2012年07月01日

サマソニ2012に登場する台湾のバンド

サマソニ2012「ISLAND STAGE〜ASIAN CALLING〜」に登場する台湾のバンド

今年(2012年)のSUMMER SONIC=サマソニで、昨年に続き、台湾などアジアのバンドが登場するステージ「ISLAND STAGE 〜ASIAN CALLING〜」が設けられることになりました。今年のサマソニは五月天(MAYDAY)の来日がいち早く報じられていて、そんなビッグネームが来るのなら、それでもう台湾枠(?)は終了かも、なんて思っていましたが、ちゃんとASIAN CALLINGは別に設けられていて、何より。

そこで今回は、この「ISLAND STAGE 〜ASIAN CALLING〜」に登場する台湾のバンド(アーティスト)4組を簡単にご紹介。今回はキャリアを積んだベテランが多いラインナップで、マニアックといえばマニアックだけど、固定ファンが日本にもいるのでは、なんて思える布陣です。ちなみに昨年(2011年)のサマソニに参加した台湾のバンドについては、このエントリをご参照。


【李雨寰DMDM】

李雨寰DMDM(Yu-Huan DMDM:Facebook)は、テクノ/エレクトロポップのアーティスト。1990年代終わりからDMDMとしてアルバムを発表する他、楊乃文や許茹芸など、数多くのアーティストの作品で編曲を手がけています。個人的に唯一記憶に残っていたのは、陳綺貞の作品での編曲で、2002年の『吉他手』では「小步舞曲」「1234567」など6曲、2005年の『華麗的冒険』では「旅行的意義」の編曲を担当しているのが、この李雨寰です。

2000年代後半は目立った活動をしていなかったようですが(違ったらごめんなさい)、数年前からから再び(?)DMDMとして活動しているようです。2010年のペット・ショップ・ボーイズ来台の際にオープニングアクトを務めたようで、そのときの動画を。




【四分衛】

四分衛(Backquarter / Quarterback:wikipediaFacebook)は、1995年結成(前身となるバンドは1993年結成)のベテランロックバンド。2005年と2007年に来日実績あり(前者のステージは観ました)。

2008年のアルバム「世界」リリース後、3年にわたり活動休止状態だったのが、今年3月に結成19周年ライブを台北・Legacy Taipei 傳で行い活動再開。それから半年も経たないうちにサマソニ登場とは、展開が速い!

以下の動画は、6月の高雄のライブのプロモーション用のもの。1分弱しかないけど、ちゃんとしたMVは古いものばっかしなので!これを採用。




【1976】

1976wikipediaFacebook)は、1996年結成の(これも)ベテランロックバンド。結成時のメンバーがすべて1976年生まれだったのがバンド名の由来だとか。2006年に来日実績あり。

2010年に金曲獎を受賞するなど、コンスタントな活動を継続しているバンドです。ボーカルの阿凱は、台北にある「海邊的卡夫卡」というカフェのオーナーでもあります(ちなみに、このカフェの同じビルの地下1階には河岸流言の「音楽藝文咖啡」があります)。この阿凱に、2010年に台北ナビが充実した内容のインタビューをしていて、関心のある方は必読。

あと最近では、映画『モンガに散る(艋舺)』に1曲提供しています。下記動画です。




【滅火器】

滅火器(Fire EX.:wikipedia)は2000年結成・高雄出身のパンクバンド。でも結構メロディアスです。日本との接点もちょこちょこあるみたい。彼らの特徴は、國語でも台湾語でも歌っていること。せっかくなので、台湾語の曲の動画をご紹介。




上述のとおり、今回の4組は10年以上前から活動しているベテランばかりで、しかもCDリリースよりもライブ活動の方がメインなので、動画を検索してもいわゆるMVがなかなか見つからず、あってもかなり以前のものだったりして、少々苦労しました…。

フジロックフェスティバルの方も、今年は台湾からは閃靈と張懸が登場。張懸はおそらく公式初来日では? 別途単独ライブとかやってくれないものか。

台湾から多彩なアーティストがやってくることは、本当にめでたい限り。この「ISLAND STAGE 〜ASIAN CALLING〜」、来年も再来年も、引き続き期待。

【音楽の最新記事】


posted by 研究員B at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック