2013年04月03日

第4回台湾版ROOTOTEイベントその1

「第4回 台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」を見てきた その1

春の恒例行事となりつつある、ルートートの「台湾版ROOTOTEチャリティーイベント」作品展示@表参道ヒルズ。今年も台湾著名人のトートバッグの展示があるということで、開催二日目にBと二人で行ってきた。ちなみに2011年のときのレポはこちら、2012年のレポはこちらこちら

台湾組は前半と後半でメンバーが変わるということで、今回は前半戦(グループA)。リストを見る限り、後半の方が華やかみたいだけど、どうかな。

表参道ヒルズの大階段にずらっと並ぶトートバッグを通り過ぎ、階段裏のスペースに行くと……今年も発見、台湾セクション! 心なしか、去年よりも小さいような?

ルートート1.jpg

気を取り直して、トートをチェック。後半戦が華やかな分、今回はやっぱりちょっと地味かな、という印象。あと作品を出しているのが、基本的に「芸能人」。去年は政治家やら財界人やら、誰それ?みたいなマジシャンとか司会者とかものすごく幅広い人がいて、逆にそれが我々オタク研究員には楽しかったのだけど。

でもまあ、せっかくなので印象に残った作品をいくつかご紹介。

祝兵役終了!の俳優・明道。タイトルは「QR Code」。おしゃれなのか、安直なのか…。

ルートート2.jpg

歌手・俳優の呉克羣(ケンジ・ウー)。2012年に撮った自分の写真をハート型にコラージュ。「愛」を表現しているらしいが、研究員Bの感想は「どこまで自分が好きなんだ…」。ちなみに呉克群が呉克羣になったことを、研究員Aはここで初めて知る。遅すぎ。

ルートート3.jpg

歌手の林俊傑。歌は抜群にうまいが、センスはただのアホにーちゃんなJJ。今年はいきがってない分、研究員A的には好感度高し。

ルートート4.jpg

元・南拳媽媽のボーカル、現在はソロで活躍中のLara。イラスト系の中では、研究員Aはこれが一番気に入った。“Art is for everyone.”というメッセージもぴたりだね。

ルートート5.jpg

いまや「俳優」の是元介。昔は司会やったり、元衞覺醒とかいうユニットで歌を歌ったりしてたのにねえ。しかしトートを見る限り、デザインのセンスはなかなか。今回の企画意図を最も理解してたのは実は彼ではないかと。普通にトートとして買ってもいいレベルに思えた。

ルートート6.jpg

前半戦で研究員Bが一番気に入ったで賞、は民雄の。原住民歌手というより『海角七号』の警察官役が記憶に残る民雄。いかつい外観に似合わず、描く画のタッチが所長(5歳)と同じ…。

ルートート7.jpg

前半戦で研究員Aが一番気に入ったで賞、は2*sweetの。トートを見るまで存在を知らなかったけど、2*sweetって萱野可芬と萱野可芳の双子ユニットらしい。お父さんが日本人、お母さんが台湾人で台湾育ちだって。フェルトケーキのチャームと、レシピのデザインが女子心をくすぐりまくり。所長も絶対に気に入るだろうなあ。

ルートート8.jpg

前半戦で最もキテたで賞、は大ヒット曲「保庇」で知られる熟女タレント(笑)・王彩樺の。今年の干支・蛇をモチーフに幸運を描く、というコンセプトがすでに「熟女」っぽく…。しかも、足元に「財」や「廣」や「源」や「富」が転がる中、「財」だけ三つあるあたりも素晴らしい。一から十まで、「やっぱ中華はこれでないとね!」という仕上がりで研究員Bと二人、大ウケ。

ルートート9.jpg

というわけで、本当に一部だけだけど、こんな感じ。後半戦は面子がもう少し華やかなのでどうなるかな。また金曜日に行ってレポします〜。
【国内:観の最新記事】


posted by 研究員A at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック