2012年04月22日

物価高の中、食べ物の安い店は?

あれこれ忙しく、久しぶりのブログ更新。
今回は、また台湾のニュース動画を使った雑ネタのエントリです。

このところずっと、台湾のニュースは本当に「値上げ」や「物価高」の話題ばかりで、あれも値上がりこれも値上がり、それについての社会的な影響や、苦労や不満などが連日話題になっています。ガソリンや電気代の値上がりが、ありとあらゆる日用品や食事の値上がりにつながるという展開で、現地在住の方のtwitterをちらほら見ても、なかなか大変そうな感じが伝わってきます。

しかし、物価高のニュースばかりで台湾のみなさんも食傷しているのか、そんな中でも「安い」「お得」な店があるという話題が、ニュースでもぽつぽつと取り上げられるようになっています。というわけで、今回はここ数日の民視のニュース動画から、特に食べ物関係で「安い!」「お得!」な話題を扱うものを3つほどご紹介。


その1。台中では、「5元のパン」「1元の水餃子」が大人気!というニュース。「5元のパン」は具も十分入っているものばかりなのに、たった5元。しかも35種類もあるとか。「1元の水餃子」は一般的な2.5元の水餃子と比べても、中の餡は同じぐらいで、大きさは後者が2.5cmなのに対して「1元の水餃子」は3cmあり、0.5cm長い!(笑)そうです。

民視「物價漲! 1元水餃5元麵包熱賣」



その2。これも台中ですが、中興大學のあたりは牛肉麺の激戦区だそうで、多くの牛肉麺の店では、替え玉追加・スープ追加がすべて無料(!)なんだそうです。さらに飲み物(紅茶、さらにはパールミルクティーのタピオカも)、青菜、小菜(泡菜とか豆干とか海帶とか)もすべて無料、なんて店もあるのだとか。すごい! 値段がいくらかを知りたい。

民視「牛肉麵搶客 拚大碗尬優惠」



その3。ある家具チェーン店のレストランで出ている朝食が、物価高の中で大変安いと人気を集めているというニュース。スクランブルエッグ・ハム・雑穀パン・2種類の野菜の炒め物という朝食セット(量も多め)が、39元で食べられるそうです。飲み物とサンドイッチを買うだけでも39元にはなかなか収まらない今、この値段でこれだけ食べられるので人気とか。

民視「低價早餐不漲價 凍漲有一套」


半年前に仕入れの契約をしているので物価高の影響を受けていないという話みたいですが、ここってIKEAですよね(映像ではロゴのところを消していますが)。思わぬ形で注目されているようです。


IKEAはともかく、飲食店や屋台は小規模なところが本当にたくさんあるので、物価高の中でやっていくのはさぞ大変かと思います(もちろん消費者の側も大変でしょうが)。その1やその2の店は、舞台裏は相当に大変なのではないかと思いますが…。


タグ:台湾 物価高
【小ネタの最新記事】


posted by 研究員B at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266005573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック