2012年09月30日

全日空の機内食その1(普通食2012年9月)

全日空の機内食 その1(普通食・2012年9月)

2012年9月の、当研究所の台湾「出張」。毎回の「主張」報告と同様に、今回もまずは機内食の話から始めます。いつもと同様に、研究員A=ベジタリアンミール、研究員B=普通食、所長(5歳)=チャイルドミール、という組み合わせ。このエントリでは、まず研究員Bが普通の機内食をご紹介します。(なお、過去の機内食についてのエントリは、すべてここにまとめています。)

今回のエアラインは、当研究所史上初!日本の航空会社の「全日空」。所長着任前からずっと、台湾に行くときはほとんど(すべて?)中華系のエアラインでした。それは別にあえてそうしたわけではなく、毎回フライト予約の時点で、条件の合う選択肢の中で一番安かったところを選んできただけなのですが、今回はなぜか?全日空が一番でした。そういうわけで、初の日系エアラインの機内食に、かえってどんなのか予想しにくいなあと思いながら搭乗。


まず、往路(羽田→松山)の機内食。選択肢は、「和」か「洋」。肉か魚かとかならわかるけど、和か洋か、とは、最初から日本の航空会社らしさに直面して微妙な気持ちに。台湾便なのだから、いっそ和と洋以外に中華テイストの選択肢があればいいのに、と思ったり。「洋」はチキンのクリーム煮らしきものだったので、どうせなら中華系エアラインでは出会えなさそうな「和」をチョイス。それがこちら。

kinai201209a.JPG

メニューは以下のとおり。
(1)かに釜飯(かに・錦糸卵・蓮根・筍・オクラ・しいたけ・にんじん・枝豆)
(2)なめこそば(海苔・わざび・パックのそばつゆ)
(3)野菜の和え物
(4)黒糖まんじゅう
ジャパニーズ全面展開、という感じ。

(2)のそばはキンキンに冷えていて、ちょっとびっくり。そばとしての出来は、機内食であることを考えるとまああの程度か。パックのそばつゆは、薄めの味で口に残る感じがなくいい具合にさっぱり。
で、(2)がえらく冷たいので、暖かい(1)の釜飯は結構うれしい感じ。というか、この釜飯普通に結構おいしい。これも全体的に薄味で(ごはんやカニの身だけでなく、野菜もすべて薄めの味付け)、とても上品な仕上がりでした。決して味がぼんやりするような薄さではなく、まとまりのあるおいしさを感じさせる薄味で、予想外に満足できるものでした。高評価。
(3)も上品。(4)も普通においしいまんじゅうでした。

ボリュームは軽めだけど、損をしたという感じはなく、機内食としてこの“残念感の少なさ”は評価できると思います。しかし他方で、完璧なまでにジャパニーズな機内食で、海外に出たという感じがなさすぎるというのも事実。何かひとつ崩してほしい、というのは贅沢な希望か?


さて次は、復路(松山→羽田)。また選択肢は「和」か「洋」。「和」はカレーものだった(たぶん日本風のカレーなのでしょう)ので、じゃあ帰りは「洋」にするかと思ってチョイス。こちらです。

kinai201209b.JPG

メニューは以下のとおり。
(1)パスタ・チキン・野菜(マッシュルーム・いんげん・にんじん・カリフラワー)
(2)ハム2枚・ツナ・レタスと、ピクルス・プチトマト・揚げ物
(3)ポテトサラダ
(4)パン
(5)すいかとメロン
(6)スナックミックスのパック

(1)は、パスタの出来はまあ知れているけど、全体としては普通においしい。(2)のツナは結構ボリュームがあり、ハムも2枚で、さらに(3)もあるので、なんというか満腹感のある感じ。スナックミックス、機内食と同じタイミングで出すのはなぜ?

全体としてボリュームがある感じであることを除くと、何ひとつ台湾らしさもなく、そして日本らしさもない、とっても無国籍な(?)洋食の機内食でした。決しておいしくないわけではないけど、記憶に残るものも特にない、機内食でそれなりにあるパターン。


全日空の今回の往復の機内食、個性が見えるといえばやはり行きの便のものでしょう。ただ、行きの便にあれだけ日本らしさを込めるのなら、台湾発の便では、メニューに台湾らしさをにじませる工夫があってもよかったのに、と思ったり。研究員Aが帰国時にツイートしたように、「今回は全日空利用だったので、飛行機乗った瞬間から日本になっちゃってつまんなかったな」と感じた理由の一つは、機内食にもあったような気がします。贅沢と言えばそれまでですが。


チャイルドミールとベジタリアンミールについては、いつもと同様、研究員Aが別にエントリを書くので、そちらをどうぞ。【→ずいぶん遅くなりましたが、その2(ベジタリアンミール)はこちら、その3(チャイルドミール)はこちらです。(2013年8月29日追記)】
【旅行:移動の最新記事】


posted by 研究員B at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:移動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294808499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック