2012年06月02日

雑ニュース3件

雑ニュース3件(陳建一来台・野球場でのプロポーズ・廬山温泉が廃止へ)

映画ネタが続いたので、1〜2ヶ月ぶりになるかと思いますが、今回はまた台湾のニュース動画を使った雑ネタのエントリです。今回は話題の共通性はゼロで、完全に一つ一つバラバラの話です。すみません。

その1。「料理の鉄人」陳建一が来台して、台北の晶華酒店(ザ・リージェント・タイペイ)で料理を披露したという話題。台北ナビに、画像いっぱいの詳しい記事が出ています(「料理の鉄人でおなじみの陳さんが台湾にやってきた!」)。

料理はおいしそうでそれはそれで興味深いけど、個人的により興味深かったのは、陳建一が中国語を話すのを見ることができたこと。まあそりゃしゃべれるでしょ、と言われればまったくその通りなんですが、ちょっと新鮮な(?)感じ。

民視「「料理鐵人」鮑魚粽 台灣吃得到」




その2。台湾プロ野球の統一ライオンズの本拠地では、ファンが「球場でのプロポーズ」をすることができるみたいなのですが、このたび規則を変更したとのこと。球場でプロポーズしたい男性は、事前に20人分のチケットを買って「親友団」をつくって球場に来なければならず、また事前に映像と企画書を提出することも必要になったそうです。

そうした演出がプロポーズの際の動揺を減らすことになり、要するにいい結果につながる、という趣旨のようですが(初心者ゆえ記事の誤読があるかも:すいません)、本当に単身で小道具なしでプロポーズ、というのは、グダグダにもなりやすくちょっと危ういので、場を盛り上げて円満に終えてほしいであろう球団側としても避けたいのかもしれません。

民視「防求婚變公審 獅改遊戲規則」




その3。南投県の霧社の近くにある「廬山温泉」が、なんと「廃止」になりそうという話題。行ったことはありませんが、この温泉、wikipediaによると、「日本統治時代は、富士温泉と呼ばれ、明治温泉、桜温泉と中部の3大温泉といわれた」そうです。行ったことはない人ても、シンボルの吊り橋の画像は見たことがあるかも。

この温泉があるエリアは、近年台風による深刻な被害を複数回受けていて、特に奥の方のエリアはなかなか復興が進まないままだったようです(参考:台北ナビ「台湾中部・廬山温泉に行ってきました。」)。そして、このたび南投県政府は、この廬山温泉を廃止して、少し離れたところにある(温泉もある)福興農場というところに移転する計画を発表したとのこと。まだ確定ではなく、住民の意見も聞きながら進めるようですが、とはいえ現実的には温泉を維持するのは難しそうな感じです。実際、将来また台風の被害が起こったら、「第二の小林村(88水害で大きな被害を受けた高雄県の村)」になりかねないという状況なのだとか。写真などを見ると、風情のある温泉のようなのですが…。

民視「廬山溫泉廢止? 縣府:待核定」




以上、本当にバラバラで失礼。
【小ネタの最新記事】


posted by 研究員B at 02:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜ中国語をしゃべってるだけで、全然違う人に見えるんでしょうねー。不思議です。→陳健一さん

いつも楽しいネタを発掘していらっしゃって素晴らしいです!!!
Posted by 直子 at 2012年06月15日 17:55
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

ほんと、ずいぶん印象違いますよね。ふしぎふしぎ。

「発掘」というほどのものではない気がしますが……楽しんでいただいているのなら何よりです! 引き続きどうぞよろしく。
Posted by 研究員B at 2012年06月17日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273081191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック