2011年02月19日

「母語」を話して買い物しよう!

また今回も、ネタを求めてニュース動画をあれこれ物色(最近このパターンばっかりですね、すみません)。
今回見つけたのは、ここ数回に続いて、また「言葉」にまつわる話題です。

2月21日は、UNESCO(国連教育科学文化機関)が定めた「International Mother Language Day(国際母語デー)」なのだそうです。wikipediaによると、"to promote awareness of linguistic and cultural diversity and multilingualism"という趣旨の日とのこと。間もなく今年もその日がやってくるということで、これに関連した話題として紹介されていたのが、「0221世界母語日 母語聯盟倡打折」(公視/Yahoo!奇摩新聞)というニュース。映像はこちら:

公視晚間新聞「0221世界母語日 母語聯盟倡打折」


ここで紹介されているのは、「台灣母語聯盟」という組織がやろうとしている、「講台語,俗予你」というキャンペーン。どういうことかというと、「母語」を話して買い物をすると、割引やサービスなどの特典が受けられるというもの。ここで「母語」という言葉で意味されているのは、「原住民語、客語還有台語」つまり原住民(先住民族)の言葉・客家語・台湾語だそうです。

「International Mother Language Day」は2月21日なので、その週の週末の2月25日から3月3日までの一週間をキャンペーン期間として、「講台語,俗予你」と書かれたマークが貼ってある店では、期間中は「母語」で話をして買い物をすると特典が受けられるようです。こんなマークです↓

motherlanguage.jpg

台湾は多文化・多言語の社会です。そのことがMRTの車内アナウンスにも反映されていることは、以前当ブログでも紹介しましたが、こういうキャンペーンが行われることもあるんですね。

このキャンペーンを進めている「台灣母語聯盟」の人いわく、学校の授業で少しだけ「母語」を学ぶだけでは足りず、生活の中で母語を使うような環境をつくっていきたいとのこと。だからこういうキャンペーンに取り組んでいるのでしょうし、協力してくれる店がもっと増えてほしいとも述べています。

もちろん、こうした試みがなされることの背景には、台湾社会における言語をめぐる、複雑な文脈がいくつも重なっていることは留意しておくべきかもしれません(上の動画の中でも、昔だったら逆に罰せられることだったのにという言葉がみられます。またそもそも、「母語」を一つに限っているわけではないのに、キャンペーンでは「講“台語”」となっていることも気になります)。でも、小さな話題ですが、とても台湾らしさが感じられる話題のような気が。いかがでしょうか。

【語学の最新記事】


posted by 研究員B at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186779119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック