2013年09月01日

台湾料理と台湾茶のお店「月和茶」に行ってきた

台湾料理と台湾茶のお店「月和茶」(東京・吉祥寺)に行ってきた

8月のある日、おきらく研に一通のメールが飛び込んできた。曰く、自分の働いている店でスタッフを募集しているのだが、なかなか人が見つからない。良ければ、おきらく研のtwitterに告知を流してくれないかということ。

この時点でお店のことをまったく知らなかったおきらく研研究員、検索してみると良さそうな店だし、メールも丁寧で印象が良かったので、twitterで告知を流す。すると、それを見たお店の方から再度のメール。お礼をしたいのでぜひお店へどうぞ、とのこと。こんな滅多にない機会、逃す手はない。というわけで、週末の昼過ぎにおきらく研一同でのこのこ出かけていったのが、吉祥寺にある台湾料理と台湾茶のお店「月和茶」公式ブログ)だった。

実は上京して初めて住んだのが吉祥寺という研究員A。現在も週2回、吉祥寺に働きに行っている。しかし、月和茶がある辺りは最近はあまり行かないゾーン。この辺だよな、と周囲を見回していると目に飛び込んできたのが、街並みから浮きまくるこのエントランス。本当に普通のビルとかショップに紛れて、このエントランスだけ異世界オーラを出しまくり。

yuehecha1.jpg

でも、入り口の写真を見ると超美味しそう。期待が高まる。

yuehecha2.jpg yuehecha3.jpg

ドアを開けると二階に続く階段。椅子席と座敷席に分かれていて、我々は座敷席に通してもらう。お客さんがいっぱいなので店内の様子は撮影できなかったけど、「茶芸館」っぽい雰囲気を出そうと苦心した跡が見られるインテリア。おきらく研が座った席の横にはこんな素敵な工芸品もかけてあった。

yuehecha10.jpg

というわけで、まずはご飯。五種類ほどある定食の中からおきらく研の3人が選んだのはこちら。

魯肉飯セット。お肉大きめ。でもそれがもうトッロトロで、甘じょっぱくて、食べ始めたら止まらない! 更にスープがしっかりだしがとられた滋味溢れる味で、攻める魯肉飯を優しく受けとめている。あまりの美味しさに、食べてて笑いが止まらない。

yuehecha4.JPG

海鮮米粉セット。こちらもスープのダシがしっかりと取られていて、優しい味。米粉も歯ごたえがしっかり残り、麺だけどきちんと食べてる感じになれる。サイドに油飯がついてきたけど、所長(6歳)が一気食いしたので味見できず。あの様子からして美味しかったんだと思う。

yuehecha5.jpg

鶏肉飯セット。味付けがすっごく独特で面白かったのだけど、何を使っているのか分からないので言葉で再現できず。でも独特の清涼感がたっぷりの野菜にあって、すごく夏向きの一品。個人的にはもう少し鶏肉に味が入っていると嬉しいかな。サイドについてくるのは小籠包! 専門店の感動はないものの、堅実な味。

yuehecha6.jpg

どれもとっても美味しくて満足したのだけど、お茶とデザートの部に突入。

四季春。一煎目はスタッフの方が丁寧にいれてくださる。聞香杯も使った本格茶芸に所長は興味津々。

yuehecha8.jpg

八宝茶。白きくらげ、緑豆などなど八種類の素材をブレンドした、お店オリジナルのお茶。一口目は「??」と思ったが、飲み進めるうちに自然な甘みが段々と癖になってくる。この日、ちょっと疲れ気味だった研究員A。お茶がちょっときつく感じるのに対して、どこまでも優しい八宝茶が体に染みる。

yuehecha7.jpg

とどめは月和茶聖代という名のオリジナルパフェ。お店で手作りしている杏仁アイスがトッピングされた下には、甘く煮た緑豆、むにゅむにゅのタピオカ、さっぱり愛玉、ほろ苦い仙草など「全部入り」。一匙すくうごとに違う食感、違ううまみ。どれもおいしくて猛烈な勢いで食べきってしまう。しかも、具材がしっかり入っているのでデザートとしてはずいぶんお腹にたまる。いろんな意味ですごい満足感。

yuehecha9.jpg

というわけで、心も体もすっかり満たされたおきらく研一同。どれもこれも、すごく「ちゃんと作られたご飯」で、台湾どうこうというより「ご飯」としてうまい。メニューを見せてもらったら、夜は夜で、軽く飲んでがっちり食べて、ができそうな感じ。近所にあったら通いつめるのになああああ、と逆に悔しくなった。

お店で色々サービスしてもらったから言うわけじゃないけど、月和茶、本当に良いお店だった。難点はエアコンの効きが今一つで、今の季節だとちょっと暑いこと(スタッフさんによると冬は寒いらしい)。まあ、その辺を大らかに受け止められる方は、ぜひ行ってみてください。「うまいご飯」「うまいおやつ」「うまいお茶」にありつけるのは確かなので。

あ、ちなみに月和茶のスタッフ募集、まだ続いているとのこと。できれば台湾に興味のある方に来て欲しいそうなので、該当する方、ぜひ手をあげてみてください。ごはんに対する向き合い方やお店の構えなど、ここなら色々と豊かな経験ができそうだなー、と満腹のお腹を抱えて研究員Aは思ったのでした。

【国内:食の最新記事】


posted by 研究員A at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内:食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Twitterでお世話になってます。
ツイート見てからすごく気になって。
今週、月和茶さんに友達と行ってきます( ^ω^ )
予習のためにまたこちら見にきました〜。
ああ、楽しみ!
おきらく研さんのお名前出しても大丈夫ですかね?
見たので来ました、って。
Posted by yutajen at 2013年09月09日 18:55
yutajenさま

月和茶行かれるんですね!
ほんっとに美味しいので期待する価値ありです!
当研究所の名前も、どうぞいくらでも使ってください。
それで何かサービスはないと思うのですが…(笑)。
夜のメニューも超魅力的なので、もし昼に行かれるのであれば、夜メニューも見せてもらうと楽しいですよー。
Posted by 研究員A at 2013年09月09日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック