2013年10月10日

所長(6歳)の台湾観察日記のまとめ 前編

所長(6歳)の台湾観察日記(2013年9月)のまとめ 前編

2013年9月の台湾「出張」中に、所長が言った面白いことをちょこちょこツイートしていた。終わってみたらこれがそれなりの量があり、そしてまたなかなか面白いネタも入っていたので、せっかくなのでまとめてみる。

所長(6歳)の台湾観察日記1。ホテルの部屋から交差点を見下ろしつつ一言。「台湾の人って前に出すぎじゃな〜い」。…そうねえ。
motorcycle1.jpg
二段階左折の前の列の人々に、一人突っ込む所長の一言。所長は特別乗り物好きってわけではないけれど、ホテルの窓から見える交差点を眺めるのは大好き。窓の前に椅子を持って行き、あれこれずっと観察していた。

所長(6歳)の台湾観察日記2。「台湾てさ、夜市に車椅子の人いるよ。昨日は屋台のゲームで遊んでる人と夜市をぐるぐる回って物を売ってる人いた」。…そうねえ。でも、日本ももっと車椅子の人と日常生活で出会える社会になるといいね。
台湾にいると、障害を持った人を本当に街中でよく見かける。普通にデートしていたり、ステージ上でカラオケを熱唱していたり、物乞いをしていたり。日本にもそういう人が沢山いるはずなのに、滅多に出会わない。所長が車椅子の人に強く反応するのも、見慣れていないから。そんな風に子供が育ってしまう日本社会に、ちょっと疑問を感じた出来事。

所長(6歳)の台湾観察日記3。朝ごはん屋さんにて。「どうして中国語って早口なの?」…そうねえ。特に朝ごはん屋で働くおばさんは恐ろしく早口よねえ。
「外国語」に対する関心がどんどん高まってる所長。「外国語を話す人の様子」をものすごく熱心に観察していた。中国語=早口、はよく言われること。だけど朝ごはん屋の早口っぷりは、中国語経験がそれなりにある研究員Aですら怖気づきます。はい。

所長(6歳)の台湾観察日記4。所「中国語話す人ってどうしてみんな大声なの?」A「…バイクがうるさいからじゃない?」所「お店の中でも大声だったよ」…そうねえ。
中国語を話す人々を観察するの巻、その2。これもよく言われることですね。所長は早口・大声な人たちがちょっと恐かったらしい。

所長(6歳)の台湾観察日記5。所「台湾てお外でご飯(=外食)人気だよね。みんな、お家のご飯嫌いなのかな」A「嫌いじゃないけどお外のご飯も美味しいからね」所「でもお外で食べてたらお金なくなるよ!?」A「台湾は大丈夫なんだよ」…外食安いからね。
実は所長は大の外食好きで、日本にいる時も隙あらば「お外でご飯食べたい〜」と主張する。あんまり頻繁に言うので「そんなにお外でばっかり食べてるとお金がなくなるよ!」と研究員Aに叱られた経験あり。↑の発言は、これを踏まえたもの。お外でご飯、台湾みたいにバラエティーに富んでて安かったら、日本でももっと連れてってあげられるんだけどねー。

長くなったので、その2に続きます。

【旅行:子連れの最新記事】


posted by 研究員A at 23:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行:子連れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所長ちゃんの名言を楽しく拝読しました。
我が家にも同じ頃があったなぁ〜と、むふふとしてます。
目線が低いせいか、改めて教えられることもあったりして。(⌒-⌒; )
所長ちゃんによろしく!です。
Posted by ぶーすか at 2013年10月12日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック