2012年10月18日

ウェザーガールズのイベントに行ってきた

ウェザーガールズのシングル発売イベントに行ってきた

お久しぶりです。研究員Aです。機内食のエントリも書かずにブログを放置しててすみません。でも、今日、ウェザーガールズのデビューシングル「恋の天気予報」発売イベントに行ってきたので、そのレポを簡単に。

でまあ、ウェザーガールズって何っていう人はwikipediaでもご覧ください。研究員Bはわりに早くから騒いでいたけど(このエントリとか)、「お天気お姉さんのアイドルグループ?何それ」みたいな感じで、研究員Aはあまり関心を示さず。それが、一変したのは、今年7月、フジテレビの朝の番組「ノンストップ」に出演したのを見てから。予想を遥かに超えたぶっとばしぶりと壊れっぷりに最初は呆然、途中からは笑いが止まらず。何だこれは!? と、ちょっと気になる存在に。

と言っても、わざわざ情報を集めたり、イベントに足を運んだりするわけでもなく。「台湾研究」の一環として、おきらく〜にその動向を眺めていた。がしかし、今回、デビューシングル発売イベントの一環として、たまプラーザでイベントを行うというではないか。それって、完全におきらく研の生活圏内。平日の夕方に、あんな場所で何故!? もしや、おきらく研メンバーに会うため??

いや、そんなことはあるはずはない。でもまあ、こんな機会めったにないので、今日は仕事を早めに抜けてイベント会場に行ってみた。本当は屋外広場のステージが会場のはずだったが、雨で3階に移動。そんなスペースあったっけ。人が入りきれるのかな。いや、逆に人は来ているのかな。と、心配しつつエスカレーターを上がる。

しかし、3回にはしっかりCD販売ブース。おお、イベント会場っぽい。

weathergirls1.jpg

そして、集まった人々。この前に椅子が並んでるから、50人前後かな〜。雨の平日の夕方、こんな都心から外れた場所で行うイベントとしては、なかなかでは。

weathergirls2.jpg

お客さんはやっぱり男性が過半数だったけど、ちらほら女性がいたり、小学生が混じってたり。意外にファン層は広がる可能性があると見た。

でまあ、主役のみなさま。

weathergirls4.jpg

トークのみという話だったけど、歌は歌ってくれるし、天気予報はやってくれるし、サービス満点。会場が狭いから距離も近いし、大した迫力。いやもう、あの天気予報と歌を生で見られただけで、私は満足ですわ。

アイドルにもアイドルイベントにも詳しくない研究員Aとしては、今回のイベントについては評価できず。ただ、台湾についてほとんど触れず、中国語も話さず、「ウェザーガールズ、頑張りマース」という雰囲気で押しまくる感じは、台湾好きとしてはちょっと寂しい。

一方で「外国から来て右も左も分からないのに、日本語勉強して頑張ってるよー」という雰囲気を炸裂させる感じは、ファンの心をくすぐるかも。本人たちは可愛くて、頑張ってて、騒がしい台湾の女の子そのものだし。研究員Aも、「やー、もうみんな頑張ってるし、おにぎりでもあげたい」という意味不明な感想を抱きながら会場を離れた。

おそらくファンの方も同じ気持ちなのだろう。会場の後ろには怒涛のプレゼント群。

weathergirls3.jpg

際物でありつつ、この健気な感じ。うまく日本で評価されると良いんだけど。どうなるか、今後もやっぱり気になるウェザーガールズだった。

【国内:観の最新記事】


posted by 研究員A at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内:観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297865839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック