2013年02月04日

OPENちゃんの広場@高雄・夢時代購物中心

台湾の名物キャラクター、セブンイレブンのOPENちゃん(OPEN小將)が、今年もさっぽろ雪祭りに登場することを祝した、OPEN小將ネタの3回目。今回も、昨年(2012年)9月に台湾に当研究所が行ったときの話です。前回に引き続き、場所はOPENちゃんの聖地・高雄の「夢時代購物中心 Dream Mall」

夢時代購物中心の地下1階には、中庭みたいになっているスペースがあります。建物を抜けて進んでいくと、そこに広がるのは……コロッセウム状(?)の広場です。水に囲まれたそのスペースには、やはりOPENちゃん一同!

上から見ると、こんな感じ。人間サイズ(?)のOPENちゃんとLOCKちゃんも腰掛けています。
openhiroba1.JPG

手前のところには、水場があって、こんな風にOPENちゃんほか各キャラクターの人形が小さな噴水になって並んでいます。
openhiroba2.JPG

ここの場所、「OPEN小將許願池廣場」と言うみたいです。「許願池」ってことは、コインを投げ込んで願をかける池というわけです。実際、多々コインが投げ込まれています(そのお金は高雄の小中学生の給食補助に使われるそうです)。

横に延びるこの許願池には、OPENちゃん一同の各キャラクターの顔が水中にあって、その前にそれぞれどういう「運」に効く(?)かが書いてあります。求める「運」のところでコインを投げればいいわけですね。

それぞれ、OPENちゃんは「開心運」(ハッピー運、って感じ?)、モモちゃんは「愛情運」、ちくわちゃんは「健康運」、バー子は「財富運」、LOCKちゃんは「官運」(出世運)、ちまきちゃんは「考運」(学業・試験の運)の担当のようです。

openhiroba3.JPG openhiroba4.JPG

openhiroba5.JPG openhiroba6.JPG

openhiroba7.JPG openhiroba8.JPG

所長(5歳)は、蒸し暑い中、段を上まで上がったり下まで下がったり、すわっているOPENちゃんに乗っかったり、かなり満喫していました(研究員Bは暑さがちょっとしんどかったのですが)。他にも子どもは結構来ていて、所長も同じくらいの子に中国語で話しかけられていた気が。所長も所長で他の子たちが気になりまくりの様子でしたが、でも話しかけられず、そばをただ走り抜けたりしてました(笑)。

それだけといえばそれだけですが、子連れ or OPENちゃん好きなら、結構写真撮りたくなる楽しい場所なのは確か。特に人間サイズのLOCKちゃんって、結構貴重な気がする。ご関心の向きはぜひどうぞ。

【旅行・観の最新記事】


posted by 研究員B at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318518940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック