森新聞]最新》凱道大合唱「島嶼天光」完整版」

【音楽の最新記事】


posted by 研究員B at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393087356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック