2013年04月07日

台南グルメの最強ガイド!――『慢食府城』

台南グルメの最強ガイド!――『慢食府城―台南小吃的古早味全紀錄』

昨日、フジテレビ「にじいろジーン」で台南が取り上げられたらしい。研究員Aは録画だけしてまだ見ていないのだけど、「台南」「帆布」で当ブログに辿り着く方多数。もしかしたら、台南行きたい熱が微妙に高まっている人もいたりするのかな。実際のところはよく分からないけど、もしかしたらいるかもしれないそんな人のために。今日は台南小吃グルメのガイドブックをご紹介。

さてその本とは、王浩一編著『慢食府城―台南小吃的古早味全紀錄』(台北:心霊工坊文化、2007年)。

慢食府城.jpg

う、中国語か…と凹む人もいるかもしれない。でも、日本で入手できる台湾ガイドはやはり台北中心。どんなに頑張っても地方都市に割けるページは数ページ。台南のようにグルメスポットがうなるほどある場所を知りたいとなると、やはり台湾で出版されている本が一番になるのだ。

ちなみにこちらの本「節令祭饌篇」「傳奇麵食篇」「經典米食篇」「原創小食篇」「古老美食篇」「特色滋味篇」「大江南北篇」の7篇に分かれていて、各篇では8〜11個の小吃が紹介されている。たとえば「大江南北篇」だと包子、水煎包、水餃、手工豆花、臭豆腐、四神湯、葱餅、珈琲四家と8種類の小吃。一つの小吃につき、最低でも2軒は台南の名店が紹介されているから、本全体だとかなりの数のお店が紹介されていることになる。それがすべて台南のお店。日本語でここまで充実した台南グルメ紹介本は、さすがに見つけられないと思う。

ちなみにこちらの本、各小吃に関する豆知識的情報も載っていたりして、中国語が読めるくいしんぼ(=研究員A)にはたまらない内容。中国語がそれほど読めなくても、小吃の写真がこれでもかっ! と掲載されているので、見てるだけでかなーり幸せ。特に気になる小吃の写真を見つけたら、その小吃を提供している店のデータをチェック。それを頼りにお店に行けば良いのだから、中国語が読めなくたってガイドブックとして十分役割を果たすはず。けっこうアバウトととは言え、巻末に台南小吃マップがついているのも地方の情報に飢えている日本人旅行者にはありがたい限り。

そんなわけで、日本語ガイドブックに掲載される地方情報の乏しさに日々キレているあなた、台南グルメを追及するのに良い本がここにありますぜ。博客来の商品ページに行くと、目次やサンプルページの画像など、もっと詳しい情報が見られるので、興味をもたれた方はどうぞそちらもご覧くだされ。

ちなみに、現段階で日本語で最も台南情報が充実していると思われるのは『FRaU』2012年9月号。やっぱり日本語の情報も欲しい…という方はこちらも手に入れることをお勧めします。



(以下、研究員Bの追記)
ところで、この『慢食府城』、「2007年刊」だともうちょっと古いのでは?と思う人がいるかもしれません。確かに、ここ数年オープンしたようなお洒落な店については弱いのは確かかも。でもこの本が紹介しているのは「古早味」のお店。台南の場合、はっきり言って、こういうお店の情報は5年やそこらでは動きません。そこはおそらく台北とは違う点でしょう。だから今でもやはりお勧めです。

とはいえ、あくまでも「最強」は当社比。もし「こっちがもっと上!」という本があれば、ぜひお知らせを。

【本・雑誌の最新記事】


posted by 研究員A at 23:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本、本屋で見かけました。買っておけばよかったです。
台南で買った小吃トランプ、甘い物編としょっぱいもの編。本とは違いますが、それぞれ52種類ずつ載っていて、なかなか充実してました。
Posted by nozomaro at 2013年04月08日 01:41
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。

この本、今年の2月に台北に行った時購入しました!
ご紹介の通り、写真がたくさんで中国語が分からなくても楽しめますよねー。
研究所ご推薦の本だったので嬉しくてコメントさせていただきましたw
Posted by xin hui at 2013年04月08日 09:52
nozomaro様

表紙がインパクトあるから、本屋で見ても目につきますよね〜(笑)。
小吃トランプ、気になります! でも所長(5歳)に奪われそう。
二人で小吃の名前を叫びながら遊ぶのも楽しそう。
次回、台湾「出張」の際に探してみます!
Posted by 研究員A at 2013年04月08日 13:07
xin hui様

この本、お持ちでしたか!
いやもう、情報のみちみちっぷりが半端ないですよね。
ページを開くたびに身悶えしてしまいます。
台湾のグルメ本って、こういう「みっちり」度がまたちょっと日本と違う気がしますよね〜。
Posted by 研究員A at 2013年04月08日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック