2012年09月02日

台南帆布バッグ屋めぐり1 永盛帆布行

2012年3月、おきらく研は初めて地方進出を果たした(地方=台北+台北近郊以外、ってことです)。おきらく研設立から10年経て、というのは遅すぎる気もするが、そろそろ地方にも行こうかと思った頃に所長(5歳)が着任。しばらく地方はお預けになっていた。今回、満を持しての地方進出。選んだ行先は台南。初の地方進出だから交通の便の良い高雄にしとうこうか、と考えていた研究員Aの心を動かしたもの。それは台南が誇る小吃グルメでもなく、古都の街並みでもなく、帆布バッグだった。

そう、研究員Aは無類の帆布バッグ好き。国内の帆布バッグ有名どころは常時チェック。定期的に新しい店はないかと検索するほどのマニアぶり。実際にそんなにたくさん持ってはいないのだけど、自分にとって最高の帆布バッグを求めて、日々、探求の毎日なのだ。

そんなわけで帆布バッグ屋が複数ある台南は、研究員Aにとって素通りできない場所だった。ほぼ決定しかけていた高雄行を翻し、行き先を台南へ変更。台南到着二日目の朝一番に、勢い込んで帆布バッグ屋巡りへと出かける。

一番はじめに行った場所は、永盛帆布行(台南市中西區中正路12號)。台南が誇る担仔麺のお店、度小月本店のお隣というものすごく分かりやすい位置にある。だがしかし、店はこんな感じ。

永盛帆布行1.jpg

お店って言うより、作業場だよね…。

店の前には、かろうじて商品が入ったショーケースあり。

永盛帆布行2.jpg

質実剛健、がっちり目のスタイル。研究員Aは、愛用している帆布バッグがみつばちトートということからも分かるとおり、わりにすっきりしたデザインが好み。頑丈なスクールバッグ!といった趣きのこちらのデザインは、残念ながら好みにあわず、スルーとなった。

ちなみに、アカデミー賞受賞歴のある映画監督・李安(アン・リー)は台南の出身で、永盛帆布行のスクールバッグを使っていたとか。その縁で、李安の直筆サイン入りの帆布バッグが飾ってあった。ガラス越しだったのでうまく写真がとれなかったので、画像はなし。映画が好きな方なら、度小月に行ったついでに覗いてみると記念になるかも。

台南帆布バッグ屋めぐり2 合成帆布行」に続く。
【旅行:買の最新記事】


posted by 研究員A at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289906272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック