2013年10月11日

所長(6歳)の台湾観察日記のまとめ 後編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 後編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 前編」に続き、後編。9月に台湾「出張」に行った時に所長が言ったことをちょこちょこツイートしたので、そのまとめです。

所長(6歳)の台湾観察日記6。ホテルの部屋から交差点を見下ろして。「朝はバイクがうっじゃうじゃ。台湾てバイク屋さん、大人気なんじゃな〜い?」 …そうねえ。ヘルメット屋さんも人気よね。
motorcycle2.jpg
前編の1に続いてバイクネタ。台湾のバイクの多さ、本当に印象的だったらしい。

所長(6歳)の台湾観察日記7。路上のテーブルでご飯を食べながら。「台湾てこういうとこ、ゴミいっぱい落ちてるよね」 A「日本は?」 所「ない。でも煙草落ちてる」 日本も吸殻ポイ捨て禁止令出して欲しいよね…。
台湾で一番嫌だった事として所長があげるのは「ご飯食べる所にゴミが落ちてるとこ」。一方で、所長は日本でも道端に落ちている吸殻が大嫌い。どっちもどっち。台湾も日本も、街はきれいにしましょー。

所長(6歳)の台湾観察日記8。「手とか足が一本しかない人いるでしょ?いつなくなっちゃうの?」 夜市で身障者が物乞いしている姿が強く印象に残った様子。身障者が物乞いする状況に違和感はあるけれど、そういった人々とまったく出会うことなく暮らしていける日本の現状も変だよね…。
前編の2に続いて、すごく考えさせられた発言。日本だとまず会うことのない物乞いの姿はとても印象的だったらしく、日本帰国後も何度も話題に出た。自分だけだったら目をそらせばすむことだけど、所長と一緒にいる時にそれは許されない。誠実に、所長に分かる言葉でいろんなことを説明しながら、自分が試されている感じがした。

所長(6歳)の台湾観察日記9。「台湾のベビーカーってどうしてちっちゃいの?」 それは日本みたいに欧米メーカーのでかいの使ってる人がいないからでしょー。あれじゃ道を通れないからでしょー。
日本で人気のマクラーレンみたいながっちり型ベビーカーは、台湾ではほとんど見かけず。メーカーとしてはコンビが多い気がしたけど、時々あっと驚くほどコンパクトな二人乗りなどを見かけた。そう言えば、研究員Bは台南の武聖夜市でマクラーレンを見かけたらしい。何故、あそこでマクラーレン!? 信義区には時々いるけど。

所長(6歳)の台湾観察日記10。羽田空港にて。「台湾のエスカレーターはどうして速いの?」 A「え、速いかな?」 所「速いよ!日本のエスカレーターはのったのた!」そ、そうかな…?
言われてみればそんな気もするけど、どうかな? すごく違うようには思わないんだけど…。

所長(6歳)の台湾観察日記11。羽田からのリムジンバスで外を見ながら。「日本は台湾よりバイクが少なくってつまらな〜い!」 ええっ。多いと楽しいの?
台湾から帰国すると、日本の夜は神経質に思えるほど静か。そして暗い。台湾に慣れた所長には「見るべきものが何もない!」状態らしく、すごく不満気だった(笑)。

所長(6歳)の台湾観察日記12。おきらく研でお風呂の前にトイレに入りながら。「ごみはトイレに流してもいいの〜?」 いいですよ、ここ日本ですから。っていうか、君は明日から保育園の生活に戻れるのか…。
無事復帰できました(笑)。が、いまだにお出かけした時に「ここは日本だからトイレに紙流していいんだよねー」と聞くことがある。こういうのは体に染み付くんだなあ、としみじみ思う。


というわけで、以上が「所長(6歳)の台湾観察日記」のまとめ。普段から「この能力は犯罪捜査とかに活かした方が良いんじゃないか」と研究員Bが言うくらい観察眼の鋭い所長。台湾でも色々と面白いところに目をつけ、面白い事を言ってくれたように思う。研究員二人だけでは気づかないこと、考えないことに目を向けさせてもらえるのは、まさに「子連れ台湾」の醍醐味。色々と大変なこともあるけれど、「子連れ旅」ってやっぱり楽しい! と思えた今回の「出張」だった。次に行ったら今度は何を言ってくれるのか。今から既に楽しみだったりして。

【旅行:子連れの最新記事】


posted by 研究員A at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377270736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック