2011年11月03日

2011台灣同志遊行(台湾プライドパレード)

ちょっと時間が経ってしまったけど、2011年10月29日に「第9屆台灣同志遊行」(台湾プライドパレード、2011 Taiwan LGBT Pride: 、オフィシャルサイトwikipedia)が台北で開催されました。

主催者の発表によると、今年の参加者は5万人。昨年は3万人と言われていたので、もともと「アジア最大級」と言われるほどの参加者数の多さを誇るこのパレード、今年はさらに人数が増えたようです。すごい!

今年のテーマは、「彩虹征戰,歧視滾蛋」(LGBT Fight Back! Discrimination Get Out!)。反差別の闘争、というニュアンスの強いフレーズです。LGBTへの差別は決してなくなってはなく、今なお深刻な問題であり、それに対して闘うという姿勢が強調されています(実際、このフレーズとセットで描かれるライオンのデザインは、この闘争的な姿勢を示しているようです)。

今回は、この今年の台湾プライドパレードについて、断片的にご紹介。ちなみに、これまでも関連するエントリはいろいろ書いているけど、以下主要なもののみ。昨年(2010年)のパレードについては、このエントリを参照。また今年(2011年)の高雄でのパレードについては、このエントリを。


1.日本語での紹介

このパレード、5万人が参加する大規模で国際的な出来事ですが、日本での注目度が決して高いわけではないのも、残念ながら事実。そんな中、日本語でこのパレードについて紹介している例をいくつか。

まず、昨年に続いて時事通信が報道しています。パレードのテーマについてもきちんと言及しています。

時事通信「5万人がゲイパレード=アジア最大級、差別打破訴え−台北」

また、台湾の中央通訊社の日本語版ニュースサイト「フォーカス台湾」でも、翻訳がベースだと思うけど、記事があります。

フォーカス台湾「台北でゲイパレード 5万人が参加」

報道関係以外では、g-lad xxの記事「台北プライドパレード、過去最大規模で大成功」もあります。また、台北ナビの記事「アジアで最大のゲイパレード、今年も盛大に!」は写真が豊富です。

うーん、日本語で情報が出るのはめでたいことだけど、昨年に続いて紹介しているところが多くて、新規に記事を載せたところがないのはちょっと残念。


2.画像

パレードの雰囲気を伝えるものはいろいろありますが、見た限りでは台湾プライドパレードの(公式?)Flickrが充実。盛り上がりっぷりも、参加者の多様性もよくわかるこちらは、とってもお勧め。ぜひどうぞ。「日本與台灣同志携手前進!」なんてメッセージも。

twLGBTpride:Flickrスライドショー


3.ニュース動画

ニュース動画も2つご紹介。1つめは公視のニュースから(公視晚間新聞「同志遊行踩文教區 籲落實性平教育」10月29日)。短い時間に参加者のさまざまな声を拾おうとしていて好感。



もう1つは、路線が変わって蘋果日報動新聞(「同志爭平權,大遊行逾五萬人上陣」)。公視とは当然だいぶ違うけど、でもこれはこれで多様な参加者を描こうとしているとも。




4.もろもろ

上の動画でも出てくるけど、参加者がみんなで足踏みをするシーンがあります。あれは何かというと、民國100年を今年迎えた台湾ですが、この100年でLGBTをめぐる状況に大きな変化がないことを風刺する行動なんだそうです。

また、画像や動画をみていてわかるのは、今年も大学生のグループがたくさん参加していること。主要大学はほとんどいるのでは、という感じ。あと、聯合報の記事(「台灣同志大遊行 5萬人挺反歧視」)によると、馬偕醫院(という台北で有名な大きな病院)から解雇されたトランスジェンダーの周逸人さんも参加していたそうです(この事件の詳細は、「中国女性・ジェンダーニュース+」のエントリをご参照)。Googleからの参加もあったという報道もありました。(聯合報「同志大遊行 Google組團參加」)。参加者の多様性と広がりは本当にすごいです。


5.張懸!

「彩虹大使」に選ばれた歌手が、パレードの最後に登場してステージで歌うというのは毎年恒例ですが、今年その役割を担ったのは、張懸(チャン・シュエン、Deserts: wikipedia)でした。毎年絶妙なチョイスです。というわけで、張懸を含む3名の「彩虹大使」のメッセージ動画と、パレード当日の張懸のステージから1曲だけ(「Beautiful Woman」)を。2.で紹介したFlickrをみてもわかるけど、張懸がとても楽しそう+気持ちよさそうで、いい感じ。






毎年同じ感想ですが、ぜひ一度現場にぜひ行ってみたいなあ、と今年も思う。日本でも(この規模で、とはいわないけど)また開催できるといいのですが。


【イベントの最新記事】


posted by 研究員B at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233325114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック